藤枝東高校ホームページ


お知らせ藤高ニュース学校案内進路状況部活動交通アクセス定時制課程各種証明書類
ホーム>部活動>女子バスケット

12/13(日)バスケットボール新人大会中部地区予選

 12/12・13に静岡県高等学校バスケットボール新人大会中部地区予選が行われ、女子は3校によるリーグ戦形式の予選となりました。

  

   

 初戦がシード校の静岡市立高との対戦、40-96で敗戦。次戦の清水西高戦では粘りを見せるも終盤に離され42-71で負け、残念ながら予選敗退となってしまいました。

 女子バスケ部は、生徒自身が考え、ボトムアップできるチーム作りを目指します。もう一度、チーム一丸となって変革に臨み、インターハイに向かって強化を図ります。

 

ウインターカップ2020

  10/25(日)バスケットボール選手権大会静岡県予選が行われ、島田高校体育館で清水東高校と対戦しました。3回戦登場となった女子は、県大会常連チームに対し、序盤は対等な戦いでしたが、終盤に突き離されてしまい惜しくも敗戦となってしまいました。 

  

   

 キャプテンの献身的なプレーと共に、1年生がメキメキと力を付けてきている印象でした。チーム内で切磋琢磨し、激しいレギュラー争いの中からチーム力アップを図って、新人戦に臨みましょう。


7/18・19 Champion Ship in YAIZU
 女子バスケ部は7月18日・19日に、チャンピオンシップin YAIZU に参加し、島田高や浜松聖星高などの強豪校と対戦しました。
 唯一の3年生伊藤さんは最後の代替大会まで活動を継続し、チームを鼓舞します。キャプテンの見崎さんを中心にみんなで走り続けますが、強豪校の壁は厚く、簡単にゴールを許してくれません。

    

   

 しかし、初日のリーグ戦、二日目のトーナメント戦においても1勝ずつを挙げることができました。2年生で力を合わせて、「思い」のあるチームを作っていきましょう。これからのチームの成長に期待しています。

    

     

       

令和2年度3年生引退試合
女子バスケットボール部(22名)は、部活動再開と共に3年生が引退することになりました。今回のコロナ禍により高体連・高野連主催の大会が中止となってしまい、社会では中止の賛否について議論されていますが、「今」を生きている高校生にとっては、現実を受け入れ「前に進む」ことしかないのです。


    
 
女バスでは、県大会出場を目標に様々な苦難を乗り越え、日々頑張ってきました。

    

    


最後の大会で、みんなと分かち合えるはずだった勝利の喜びは味わえませんでしたが、仲間とのこれまでの日々を糧に、前向きにチャレンジを続けていきます。


     


夏休みの活動
◇女子バスケット部は3年生6名が引退後、2年生の新間さんがキャプテンとなり2年生6名(うちマネージャー1)、1年生7名の計13名で活動を行っています。顧問は増田先生と三輪先生、それに小長井コーチが指導に当たっています。活動場所は旧体育館、男子バスケット部と共用で使用しています。







6/26(金)午後の練習風景です。基本練習に汗を流したあと、2組に分かれ実戦形式の練習を行っていました。審判を行っているのは正顧問の増田先生、下の写真の左側、7番のビブスを着用してシュートを放っているのがチームの要、キャプテンの新間さんです。



練習終わりのミーティング風景です。部員の内1名が足を負傷し戦列を離れていますが一日も早い回復が待たれるところです。全体練習終了後も複数の部員が体育館に残りシュート練習に余念がありませんでした。

☆女子バスケット部は週末になると他校に出かけていき、練習試合を行うことも多々あります(7/27・土は藤枝西高、28・日は焼津中央高にて実施)。また、夏休み後半の8/18(日)~20(火)には、校内で、中部選手権大会を見据えた強化合宿を行う予定になっています。