藤枝東高校ホームページ


お知らせ 藤高ニュース 学校案内 進路状況 部活動 交通アクセス 定時制課程
ホーム>部活動>サッカー

サッカー部新人戦で県の頂点へ
静岡県高等学校新人大会サッカー競技(新人戦)の県大会決勝戦が、2/17(日)、愛鷹多目的競技場を会場に行われました。対戦相手は静岡学園高。前日の準決勝で藤枝ダービーを制した勢いそのままに、中部地区予選決勝で敗れた雪辱を果たすべく、東高サッカー部一丸となって挑みました。


 13:30キックオフ。東部地区の会場ながら、前日にも増して多くの藤色イレブン応援団がスタンドから熱い声援を送ってくださいました。試合は開始5分にいきなり動きました。相手ディフェンスの隙を突いた前原君のクロスに柳谷君が反応、鋭いシュートがゴールネットを揺らし先制点をもぎ取りました。
 試合はその後一進一退、静学に攻め込まれる場面でもディフェンス陣の好守で失点を許さず、先制の1点を守りきった東高がついに勝利、新人戦において県の頂点に立ちました。



 上の写真は、試合後、スタンドに詰め掛けた応援団に選手たちが挨拶するようす、下は表彰式で優勝カップを授与されるようすです。

☆昨年12月に始まった静岡県高等学校新人大会サッカー競技、東高は2ヶ月間を戦い抜き、6年振りの優勝の栄冠を手にすることができました。多くの皆様のご支援に感謝いたします。

藤枝ダービーを制し決勝へ!
静岡県高等学校新人大会サッカー競技(新人戦)の県大会はいよいよ大詰め、ベスト4が出揃っています。藤枝東高、藤枝明誠高、東海大翔洋高、静岡学園高、いずれも中部地区の高校です。東高は2/16(土)、草薙球技場にて決勝進出をかけ藤枝明誠高と激突しました。藤枝ダービーです。



キックオフは11:00、スタンドには藤色のタオルマフラーを首に巻いた東高応援団が多数来てくださっていました。試合前半、ボールキープ率で東高がまさっていたものの決定力を欠き、0-0で折り返しました。



両者の均衡が破られたのは後半中盤、東高のコーナーキックのセットプレーです。絶好の浮き球に藤色のユニフォームが殺到、相手のオウンゴールを誘い東高が先制点をもぎ取りました。試合終了間際には2年生栗山君の目の覚めるようなボレーシュートも決まって2-0、東高の快勝です。選手権の雪辱を果たし、藤枝ダービーを見事に制しました。

☆明日2/17(日)、ついに県の頂点をかけた決勝戦です。会場は沼津市愛鷹多目的競技場、キックオフは13:30、そして、相手は静岡学園高です。多くの皆様の応援、どうぞよろしくお願いいたします。

サッカー部新人戦県大会ベスト4!
静岡県高等学校新人大会サッカー競技(新人戦)は県大会に突入し、東高は初戦の浜松東高と2/3(土)に対戦、4-2で勝利しました。そして2/9(土)2回戦の袋井高にも2-0で快勝、2/10(日)の準々決勝を迎えました。会場は藤枝市民グラウンドサッカー場、相手は昨夏のインターハイ県決勝で対戦した清水桜が丘高です。



試合前半の攻防です。0-0の緊迫した均衡を破ったのは開始34分後の栗山君の鮮やかなゴールです。1-0で折り返しです。



ハーフタイムのようす。選手たちを対し小林監督とコーチ陣より後半戦に向けた戦い方についてアドバイスがなされていました。



後半に入ると東高が試合の主導権を握ります。試合中盤、前原君が相手ゴールを揺らし2-0とリードです。この写真は後半37分、東高フリーキックに同じ前原君がピタリと合わせ試合を決定付ける3点目が入ったシーンです。

☆試合は最終的に3-1で東高が勝利を収めました。次はいよいよ準決勝です。会場は
草薙球技場11:00キックオフ。新人戦の頂点まであと2つ、応援よろしくお願いします!!

新人戦の頂点を目指して
昨年12月に始まった静岡県高等学校新人大会サッカー競技(新人戦)で、東高は中部地区予選を通過し、県大会へとコマを進めています。2/3(日)、トーナメント初戦の相手である浜松東高に4-2で勝利しました。次はいよいよベスト8をかけて、袋井高との対戦が決まっています。


 2/5(火)午後4時、夕日に映える人工芝グラウンドでサッカー部がトレーニングを開始。グラウンド中央で入念に体をほぐすグループ、ゴール付近でパスを行うグループがいます。選手たちは週末の試合に向け非常に気合が入っています。

☆県大会の日程・会場は次のとおりです。
 2/9(土)対袋井高戦(11:00 於:藤枝東高)
 2/10(日)準々決勝(11:00 於:藤枝市民G)
 2/16(土)準決勝(11:00 於:草薙球技場)
 2/17(日)決勝(13:30 於:愛鷹多目的)
多くの皆様の応援、よろしくお願いいたします!

プリンスリーグ最終節
4/7に開幕した高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2018東海は、12/8(土)に第18節(最終節)を迎えました。この最終戦、東高の対戦相手は藤枝明誠高、藤枝ダービーです。会場は藤枝市民グラウンド、13:00キックオフで試合は始まりました。



前半は1対1で折り返し、後半が始まりました。写真は後半開始直後、明誠高陣内の競り合いシーンです。6番21HR浦部君が懸命にジャンプしています。ちなみに前半開始直後の得点者は23HR斎藤君でした。





後半に入って中盤以降、東高が明誠高エリアに攻め込むシーンが増え、27分に31HR平出君、試合終了間際には32HR有田君がゴールを決めました。最後に3年生が見せてくれました。



試合は結局3-1、東高の快勝で終わりました。選手権の雪辱を果たすことができました。写真は試合後、選手たちが応援席にお礼のあいさつをしているシーンです。最終戦勝利、おめでとう!