お知らせ学校案内学校長より総合学科進路情報部活動紹介中学生の皆さん事務室より緊急時対応
 
裾野高校は静岡県の東部にある県下5番目の高校です。平成17年度に総合学科として生まれ変わりました。 .


お 知 ら せ
平成29年9月3日(日) 平成29年度静岡県・南駿地域総合防災訓練
 
 
 今年度は、裾野市で静岡県・南駿地域総合防災訓練が行われました。裾野高校の生徒が、傷病者役・付き添い役になっての医療救護訓練と、「スマートフォンを使った災害時情報収集・支援システム」を活用した訓練に参加しました。前者は、トリアージにおけるオリエンテーションを受け、その後の訓練では負傷者役として演技に努めて、負傷者の搬送現場を肌で感じ取ることができました。後者は、ボランティアセンターを支援するために、救護所となっている富岡中学校へ向かう生徒と情報収集と地図作成にあたる生徒に分かれて訓練を行いました。
 高校生が災害時においてできることを体験したことで、いざという時に活躍が期待できると思います。

平成29年9月1日(金) マンホールトイレ設置訓練
 
 
 本校は裾野市の指定避難所となっており、避難所設備として、学校のプールの水を使用するマンホールトイレが用意されています。
 今日は防災訓練の一環として、本校災害応急対策要員の職員が、この災害用マンホールトイレの設置訓練を行いました。

平成29年9月1日(金) 防災訓練
 
 東海地震の警戒宣言が発令されたことを想定し、避難訓練と地区別集合訓練を行いました。生徒たちは、放送による避難指示を受けて、教室からグラウンドに避難しクラス別に集合しました。その後、地区別に集合し直し、同じ地区の仲間の顔ぶれを確認しました。いざという時に訓練をしっかりと生かし、被害を最小限に抑えたいと思います。

平成29年9月1日(金) 表彰式・始業式
 
 
 表彰式では、第2回協会長杯駿東地区高等学校バスケットボール大会で優勝した女子バスケットボール部、第3回静岡県高校生介護技術コンテストで2位にあたる優秀賞に続いて第4回東海地区高校生介護技術コンテストで優良賞をいただいた芹澤芙美乃さん(3年 富岡中学校出身)、加藤萌さん(3年 清水中学校出身)、水口凌桜さん(3年 裾野西中学校出身)の表彰を行いました。
 2学期の始業式では、校長先生から、「働くこと=学ぶこと」という話がありました。
 生徒たちには、現代の変化の激しい時代に職を獲得するために、授業を通して知識をつけるのはもちろん、さらにその知識を活用していく力を身につけていってもらいたいと思います。

平成29年8日27日(日) 生徒会活動(裾野市みらい会議)
  
 平成29年度裾野市みらい会議が裾野市生涯学習センターで行われ、生徒会の生徒4人が参加しました。
 第1部では裾野市から市政報告があり、第2部ではまちづくりについてワークショップを行いました。地域の方々と様々な意見を出し合うことができました。

平成29年8月23日(水) 第4回東海地区高校生介護技術コンテスト
 
 第4回東海地区高校生介護技術コンテストが、三重県立伊賀白鳳高等学校で開催されました。愛知・三重・岐阜・静岡の各県予選を勝ち抜いた計8校が、日頃の福祉の学習成果を披露しました。
 本校からは、静岡県大会に続いて、31HRの芹澤芙美乃さん、32HRの加藤 萌さん、34HRの水口凌桜さんが出場しました。
 当日、課題が出題されるのですが、「3年前に脳梗塞で左上下肢麻痺となった特別養護老人ホーム入所の女性(82歳)が、畳に座って洗濯物を畳んでいるので、部屋に戻ってベッドの端に腰掛けて好きな時代劇のテレビを見るまでを介助する」というものでした。かなり難しい課題でしたが、3人で力を合わせて介助方法を考え、落ち着いて披露でき、優良賞を受賞しました。
 三重県伊賀市は「伊賀忍者の里」。町のいたるところに忍者の人形やイラストがあり、当日の発表順も巻物で示されました。終了後は、白鳳高校の生徒が作ったケーキやゼリーでほっと一息。福祉を学ぶ、他県の高校生と交流ができ、実り多い大会となりました。

平成29年8月18日(金) 静岡県総合学科高等学校研究大会
 
 
 静岡市のコンベンションアーツセンター(グランシップ)において、平成29年度静岡県総合学科高等学校研究大会が行われました。
  午前中は、総合学科高校の生徒が授業や課外活動での研究成果を発表する生徒発表会、午後は教員研修会と生徒のフィールドワークが行われました。県内10校の総合学科高校が一堂に会する研究会は、今年で11回目を迎えます。各学校は、系列の特色を生かした研究成果を発表しました。
  特に今年は地元の地域活性化にむけて授業や総合学習で組織的に関わって行われた発表が多くありました。商業系列の「広告と販売促進」で、大手広告会社の担当者の助言を受けて取り組んだ商店街のポスター作成(藤枝北高校)、農業系列、工業系列、自然科学系列が共同で3年計画で行っている「学校ビオトープ改修工事」(富岳館高校)など、スケールの大きな取り組みが印象的でした。

