藤枝東高校ホームページ


お知らせ藤高ニュース学校案内進路状況 部活動 交通アクセス 定時制課程 各種証明書類
ホーム>部活動>サッカー

新人戦、県制覇!!
◇令和元年度静岡県高等学校サッカー競技新人大会、2/1(土)に準決勝、2(日)には決勝が行われました。うれしいその結果は、すでにテレビや新聞で大きく報道されているところですが、東高の熱戦のようすを写真で振り返ってみたいと思います。









1(土)、愛鷹多目的競技場にて行われた準決勝、対静岡学園戦です。正月の選手権全国大会を制した王者静学を相手に堂々の戦いぶりをみせ、2-0の完封で勝利を収めました。









こちらは翌2(日)、藤枝総合運動公園サッカー場を舞台に移して行われた決勝戦、相手は常葉大橘をくだして勝ち上がった藤枝明誠、藤枝ダービーです。前半終了近く、退場により10名となった東高ですが、この逆境にチームは一致団結、相手の攻撃をしのぐ一方、延長前半に1点を奪取、これが決勝点となって優勝の栄冠を勝ち取りました。

☆昨年に続き2年連続の新人戦県制覇を成し遂げた藤枝東サッカー部の小林監督、2/3(月)放課後、この先を見据え、次のように語っています。

「藤枝東のサッカー、自分たちのスタイルを貫いていきたい。これから一つ一つの積み上げを大切にもっと力をつけていきたい。そして冬、全国の頂点に立ちたい」

これからのサッカー部の前進、躍進、驀進に大いに期待したいと思います。がんばれ藤高サッカー部!

準決勝突破をめざして
◇1/18(土)に開幕したサッカーの令和元年度静岡県高等学校新人大会(県大会)、東高は同日1回戦の掛川工戦6-0、翌19(日)2回戦の島田工戦7-0、さらに、25(土)3回戦の科学技術高戦2-0、そして翌26(日)に行われた準々決勝では昨年の選手権で苦杯を喫した浜松開誠館高を2-1で退けました。そしていよいよこの週末、準決勝、決勝という大一番の時を迎えています。











決戦の時を2日後に控えた1/30(木)の放課後、メイングラウンドを訪ねてみました。16:00きっかり、小林監督を囲んでのミーティングと、円陣を組んでの気合の入った掛け声で練習は始まりました。上の写真はパート毎に行われたウオーミングアップのようすです。選手全員気合は十分、決勝進出、そして新人戦制覇を目指し張り切っています。入念に体をほぐしたあと、実戦練習へと移っていきました。

☆2/1(土)に東高が挑む準決勝の相手は、静岡学園高、選手権全国大会の覇者です。相手に不足なし、挑戦者として真正面から思い切り当たるのみです。会場は愛鷹多目的競技場、13:30キックオフです。ぜひぜひ応援よろしくお願いいたします!!ちなみに準決勝突破後は、翌2(日)、藤枝総合運動公園サッカー場に会場を移しての、決勝戦が予定されています。キックオフは同じ13:30、対戦相手は常葉大橘高と藤枝明誠高の勝者です。

新人戦県大会開幕迫る
◇第98回全国高校サッカー選手権大会、静岡県代表として出場した静岡学園高と藤枝順心高が男女そろって全国制覇というめざましい快挙を成し遂げ幕を閉じました。そして、世代は交替、1・2年生新チームで挑む「令和元年度静岡県高等学校新人大会」の県大会が1/18(土)開幕です。大会本番を2日後に控えた16(木)放課後、サッカー部が練習を行っている人工芝のメイングラウンドを訪ねてみました。











午後4時を少し回ったメイングラウンド、すでに明かりが灯っていました。狭く区切ったエリアの中で選手が二手に分かれ、短いパス回しを俊敏に行う練習が行われています。その後、グラウンドを広く使い、長いパス回しの攻撃練習へと移っていきました。戦い本番を間近に控え、選手たちの気迫は溢れんばかりです。

☆1/14(火)に行われた組み合わせ会議により決まった18(土)開幕の県大会、日程と対戦相手は、次のとおりです。

・1回戦:1/18(土)11:00キックオフ
 VS掛川工業高
・2回戦:1/19(日)11:00キックオフ
 VS島田工業高と沼津西高の勝者

試合会場は、どちらも藤枝東高メイングラウンドです。キャプテン稲葉君率いる東高新チームの快進撃に期待したいと思います。応援よろしくお願いいたします!

公式戦ホームゲーム最終戦
◇11/30(土)、プリンスリーグと静岡県リーグA(Aリーグ)の17節の試合が藤枝東高グラウンドを会場にして行われました。当初藤枝総合サッカー場での試合が予定されていましたが、こちらへの変更となり、結果ホームゲームで行う今年最後の公式戦ということになりました。





こちらは10:00キックオフで始まったAリーグ、藤枝東Ⅱ対常葉橘の試合の様子です。前節まででリーグ首位をキープする常葉橘の壁は厚く、なかなか東高の好機が訪れません。逆に守備の間隙を衝かれて失点を重ね、0-5というスコアで終了のホイッスルとなりました。残念!









こちらは15:00に始まったプリンスリーグ、藤枝東VS中京院中京の試合風景です。前回、8節時の対戦でも4-2で勝利している藤枝東は序盤から終始相手を圧倒、次々に得点を重ねていきます。前半5-0で折り返したあとも攻撃の手は緩まず、終わってみれば今年度最多得点となる11点をあげ、11―0での完全勝利でホーム戦を飾りました。やった!

☆4月に開幕したプリンスリーグ、そして県リーグA。東高は現在、プリンスリーグが7勝7敗3分(5位)、県リーグAが5勝7敗5分(5位)という位置につけています。次週12/7(土)の最終節では、揃って有終の美を飾れることを願っています。がんばれ藤枝東高!

勝つぞ!今年最後のホームゲーム
◇2年生は期末テスト開始、1,3年生は期末テスト1週間前となった今週(11/25・月~)は、部活動は原則停止です。校舎内や体育館から部活動の声は聞こえてきません。ただ唯一、人工芝グラウンドからは威勢のいい声とボールを蹴る音が聞こえています。サッカー部です。週末に大事な公式戦を控え、学校から特別に許可を得て、時間を限定して練習を行っているのです。













これらの写真は11/26(火)~28(木)放課後の練習風景です。火曜日から急に冬めき、時に冷たい雨が降る中での練習ですが、選手たちが発する声は元気いっぱい、体からは湯気が立ち上っていました。

☆週末の大事な公式戦、それは明日11/30(土)に行われます。試合会場は藤枝東高、この人工芝グラウンドです。10:00キックオフはAリーグ、藤枝東高B対常葉橘高です。そして15:00キックオフはプリンスリーグ17節、藤枝東高対中京院中京高です。今年最後の公式戦ホームゲームとなります。勝利めざして頑張ってくれることを大いに期待したいと思います。応援よろしくお願いいたします!