お知らせ学校案内学校長より総合学科進路情報部活動紹介中学生の皆さん事務室より緊急時対応
 
.


お 知 ら せ
令和2年12月1日(月) 修学旅行1日目 広島平和学習
 
 
 修学旅行1日目は、平和学習を行いました。
 まず、切明千枝子様より被爆体験の講話をいただきました。真摯な態度で傾聴し、当時のことに思いを馳せることができました。
次に、平和祈念資料館の展示を観覧しました。原爆の凄惨さを物語る数々の展示に、生徒たちは衝撃を受けていました。
 最後に、原爆の子の像に千羽鶴を奉納しました。この千羽鶴は、生徒たちが分担して折ったものを、代表者が縫い合わせたものです。
  1日目は無事に終了しました。
  2日目は、クラス毎に産業や歴史について学習します。
なお、修学旅行の経過はFacebookでも更新しておりますので、併せてご参照ください。

令和2年11月22日(日) 囲碁将棋部(高校新人県大会)
 
 第31回静岡県高等学校将棋新人戦県大会が浜松北高校で行われました。
本校からは3名の女子生徒が出場し、24HRの藤原麻椰が準々決勝に進出、6位に入賞しました。

 日々の活動で研鑽を積み、今後も頑張ります。応援よろしくお願いいたします。

令和2年11月13日(金) 東京大学「大漁旗プロジェクト」
 
 東京大学生産技術研究所の「日本各地をつなぐ大漁旗プロジェクト」に裾野高校のパソコン部が参加し、この度完成しました。このプロジェクトは生徒が主体となり裾野市と共同で作成しました。

  東京大学(外部リンク) こちらをクリック

  裾野市役所みらい政策課(外部リンク) こちらをクリック

令和2年11月10日(火) 聴覚障害に関する講習を実施③
 
 沼津市手話通訳者の会と聴覚障害のある当事者の方をお招きして、今年度最後の聴覚障害に関する講習を実施しました。本日は「日常会話の手話」を教えていただいた後に当事者の方との座談会を行いました。
 座談会ではあえて手話通訳をせずに、当事者の口の動きや手話の様子などから生徒が内容を読み取るということをしました。また、生徒から当事者の方へお話するときも、身振り手振りや口話、教えてもらった手話などを駆使してお話しました。なかなか会話がスムーズにはいかないものの、当事者の方のお話を理解しようと相手の動きをよく見て聞く姿も見られ、本講習の目標である「聴覚障害の理解」が達成できました。

令和2年11月10日(火) 聴覚障害に関する講習を実施2
 
 沼津市手話通訳者の会と聴覚障害のある当事者の方をお招きして、2回目の聴覚障害に関する講習を実施しました。本日の講習では「数字」や「曜日」の手話と当事者にとっての手話通訳者の存在意義、手話通訳者の概要について教えていただきました。
 お話の中で特に印象的だったのが「手話通訳者がいなかった時は、家族に通訳を任せたり筆談をしていたが、うまく伝わらないことで誤解されたり、耳が聞こえないことで身の回りのことをしてもらうことが赤ちゃん扱いのようで嫌だった。それでもあきらめるしかなかった。」ということです。手話通訳者がいることで思いや考えを誤解されずに共有できることが分かったと同時に、手話通訳者がいない時こそ当事者の思いや考えを尊重することが大切だと理解できました。

令和2年11月9日(月) 福祉のお仕事魅力発見セミナー
 
 2時間目に福祉介護系列2年生が静岡県社会福祉協議会の開催する「福祉のお仕事魅力発見セミナー」に参加いたしました。本セミナーは2回に分けて行われ、今回が最終回でした。講師は地域密着型特別養護老人ホームで介護長をされている仁藤 友佳子様をお招きし、学生時代の思い出と介護士を目指した理由、やりがいなどをお話ししていただきました。お話の中で「人と関わるのが苦手だったけれど、介護の仕事をしている中で苦手ではなくなった」とおっしゃられており、卒業後に介護職を希望するコミュニケーションが苦手な生徒の不安も解消されました。2回のセミナーを終え、改めて福祉の仕事の魅力に気付くとともに、働きたいという意欲を高めることができました。

令和2年11月9日(月) 福祉のお仕事魅力発見セミナー
 
 福祉介護系列2年生が静岡県社会福祉協議会の開催する「福祉のお仕事魅力発見セミナー」に参加いたしました。このセミナーは2回に分けて実施し、今回は1回目となります。講師は地域密着型特別養護老人ホームでユニットリーダーとして働かれている宮 知子様に来ていただき、介護福祉士を目指した理由や仕事のやりがいなどを教えていただきました。現場で働かれている方のお話を聞くことで介護の現状を知るとともに、介護士を目指す思いを強くすることができました。

