静岡県立浜松北高等学校 書:松井博幸先生
  • お知らせ
  • 中学生の皆さん
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 卒業生の証明書
  • 浜松北高案内
  • 学校案内
  • 教育方針
  • 進路情報
  • 国際科
  • 交通アクセス
  • 浜松北高Contents
  • 年間行事予定
  • 学校行事
  • 部活動情報
  • 運動部
  • 文化部



【外部リンク】
AdobeReaderのダウンロード
PDFを開く際に必要です

北高同窓会へのリンク
浜松北高同窓会




2023年 第12回 東大キャンパスツアー
11月25日(土)に、4年ぶりの東大キャンパスツアーを実施しました。
(ここ3年は、コロナ感染予防のため、オンラインによるガイダンスのみ)

「東大」の魅力を肌で感じ、志を高めてもらうために東大で学ぶ本校OB・OGが企画・運営してくれました。
今回、期末テストの間ではありましたが、1年生9名、2年生16名がこのツアーに参加しました。



株式会社 ECPower 代表取締役社長 増田大夢さんにご講演いただきました。増田さんは、第1回の東大キャンパスツアーに参加された本校OBの東大卒業生です。





OB・OGに連れられて、本郷キャンパスを散策しました。11月25日(土)に、4年ぶりの東大キャンパスツアーを実施しました。
(ここ3年は、コロナ感染予防のため、オンラインによるガイダンスのみ)

「東大」の魅力を肌で感じ、志を高めてもらうために東大で学ぶ本校OB・OGが企画・運営してくれました。
今回、期末テストの間ではありましたが、1年生9名、2年生16名がこのツアーに参加しました。



株式会社 ECPower 代表取締役社長 増田大夢さんにご講演いただきました。増田さんは、第1回の東大キャンパスツアーに参加された本校OBの東大卒業生です。夢を抱くまでの過程やその夢を成し遂げるための挑戦、それを踏まえて高校生に伝えたいことを率直に話してくださいました。生徒だけでなく、大学生、私たち教員も、多くの刺激と学びのある非常に有意義な時間となりました。





OB・OGに連れられて、本郷キャンパス・駒場キャンパスを散策しました。生徒たちは、それぞれのキャンパスの雰囲気を楽しみながら、OB・OGから進路や学習のアドバイスなども聞いていました。

「東大に入って先輩たちと東大生同士という立場で話をしたい」といった感想があるなど、東大キャンパスツアーを通して、東大への思いをより一層強くしたようです。

忙しい時間の中、企画・運営をしてくださったOB・OG、講演いただいた増田さん、ありがとうございました。

令和5年度 公開授業
 11月2日(木)、3日(金)に公開授業が行われました。2日は在校生対象、3日は中学生とその保護者対象でしたが、2日間で1183名が来校しました。
 当日は気温が高く、11月とは思えないほど暑い中、参加者は熱心に授業見学をしていました。普段は見られない様子を間近で見ることができ、保護者の方々も中学生も良い機会となったようでした。








令和5年度 第1学年「先輩による課外授業」
9月8日(金)に行われた第1学年対象の「先輩による課外授業」の様子です。
3名の卒業生の皆さんを講師としてお招きし、理系・文系・医学系の3講座で開催されました。

 株式会社サイバーエージェント SEOラボ 研究室長  木村 賢 先生
 ./7C4B32E7E19CA11A49258A310036971D/$FILE/木村様1.jpg
 

 浜松市役所 専門監兼課長補佐  松下 恵介 先生
 
 

 横浜鶴ヶ峰病院 医療安全室長 麻酔科部長  大杉 浩一 先生
 
  9月8日(金)に行われた第1学年対象の「先輩による課外授業」の様子です。
3名の卒業生の皆様を講師としてお招きし、理系・文系・医学系の3講座で開催しました。

株式会社サイバーエージェント SEOラボ 研究室長  木村 賢 先生


 

浜松市役所 専門監兼課長補佐  松下 恵介 先生




横浜鶴ヶ峰病院 医療安全室長 麻酔科部長  大杉 浩一 先生



 

令和5年度うんどう会
*本年度のうんどう会は、一般公開を予定していましたが、現在、インフルエンザ等感染状況に鑑み、公開対象を生徒の家族に限定することといたしました。来校を楽しみにされていた皆様には、直前の連絡となり、大変申し訳ございませんが、御理解願います。

PDF版はこちら

高校生模擬裁判選手権
関東大会準優勝受賞

弁護側、冒頭陳述の様子
検察側、被告人質問と論告の最終調整の様子

8月5日に高校生模擬裁判選手権関東大会に静岡県代表として参加しました。東京地方裁判所の実際の法廷を使って、検察側と弁護側それぞれのチームが証人尋問、被告人質問、論告弁論を繰り広げました。本物の裁判さながらの緊張感漂う中で、準備した成果を存分に発揮できたと思います。

全ての記事を見る