静岡県立金谷高等学校ホームページ
 
学校案内学校生活進路情報部活動紹介中学生の皆さんへ
学校経営計画書人権教育・いじめ防止基本方針災害時の対応各種証明書交通案内
 

  • 部活動紹介
  • 陸上競技部
  • 野球部
  • サッカー部
  • 男子バスケットボール部
  • バドミントン部(女子)
  • 女子バレーボール部
  • 男女テニス部
  • 卓球部(男女)
  • 書道部
  • 音楽部
  • 美術部
  • 百人一首部
  • 茶道部
  • パソコン部
  • ボランティア同好会
  • 部活動ガイドライン
シンガポール代表選手とのチャレンジマッチに参加しました!
 6月12日(火)に、ローズアリーナで行われた、シンガポール代表選手とのチャレンジマッチに参加しました。

 シンガポール代表チームは2020年の東京オリンピックに向けて、島田市で事前キャンプを実施するという覚書を島田市と締結しました。それに合わせて、リオオリンピック団体4位入賞を果たしたシンガポール代表選手2名が来場し、市内の中高生とチャレンジマッチを行いました。本校の選手も、緊張しながらも世界トップレベルの選手に挑戦しました。1ポイントだけの短いゲームでしたが、貴重な経験になったと思います。

      
      

 試合後には全員で記念撮影をしました。また色紙やラケットケースにサインをもらった選手もいました。

      

 今回の経験をもとに、さらに技術を向上させられるよう、がんばっていきたいと思います。

卓球インターハイ中部地区予選が終了。県大会出場ならず。
4月30日にダブルス、5月3日にシングルス、5月4日に学校対抗が行われました。

7ペアが出場したダブルスでは、鈴木安紋(34HR)・宮村虹太郎(33HR)組が3回戦に進出しました。
2回戦清流館高校のペアと対戦した際には0-2からの逆転勝利を飾り、チームが盛り上がりました!
塚本貴嗣(34HR)・渡邉和弥(12HR)組は、学校対抗で対戦する清水西高校のペアに対して、
敗れはしたものの内容がよく、収穫のある試合となりました。
      


16人が出場したシングルスでは、10人が2回戦へ進出しました。
フルセットの試合を4つも制し、いいスタートを切りました。
成瀬莉菜(23HR)、鈴木愛望(21HR)がベスト64に入りました。
あと1勝で県大会出場でしたが、惜しくも敗れてしまいました。

      
   

男女共に出場した学校対抗では、男子は清水西高校、女子は焼津高校と対戦しました。

男子
2番宮村虹太郎(33HR)が3-1で勝利するも、1番3番を落とし、トータル1-2で試合は終盤へ。
3番ダブルスと並行して行われた5番渡邉和弥(12HR)が2-0とリードするも、惜しくも逆転負けを喫しました。
4番鈴木安紋(34HR)が第1ゲームを取りましたが、最終結果を待たずに敗戦が決まりました。

女子
新人戦は腰痛で出場できなかった松本留依(32HR)が団体メンバーに復帰し、ベストメンバーで臨みました!
相手校のシード選手に敗れ1番3番を落とすも、2番は浅原萌里(32HR)が勝利し、
3番まで終わったところで1-2とリードされて後半を迎えました。
4番は成瀬莉菜(23HR)がきっちり勝ってトータル2-2。
5番森岡竜大(31HR)が積極的に攻めるも一歩届かず、2-3で敗戦となりました。

  

3年生はこれで引退となります。
新チームも目標を持ち、いい活動ができるようにがんばりたいと思います。

卓球部
<紹介>
男子も女子も、初心者も経験者も、みんなで頑張って活動しています!

<場所>
卓球場、校舎周辺

新人戦県大会シングルスで1勝をあげました!
 22HRの浅原萌里さんが、2月12日(月)に草薙このはなアリーナで行われた平成29年度静岡県高等学校新人体育大会卓球競技シングルスの部に出場しました。1回戦を見事勝利し、2回戦に進出しました!


 1回戦は三島北高校の米山選手と対戦しました。

    


○第1ゲーム:3球目攻撃がきれいに決まるなど前半はリード。しかし後半に追い付かれて8-11で落としました。ゲームカウント0-1。
○第2ゲーム:中盤、ドライブで攻めこまれる苦しい展開。7-10まで追い込まれるがデュースに持ち込み、13-11で逆転勝利!ゲームカウント1-1のタイ。
○第3ゲーム:サーブで崩したり、短く丁寧につないで相手の強打を防いだりといいプレーが見られたが8-11で敗れました。ゲームカウント1-2となり、後がなくなりました。
○第4ゲーム:最初の1ポイントが遠く、0-4と大ピンチ。しかしここから粘りを見せて少しずつ差を詰めると、5-7から4連続ポイントで一気に形勢逆転!11-8でこのゲームを奪いました。ゲームカウント2-2となり、勝敗の行方は最終第5ゲームへ。
○第5ゲーム:ゲーム序盤4-0とリード。その後6-5まで詰め寄られますがそこから怒濤の5連続ポイントで11-5!フルセットにもつれた試合を見事ものにし、県大会で勝利を飾りました。

 続く2回戦は第7シード 浜松商業高校の今泉選手と対戦しました。積極的で鋭い攻撃に対応できず、0-3のストレート負けを喫し、2回戦敗退となりました。

    


 県大会に出場し、1勝をあげられたことは、浅原さんはもちろん他の部員にとっても自信につながると思います。この経験をいかして、来年度も頑張りたいと思います。応援ありがとうございました。

