静岡県立磐田南高等学校ウェブサイト
ホーム>文化部>生物
生物部 県大会出場!!
10月10日(日)に行われた、高文連の生徒理科研究発表会西部大会にて、優秀賞に選ばれ、
県大会出場
が決まりました。
県大会出場は「ホウネンエビ班」と「TLC班」の2つの班です。
感染症対策で思うように実験のできない中、頑張って研究してきました。

西部大会のプレゼンの様子です。
<ホウネンエビ班> 水生生物の共生~ホウネンエビと藻類~
田んぼに発生する甲殻類「ホウネンエビ」には藻類がつくことがあります。
ホウネンエビと藻類の関係は共生なのか? を探っています。


ホウネンエビの研究中



毎日の生物室での研究の他、
夏には、大学や科学館様、iZoo様にご協力いただき、研究を進めてきました。

<TLC班>シダ植物にみられる蛍光成分の特定
本年度4月に新入生の部活体験にて、シダ植物に含まれる青い蛍光をみつけました!
この青い蛍光成分は何なのか、の謎を探っています。
通常は生物室で TLC(薄層クロマトグラフィー) や ろ紙 で分析していますが、
8月には、静岡理工科大学の鎌田研究室と先端機器分析センターで、分析装置のお力をお借りしました。
次の写真は静岡理工科大学の機器で濃縮して分けた、青い蛍光成分です。幻想的な青い蛍光ですね。

私たちは、濃縮していただいた成分の展開や削りだし、成分抽出を行いました。
 

<カメ班>在来種カメの生息しやすい環境を探る~環境DNAによる調査法の確立~
在来種のイシガメの生息しやすい環境を探るために、水をくむだけで生息の有無を推測できる環境DNA調査を始めました。「水をくむだけ」なんて言葉に騙されてはいけない、手間のかかる実験ですが、1年生が頑張っています。
神戸大学の源先生に環境DNA研究のノウハウを教えていただきました。
左はろ過を行っています。右はPCR処理でDNAを増やした後、電気泳動の準備中です。
 

<トカゲ班>ヒョウモントカゲモドキ表皮の撥水性
ヤモリの仲間のヒョウモントカゲモドキの表皮は撥水性があります。
電子顕微鏡で見ると、同じく水をはじくハスの葉と同じような小さな凸凹が・・!
浜松科学館に研究協力をいただき、電子顕微鏡をお借りしました。
また、iZooの皆さまに、脱皮殻の採集のご協力をいただきました。 ありがとうございます。


<食虫植物班>捕虫で枯れるハエトリソウの利点を探る
ハエトリソウは、虫を数回捕虫すると、その葉が枯れてしまいます。
枯れることが生きるために有利だったのではないか、という仮説の元、研究を行っています。

浜名湖をめぐる研究者の会
12月14日に弁天島で開催された浜名湖をめぐる研究者の会に参加し、研究発表をしてきました。



このように学会発表のようなポスターを自分で作成し、




当日はパワーポイントも用いての発表でした。

入部から8か月経ち、テーマも決まり結果も出始めた1年生にとってこのような機会があるのは

非常に良い経験になったと思います。

生物部一日体験入学の様子
一日体験入学で生物部にお越しいただきました皆さん、ありがとうございました。
生物部はこの日に向けて、研究成果をまとめるだけでなく、生き物の解説ができるよう、勉強もしていました。


写真:生物部員による生き物解説


はぐま祭よりも部員と身近に話すことができたのではないかと思います。


生物部は現在4名で活動しております。

今回の見学で生物部に興味を持たれた方、生き物が好きな方、皆様の入部、お待ちしております。

はぐま祭部展準優勝
こんにちは生物部です。
先日ははぐま祭生物部の部展にお越し下さりありがとうございました。
普段はなかなか見られない生き物展、楽しんでいただけたでしょうか?
はぐま祭、当日の様子です。


今回の部展のテーマにもなっているらんちゅうを使った金魚すくいでは、最高記録17匹でした。
ちなみに私も副顧問として挑戦しましたが、1匹しかすくえず。。。。無念。。。


そして、皆様のご支援のおかげでタイトルにもある通り、生物部は部展の部、準優勝いたしました。
生物部に票を入れてくださった皆様、そして、生物部に様々な生き物を提供してくださった方々、本当にありがとうございました。





今回のはぐま祭で、3年生は引退となります。
これで生物部は4名となりますが、少数精鋭ということで頑張っていきたいと思います。

生物部はぐま祭準備
中間テストも終わり、本格的にはぐま祭準備が始まりました。



写真:インスタ映え(?)スポット作成の様子




生物部の今年のはぐま祭テーマは「生命のワルツ~らんちゅう生きる~」です。
普段はなかなかみられないような生物が部員の解説付きで見ることができます。




ぜひ、お越しください。



生物部の活動
生物部ではウーパールーパー・カメ(ニホンイシガメ・アカミミガ)・クワガタ(ニジイロクワガタ)といった様々な生物を育成しています。
もちろん育成している生物を観察し、研究も行っています!





先月開催された中学生を対象としたトップガン講座では、生物に興味をもってもらうとともに、磐田南高校の特色・活動についても紹介しました。