藤枝東高校ホームページ


お知らせ藤高ニュース学校案内進路状況部活動交通アクセス定時制課程各種証明書類
ホーム>部活動>JRC

10/30(金) JRC部による赤本市開催

 10/28(水)・10/29(木)の二日間、毎年恒例のJRC部による赤本市が開催されました。昼休み開始直後から長蛇の列となり、その人気ぶりが伺えました。

    

  販売された赤本や参考書は、進路課が保管していた古い本や卒業生が受験勉強で使用した寄贈品などです。それぞれ赤本は100円、その他の参考書は50円で販売され、収益金はすべて、赤い羽根共同募金や被災地などへ寄付されるということでした。御協力ありがとうございました。

   

   

「第2回古本市」
◇1/27(月)の昼休みと放課後、古本市を開きました。10/24(木)の開催以来、これで2回目です。今回は、先日呼び掛けて集めたマリ共和国支援のための古着を、船便で送るための輸送料をねん出することが主な目的です。今回の販売する古本は前回と同様、進路指導課から提供していただいた過年度の「赤本」が中心です。







昼休み、販売場所となっている中央廊下のようすです。今回は100円均一の赤本に加え、目玉商品として2年生向けのセンター試験問題集(なんと10円均一)が加わっています。集まってきた生徒は、赤本目当ての3年生と、両方目当ての2年生が半々といったところでしょうか。JRC部は、古本販売に加え募金箱も準備し、集まった生徒に支援協力を呼びかけていました。



☆今回の古本市と募金活動の結果、約4,500円の収益があり、マリ共和国に送る古着の郵送料に充てられます。また古着回収の呼びかけの時、同時に協力要請を行った「書き損じハガキ」回収ですが、現在までで135枚集まりました(上の写真)。これはカンボジアの地雷除去の支援活動を行っている団体に贈呈されます。ハガキ3枚で1㎡の地雷原除去が可能ですので、45㎡分の地雷原が安全な土地に生まれ変わることになります。

JRC部の国際支援活動


2学期末、各学年各教室に2枚の呼びかけプリントが貼り出されました。呼びかけを行ったのはJRC部です。1枚は古着回収について、もう1つが書き損じハガキ回収への協力を生徒や先生方にお願いするものでした。1/15(水)放課後、集まった古着の仕分けと梱包作業が行われている保健室を訪ねてみました。









保健室にはたくさんのJRC部員が集合し、この2日間に集まった古着を種類や状態ごとに仕分けし、手際よく箱に詰めていました。この日、全部で梱包できた段ボールは12箱、たくさんの生徒や先生方の協力のたまものです。この古着は、JRC部員の温かい気持ちとともに、船便で西アフリカの内陸国、マリ共和国の難民キャンプに届けられることになっています。



もう1つ、カンボジアの地雷撤去を支援するための書き損じはがきの回収は、もう少し継続することになりました。今週末、お年玉くじ付き年賀はがきの抽選発表が終わると、もう少し集まると考えたからです。はがき3枚で1㎡の地雷原を取り除くことができるのです。JRC部では、引き続き協力を呼び掛けていくとのことです。

JRC部の歳末募金活動
◇12/15(日)、東高JRC部を含む中部地区7校のボランティア系専門部の生徒が日赤静岡支部で行われた12月定例会に出席し、その一環として「NHK海外たすけあいの募金活動」を行いました。2年生部員8名、1年生部員8名が参加しています。



募金活動は各校JRC部が静岡市の繁華街各所に分散して実施されました。藤枝東高は青葉シンボルロードが割り当てられています。ロードをはさんで市役所側に2年生、反対側に1年生部員が並び、10:00過ぎから募金活動は始まりました。





こちらは市役所側、2年生の活動風景です。学校で作成した自作の啓発ポスターや募金箱を手に、道行く人に笑顔で募金を呼び掛けていました。胸には青少年赤十字ワッペンをつけています。幼い子が募金してくれる時はしゃがみ込み、目線をあわせて挨拶やお礼を言っています。





こちらは1年生部員の募金活動風景です。横一線に並び大きな声で募金を呼び掛けていました。マスコットキャラクター「ハートラちゃん」も応援に駆けつけています。募金をしてくださった方にはお礼のことばとともにポケットティッシュを手渡しています。

☆募金活動は昼まで続きました。この日各所で集められた募金は、国際救援を柱とした救助活動に活用されることになっているとのことです。

大盛況!!「古本市」


この写真は10/24(木)朝の校舎1・2連絡通路です。普段は各種展覧会ポスターや図書委員製作の「ポップ」が掲示されているところですが、黒板には「国公立大学、お早めに!!」や「会計ALL100円」の文字が見えます。この日は昼休み、JRC部が「古本市」を開催するのでした。販売するのは進路指導課から提供してもらった過年度の「赤本」です。全て100円均一です。このほか古い参考書や問題集は無料提供です。昼休みになりますと…。





開店の12:20と同時に3年生を中心に大勢のお客さんが集まりました。新品であれば2,000円前後する赤本が100円とあっては当然かも知れません。あまりの人だかりに何を売っているのか見えないくらいです。



売り出しから約20分が経過し、ようやく店は落ち着いてきました。販売しているJRC部員の姿や売り物の赤本が見えてきました。このあたりから1、2年生の姿もちらほら見えるようになってきました。



古本市と並行し、JRC部員たちは募金活動も展開していました。先の台風19号で被災した方々に日本赤十字社を通じて支援金を送ろうと考えたのです。赤本を買いに来た生徒の中に、中央にいるJRC部員が持った募金箱に小銭を入れてくれている姿が、多々見られました。

☆24日昼休み限定、わずか30分間の販売と募金活動でしたが、合計で18,612円という大金を集めることができました。JRC部は早速日本赤十字社に連絡し、被災地に送金していただくよう手配するとのことでした。