お知らせ学校案内学校長より総合学科進路情報部活動紹介中学生の皆さん事務室より緊急時対応
 
.


お 知 ら せ
令和元年6月24日(月) トークフォークダンス「ハンドケア」の御案内

 第2回「トークフォークダンス」終了後、福祉介護系列の生徒が、心を込めて「ハンドケア」をさせていただく企画があります。生徒のハンドマッサージ、とても気持ちいいですよ。ぜひ、体育館横の100周年記念ホールに、お立ち寄りください。心よりお待ちしております。

令和元年6月21日(金) トークフォークダンス募集締め切りのお知らせ

 第2回「トークフォークダンス」の応募者が、定員の202人に達しました。お申込みいただいた方、関心を寄せてくださった方、また生徒の募集活動に耳を傾けてくださった皆様に、心より御礼を申し上げます。ありがとうございました。来年度以降も実施を予定しておりますので、その際は、またよろしくお願いいたします。なお、当日終了後、参加してくださった皆様に、福祉介護系列の生徒が、心を込めて「ハンドケア」をさせていただく企画も御用意しております。体育館横の100周年記念ホールに、ぜひ、お立ち寄りください。皆様の御来校を、心よりお待ちしております。

令和元年6月19日(水) 前期生徒会役員選挙

 6時間目に前期生徒会役員選挙が行われました。生徒会長2人、副会長2人が立候補し、それぞれ気持ちの入った演説を行いました。

令和元年6月17日(月) 1年生 「発信力向上レイアウト講座」

 5限の「産業社会と人間」において、探究活動に必要となる力を身につけようと、NICHINICHI様による「発信力向上レイアウト講座」が行われました。卒業アルバムを制作してくださっている会社ということもあり、普段から本校の教育活動にもご尽力いただいている方の講演となりました。デザインやレイアウト、視覚の導線に至るまで、身近な専門的知識を学ぶことができました。

令和元年6月17日(月) 1年生 「インタビュー講座」

 6限の「産業社会と人間」において、探究活動に必要となる力を身につけようと、静岡新聞社様による「インタビュー講座」が行われました。実際の静岡新聞を用いて、夏休みの職業研究に向け、インタビューの方法や、文章を書く際の文字数や句読点のつけ方、さらにキャッチコピーの考案方法について学びました。

令和元年6月14日(金) ラフターヨガ

 福祉介護系列の3年生の生活支援技術で「裾野ラフタークラブ」からラフターヨガの講師3名をお招きしました。「笑うことで健康になる」ということで、楽しくなくても笑うということが生徒にとっては難しく、最初はなかなか笑顔がみられませんでしたが、徐々に笑うことに慣れてきたようで最後はたくさんの笑顔がみられました。

令和元年6月13日(木) 生徒による「トークフォークダンス」参加者募集活動

 7月12日(金)の「トークフォークダンス」に向け、参加者募集のために、生徒たちが近隣の方のお宅を訪問する活動を行っています。突然の訪問もかかわらず、快く耳を傾けてくださった皆様、本当にありがとうございました。

令和元年6月11日(火) トークフォークダンスに向けて

 7月12日(金)に行われる、本校1年生と地域住民の方々が、フォークダンスのように相手を変え、話をしていくという企画であるトークフォークダンスに向けて、本校生徒も動き出します。運動部を中心に、近隣住民のご家庭を訪問し、直接お話をして参加者を募集します。ぜひ、ご協力ください。

令和元年6月7日(金) 1年生 小林洋子先生による保育講話

 5限の「産業社会と人間」において、9月の保育介護実習に向け、小林洋子先生による保育講話が行われました。乳幼児との関わりの中で、抱っこやスキンシップ、アイコンタクトが、その後の発達に非常に大きな影響を与えることを学びました。「人間=はなまる」この思考回路をもつことが大切だという言葉が、大変印象的でした。保育実習への明確なビジョンを持つことができた貴重な1時間となりました。

令和元年6月7日(金) 介護福祉系列の生活支援技術(講話)

 授業で、浅野吏英様(元NHK山口アナウンサー)と柴田様(ヘルプマークユーザー)のお二人をお迎えし、目には見えない、体の内側に障がいを抱える柴田様にはヘルプマークの重要性を、元アナウンサーの浅野様にはご自身が祖母の介護をする上で感じた介護の大変さと介護専門職に求めることを様々なエピソードを交えて教えていただきました。
 柴田様が車いすで2階の教室まで移動する際には、男子生徒5名が階段などの介助をさせていただきました。生徒たちは「家族の視点からの様々な介護職に対する要望が参考になりました」などの感想を持ちました。