令和2年11月5日(木) ボランティア部 校内緑化作業
 
ボランティア部です。今月の14日(土)にオープンスクールを開催します。
田方農業高校からビオラや、パンジーを仕入れ、プランターに植え替え玄関前に飾りました。ぜひ、皆様ご来校下さい。

裾野高校Facebookの開設
本校のFacebookページを開設しました。地域の皆さま、保護者の皆さまに向けて、行事予定を発信していきます。ぜひご覧ください。https://www.facebook.com/%E9%9D%99%E5%B2%A1%E7%9C%8C%E7%AB%8B%E8%A3%BE%E9%87%8E%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1-112479947256124

令和2年10月27日(火) 聴覚障害に関する講習を実施
 
 沼津市手話通訳者の会と聴覚障害のある当事者の方をお招きして、聴覚障害に関する講習を実施しました。講習では「指文字」や「自己紹介・挨拶の手話」など手話の基本を学ぶとともに、聴覚障害者の抱える生活の困難を教えていただきました。お話の中で当事者の方は「手話ができないと聴覚障害者とコミュニケーションができないというわけではない。」とおっしゃっていました。聴覚障害の方と関わるときは、手話だけでなく身振り手振りや表情などの非言語のコミュニケーションが大切と言うことに気付くことができました。

令和2年10月25日(日)  国立中央青少年交流の家オープンハウス出店
 
 本校生徒、3年コミュニティビジネス系列の生徒とボランティア部、ビジネス部、パソコン部の集団でオープンハウスへ出店してきました。生徒が開発したお弁当を中心に、ファイゴンサブレやどら焼き、みどり作業所さんが作ったパウンドケーキや巾着袋などの販売を行いました。また、パソコン部ではドローン体験を実施し、小さなお子様にも楽しんでいただきました。当日は開店直後から、多くのお客様に足を運んでいただき、商品すべて完売いたしました。販売実習では、お客様との直接的な関りから学ぶことが多くあり、実りある時間となりました。

令和2年10月20日(火) 声掛けサポーター養成講座
 
 福祉介護系列2年生24名が「声掛けサポーター養成講座」に参加いたしました。
 講座では、盲導犬ユーザーの押野様と歩行訓練士の堀江様から、視覚障害者への声掛けの仕方や介助方法、盲導犬の役割などを教えていただきました。その後、校舎内の廊下と階段を使って実際に介助を行いました。
 普段歩きなれているところでも、アイマスクをしながら歩くとどこにいるかわからず「怖い」「隣にいるのは誰」と不安がっている様子が見られました。演習を通して「細かなところまで説明することで安心して歩くことができる」ということに気付けたようです。

令和2年10月2日(金)2年生「山陽学」JAなんすんJAふれあい市インタビュー
  
  
 2年生「キャリアチャレンジ」CCの「山陽学」において、25HRの生徒39名が、12月の広島・山口への修学旅行の事前学習として、裾野市の農業の実態について学ぶため、JAなんすんJAふれあい市に、インタビューに行かせていただきました。
 生徒たちはこの日のために、7月と9月の2度に渡って、裾野市産業部農林振興課の中村健児様、JAなんすんの木村成宏様、渡邊充利様から、裾野市の農業や特産品等について詳しい御説明やアドバイスをいただきながら、グループでテーマ、仮説を立て、その検証のためにインタビュー内容を練り上げてきました。当日、実際に生産者様にお会いした生徒たちは、仮説内容を再確認したり、実際に農業に携わる方の生のお声に驚いたりしながら、大変貴重な学びをいただくことができました。
 お忙しい中、インタビューにお答えいただきました皆様、JAなんすんJAふれあい市の皆様、そして裾野市役所、JAなんすんの皆様に心より御礼を申し上げます。ありがとうございました。

令和2年9月27日(火) みどり作業所交流
 
 福祉介護系列2年生24名が就労移行支援施設の「みどり作業所」の利用者さんと交流いたしました。今回の交流活動では畑の草取りのお手伝いをしました。本年度初めての交流ということで、生徒は緊張と不安が多かったようですが、作業や休憩中の自己紹介などを通してを通して「相手を理解する」ことができてきました。

令和2年9月26日(土)、27日(日)陸上競技部(高校新人県大会)
 
 県高校新人が草薙総合運動公園で行われました。
   結果
   男子 100m  23HR 杉本 浩良(裾野東中) 組8着 11秒19
   男子 200m  23HR 杉本 浩良(裾野東中) 組3着 22秒57
   男子 走幅跳  22HR 高村 空 (裾野東中) 22位 6m22
   男子 三段跳  22HR 高村 空 (裾野東中) 25位 12m59
   男子 砲丸投  25HR 萱間 琉騎(裾野東中) 25位 9m71
   男子 円盤投  25HR 萱間 琉騎(裾野東中) 10位 28m96
   女子 砲丸投  22HR 鈴木万結子(御殿場中) 7位  9m81
       砲丸投  23HR 三浦 愛華(大岡中)  14位 8m36
       砲丸投  15HR 菊池綺羅々(御殿場西中)24位 6m25
   女子 円盤投  23HR 三浦 愛華(大岡中)  7位  29m61
   女子 ハンマー投22HR 鈴木万結子(御殿場中) 3位入賞36m54
 
