藤枝東高校ホームページ


お知らせ藤高ニュース学校案内進路状況部活動交通アクセス定時制課程各種証明書類
ホーム>部活動>サッカー

2/23(火) サッカー部:新人戦県大会決勝

2/23(木)静岡県高等学校新人サッカー大会の決勝戦が草薙総合運動場で行われました。
 

 決勝の相手は静岡学園高校。選手は落ち着いてゲームに入り、スペースを作りながら前半は押し気味に試合を進めていきます。

   

 しかしながら、後半に入ると19分・37分にシュートのこぼれ球を拾われての2失点。0-2で負けはしましたが、ディフェンス陣が崩されての失点ではなく、前半からの攻撃陣の奮起を見ても十分に勝機のある試合でした。

  

     

 3連覇は逃しましたが、夏のインターハイ・冬の選手権に向けての明確な目標ができました。足場を固め、揺るぎない自信を持って戦うチームとなるでしょう。


2/21(日) サッカー部:3連覇に向けて
先週に続き2/20(土)準々決勝、21(日)準決勝が藤枝総合グラウンドサッカー場で行われ、準々決勝は浜名高、準決勝は清水桜が丘高と対戦しました。

   

準々決勝では、試合開始から思うようにゲームコントロールができず苦しい時間が続きましたが、選手全員が「感謝」の気持ちを胸に戦い続けます。試合終盤に途中交代で出場した横山君のロングスローが佐久間君の懐に収まり反転からのシュート。見事にゴール!1-0で苦しみながらも勝ち切ることができました。

   

準決勝では、前戦の反省を生かしゲームの入りに改善が見られましたが、相手の縦に速い攻撃に苦しみ、先制を許してしまいます。しかしながら、慌てることなく落ち着いたゲーム運びで徐々にペースを握った本校は、小島涼君が逆足の左足で鮮やかに2得点を決め、2-1で勝利しました。

  

   

3連覇を懸けた、静岡学園高との決勝戦が楽しみです。
先週に続き2/20(土)準々決勝、21(日)準決勝が藤枝総合グラウンドサッカー場で行われ、準々決勝は浜名高、準決勝は清水桜が丘高と対戦しました。

   

準々決勝では、試合開始から思うようにゲームコントロールができず苦しい時間が続きましたが、選手全員が「感謝」の気持ちを胸に戦い続けます。試合終盤に途中交代で出場した横山君のロングスローが佐久間君の懐に収まり反転からのシュート。見事にゴール!1-0で苦しみながらも勝ち切ることができました。

   

準決勝では、前戦の反省を生かしゲームの入りに改善が見られましたが、相手の縦に速い攻撃に苦しみ、先制を許してしまいます。しかしながら、慌てることなく落ち着いたゲーム運びで徐々にペースを握った本校は、小島涼君が逆足の左足で鮮やかに2得点を決め、2-1で勝利しました。

  

   

3連覇を懸けた、静岡学園高との決勝戦が楽しみです。

2/13(土)サッカー新人戦県大会!
2/11(木)ついに令和2年度静岡県高校新人サッカー大会が開幕しました。ふじのくにシステムがレベル5になったことで延期されていたため、長期間練習試合なしのままの大会参加となりました。

  
 
 選手たちは久しぶりの試合に対して周囲の心配をよそに、水を得た魚のようにいきいきと躍動しました。1回戦9-0三島北高、2回戦5-0浜松湖東高と完勝し、難敵の東海大翔洋との試合です。

   
 
 開始早々に先制されるも、直後に追いつき3-1まで点差を広げます。相手の執念で3-3とされ延長にもつれ込みますが、延長に入るとチームの士気はさらに高まり、嫌な空気を一掃する3点をもぎ取り6-3で勝利、ベスト8に進出しました。

   

 ここから優勝への3試合になりますが、残念ながら無観客での試合となっています。申し訳ありませんが自宅での応援をお願いします。

2/11(木)ついに令和2年度静岡県高校新人サッカー大会が開幕しました。ふじのくにシステムがレベル5になったことで延期されていたため、長期間練習試合なしのままの大会参加となりました。

  
 
 選手たちは久しぶりの試合に対して周囲の心配をよそに、水を得た魚のようにいきいきと躍動しました。1回戦9-0三島北高、2回戦5-0浜松湖東高と完勝し、難敵の東海大翔洋との試合です。

   
 
 開始早々に先制されるも、直後に追いつき3-1まで点差を広げます。相手の執念で3-3とされ延長にもつれ込みますが、延長に入るとチームの士気はさらに高まり、嫌な空気を一掃する3点をもぎ取り6-3で勝利、ベスト8に進出しました。

   

 ここから優勝への3試合になりますが、残念ながら無観客での試合となっています。申し訳ありませんが自宅での応援をお願いします。


12/21(月) ルーキーリーグ2020全国大会準優勝!

 9月から始まった東海地区のルーキーリーグ(1年生)を6勝1分の負けなしで優勝した本校は、全国9地区から勝ち上がった16校による全国大会に出場しました。

    

 本校は予選リーグを、関東代表:帝京高2-2、北海道代表:旭川実業高1-1、九州代表:大津高2-0の1勝2分で1位通過し、決勝トーナメント準決勝で関西代表:東山高に3-1で勝利して、決勝に進出しました。

     

 決勝は関東代表:静岡学園との対戦です。1-1の42分、PKにより勝ち越され、1-3で惜しくも敗れ準優勝という結果でした。得点王として6得点の井藤君が表彰されました。
 これからの成長が楽しみです。この悔しさをバネに、全国優勝を目指して頑張ってください。

    

12/8(火)GK西川君 J1大分入団内定!

12月7日、本校サッカー部の守護神であるゴールキーパー西川幸之介君のJ1大分トリニータへの入団が発表されました。8月にツエーゲン金沢への入団を発表した稲葉主将に次いで、今年度本校から二人目のJリーガー誕生となりました。

   
       <令和2年12月8日(火) 静岡新聞朝刊 掲載許諾済>

 西川君と稲葉君は指導者としての夢も持ち合わせているため、同時に大学への入学も目指して受験勉強に励んでいます。確固たる覚悟のもと、文武両道の生活をこれからも継続していきます。
 彼らの活躍をみんなで応援していきましょう。