静岡県立磐田南高等学校ウェブサイト

 
磐南について 学校行事・イベント 進路について 運動部文化部 PTA活動
 
ホーム>磐南について>中学生の皆さんへ-磐南の進路に関する行事

  • 校長あいさつ
  • 経営計画・学校評価
  • 沿革、校章・校歌
  • 設置学科、本校の特色
  • 教育課程
  • 日課表、生徒数
  • 中学生の皆さんへ-磐南の進路に関する行事
  • 図書館から
  • 年間行事予定
中学生の皆さんへ-磐南の進路に関する行事
3 磐南の進路に関する行事
 

(1)初期指導


 
磐田南高校で3年間を有意義にすごすことができるように新入生を対象に行われるものです。
   
①磐田南高生としての心構えをもってもらうために、いろいろな機会をとらえて校長先生をはじめ多くの先生から話がされます。
 磐田南高校の歴史や地域のなかでの位置づけ、先輩達の社会での活躍の様子などを聴くことで磐田南高生としての自覚を高めます。
②磐田南高での学習内容に合った学習方法を身につけることができるように、科目ごとに指導します。
③ほとんどの磐田南高生が希望する大学進学を実現するために必要な学習習慣を身につけることができるように、計画的に課題を出します。  

(2)小論文・ミニ探究ノート
 磐田南高では、生徒諸君が自分自身を深く見つめることで自身を知り、その上で自分の歩む道をしっかり定めてほしいと思っています。
 まず自身を見つめる方法、これは端的に言って「言葉」ですが、その「言葉」を鍛えなければなりません。そのために磐田南高では、 ①新聞の記事を切り抜き、その内容について自分の考えたことを1000字程度の文章にする
②読書をして内容を要約し1000字程度の文章にする、という二つの実践を通じて「言葉」を鍛えます。
 今年度から、それに加え身の回りの社会問題を見つけ、その対応を、新聞記事や新書を通じて研究しまとめていくという「ミニ探究」を行っていきます。
    

(3)オープンキャンパス

 これは、国公立や私立にかかわらずほとんどの大学が、自分の大学を高校生(受験生)に知ってもらうために行われる行事で、時期や内容は様々ですが、高校生の参加しやすい夏休みや、連休に実施されることが多いようです。
 参加してみると意外と面白かったり、参考になります。
 磐田南高では、2年生の夏休みに最低1校は参加するよう指導しています。


(4)
ミニ大学

 大学の先生に高校に来ていただいき、2年生を対象に授業をしてもらいます。
大学の授業よりは優しく、高校の授業よりは高度な内容の場合がほとんどです。
しかし、あとから感想を聞くと、ためになった、興味がわいたなど肯定的な意見が多く、大学の香りをすこし嗅いだ気分になれます。

 
 
先生を派遣していただいた大学
国立大学:東京大学、東京工業大学、静岡大学、浜松医科大学、東北大学、名古屋大学
     名古屋工業大学、筑波大学、北海道大学、大阪大学、広島大学
公立大学:静岡県立大学
私立大学:早稲田大学、東京理科大学、同志社大学、立命館大学、中央大学、立教大学
 など

(5)課外(前期、夏期、後期)

 磐田南高校では、生徒諸君の学力の増進のために課外を実施しています。これは放課後や夏期休業中に行われ、普通の授業ではやりきれない発展的内容などを学習します。
1年生 : 夏期課外  夏期休業中(7月下旬)の8日間 1日に4講座開講
2年生 : 夏期課外  夏期休業中(7月下旬)の8日間 1日に4講座開講
3年生 : 前期課外  1学期(6月学校祭後) 10回
      夏期課外  夏期休業中(7月下旬~8月上旬)10日  1日に4講座開講
      後期課外  2学期(9月初旬~11月)12回

(6)特別時間割

 3年生対象に、センター試験から1月31日までの期間、受験に必要な科目を重点的に学習できるよう特別な時間割を組みます。
 文系生徒は、英語、国語、地歴を中心に、理系生徒は英語、数学、理科を中心に時間割が組まれます。

(7)二次対策課外

 3年生は2月1日から家庭学習に入りますが、国公立大学を受験する生徒のうち希望者を対象に課外授業を行います。
 生徒の希望する科目が変わるので年により違いますが、英語、数学、国語、物理、化学、生物、日本史、世界史など個別学力試験(二次試験)に必要な科目はほとんど開講されます。