 女子ハンマー投で3位入賞し、鈴木万結子が東海大会出場権(今年度中止となりました)を獲得しました。また、女子砲丸投、円盤投では8位までで行われる決勝に進出し、6位入賞まで後1歩というところでした。
 次の試合に向け練習を行い、自己記録を多くの部員が更新できるよう頑張ります。応援よろしくお願いいたします。

令和2年9月25日(金) 2年生「山陽学」 アスルクラロ沼津講話

 2年生「山陽学」において、アスルクラロ沼津の岩田恵典様をお招きし、スポーツ関連企業による地域連携のあり方について講話をしていだきました。アスルクラロ沼津の様々な地域連携事業の具体的取り組みをお聴きし、スポーツが果たすこれからの地域づくりの可能性について、非常に貴重な学びの機会をいただきました。12月の広島・山口への修学旅行でマツダスタジアムに行く生徒たちは、岩田様のお話をもとに、今度は広島のスポーツ関連企業と地域の人々のつながりについて現地で見学し、地元静岡との比較、検証を進めていきます。アスルクラロ沼津の皆様、心より御礼を申し上げます。ありがとうございました。

令和2年9月18日(金) 2年生「山陽学」 地域戦争体験者講話

 2年生「キャリアチャレンジ」CCの「山陽学」において、裾野市在住の戦争体験者、小西信安様、勝俣吟子様をお招きし、戦時中のことについて、御自身の体験をお話していただきました。実際に戦争を体験された方の、現実のお話に、生徒たちの戦争に関する関心や意識、学びの意欲は大きく変容した様子でした。すべての生徒に12月の広島修学旅行に向け、自分の目で、戦争を、原爆を、しっかり学んでこようとの強い意志が芽生えた1時間となりました。小西様、勝俣様、大変貴重な機会をいただきましたこと、心より御礼を申し上げます。ありがとうございました。

令和2年9月12日(土)、13日(日) 陸上競技部(高校新人東部大会)
 
 東部高校新人が愛鷹総合運動公園で行われました。
  結果  男子 100m  23HR 杉本 浩良(裾野東中) 6位入賞
       男子 200m  23HR 杉本 浩良(裾野東中) 7位入賞
       男子 走幅跳  22HR 高村 空 (裾野東中) 4位入賞
       男子 三段跳  22HR 高村 空 (裾野東中) 6位入賞
       男子 砲丸投  25HR 萱間 琉騎(裾野東中) 9位
       男子 円盤投  25HR 萱間 琉騎(裾野東中) 5位入賞
       女子 砲丸投  22HR 鈴木万結子(御殿場中) 優勝 2連覇
           砲丸投  23HR 三浦 愛華(大岡中)  3位入賞
           砲丸投  15HR 菊池綺羅々(御殿場西中)5位入賞
       女子 円盤投  23HR 三浦 愛華(大岡中)  2位入賞
       女子 ハンマー投22HR 鈴木万結子(御殿場中) 2位入賞

       女子総合    6位入賞
       女子フィールド 3位入賞

   以上、11種目6名が9月26日(土)、27日(日)に草薙で行われる県大会への出場権を獲得しました。
   応援よろしくお願いいたします。

令和2年9月11日(金) 2年生「山陽学」 被爆体験記朗読

 2年生「キャリアチャレンジ」CCにおいて、国立広島原爆死没者追悼平和祈念館より、朗読ボランティアの笠間雅一様、中丸可陽様をお招きし、被爆者の体験手記や詩の朗読を拝聴しました。
 およそ10万人におよぶ被爆者の手記や詩の中から、お二人の手記と当時幼かった子ども4人の詩を朗読していただき、最後は生徒自らが、心に残った詩を自分の声で読む、という体験をさせていただきました。
 12月の広島・山口への修学旅行、そして探求学習「山陽学」に、今回の貴重な体験を、確かにつなげて参りたいと思います。

令和2年9月5日(土)、6日(日) 新人テニス競技 学校対抗の部
 令和2年度高等学校新人テニス競技(学校対抗の部)東部地区予選におきまして、本校男子テニス部が8位となり、県大会出場を決めました。
 本校男子テニス部が団体戦で県大会に出場するのは10数年ぶりということです。県大会は9月19日(土)、中部地区のテニスコートで行われる予定です。応援よろしくお願いします。
    

全ての記事を見る