お知らせ学校案内学校長より総合学科進路情報部活動紹介中学生の皆さん事務室より緊急時対応
 
.


お 知 ら せ
令和3年3月1日(月) 卒業証書授与式 黒板アート
 
 3月1日、卒業証書授与式が挙行されました。
 卒業式に先立ち、3年生の美術部員が黒板アートを作成しました。作品は、当日会場に展示されました。じっくり見る時間の無かった卒業生の皆さんや、より多くの方にご覧いただきたいと思います。
なお、卒業式の様子はFacebookにて動画を公開中です。
Facebook こちらをクリック

令和3年2月25日(金) 快挙!全商検定四種目1級合格
 
 コミュニティビジネス系列3年生の髙橋樹成くんが、全商検定4種目1級(珠算・電卓実務検定、ビジネス文書実務検定、情報処理検定ビジネス情報部門、プログラミング部門)に合格し、新聞に取り上げていただきました。

令和3年2月12日(金) 2年生キャリアチャレンジ 3年生担任による進路講話


 2年生「キャリアチャレンジ」において、5限はジョブサポートティーチャーの鈴木和子先生、6限は縦割りHR別に、3年生担任による進路講話を行いました。「3年生ゼロ学期」を迎えた2年生は、講話を聴き、進路に向けた具体的な創造、準備、行動について考えました。「今日からスタート!」鈴木和子先生の言葉をはじめ、5クラスの先生方の言葉に、学年全体の進路実現への士気が向上した2時間となりました。

令和3年2月5日(金)クロスカントリー大会


 2月5日(金)クロスカントリー大会を行いました。
 裾野高校の伝統行事の一つで、裾野総合運動公園陸上競技場を発着点に男女とも10㎞のコースを走ります。例年11月に実施していますが、今年は2月の実施になりました。好天に恵まれた中、富士山の裾野の「パノラマロード」を駆けて、全員が完走することができました。
 沿道の警備や運営に尽力いただいたPTAの皆様をはじめ、多くの皆様のお手伝いを頂きました。ありがとうございました。

令和3年1月29日(金) 主権者教育

2年生の総合学習で主権者教育を行いました。
「主権者教育」は、選挙権の付与年齢が18歳以上になった2015年(平成17年)から全国で行われているもので、在学中に18歳を迎える高校2、3年生を対象に行われています。講話や模擬投票を行う学校が多いですが、本校では昨年から、議会に提出する請願書の書き方を学び、実際に「模擬請願書」を書く授業を行っています。
 前の週に個人のワークシートを作成し、当日はクラスの班ごとに請願項目を決め、発表した上で署名を行います。署名は、請願の内容に責任を持つことです。思い付きの要望ではなく、一主権者として意見を述べる体験を通じて、行政や議会に主体的に関わることの自覚を持ってもらうことを目指しました。
 当日は、裾野市議会の議員、事務局の皆様がアドバイザーとして参加していただきました。正式な「請願書」を議会に提出するには、議員の紹介が必要になります。請願の内容、実現までの流れなど、現職の議員の立場から丁寧なアドバイスを頂きました。

令和3年1月28日(木) 第2回イブニングセミナー

 1月27日(木)第2回「イブニングセミナー」が行われました。
昨年12月に行われた第1回セミナーで好評だった講座に加え、新たに「コーチング入門」を加え、地域の皆様と学びの時間を共有することができました。
 なお、次回2月24日に実施を予定しておりました「第3回イブニングセミナー」ですが、中止とさせていただきます。大変申し訳ありませんが、来年度、改めて企画し、ご案内させていただきます。

令和3年1月22日(金) 裾野高等学校キャリア教育探究学習発表会
 
 
 令和2年度裾野高校キャリア教育探究学習発表会を、6限に体育館で開催しました。生徒たちは1年間をかけ、1年生は裾野市の魅力や課題について考える「地域学」、2年生は広島山口修学旅行を通して、広島と静岡の社会課題について考える「山陽学」、3年生は自己の進路、将来について具体的に考える「未来学」について、学びを積み上げてきました。自分たちでテーマを設定し、自らの問いをもとに仮説を立て、調査、検証を行い、最終的に「自分ごと」としてとらえ、「高校生の自分に、今できることは何か」を、全校生徒に発信し、学年の壁を越えて学びを共有しました。この日に向けて、各学年予選を経て選ばれたのは6グループ。1年生は「Special fraud~特殊詐欺~」、「有名でない観光地を改善するには」、2年生は「戦争=敵」(原爆と戦争コース)、「チームワークタウン」(スポーツ関連企業と地域連携コース)、3年生は「AIは人間を騙せるのか?」、「鉄道と観光」といったテーマで、パワーポイントで発表しました。生徒たちは多角的な視点や、個性あふれる多様な探究内容に、大きな関心を抱いたり驚いたりするなど、終始「学びの協働」の姿が見られました。この探究学習における発見や気づき、地域の方々をはじめとする多くの人との関りの中で得た知識や貴重な経験を、生徒自身がこれから生きていく地域や社会での「自己の在り方、生き方」に、つなげてほしいと思います。今年度、本校のキャリア教育に御協力を賜りましたすべての皆様に、心より御礼を申し上げます。ありがとうございました。