1月27日(土)選抜卓球大会 県最終選考(三島市民体育館)の結果
 22HR浅原萌里さんが、1月27日(土)に三島市民体育館で行われた第45回全国高等学校選抜卓球大会シングルスの部 静岡県最終選考会に出場しました。


 1回戦は相手の棄権により不戦勝でした。
 2回戦は、第6シード 浜松商業の藏田選手と対戦しました。全体的にミスが少なく、相手のドライブをカットで粘り強く拾うなど、いいプレーも見られましたが、結果は0-3での敗戦となり、県ベスト64で大会を終えました。

    
    


 試合を終えたばかりの浅原さんにインタビューしました。

Q.県大会の舞台はどうでしたか?緊張しましたか?
A.緊張しました。しかしいつも通りの自分のプレーをしようと意識して試合に臨みました。

Q.今回の結果についてはどう思いますか?
A.1回戦が不戦勝となり、2回戦で当たる選手はきっと強いだろうと予想していました。
試合を終えて振り返ってみると、もう少しできたかなぁと思います。相手のプレーやペースに合わせてしまったところがあったので、もう少し落ち着いて自分の持ち味を出せたらよかったと思います。

Q.よかった点や課題はありますか?
A.相手選手のドライブを、強打で打ち返してポイントになったプレーがあったのですが、それが印象に残っています。フットワークや相手の攻撃への対応など、改善できそうな点も把握できました。

Q.新人戦県大会に向けての意気込みは?
A.頭を使って自分のプレーをしっかり出していきたいです。また攻守の切り替え、使い分けをしっかりしていきたいです。県大会での1勝を目指してしっかり準備していきたいと思います。


 浅原さんは2月12日(月)にこのはなアリーナで行われる新人戦県大会シングルスの部にも出場します。今回の結果をいかして、次につなげていきたいと思います。応援よろしくお願いします。

卓球部 新人戦シングルスの部、県大会出場決定!
11月25日に静岡県武道館で行われた、新人戦中部地区予選女子シングルスの部で、22HRの浅原萌里さんが県大会出場を決めました!

県大会出場のかかったベスト32決定戦では、シード選手を破って勝ち上がってきた清水桜が丘高校の竹下さんと対戦しました。ゲームカウント1-1で迎えた第3ゲーム、デュースにもつれこんだ接戦を14-12で競り勝つと、勢いに乗って第4ゲームも11-8で連取。3-1で勝利しました!

      


その後のベスト16、ベスト24決定戦では、敗れはしたものの、シード選手を相手に自分らしいプレーをすることができました。

新人戦県大会は来年2月12日(日)に草薙このはなアリーナで行われます。また、1月27日(土)に三島市民体育館で行われる全国高等学校選抜大会県最終予選にも出場します。今後も練習を重ね、さらにレベルアップして当日を迎えたいと思います。応援よろしくお願いします!

※好成績をおさめたその他の選手※
11HR 増田祐里帆さん・12HR 成瀨莉菜さん 3回戦進出(ベスト64)

志太榛原高校新人(団体戦)3位入賞
2月12日(日)にローズアリーナで行われた、
志太榛原地区高等学校新人卓球大会 団体の部に出場しました。


男子は藤枝北、静清と予選Dリーグを戦いましたが2敗を喫し、予選で敗退しました。

女子は榛原高校との合同チームで出場しました。
島田、焼津、藤枝北、清流館、焼津中央Bと予選Bリーグを戦い、4勝1敗 2位で予選リーグを通過。
準決勝ではAリーグ1位の島田商業と対戦して敗れましたが、3位入賞を果たしました。




25日(土)にはシングルスの部が行われます。

残り2週間の練習でさらに技術を向上させ、良い結果を残せるよう、頑張りたいと思います。
応援よろしくお願いします。

県大会結果。この経験は必ず次につなげる。
 5月28日(土)に静岡県武道館で高校総体県大会 ダブルスの部が行われました。
 中部地区予選を勝ち抜いて本校から出場した増田・浅原ペアは、湖西高校の三上・高橋ペアと対戦しました。


    

  


 第1セットは序盤から勢いに乗り、先にセットポイントを迎えるも、相手に連続ポイントを許して逆転され、10-12で落としてしまいました。
 続く第2・第3セットは、回転のかかったいいサーブで相手を崩し、鋭いスマッシュでポイントを重ねましたが、相手選手の得意なパターンに持ち込まれてポイントを失い、第2・第3セット共に9-11で相手に取られ、惜しくも負けてしまいました。
 応援ありがとうございました。

 1回戦突破はなりませんでしたが、1年生ながら県大会に出場できたことは、出場した2人はもちろん、他の部員にとっても貴重な経験となりました。今後のさらなるレベルアップを目指して、頑張っていきたいと思います。
 今後も応援よろしくお願いします。

高校総体、女子ダブルス(増田・浅原ペア) 県大会出場!
平成28年4月29日(金・祝)に静岡県武道館で行われた中部予選 女子ダブルスの部で、
増田・浅原ペアがベスト24入りを果たし、県大会に出場することが決まりました。



県大会出場をかけた試合はフルセットまでもつれ込む接戦でしたが見事勝利しました。

県大会は5月28日(土)静岡県武道館で行われます。
応援よろしくお願いします。


その他の選手の結果
男子シングルス 3回戦進出:齋藤、福井、日比
女子シングルス 2回戦進出:増田、松本
女子学校対抗  2回戦進出