静岡県立磐田南高等学校ウェブサイト
ホーム>行事・できごと>行事・できごと
6月3日(金) はぐま祭1日目
はぐま祭が開幕しました。

体育館で開会式と、全体公演を行いました。
3年のクラス展は、まだ作成中です。
文化部展については午前から開催し、本日は在校生のみへの公開になります。

開会式の1コマ


全体公演 弦楽合奏部の演奏


好天に恵まれそうです。良い2日間になると良いです。

校舎棟新築工事現場見学会
 5月13日(金)、第1回 校舎棟新築工事現場見学会を開催しました。事前申込みをした生徒教職員14名が、参加しました。
 前半は講話「発注者の役割」、後半は現場見学を行いました。雨天のため制限はありましたが、建設中の校舎棟の近くまで行くことができました。

 現場見学会は、第2回は9月、第3回は11月に開催する予定です。

講話

建設現場へ

5月10日(火) 避難訓練
地震を想定した防災訓練を行いました。
校舎から体育館または、グランドに一次避難をするところまで行いました。

普段、座布団に使っている防災頭巾を頭にかぶって避難しました。


副校長からは、
・予測する
・訓練をする
・冷静な行動判断をする
重要性を伝えました。

ここのところ、全国各地で地震が起きています。用心したいところです。

4月22日 HRDAY
 昨晩の大雨が嘘と思えるような、好天に恵まれました。
コロナウイルスに気を付けながら、HRDAY(遠足)に出かけました。
クラスごとに行き先を決めますが、3年は全クラス、ナガシマスパーランドへ
出かけました。
 今日のスパーランドはいろいろな県から、多数の高校生が遠足で来ていました。




 他の学年も含め、クラスメートと親交を深めました。
明るい表情をしてい生徒が多い1日でした。

4月8日 対面式、部活動紹介
1年生が上級生と顔を合わせる対面式と、部活動紹介を行いました。

水泳部の紹介風景


書道部の紹介風景


1年生は部活を見学し、入部する部活を選びます。
来週から授業が始まり、高校生活が本格的に、
始動します。

4月7日 令和4年度入学式
 少し風があるものの、本日も穏やかな晴天に恵まれました。
入学式の看板の背後に映っているクレーンは新校舎建設用の重機です。


 入学許可の後、校長から新入生に共存共栄を考える
ことのできる人物に育ってほしいこと。高校では学習内容
が難しくなるなど、壁に当たるだろうが、困難に直面しても、
きっと充実した高校生活を送ることができるであろうことが
伝えられました。
 その後、新入生代表による宣誓がされ、100周年を迎える
磐田南高校に入学し、新たな1ページを作っていく決意が、
述べられました。


 式後は1年生はホームルームや写真撮影、保護者には、
保護者オリエンテーションが行われました。

4月6日 令和4年度 新任式、始業式
穏やかな日和の中、新任式と始業式を行いました。
新任式では、新年度に着任された職員の紹介を行いました。


始業式では、生徒に向けて校長から以下のような話しがありました。
「昨年度は一年を通じて、向社会性についての話を生徒にしてきました。
本年度最初の生徒向けの話は、共存共栄についてでした。
 オゾン層の破壊が盛んに話題になったとき、エアコンや冷蔵庫を止めるのではなく、
代替フロンの開発がされました。
 現在では、水素の活用に代表されるような、化石燃料をなるべく使わないような
技術開発が行われています。
 また、私たちが生きていく上で、自分の利益のみを主張するのではなく、
譲り合うことが必要です。
 2,3年生は、現在世代の共存共栄はもちろんのこと、代替フロン開発のように、
世代を超えた共存共栄に貢献できるようになっていってもらいたい。」

名実ともに新年度がスタートします。

3月29日(火) 秋田高校理数科との交流会
秋田高校理数科と本校理数科とで、交流会を行いました。

コロナ禍で、対面での交流が難しくなっている中、オンラインでの交流会を実施しました。
全体会のあと、分科会に別れて、秋田高校、本校理数科の課題研究の成果をプレゼンしました。

プレゼンの後、秋田高校の学校紹介、本校の学校紹介を行い、交流会に移りました。、
グループに別れて、RSA暗号を解読し暗号化された文章を平文に直す実習を行いました。
オンラインでできる限りの議論をグループごとに行いました。
累乗のmod計算に手を焼いていたグループが多かったようです。


先月、校内での課題研究発表会を行うことはできましたが、県内の発表会はできませんでした。
再び発表を行う機会を得たり、交流する機会があり良かったと思いました。

 

前へ
次へ