静岡学校定時制ホームページ
 
学校案内中学生の皆さん在校生の皆さんへ保護者の皆様へ転入学・編入学事務室より 全日制のページへ
 
ホーム>保護者の皆様へ>行事の様子

登校再開式
5月21日(木)に登校再開式を行いました。
コロナウイルス感染症対策を念頭においた新しい生活の在り方について、
校長先生をはじめとした先生方からお話がありました。

校長先生からは、コロナウイルスがもつ3つの顔(日本赤十字社より)である

「病気そのもの、不安と恐れ、嫌悪・偏見・差別」を正しく理解したうえで
「感・勘・観」の3つの「カン」を働かせながら、学校生活を含めたこれからの

日常生活を送ってほしいというお話をいただきました。


約1か月半に及ぶ臨時休校を経ての登校再開となりましたが、
気持ちを新たに学校生活の再スタートを切ることができれば、と思います。


新任式・始業式
4月7日に新任式・始業式を行いました。 令和2年度は、花崎昌史先生(教頭)、村松真樹先生(英語)、 牧山千也先生(数学)、高橋勇哉先生(社会)を新たに迎えました。
職員、生徒ともに一丸となってやっていきます。


入学式
4月8日(水)に入学式を行いました。
 桜の花びらが舞う中、同窓会館にて厳粛な雰囲気で行われました。

9名の新入生の皆さんの緊張しながらも高校入学の喜びと、本校1年生

として頑張ろうとする決意を感じ、とても嬉しく思いました。

保護者の皆さんも感慨深いものであったと思います。
9名の新入生が入学を許可されました。



「総合的な探究の時間」オリエンテーション
4月10日(金)の1時間目に「総合的な探究の時間」オリエンテーションを
実施しました。「総合的な探究の時間」は、今後基本的に毎週金曜日の4時間目に
実施する選択科目です。

文化的講座 6講座
1
言葉の歴史探究
2
やさしい法律講座
3
トランプマジック研究
4
折り紙で拡がる世界と科学
5
社会で活かせるスキルアップ講座
6
食生活研究








体育的講座 1講座
7
トレーニング論探究








令和2年度は以上の7講座の開設を予定しています。

どの講座を選択しようか、生徒たちは真剣な表情で担当教員の話を
聞いていました。

 

令和元年度高校生法律講座
1月29日(水)に高校生法律講座を開催しました。

本校では2年に1回開催しています。

1・2年生は司法書士の岡田智大さんを講師に迎え
「スマホに潜む落とし穴」という題で講義していただきました。

3・4年生は司法書士の藤田佳久さんを講師に迎え
「ちょっと待って!そのサイン、大丈夫?」という題で講義していただきました。

「法律のこと」と聞くと難しく感じますが、高校生の身近にあるものが題材に
なっていたため、生徒たちは自分のこととして聞くことが出来ました。


令和元年度卒業証書授与式
3月12日に令和元年度卒業証書授与式を挙行しました。

校長からは、卒業する18人一人ひとりにそれぞれのエピソードを交えた
メッセージが式辞として送られました。卒業生はそれぞれ自分へのメッセージが
語り掛けられると、頷き、しっかりと受け止めている様子でした。
御来賓のPTA会長からは、「人や環境のせいにすることなく精一杯がんばることの
大切さ」、同窓会長からは、「人より苦労して高校を卒業した分、今後出会う壁にも
果敢に挑んで欲しい」とお話をいただきました。

それぞれ進む道は違いますが、いただいたお言葉を胸に、
次のステージで輝いてくれることと思います。

卒業生の皆さん、卒業おめでとうございます。




予餞会
2月13日(木)、神明ボウルにおいて予餞会を実施しました。

今年は生徒会が運営を担当し、レーン分けも生徒会が考えてくれました。
そのお陰もあり、どのレーンも大変盛り上がっていました。
ボウリングを2ゲームやった後にはビンゴ大会もありました。
こちらも大変盛り上がりました。

最後には卒業生代表から在校生へ向けて
「いまある環境を当たり前に思わず、ありがたいことだと感じて欲しい」
と話をしてくれました。

在校生の皆さんも、各々あと1~3年で卒業することになります。
この環境で、悔いのない高校生活を送って欲しいと思います。


令和元年度第32回静岡県中部高等学校定時制通信制生徒合同文化祭
1月15日にグランシップにおいて静岡県中部高等学校定時制通信制合同文化祭が行われました。

参加校は、清水東高校、科学技術高校、静岡市立高校、

藤枝東高校、島田商業高校、榛原高校、静岡中央高校、そして本校でした。


本校からは、家庭科、美術、書道で作成した作品を展示しました。


出席した生徒は、他校の生徒が作成した作品や、本校の生徒が作成した作品の見学をした後に、ステージ発表の見学をしました。
色鮮やかな作品や個性光る作品に刺激を受けたことと思います。

