裾野高校学校ホームページ
 
お知らせ学校案内学校長より総合学科進路情報部活動紹介中学生の皆さん事務室より緊急時対応
 
ホーム>学校長より>校長あいさつ

「創立117年目、挑戦し続ける裾野高校」

                       
 裾野高校のホームページへようこそ! この4月に裾野高校の校長に着任しました望月と申します。
 裾野高校は、今から116年前の1903(明治36)年、「佐野農業補習学校」として開校した伝統校です。第二次世界大戦後の混乱期には一時廃校の危機を迎えたこともありましたが、1953(昭和28)年に現在の校名である「静岡県立裾野高等学校」として独立し、裾野市で唯一の公立高校として地域の方々に応援されながら発展を続けてきました。さらに2005(平成17)年には普通科と専門学科のそれぞれの良い部分を取り入れた「総合学科」の高校として生まれ変わり、今年で15年目の節目を迎えます。
 総合学科は、生徒の興味や適性等により、主体的かつ意欲的に学習ができるよう系列を設け幅広い進路希望に対応し、生徒の秘められた可能性を引き出すシステムをとっている学科です。現在本校では、1年生の時は全員ほぼ同じカリキュラムで学習し、2年生から、上級学校進学を目指す人文国際系列・自然科学系列、商業系のキャリアビジネス系列・コミュニティビジネス系列、家庭・福祉系の福祉介護系列・保育健康系列の6系列に分かれて学習し、進路実現を目指すシステムになっています。保育健康系列は今年度本格的にスタートした系列で、地域の子育てのNPOなどと連携しながら毎週保育実習を行っており、福祉介護系列とともにライフステージの初期と終盤期に関わる人材を養成していこうと考えております。
 また一昨年の2017(平成29)年、本校は裾野市と相互連携協定を結びました。今年度も、本校生徒はボランティア活動を積極的に行い、学校のマスコットキャラクター「ファイゴン」と共に地域の色々なイベントに参加します。また、市役所への政策提言を考える授業や、「トークフォークダンス」という本校1年生と地域の方々が話をするイベントなど、地域に密着した授業と体験を大切にしていきます。
 以上のように、本校は地域の諸課題に対応しながら持続可能な社会の形成に貢献していく若者を世に送り出そうと挑戦を続けていきます。本校の教育活動に対し、より一層の御理解と御協力をいただければ幸いです。自分の夢に向かってひたむきに頑張る本校生徒の様々な活動をご覧ください。
                                                        校長 望 月 保 宏