静岡県立富士高等学校HP
 
学校案内 生徒の様子 中学生の皆さんへ 交通アクセス
 
ホーム>学校案内>校長挨拶

  • 校歌
    • 校歌を聞くことができます。


  • 沿革
  • 校長挨拶
  • 学校経営計画
  • 校長ブログ
  • 校長ブログ2016 1学期
  • いじめ防止対策
  • 富士高自己評価


  • PTA関連
  • 教育相談・特別支援
    • 教育相談室と特別支援室から保護者の方へのお知らせです。


  • 富士高だより
  • 図書館だより
  • 進路室だより
    • 本校から生徒・保護者の方へのたよりです。すべてPDFファイルですので、ダウンロードに時間がかかる場合があります。


  • 本校生徒への連絡
  • 事務室より
校長挨拶
「克己心身を練れ、勤勉実力を養え、至誠事に当たれ」
 
 この校訓の下、静岡県立富士高等学校は、大正12年(1923年)に県立富士中学校として開校以来、90年を超える歴史を歩んでまいりました。
校舎やグラウンドから眺める雄大な霊峰富士に抱かれ、国際社会のリーダーとして活躍できる人材の育成に取り組んでいます。

 思考力、判断力、コミュニケーション能力、情報活用能力といった、これからの時代に求められる能力の育成を目指す日々の授業を核とし、土曜講座、放課後補講、長期休業中の合宿補講等により、進路希望の実現に向け「確かな学力」を養っていきます。
 
 富嶽祭、尾瀬・日光における高原教室、文化講演会、芸術鑑賞会など多彩な学校行事、運動部・文化部合わせて30を超える部活動、生徒が自主的・主体的に運営する生徒会活動等を通して「豊かな感性」そして「健やかでたくましい心身」の育成をはかるとともに、リーダーとして資質・能力を身に付けさせていきます。

 さて、本年度の入学生は、高大接続改革の1期生となります。センター試験に替えて大学入学共通テストが実施され、国語と数学における記述問題の導入、英語の外部検定試験の利用等が行われます。

 また、3月には次期学習指導要領が告示され、「何を学ぶか」だけでなく、「どのように学ぶか」「何ができるようになるか」が問われ、資質・能力の育成が学校教育に求められています。
 
 このような時代背景を踏まえ、本校は「社会の発展に寄与するために、主体的に学び続ける人材を育てる」学校としての使命を再確認して、すべての教育活動に取り組んでまいります。