また、次の1年間で力作を作ってくれると期待しています。




3学期始業式
1月6日に始業式を実施しました。

校長先生が杉本苑子さんの「あすへの祈念」(講談社編「東京オリンピック」1964年)の
一節を用いて、話をしてくださいました。

杉本苑子さんは1964年の東京オリンピックの開会式を会場でご覧になりました。
「うつくしさは想像を越えていた。色彩の饗宴である。」
と感じたのは、その20年前に、同じ地で
「色彩はまったく無かった」
出陣学徒壮行会を見た記憶があったからです。

2020年、東京で再びオリンピックが開催されます。
きっと華やかになるであろうこの大会も、前回大会からの
発展、積み上げがあったからに他なりません。

生徒の皆さんも、いま与えられた境遇の中で、日頃の生活を
精一杯頑張りましょう。


修学旅行 2019
3年生が修学旅行へ行ってきました。

日 程:12月11日(水)~13日(金)
目的地:沖縄
行 程:
12月11日(水)
静岡駅集合→富士山静岡空港→那覇空港→首里城→国際通りで夕食

12月12日(木)
美ら海水族館→むら咲村(各自事前に申し込んだ体験活動)→国際通りで夕食

12月13日(金)
沖縄平和祈念公園→ひめゆりの塔→那覇空港→富士山静岡空港→静岡駅

 目に入るもの、食べるもの、やはり静岡では感じることのないものに触れることの出来る
3日間でした。事前に週間天気予報を見ると雨の予報もありましたが、幸いなことに雨に
降られることもなく、沖縄のあたたかな気候の中、楽しく過ごすことが出来ました。

 一生の「楽しい」思い出になったと思います。





2学期終業式
12月20日(金)に表彰式及び2学期終業式を実施しました。

表彰式では、夏休みに定通制全国陸上競技大会「男子砲丸投げ」において
優勝した3A足立君が静岡県教育委員会より表彰されたことが報告され、
表彰状と記念の盾が贈られました。

続いて行われた終業式では校長先生から修学旅行で行った沖縄に関するクイズ、
そして3学期を迎えるにあたっての心構えについてお話をいただきました。
1年後の姿を想像し、いま何をやったら良いのか良く考え行動することの大切さを
感じることが出来たと思います。

3学期も元気に登校して来てくれることを願っています。


薬学講座
12月16日(月)に薬学講座を実施しました。

まず静岡中央警察署生活安全課静岡地区少年サポートセンターの
小杉様から
・タバコは高い。1日1箱吸う人が禁煙すると1年でパソコンを買うことが出来る。
・薬物は意外と身近なところにある。
・大麻は脳の成長を妨げてしまうにも関わらず、手を出す若者が増えている。
・生活習慣の乱れが薬物との距離を縮めることが多い。
・薬物の使用を誘われないため、犯罪被害に遭わないためには、
生活リズムを整えることが大切。
と言うお話をいただきました。

続いて、本校学校薬剤師の秋山先生からは
・かぜ薬など、合法的な薬との正しい付き合い方。
・アルコールや煙草による身体への害。
・加熱式タバコの身体への害。
・タバコの煙が周囲へ与える害。
について話してくださいました。

何度も聞いた話も、新しく聞く話もあったかと思います。
これからも薬物と距離を取った生活が出来るように、
生活リズムを整えましょう。


生徒会行事
11月6日(木)に生徒会が中心となって企画した生徒会行事が行われました。

まずは調理室でカレー班とシチュー班に分かれて調理をした後、
それぞれ選択した4つの活動に移りました。

自分で選択した活動ということもあり、どのグループも
盛り上がっていました。

生徒会の皆さん、お疲れ様でした。


力を合わせて?調理中             どの班もおいしかったようで完食!


静かに熱戦「オセロ班」             静寂と歓声が交互に来る「百人一首班」


ラリーが続いていた「バドミントン班」     汗と笑い声が混じる「フットサル班」

定通制 秋季バスケットボール県大会 結果
10月26日(土)に浜松大平台高校で定通制秋季バスケットボール県大会の
準決勝が行われました。

本校の相手は浜松大平台高校です。

序盤からリードを許す展開で、選手たちは何とか食らいつこうと懸命に
頑張りましたが今大会は少人数で挑んだこともあり、疲れから徐々に点差は開いてしまい
24-39 で落としてしまいました。

