静岡県立磐田南高等学校ウェブサイト
ホーム>文化部>科学技術
第26回スーパーコンピューティングコンテスト 予選の結果が出ました
東京工業大学、大阪大学主催の第26回スーパーコンピューティングコンテスト予選に参加しました。
2年生のチームbstc2019と、3年生のチームTrinitySの2チームが参加しました。

幸いにも2チームとも予選を通過することができ、大阪大学での本選に選出されました。

しかし、昨今の情勢により、本選が中止となってしまいました。

難しい問題に2週間ほどかけて取り組んだ結果が認められて良かったのですが、残念でもあります。

第19回日本情報オリンピックにて9名が敢闘賞を受賞しました
12月8日(日)に第19回日本情報オリンピック2次予選が行われました。
本年度から1次予選、2次予選と予選が2回に分かれました。
第18回までの第3問と第4問の中間くらいの難易度の問題が増えたような気がします。

600点満点中、1名が200点、3名が100点という結果でした。本選出場基準点は350点以上だったため、本選出場はできませんでした。ただし、9名が敢闘賞を獲得しました。

HSPプログラムコンテスト2019の結果発表がありました。
12月1日にHSPプログラムコンテスト2019の結果発表がありました。
以下の5作品が受賞することができました。

オセロ 対局できます。プロ生ちゃん賞を受賞しました。
 

部長作品のWanna Go Home 軽快にきびきび動くと好評価を受けました。学生賞を受賞しました。


同じく学生賞のあめ玉の大冒険 ここからの3作品は、1年生作品です。


THE DODGE 名前の通りひたすら逃げます。小松菜屋ミニゲーム応援賞を受賞しました。


Qube Action 2Dだけど3Dのような趣のあるゲームです。審査員奨励賞 うすあじ賞を受賞しました。


これらの作品はHSPプログラムコンテスト2019のWebページからダウンロードしてプレイすることができます。
来年度のはぐま祭にも改良出展する予定です。

9月21日に行われた情報オリンピック1次予選の結果が出ました。
本年度から情報オリンピックの予選は、1次予選と2次予選に分かれました。

1次予選は、初級者も取り組める問題が用意され、9月、10月、11月に各1回行われます。1度でも通過すれば、2次予選に招待されます。

1次予選の1回目が9月21日に行われました。その結果が通知され、1次予選通過者は、今のところ9名(昨年度敢闘賞を受賞し、1次予選免除の3名を含む)となりました。

2次予選に招待される部員は、10月末日締め切りのHSPプログラミングコンテストに間に合うようにゲーム作品を作成、調整し、12月8日の2次予選に備えます。

2次予選は問題の難易度が各段に高くなり、通過することは大変ですが挑戦していきます。

ワークショップ開催
放課後デイサービス ほっぷ国府台の児童を招いてワークショップを行いました。
科学技術部員の作成したゲームを、楽しそうにプレイしていました。


 



自分たちの作ったゲームを間近でプレイしてもらうことで、今後のゲームバランスを考えるうえで、参考になりました。
また、とても楽しそうにプレイする姿を見て、部員たちにも張り合いが出たようです。

現在、取り組んでいること
はぐま祭が一段落し、現在は各自の目標に応じた活動をしています。
例年10月終わりに締め切りを迎える、HSPプログラムコンテストに向けてゲームを仕上げている生徒がいます。

情報オリンピックの予選に向けて準備をする生徒もいます。
1年生は敢闘賞、2年生は本選出場を目標にしています。
アルゴリズムの1つである動的計画法に慣れるため、Atcoder Educational DP Contest の
frog1(https://atcoder.jp/contests/dp/tasks/dp_a) や、
Vacation(https://atcoder.jp/contests/dp/tasks/dp_c)
KnapSack1(https://atcoder.jp/contests/dp/tasks/dp_d)
に取り組んでいます。
8月に静岡大学で開催されるレギオにも参加する予定です。

科学技術部 はぐま祭作品紹介4
はぐま祭に出展する作品の紹介をします。
2年生作品2作です。

 

2019 はぐま祭に出展予定の作品3
出展予定の作品を紹介します。

VRgame 昨年からパワーアップしています。


Wannna Go Home これも昨年からパワーアップし、背景が
描かれたり、ランニングのモーションもつきました。


次にメビウスです。縦スクロールシューティングです。
ステージ1のボスキャラが出てきているところです。


ただいま、鋭意調整中です。

2019 はぐま祭に出展予定の作品紹介2
3年の作品を中心に紹介します。

ASYMMETRIC WINGS 味方がいる縦スクロールシューティングです。


同じ作者の4作品 リバーシ、スカウトマン、スクラッチ、貝殻曲線です。
スカウトマンは3Dに挑戦した意欲作です。
 
 
続いてパーティーダイスです。


また、当日はマグボットが受付をする予定です。

マグボットは、http://www.mugbot.com/ を見て作りました。

2019 はぐま祭に出展予定の作品紹介1
6月7日(金)、8日(土)に行われるはぐま祭に、出展予定の作品を紹介していきます。
今回は、3年の作品を中心に紹介します。

副部長作品 Tick the Music です。いわゆる音ゲーです。


次に Virus Shooting です。タイトルの通りシューティングゲームです。


次に Get Away と minigame creator 同一作者の作品です。


最後に2人合作の横スクロールシューティングゲームです。まだ、タイトルは未定です。


はぐま祭に間に合うように急ピッチで調整中です。

前へ