令和3年1月15日(金) 2年生「山陽学」探究学習発表会

 2年生「キャリアチャレンジ」CCにおいて、「山陽学」探究学習発表会を開催しました。昨年6月より12月の広島山口修学旅行に向けて探究活動を行ってきた「山陽学」の集大成として、各クラスの代表5グループが、各テーマに基づいて発表しました。当日は、「学びの種」として、これまで講話やアンケート、フィールドワーク等の機会をいただきました、裾野市在住の小西信安様、裾野市役所の中村健児様、JAなんすんの渡邊充利様、小山町役場の石田洋丈様、高橋千浩様、アスルクラロ沼津の岩田恵典様にお越しいただきました。生徒たちは、「スポーツ関連企業と地域連携」「循環型地域産業」「原爆と戦争」「地域農業」の5つのテーマで、広島と静岡の課題や魅力、さらに共通点と相違点について、仮説をもとに比較検証し、最後に「自分ごと」として「高校生の私にもできるSDGs」と題し、身近な生活の中で実践できる行動について発信しました。「山陽学」を通じて、多くの御指導、御協力を賜りました皆様に、心より御礼を申し上げます。ありがとうございました。

令和2年12月4日(金) 修学旅行4日目

 修学旅行最終日。はじめに、萩城下町を自転車で散策しました。江戸時代の町並みが残る萩を、日本海側の肌寒さを少し感じながら駆けていました。
 その後、秋吉台、秋芳洞を見学しました。自然が形作った風景に驚きながら、生徒たちもたくさんシャッターを切っていました。
バスガイドさんたちとの別れを惜しみつつ、新山口駅から新幹線で帰路に着きました。
来週以降、記憶の新しいうちに、見学して考えたことをまとめる予定です。

令和2年12月3日(木) 修学旅行3日目 下関班別研修

 3日目は、松下村塾の見学から始まりました。地元ボランティアの皆さんの説明を聞きながら、「明治維新の胎動」に触れました。
その後、下関に移動し、班別研修を行いました。関門海峡を渡ったり、水族館やショッピングモールをめぐったりと、班毎に計画した行程を楽しみました。バス出発時間には、全班がきちんと集合でき、予定通りホテルに帰着しました。

最終日は、萩城下町サイクリング、秋吉台散策を経て、新幹線で静岡に帰ります。

令和2年12月2日(水) 修学旅行2日目 広島クラス別研修・宮島散策


修学旅行2日目は、前半にクラス別研修、後半に宮島散策を行いました。
 クラス別研修は以下の通りです。
  21HR マツダコース
  22HR 漁業体験コース
  23HR 海軍コース
  24HR 海上自衛隊コース
  25HR 農業体験コース
 事前学習を踏まえて、産業や歴史について学習しました。コース毎に体験が用意されており、旅としても学びとしても楽しめるものとなっています。
 後半は、フェリーで宮島に渡って、厳島神社に参拝しました。その後、宮島で自由散策となりました。お土産を買うなどして過ごし、2泊目のホテルに移動しました。
3日目は班別研修です。

令和2年12月1日(火) 修学旅行1日目 広島平和学習
 
 
 修学旅行1日目は、平和学習を行いました。
 まず、切明千枝子様より被爆体験の講話をいただきました。真摯な態度で傾聴し、当時のことに思いを馳せることができました。
次に、平和祈念資料館の展示を観覧しました。原爆の凄惨さを物語る数々の展示に、生徒たちは衝撃を受けていました。
 最後に、原爆の子の像に千羽鶴を奉納しました。この千羽鶴は、生徒たちが分担して折ったものを、代表者が縫い合わせたものです。
  1日目は無事に終了しました。
  2日目は、クラス毎に産業や歴史について学習します。
なお、修学旅行の経過はFacebookでも更新しておりますので、併せてご参照ください。

