静岡県立磐田南高等学校ウェブサイト
ホーム>運動部>女子バスケット
WC静岡県予選の報告について
5月の総体県大会以来、新チームにとって初めての公式戦となりました。
 練習不足、試合経験不足が心配されましたが、選手は精一杯の頑張りを見せることができました。
 残念ながら、初戦敗退という結果になりましたが、この大会で一年の折り返し地点を過ぎたことになります。二年生にとって高校での部活はあと半年。今回の経験を生かし、二ヶ月後の新人戦に向けて頑張っていきたいです。

  

練習試合の報告について
10月3日(日)、磐田北高校に訪問し、練習試合を行いました。
 新チームになり約4ヶ月が経ちます。今まで新型コロナ感染対策のため活動が制限されていたため、実に初めての練習試合となりました。WC予選は2週間後、練習不足ながら本番に向けて精一杯の頑張りを見せることができました。ここから数日間は中間テストの準備との両立になりますが、新チーム最初の公式戦に全員で臨んでいきたいです。

  

ウインターカップ静岡県予選 大会展望について
県協会のHP、ウインターカップ県予選の大会展望欄に、主力三人の名前を載せていただきました。

WC女子大会展望





赤堀杏紗(2年生 豊田南中出身)、岩本美月(2年生 浜松八幡中出身)、伊藤冴(2年生 磐田第一中出身)

昨年より上級生と共に試合に出場し、新人戦・総体の6年ぶり県大会進出の原動力として活躍してきました。

今年度初の公式戦で、昨年以上の活躍を期待しております。

ウインターカップ静岡県予選について
ウインターカップ静岡県予選が、コロナ禍における様々な感染予防対策の下で行われます。
6月より新チームになって以降、初めての公式戦となります。新チーム結成以来、練習試合はおろか、夏休み期間の練習や、土日の活動がほとんどできていない状況が続いております。少しでも現在できる限りのベストを尽くせるよう、準備していきたいです。

WC要項

WC女子組み合わせ

新チーム初の他校との交流
 6月19日(土)、磐田農業高校を訪問し、合同練習を行いました。
コロナの警戒レベルが下がらない中、近隣高校との交流が限定的に許可されため
本校より最も近い磐田農業へ伺いました。
 新チームとなりもうすぐ一か月、普段の練習で自分たちに足りない部分を見つける
貴重な合同練習となりました。練習の最後はお互いの良かったところを認め合う合同ボトムアップミーティングで締めくくりました。磐田のチーム同士、これからも切磋琢磨していきたいです。


3年生vs2年生
 6月6日(日)、文化祭の翌日に3年生vs2年生で試合を行いました。昨年のコロナ禍突入以来、保護者の試合観戦が全くできないまま、3年生のラストゲームが終わってしまったため、この日は保護者を招いての試合となりました。試合内容は3年生の圧勝。2大会連続で県大会の出場した3年生は、現役自体よりもハツラツとした動きで下級生を圧倒しました。他校との練習試合ができない現在、今回の試合で多くの課題を自覚することができました。
 試合終了後は引退セレモニー、改めて先輩後輩の強い絆を確信することができました。
 
 また、多数の保護者に参加いただき大会さながらの盛り上がりを見せ、この場に集まった全員が楽しむことができました。

  

   

     

新キャプテンの紹介
新チームがスタートし約一週間が経ちました。
キャプテンは部員の推薦により赤堀杏紗(豊田南中出身)となりました。

杏紗さんは中学時代にキャプテンとして県大会を経験し、高校入学後も上級生と共に多くの試合に出場し、勝利に貢献してきました。気迫あふれるプレイスタイルは上級生にはなかった部分であり、これから新チームを引っ張っていくにはこの上ない存在です。

選手が主体的に取り組む磐南女バス、新キャプテン中心に、頑張っていきます。



新チームの出発
5月23日(日) 2年生8名、1年生13名 合計21名による新チームが、一年間の航海に出発しました。

憧れの先輩たちに追いつき追い越せを目標に、日々頑張っていきます。


  

前へ
次へ