お知らせ 学校案内 総合学科 進路情報 部活動紹介 中学生の皆さん 事務室より 緊急時対応
 
裾野高校は静岡県の東部にある県下5番目の高校です。平成17年度に総合学科として生まれ変わりました。 .


お 知 ら せ
平成28年7月8日(金) 野球部壮行会
 全国高等学校野球選手権静岡大会に向けて、野球部の壮行会を行いました。
 キャプテンの嘉藤翔太君(3年 富岡中学校出身)は、1回戦突破を目指し、昨年まで3年連続で初戦に勝利した先輩に続きたいと抱負を述べました。
 野球部の健闘を祈って、応援委員会を中心に全校生徒でエールを送りました。

平成28年7月7日(木) 野球応援練習
 1年生が野球応援の練習を行いました。6日に期末テストが終了し、7月10日(日)の1回戦に向けて、今日から練習が開始されました。2日間の短い練習となりますが、スタンドからの応援で野球部を盛り上げるため、応援委員会の指示の下で大きな声を出して練習しました。


平成28年7月4日(月)・5日(火) 1年生系列保護者説明会
 2日に分けて1年生の保護者対象に系列保護者説明会を行いました。将来の進路にも関わる系列選択について、今後の日程、系列選択のポイント・注意などを各系列主任が説明しました。
 本校は、1年次で自分の将来についてじっくり考えて2年次からの系列を選択することから、高校入学後に進路に関するミスマッチで後悔することなく、自分の進路に合わせた勉強をしていくことができます。


平成28年6月30日(木) 租税教室
 2年生の「現代社会演習」で、沼津税務署の税務広報公聴官の小林理恵さんを講師に招いて、租税教室を行いました。
 小林さんは、高校生の時に担任の先生に勧められて税務官の道を志し、主席調査官などを歴任されました。事前に生徒が書いた税に関する作文「税の公正さについて」の全てに目を通された上で、税務調査や査察の実態についてビデオを交えて分かりやすく解説してくれました。
 生徒たちは税の仕組みだけでなく、税務官の仕事も身近に感じることができ、キャリアを考えるよい機会となりました。


平成28年6月28日(火) 熊本地震被災地支援の募金活動
 ボランティア部と福祉介護系列の生徒が、五龍祭(文化祭)で来場者や本校生徒に呼びかけて熊本地震の被災地支援のために募金活動を行いましたが、この活動で集めた13,111円を、「平成28年熊本地震災害義援金」として裾野市役所社会福祉課を通じて日本赤十字社に預けました。

平成28年6月28日(火) ファイゴンサブレ収益金を裾野市に寄付
 昨年度のファイゴンサブレの収益金となる22,991円を裾野市に寄付しました。
 本校のボランティア部は、裾野市のイベントに参加するなどしてファイゴンサブレを販売していますが、裾野市の福祉のために役立ててもうため、必要経費を除いた全額を寄付しました。当日は生徒だけでなくファイゴンも裾野市役所を訪問し、髙村謙二市長からは寄付のお礼とともにファイゴンとボランティア部の活躍に温かいお言葉をいただきました。


平成28年6月24日(金) 産業社会と人間(1年)
 本日の「産業社会と人間」では、最初の1時間は2年生から始まる学習系列の選択説明会を行いました。将来の進路にも関わる系列選択について、予想される卒業後の進路や学習内容、選択上の注意など各系列主任の先生から説明を受けました。各系列のことをよく理解し、自分の進路と照らし合わせて失敗のない系列選択をしてもらいたいです。
 次の1時間は、3月に大学を卒業して本年度新規採用で着任した2人の先生、そして現在本校で教育実習を行っている本校卒業生である教育実習生の話を聞きました。それぞれの先生方からは、自分の体験談や現在感じていることなどの話がありました。

平成28年6月23日(木) 車イスの介助(福祉介護系列)
 福祉介護系列の2年生が、車イス利用者と介護者の相互理解について、体験実習を通して学びました。
 生徒たちは実際に車イスに乗ることで移動時の不安を体験し、特に坂道や段差において、介護者がどのように対応すれば車イス利用者の不安がなくなるか、それぞれの立場を経験することで理解を深めました。



平成28年6月20日(月) 2年生CUS防災講座「クロスロードゲーム」
 2年生の総合的な学習の時間「キャリアアップセミナー(CUS)」における防災分野の学習で、東部危機管理局から講師を招き、災害時の行動についてクロスロードゲームを交えながら講演をしていただきました。
 災害時は、その一瞬一瞬で判断して瞬時に行動しなければなりません。例えば瓦礫の下に挟まれた友達を救おうと、瓦礫の下に潜ったら、崩れて自分の命を落としてしまうかもしれません。また、担架が1つしかなくて1人しか救えないとしたら、親は、助かる見込みのない我が子と、急いで手当をすれば助かる他人のどちらを優先するべきか判断しなければなりません。
 自分の命は自分で守ることを第一に、その上で、他の命を助けるために自分に何ができるか判断しなければならないことを学びました。