令和2年11月22日(日) 囲碁将棋部(高校新人県大会)
 
 第31回静岡県高等学校将棋新人戦県大会が浜松北高校で行われました。
本校からは3名の女子生徒が出場し、24HRの藤原麻椰が準々決勝に進出、6位に入賞しました。

 日々の活動で研鑽を積み、今後も頑張ります。応援よろしくお願いいたします。

令和2年11月13日(金) 東京大学「大漁旗プロジェクト」
 
 東京大学生産技術研究所の「日本各地をつなぐ大漁旗プロジェクト」に裾野高校のパソコン部が参加し、この度完成しました。このプロジェクトは生徒が主体となり裾野市と共同で作成しました。

  東京大学(外部リンク) こちらをクリック

  裾野市役所みらい政策課(外部リンク) こちらをクリック

令和2年11月10日(火) 聴覚障害に関する講習を実施③
 
 沼津市手話通訳者の会と聴覚障害のある当事者の方をお招きして、今年度最後の聴覚障害に関する講習を実施しました。本日は「日常会話の手話」を教えていただいた後に当事者の方との座談会を行いました。
 座談会ではあえて手話通訳をせずに、当事者の口の動きや手話の様子などから生徒が内容を読み取るということをしました。また、生徒から当事者の方へお話するときも、身振り手振りや口話、教えてもらった手話などを駆使してお話しました。なかなか会話がスムーズにはいかないものの、当事者の方のお話を理解しようと相手の動きをよく見て聞く姿も見られ、本講習の目標である「聴覚障害の理解」が達成できました。

令和2年11月10日(火) 聴覚障害に関する講習を実施2
 
 沼津市手話通訳者の会と聴覚障害のある当事者の方をお招きして、2回目の聴覚障害に関する講習を実施しました。本日の講習では「数字」や「曜日」の手話と当事者にとっての手話通訳者の存在意義、手話通訳者の概要について教えていただきました。
 お話の中で特に印象的だったのが「手話通訳者がいなかった時は、家族に通訳を任せたり筆談をしていたが、うまく伝わらないことで誤解されたり、耳が聞こえないことで身の回りのことをしてもらうことが赤ちゃん扱いのようで嫌だった。それでもあきらめるしかなかった。」ということです。手話通訳者がいることで思いや考えを誤解されずに共有できることが分かったと同時に、手話通訳者がいない時こそ当事者の思いや考えを尊重することが大切だと理解できました。

令和2年11月9日(月) 福祉のお仕事魅力発見セミナー
 
 2時間目に福祉介護系列2年生が静岡県社会福祉協議会の開催する「福祉のお仕事魅力発見セミナー」に参加いたしました。本セミナーは2回に分けて行われ、今回が最終回でした。講師は地域密着型特別養護老人ホームで介護長をされている仁藤 友佳子様をお招きし、学生時代の思い出と介護士を目指した理由、やりがいなどをお話ししていただきました。お話の中で「人と関わるのが苦手だったけれど、介護の仕事をしている中で苦手ではなくなった」とおっしゃられており、卒業後に介護職を希望するコミュニケーションが苦手な生徒の不安も解消されました。2回のセミナーを終え、改めて福祉の仕事の魅力に気付くとともに、働きたいという意欲を高めることができました。

令和2年11月9日(月) 福祉のお仕事魅力発見セミナー
 
 福祉介護系列2年生が静岡県社会福祉協議会の開催する「福祉のお仕事魅力発見セミナー」に参加いたしました。このセミナーは2回に分けて実施し、今回は1回目となります。講師は地域密着型特別養護老人ホームでユニットリーダーとして働かれている宮 知子様に来ていただき、介護福祉士を目指した理由や仕事のやりがいなどを教えていただきました。現場で働かれている方のお話を聞くことで介護の現状を知るとともに、介護士を目指す思いを強くすることができました。

令和2年11月5日(木) ボランティア部 校内緑化作業
 
ボランティア部です。今月の14日(土)にオープンスクールを開催します。
田方農業高校からビオラや、パンジーを仕入れ、プランターに植え替え玄関前に飾りました。ぜひ、皆様ご来校下さい。

裾野高校Facebookの開設
本校のFacebookページを開設しました。地域の皆さま、保護者の皆さまに向けて、行事予定を発信していきます。ぜひご覧ください。https://www.facebook.com/%E9%9D%99%E5%B2%A1%E7%9C%8C%E7%AB%8B%E8%A3%BE%E9%87%8E%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1-112479947256124

全ての記事を見る