  本校は、「スマートフォンを使った災害時情報収集・支援システム」の研究の中間報告を行いました。10年以上にわたって取り組んでいる防災教育の流れを紹介した上で、今年9月3日に裾野市をメイン会場に行われる「静岡県総合防災訓練」でボランティアセンターを支援するために、高校生が情報収集と地図作成の準備を進めています。成果は今年11月に沖縄で行われる「第2回国連世界高校生津波サミット」で報告します。沖縄に派遣される2人の生徒が計画の概要を説明し、9月3日の訓練の際の情報提供を全県の生徒に呼びかけました。

  昼食では、ホスト校を務めた駿河総合高校の生徒が地元の業者と共同で開発した弁当が用意されました。随所に総合学科らしさが感じられる研究会でした。来年は、天竜高校がホスト校で、浜松市で行われます。

平成29年8月8日(火) 中学生一日体験入学
 
 
 裾野高校中学生一日体験入学を開催しました。訪れた中学生や保護者の皆さんには、5つの系列から2つを選択しての模擬授業と学校説明の3時間を受講してもらいました。総合学科高校である本校の特色を理解してもらい、希望者には部活動も見学してもらいました。
 来年4月には、今度は新入生として会えることを期待しています。

平成29年7月29日(土) 「静岡県高校生介護技術コンテスト 優秀賞受賞」
 
 第3回静岡県高校生介護技術コンテストが、静岡県立富士宮東高校で開催されました。県内で福祉科を有する公立高校3校、私立高校3校と、本校のように、介護職員初任者研修の修了をめざす公立高校3校、合計9校が出場しました。本校からは、福祉介護系列の3年生21名を代表して、芹澤芙美乃(せりざわ ふみの)さん、水口凌桜(みなくち りお)さん、加藤萌(かとう もえ)さんの3名が出場しました。
 「介護技術コンテスト」は、介護福祉を学ぶ高校生の学びの成果発表と交流のために行われており、設定された課題に対してどのような介護をさせていただくか、検討して介護技術を披露します。今回の課題は、「特別養護老人ホームに入所して3年になる、脳梗塞で左半身麻痺となった85歳の元保育士の女性に、ベッドから起きて上着を着ていただき、車いすでホールに移動してレクリエーションに参加していただく」というものでした。
 25分間で、この方にどのような介護を実施するかを検討し、7分間で介護技術を披露し、2分間で、「なぜ、このような介護をしたか」という根拠をアピールします。
 コンテスト当日は、芹澤さんと水口さんが介護技術を披露し、加藤さんがアピールをしました。終始落ち着いて、介護される方の立場に立った介護を行うことができ、2位にあたる優秀賞をいただくことができました。日頃の学習の成果が存分に発揮できたことを、生徒達はとても喜んでいます。
 3名の生徒達は、8月23日(水)に三重県で開催される、東海大会に出場します。

平成29年7月21日(金) 表彰式・終業式
 
 
 表彰式では、女子テニス部の生徒3人と美術部の生徒3人の表彰を行いました。美術部では、第44回二科静岡支部展前期絵画部において、西片里奈さん(3年 富士岡中出身)が「海紋の主」という作品で静岡放送賞を受賞、川見柚衣さん(3年 原里中出身)と増田美月さん(3年 金岡中出身)も入賞しました。 女子テニス部は、第27回御殿場ジュニア夏季テニス選手権大会個人ダブルスにおいて、三橋 夏葵さん(2年 富岡中出身)と萱間舞奈さん(1年 富岡中出身)ペアが第3位、御殿場市長杯ダブルスにおいて、鈴木真悠奈さん(3年 御殿場南中出身)と三橋夏葵さんペアが優勝しました。
 1学期終業式では、大石校長から、「一日のほとんどを水汲みで終えるアフリカの少女の話」と「人口知能は天使か悪魔か」という2つの話がありました。生徒たちには、目の前のことを一生懸命やることの大切さを理解し、自分の頭を使って機械ではなく人間しかできないことを開拓する力をつけていってもらいたいと思います。

平成29年7月20日(木) 学年集会(2年)
 
 
 2年生は学年集会を行い、1学期を振り返るとともに夏休みの過ごし方について考えました。
 この夏休みは、教科の夏課題や部活動のほかに3学期に実施する沖縄修学旅行の事前学習がスタートします。生徒たちは沖縄の「戦争」、「文化・歴史」について各自でテーマを設定して調べ学習を行います。

平成29年7月20日(木)1限 薬学講座
 
 
 学校薬剤師の須賀智代実先生、裾野警察署生活安全課より小野吉郎先生をお招きして「薬学講座」を実施しました。
 須賀先生からは、薬の使用方法の基本的な知識に加え、ドーピング、たばこ、飲酒の有害性についてお話しいただきました。
 小野先生からは、危険ドラッグに関するビデオの上映後、裾野市やその周辺の薬物犯罪の状況等についてお話しいただきました。
 生徒たちは、薬の正しい使い方や薬物犯罪の恐ろしさについて、学ぶことができました。

平成29年6月21日(水) 前期生徒会選挙
 
 
 本日は前期生徒会選挙があり、生徒会長1名、副会長2名の立候補者とそれぞれの推薦者が演説を行い、信任投票が行われました。
 開票の結果全員が信任され、生徒会長は萱間綾香さん(2年深良中学校出身)、副会長は國里愛音さん(2年沼津第5中学校出身)と村田碧海さん(御殿場南中学校出身)で前期生徒会がスタートします。

「お知らせ」の続きはここをクリックしてください