藤枝東高校ホームページ


お知らせ藤高ニュース学校案内進路状況部活動交通アクセス定時制課程各種証明書類
ホーム>部活動>科学探究

渡邉一博さん第2回ジュニアプロコンin静岡で準優秀賞!
 10/18(日)第2回ジュニアプログラミングコンテスト最終審査会が開催され、1次審査、2次審査を通過した各部門の計17人が審査を受けました。
 その結果、本校1年生、科学探究部の渡邉一博さんがソフト部門・高校生の部の準優秀賞とジュニア・プログラミング検定賞をダブル受賞しました!



渡邉さんからお話を伺ったところ、小学5年生からプログラミングを始めたとのことです。
最初はプログラミング教室に行ったところ、そこで創作活動の面白さに目覚め、今まで大きな作品を4~5本作ったということでした。

今回受賞した「Invade・Enemies」はご自身も「いい出来だった」と感じているそうです。
インターネットで「第2回ジュニアプロコンin静岡」を検索すると、HPがあり、そこで、受賞作品の動画を視聴できます。みなさん、ぜひご覧になってください!

次の目標は3月の「ゲーム大賞」。このゲーム制作の大会に向けて新作を作っていきたいと語ってくれました。

渡邉さんは将来工学部に進み、プログラミングの研究を追求していきたいということです。
渡邉さん、夢に向かって、これからもご活躍ください! 受賞おめでとうございました!

9/17(木)科学探究部:蓮華寺池植物観察会
 藤枝市少年少女発明クラブで、蓮華寺池の植物観察会が開催され、本校の科学探究部員16名が参加しました。藤枝市からの要請を受け、各グループのリーダーとして、参加した小学生に対して蓮華寺池に生育する植物の説明を行いました。

   

 前週の事前学習会を通して説明内容や説明の仕方等を考えたり、工夫したりしていたのですが、当日はあいにくの雨模様となり、実際に公園内を歩きながらの観察会はできませんでした。残念でしたが、藤枝市郷土博物館のギャラリーで、蓮華寺池公園内で見られるハスやドングリなどについて、実物を見たり、クイズ形式にしたりしながら説明を行いました。

  

  


夏休みの活動


ここは、2棟校舎3階の物理教室です。通常授業で物理の実験等が行われる際に使用されるほか、放課後は電子部の活動場所になっています。ちなみにこの教室入り口左には電子部の部室もあります。現在電子部には1,2年生7名の部員がいます。



8/6(火)午前中、2年生の電子部員2名が活動中でした。右が安藤君、左が電子部部長の阿井君です。ふたりはそれぞれ別のことに取り組んでいました。



安藤君が取り組んでいたのはArduino(マイコンボードと開発環境がセットになったもの)の電子工作だそうです。まだ初めて間もないので…と言っていましたが、手馴れた手つきで回路をこしらえて見せてくれました。



こちらは阿井君が使っていたパソコンの画面です。阿井君が取り組んでいたのは、入力した2つの自然数の最小公倍数を求めるプログラムだそうです。画面にあるように4桁程度の2つの自然数ならば一瞬で最小公倍数が表示されていました。

☆電子部は、部員たちがそれぞれ興味関心のあるテーマを持ち、製作や探究活動を行っています。その成果がどこかでお披露目されるのを楽しみにしたいと思います。

夏休みの活動
◇自然科学部は現在2年生4名、1年生4名の計8名で活動を行っています。グループであるいは個人で、それぞれに研究テーマがあり、観察や実験に取り組んでいます。研究対象が生き物や植物であったりするので、夏休みに入っても餌やりや水やりの関係で、ほぼ毎日誰かが登校し、生物室には活気があります。







写真上は2年生内藤君と1年生紅野君、二人はダンゴムシがどんな糖類を好んで食べるのかについての研究を共同で行っています。写真真ん中は1年生の杉森君、杉森君はカエルの生態、とくにカエルの擬死(死んだふり)反応について調べています。下の写真は1年生清水君、清水君は黴(カビ)について調べるため、家で採取した黴を菌類培養装置を使って増やしているところだそうです。



こちらは2年生の藁科君です。藁科君の研究対象は「ツユクサ」です。通常畑の隅や道端で目にするツユクサですが、これを切って水につけておくと発根することに着目し、これに関連した研究を行っています。この研究に対しては公益財団法人山崎自然科学教育振興会から研究助成を受けています。