続く静岡中央高校との3位決定戦でも、疲れが残る中での戦いとなり
21-35 と敗戦し、4位で大会を終えました。

4年生はこれが最後の大会となりました。

結果は悔しいものがあるかもしれませんが、十分に力を出し尽くしたと
言える試合内容でした。




定通制 秋季陸上競技県大会 結果
10月26日(土) 清水総合運動公園陸上競技場において実施された
秋季陸上競技県大会に、3A足立君が砲丸投げ、円盤投げに参加しました。

砲丸投げでは1投目から11m90cmの好記録を出すと、
3投目で12m34cmと、自己記録を20cm以上更新することができました。

円盤投げでも30m7cmと、自己記録を更新しました。

両競技とも、参加者中1位の記録となりました。

本大会は規定により正式記録ではなく、参考記録という扱いではありますが、
着実に力を付けていることを証明する大会となりました。




2019年度静岡県定通制秋季バスケットボール大会1回戦
10月20日に静岡中央高校体育館にて磐田南高校定時制を
相手に1回戦が実施されました。

開始早々に先制をされたことで体が硬くなったのか、
いつものようなプレーができず、リードを許した状態でハーフタイムを迎えました。

後半になると思い切ったプレーが決まるようになり同点に追いつくと、
4年小材、3年塙が勝負所で決め逆転し、そのまま試合終了。
16-13で勝利を勝ち取ることができました。

次戦は浜松大平台高校定時制と浜松大平台高校を会場に決勝進出を
かけて戦います。

特に4年生は最後の大会ですので、悔いのない戦いを期待します。

遠方になりますが、是非応援にいらしてください。


(紺色が静岡高校定時制です)

静岡県中部地区定通制生活体験発表会
9月13日に本校を会場として中部地区生活体験発表会が実施され、
中部地区定通制8校15人の生徒が発表をしました。

本校生徒は運営及び聴講にあたりました。
校内生活体験発表会とは違った緊張感の中、他校定通制で頑張る仲間たちの話を聞き、
それぞれ感じることがあったと思います。

本校代表の2人は惜しくも入賞することはできませんでしたが、しっかりと発表する
ことができました。


【4年に一度じゃない】 ラグビーW杯観戦 【一生に一度だ】
10月4日にエコパスタジアムに於いて実施された
ラグビーW杯  「南アフリカvsイタリア」  を観戦してきました。

職員含めラグビーの知識があまりない状態でしたので
この日に備えて9月18日には全日制ラグビー部顧問の
石垣先生をお招きし、ラグビー教室を実施してから観戦に行ってきました。

石垣先生からは「細かいルールは分からなくても迫力を感じて貰えれば」と言う
言葉をいただきましたが、その言葉通りに広いスタジアムの2階席まで
体と体がぶつかる音が聞こえて来て迫力を十分に感じることができました。

また激しい試合の中でも、笛が鳴ると敵味方関係なく体を起こすのに手を貸す
ラグビーの素晴らしさに触れることもできました。

キャッチコピー通り、「一生に一度」の素晴らしい経験でした。

2学期始業式・避難訓練(火災想定)
8月30日に始業式及び火災を想定した避難訓練を実施しました。

始業式では、まず全国大会で優勝した足立君の表彰が行われました。
夏の間もトレーニングを続けて体も一回り大きくなった足立君。
今後の活躍にご期待ください。

始業式では校長先生から2学期に向けて
「足立君の全国優勝という結果も、毎日の積み重ねに他ならない。
就職、進学に向けても毎日の積み重ねが大切なので、日ごろの
授業を大切にするように。」
というお話をいただきました。

火災を想定した避難訓練では火災発生現場から離れた階段を使って外へ
避難し、消防署員の指導の下、水消火器やAEDの訓練を実施しました。

万が一の時に落ち着いて行動出来るように、今後も定期的に
訓練を実施します。


【優勝!】第54回全国高等学校定時制通信制陸上競技大会
3年生の足立侑汰くんが東京都の駒沢オリンピック公園総合運動場において開催された
全国高等学校定時制通信制陸上競技大会(定通制のインターハイ)に参加しました。

今年から取り組んでいる円盤投げ、専門としている砲丸投げの両競技共に
1投目で通過標準記録を超え、早々に決勝進出を決めました。

円盤投げ決勝では本来の力を発揮することができず入賞を逃してしまいました。
しかし予選の記録を出すことができれば入賞可能でした。
今後にご期待ください!

砲丸投げ決勝では、決勝進出者の中で唯一全ての投擲で11mを超える安定感を見せ、
目標としていた全国優勝を勝ち取ることができました。
来年からは追われる立場となりましたが、記録を更に伸ばし、2連覇します!

引き続き応援よろしくお願いします。


前へ