平成28年6月17日(金) 産業社会と人間(1年)
 本日の「産業社会と人間」では、職業調べを行いました。先週の進路ガイダンスで職業への理解を深めましたが、今週はそれをさらに発展させ、実際にどのような仕事があり、仕事に就くために必要な条件・資格があるかなどを各自でスマートフォンやパソコンを使って詳しく調べました。
 職業について詳しく調べることで、各自の進路への意識を高め、それに沿った2年次からの系列選択にも生かすことが期待されます。また、夏休みの課題でも職業調べがあり、HR発表・学年発表を行う予定ですので、その前段階の調べ学習としての意味も込められており、2学期によりよい発表ができるように頑張ってもらいたいです。

平成28年6月16日(木) マイナビ進学フェスタ進路相談会(2・3年)
 ツインメッセ静岡で行われたマイナビ進学フェスタ進路相談会に、2・3年生の進学希望者224人が参加しました。
 会場はとても広く、約115の大学や企業のブースがありました。参加した生徒たちは、一時間半という限られた時間の中、積極的に各ブースを回り、進学に関する情報を聞いていました。とても有意義であり、刺激を受けたのではないかと思います。



平成28年6月16日(木) 就職希望者対象進路講演会(2・3年)
 「進路実現に向けて、高校生活をどのように過ごすか」をテーマに2・3年生の就職希望者対象に進路講演会を開催しました。
 講師には、住電装プラテック株式会社の採用担当、マックスバリュ東海株式会社の採用担当、国家公務員である自衛隊の広報担当を迎え、将来社会人として働いていく上での学ぶことの意義や高校時代の過ごし方について、講話を通して自分の考えを深めました。



平成28年6月13日(月) 2年生CUS
 2年生の本日のCUS(キャリアアップセミナー)は、進学希望者と就職希望者に分かれて行いました。進学希望者は16日のツインメッセで開催される「マイナビ進学フェスタ進路相談会」の事前学習を行い、就職希望者は、株式会社沓間水産より総務部の福田俊介様と常務取締役の増田利通様をお招きし、お話しをしていただきました。
 2年生にとって、それぞれが進む進路を真剣に考える有意義な時間になりました。


平成28年6月10日(金) 産業社会と人間(1年)
 本日の「産業社会と人間」では、進路ガイダンスを行いました。様々な職業の内容や現状などを理解し、職業観の育成および進路決定の一助となることを目的に、専門学校を中心に計19校から講師を招き、話を聞きました。
 生徒は事前に調査した希望に沿って、職業別に分かれ、各教室において説明を聞き、職業への理解を深めていました。このような活動を通して将来の職業を見据えた進路決定ができることが期待されます。


平成28年6月6日(月) 体育大会
 前日の雨で開催が心配されましたが、本校グラウンドの水はけのよさに救われて、体育大会を開催することができました。
 団体種目の主なものでは、長縄跳び「みんなでジャンプ」の1位が35HR,HR対抗リレーの1位は、1年が15HR、2年が24HR,3年が34HRでした。
 個人種目では、100Mの1位が男子は3年勝間田一輝君(原里中学校出身)、女子は3年高尾美玖さん(門池中学校出身)、男子1000Mの1位は3年小林翔大君(長泉北中学校出身)でした。団体、個人全種目による総合成績1位は34HRでした。
 生徒たちは様々な種目に全力で取り組み、大いに盛り上がった体育大会でした。









平成28年6月5日(日) 第56回五龍祭(一般公開)
 あいにくの雨天にもかかわらず、保護者や地域の方々など多数の来場者がありました。展示や演奏、模擬店などで生徒たちは日頃の活動の成果を発揮し、お客さんに楽しんでもらいました。
 また、会場では、ボランティア部と福祉介護系列の生徒が、来場者や本校生徒に呼びかけて、熊本地震の被災地支援のために募金活動を行いました。この募金は、「平成28年熊本地震災害義援金」として裾野市役所を通して日本赤十字社に送金されます。






平成28年6月4日(土) 第56回五龍祭(校内発表)
 今年の五龍祭は、「百花勢逢(ひゃっかせいほう)」をスローガンに、これまで以上に全校生徒の力で作り上げる行事にしたいという生徒会の考えで、校内発表のオープニングでは、新しい生徒会企画の1、2年生の合唱や3年生の模擬店CM、そして福祉介護系列3年のトーンチャイムや吹奏楽部による演奏でとても盛り上がりました。



平成28年6月3日(金) 産業社会と人間(1年)
 本日の「産業社会と人間」では、鈴木学園の寺澤拓志先生を講師に招きました。職業、仕事、学校生活、人間関係など幅広い内容の講演でした。
 寺澤先生のユーモアのあるお話のおかげで、生徒は楽しみながら話を聞くことができました。講演後、生徒たちは教室に戻り、講演内容を振り返って感想をまとめました。今日学んだことを今後の学校生活に生してくことが期待されます。

平成28年6月3日(金) 家庭教育学級「高校訪問」(裾野東中学校)
 裾野市立東中学校の家庭教育学級生(保護者)の皆さんが来校しました。総合学科である本校について知ってもらうために、本校の特色を説明し、その後授業参観や施設見学をしてもらいました。

平成28年6月1日(水) 朝礼(スクールカウンセラー紹介)
 本校は毎週金曜日にスクールカウンセラーが来校します。今日の朝礼では全校生徒に本校のスクールカウンセラーを紹介し、カウンセラーの先生からは、高校時代は誰しも不安や悩みを抱えているので一緒に考えましょうというお言葉がありました。


「お知らせ」の続きはここをクリックしてください