令和元年6月7日(金) 1年生 ベネッセによる基礎力診断テスト振り返り

 6限の「産業社会と人間」において、先日行われたベネッセの基礎力診断テストの振り返りを行いました。自分の学力の現状や改善点などを分析したことで、今後の学習方法の見直しに繋げたいと思います。

令和元年6月7日(金) 国際ソロプチミスト全国大会出場のスピーチ

 5月25日に沼津市で行われた国際ソロプチミスト駿河主催のスピーチコンテストで、本校2年の山形千尋さん(裾野市立富岡中学校出身)が優勝しました。
 国際ソロプチミストは、1921年にアメリカで生まれた女性団体で、世界約130ケ国に3000のクラブ、約8万人の会員を有する団体です。日本支部(リジョン)では、毎年女子学生によるスピーチコンテストを実施しています。 今回のコンテストには、静岡県東部から12名の生徒が出場しました。優勝した山形さんは、7月に神戸市で行われる全国大会に出場します。
 テーマは「20年後のあなたと対話する」で、山形さんは、「自分の信念に従って、強くしなやかに」と題し、日本の近代史における女性の地位や、高校での数学の先生との出会いから、数学の教師を目指すようになったことなどについて述べました。
 全国大会での活躍を期待します。 こちらをクリックすると、別ウィンドウでスピーチ文が開きます。

令和元年6月3日(月) 議会だより贈呈

 裾野市議会の広報誌、「議会だよりすその」の題字を本校3年生の中野雛さん(長泉町立北中学校出身)が担当しました。このほど、議会だよりの編集長である土屋主久議員が来校され、今年度の第1号を贈呈していただきました。今年度1年間、この題字が表紙を飾ります。
 表紙の写真は、今年2月に本校2年生が裾野市議会の議員さんを招いて行った「模擬請願」の授業の様子です。現職の議員のアドバイスをいただきながら、地域の課題を探り、発表を行いました。今後も市役所や議会の協力を得ながら生きた主権者教育を進めて行きたいと思います。

令和元年6月3日(月) 五龍祭 体育の部


 本日の体育の部では、各HRがクラスTシャツを着て、色別に競い合いました。どの生徒も全力で競技に取り組みました。

令和元年6月2日(日) 五龍祭 一般公開


 本日開催された一般公開では、2,3年生が模擬店、文化部が展示・販売を行い、来校されたお客様に楽しんでいただくことができました。

令和元年6月1日(土) 五龍祭 校内発表

 体育館で、五龍祭の校内発表が行われました。吹奏楽部の演奏やHRで作成した旗の紹介、3年生の模擬店CMなどが発表されました。

令和元年6月2日(日) 第38回 わたしの主張裾野市大会ついて

 第38回「わたしの主張裾野市大会」が、裾野市民文化センターで開催されました。
 裾野市のすべての小・中学校・高等学校、合計17校から、各学校代表1名が、自由にテーマを選んで、熱く主張を述べてくれました。
 本校からは、2年生の稲垣杏那さんが、「礼儀は笑顔の材料」と題して、発表を行いました。超高齢化、外国人労働者の大量増加の流れの中で、人と人との心が温かな信頼で結ばれるーこうした大事な基本を稲垣さんは、体験も交えて確認してくれました。

令和元年5月25日(土) 東名高速道路全線開通50周年記念ベント

 東名高速道路全線開通50周年記念ベントに裾野高校の吹奏楽部が参加しました。1年生がダンスをするなど、観客の皆様に耳でも目でも楽しんでもらうことができました。

令和元年5月17日(金) 台湾修学旅行のグループ決めや調べ学習

 5・6限のキャリアアップCCの時間に台湾修学旅行のグループ決めや台湾調べを行いました。生徒主導で決定する事で、お互いの意見を尊重しあいながら話会いをしました。大人として必要スキル、決定プロセスを学べました。

令和元年5月17日(金) 1年生「キャリアベーシック」「鈴木学園寺澤拓志先生講話」

 5,6限の「産業社会と人間」において、鈴木学園の寺澤先生による講話がありました。寺澤先生のパワフルでユニークあふれる内容に、終始圧倒されながら、生き生きとした表情で講義を受ける1年生の姿が印象的でした。

全ての記事を見る