静岡県立磐田南高等学校ウェブサイト
ホーム>文化部>演劇
磐田市高等学校演劇連盟第2回講習会の2日目です
8月5日(金)13時30分から、ワークピア磐田・多目的ホールで、磐田市高等学校演劇連盟第2回講習会の2日目が開催されました。1日目と同様、有意義な講習になりました。




 2日目は、まず、声の出し方についての指導がありました。声が、身体のいろいろな所を響かせて発せられることを、実体験を通して学びました。講師の佐藤剛史さんは、俳優としても活動している方なので、声の発し方を自ら実践してくれました。生徒たちにとっては、具体的なお手本が目の前にいてくれるので、とても分かり易い講習になりました。




 後半は、短い台本を使って、3人のグループに分かれて発表し合いました。同じ台本でも、グループによっていろいろと解釈され、違った色合いになるのが、とても興味深かったです。

 2日間を通して、とても有意義な講習になりました。

磐田市高等学校演劇連盟第2回講習会が実施されました
磐田市高等学校演劇連盟(加盟校:磐田東・磐田西・磐田南)の第2回講習会が、8月4日(木)13時30分~16時30分に、ワークピア磐田・多目的ホールで開催されました。当日は、加盟3校の演劇部員25名が参加して、静岡市で演劇活動をしている佐藤剛史氏(伽藍博物堂 主宰)から指導を受けました。


 講習の内容は、最初に簡単な体操等で身体を動かし、その後、7月31日(日)の新人公演で各校が上演した劇から、それぞれ1シーンずつ選び、佐藤剛史さんが、改めて演出してくれました。
 場面を成り立たせるための、俳優と俳優の距離感や、メリハリの付け方を、具体的に指導してくれました。






 3時間という短い時間でしたが、充実した内容でした。
 講習会は8月5日(金)13時30分~16時30分にも行われる予定です。

磐田市高等学校演劇連盟第1回講習会(新人公演)
磐田市高等学校演劇連盟第1回講習会(新人公演)が、7月31日(日)にワークピア磐田で開催されました。

 市内3校(磐田東・磐田西・磐田南)の演劇部が、それぞれ1年生のキャストを中心にした劇を上演し、講師から講評をいただくというものです。講師は、静岡市内で演劇活動をしている、佐藤剛史氏(伽藍博物堂 主宰)でした。


 本校は、2年生部員の創作脚本で上演しました。「失われた完璧(アリス)」というタイトルで、近未来的内容で、家族愛がテーマになっている作品でした。本校は、1年生部員が1名だけなので、2年生も全員キャストとして出演しました。事前に観劇希望票を提出してもらった13名と、磐田西と磐田東の部員が観劇してくれました。新型コロナウイルス感染症の感染防止のために、来場者を制限しなければならなかったのが残念です。




 3校の上演が終わったところで、佐藤剛史さんから講評をいただきました。演劇の専門家からの助言に、生徒たちは熱心に耳を傾けていました。
 とても充実した一日でした。


磐田市高等学校演劇連盟第1回講習会(新人公演)リハーサル
7月30日(土)は、磐田市高等学校演劇連盟第1回講習会(新人公演)のリハーサルでした。


 生徒は、9時00分に会場入りし、午前中は仕込みをしました。
 午後は、参加3校(磐田西・磐田東・磐田南)がそれぞれリハーサルを実施しました。
 本校は、17時00分~19時30分にリハーサルをしました。
 照明(当たり)と音響(音量)を確認し、その後、照明と音響のきっかけの確認をしました。






 生徒たちは、上演前のリハーサルの手順を学ぶことができたと思います。
 今後の公演にも、活かせるとよいと思います。

磐田市高等学校演劇連盟 第1回講習会(新人公演)が近づいています
磐田市高等学校演劇連盟 第1回講習会(新人公演)まで1週間となりました。
 23日(土)は、終日、通し稽古を中心に練習を行いました。
 朝から厳しい日差しがふりそぞく猛暑日でしたが、部員たちは熱心に稽古をしていました。








 現在のところ、新人公演は実施する予定です。
 ただし、新型コロナウイルス感染症の国評価レベルが「2」ということなので、県高文連の大会開催ガイドラインに準じて、観客は、生徒保護者・家族及び学校関係者(本校教員・本校生徒)のみとなります。また、観劇を希望する場合は、28日(木)までに「観劇希望票」(氏名・住所・電話番号を記載)を提出していただく必要があります。感染防止のための措置ですので、御理解ください。

 磐田市高等学校演劇連盟 第1回講習会(新人公演)
   磐田南高校演劇部公演
   「失われた完璧(アリス)」作:チカ(2年生部員) 演出:磐南演劇部
   ・7月31日(日)10時30分開場 11時00分開演
   ・ワークピア磐田
   ・入場無料

磐田市高等学校演劇連盟第1回講習会(新人公演)の練習が始まっています
磐田市高等学校演劇連盟の第1回講習会として、例年、夏休みに新人公演を実施しています。加盟3校(磐田南・磐田西・磐田東)の1年生部員が、それぞれ初舞台を踏み、それに対して、講師から批評してもらうという取り組みです。講師は、静岡市で演劇活動をしている、佐藤剛史氏(伽藍博物堂 主催)です。
 本校は、1年生部員が1名なので、2年生部員も出演して上演します。第1学期期末試験が終了して、その稽古が本格的に始まりました。
 7月9日(土)は、野球の初戦がありましたが、終日、稽古をしました。






 公演の案内です。

 《磐田南高校演劇部 新人公演》

 「失われた完璧(アリス)」 作:チカ(2年生部員) 演出:磐田南高校演劇部

 と き 7月31日(日) 開場10時30分/開演11時00分

 ところ ワークピア磐田・多目的ホール

 入場無料


 ※御観劇の希望がある場合は、7月28日(木)までに、「観劇希望票」(氏名・電話番号・住所を記載)を顧問まで提出していただく必要があります。もし、御希望がありましたら、問い合わせまで御連絡ください。

 問い合わせ 磐田南高校演劇部 大庭 0538-32-7286(平日7:30~17:00)

磐田市高等学校演劇連盟総会を実施しました
6月10日(金)16:30~ はぐま会館・会議室で、磐田市高等学校演劇連盟総会が開催されました。
 市内3校(磐田南・磐田西・磐田東)の演劇部員26名が集まって、自己紹介と本年度の活動の確認をしました。


 7月31日(日)の新人公演(第1回講習会)、来年の3月25日(土)の第21回磐田市高等学校演劇祭(第4回講習会)に向けて、3校が交流して活動していきます。


 総会終了後は、前年度末の合同公演で親しくなった各校の2年生部員が集まって、楽しそうに談笑していました。この磐田市高等学校演劇連盟の活動は、演劇を通して友情を育むことができる、有意義なものになっています。

はぐま祭公演の上演台本を公開します
本年度のはぐま祭で上演した作品の台本を公開します。


 御一読いただけると幸いです。

台本「STAR☆ 2022ver.」

前へ