静岡県立富士高等学校HP
 
学校案内 生徒の様子 中学生の皆さんへ 交通アクセス
 
ホーム>学校案内>校長ブログ

  • 校歌
    • 校歌を聞くことができます。


  • 沿革
  • 校長挨拶
  • 学校経営計画
  • 校長ブログ
  • 校長ブログ2016 1学期
  • いじめ防止対策
  • 富士高自己評価


  • PTA関連
  • 教育相談・特別支援
    • 教育相談室と特別支援室から保護者の方へのお知らせです。


  • 富士高だより
  • 図書館だより
  • 進路室だより
    • 本校から生徒・保護者の方へのたよりです。すべてPDFファイルですので、ダウンロードに時間がかかる場合があります。


  • 本校生徒への連絡
  • 事務室より
11月27日 税の作文表彰
 国税庁が実施している「高校生の税に関する作文」コンクールで、本校1年の山口留帆さんが名古屋国税局長賞を、山口留衣さんが富士税務署長賞を受賞しました。

 本日、鶴山富士税務署長が来校され、表彰してくださいました。

  

 どちらの作文も「税に対する依存」、「国家に何とかしてもらおうという」意識の問題点を突いた内容でした。

 消費税の増税が迫る中、18歳で選挙権を持つ高校生として問題意識を持ち続けてほしいですね。

11月24日 生活体験発表会
 六本木ヒルズのハリウッドプラザで、全国定通制生徒の生活体験発表大会が開かれ、本校の定時制2年の植田翔子さんが県代表として出場しました。

 開会式に続いて午前の予選会です。地区別に5会場に分かれ、12人のうち3人が午後の本選に残ります。

   

 見事に選ばれ、全体会で再度発表しました。

   

 結果は「読売新聞社賞」! 「マイ・レボリューション」と題して、中学でのいじめ・不登校を乗り越え、本校でがんばっている様子を、思いを込めながらもしっかりと自分の言葉で発表してくれたところが評価されたのかなと思います。

 会場は、六本木ヒルズの一画で、合間に散歩した毛利庭園はクリスマスバージョンという感じでした。

    

11月23日 五校応援委員会発表会
 富士ホワイトパレスで、富士・富士宮地区の5校の応援団(応援委員会)による合同発表会が開かれました。今年で26回となります。発表の場を設けることで、応援団そのものの活動を披露する機会とするとともに、地域の学校で共に応援の技術を高めようという趣旨があると思います。

 本校の生徒も定番の型に加え、新しいマーチで盛り上げ、伝統の「勝利の拍手」を披露するなど、全力で取り組んでいました。

  

  

  

 応援委員のきびきびとしたリードは、本校の様々な行事を盛り上げる上で大きな役割を果たしています。

 学業、部活動との両立等、大変なことも多いと思いますが、「克己心身を練れ」の精神で、がんばってください。

11月22日 銀嶺祭
 今日は定時制の文化祭です。給食と並行して模擬店の準備を進め、お客さんを待ちます。

   

 長田生徒会長の挨拶後、準備、開店。模擬試験を終えた全日制の生徒も沢山来てくれて、大盛況でした。

 生徒にとって、保護者や職場の方に自分たちの学校生活の一端を知っていただく機会になったことと思います。

    

     

 今朝は富士山に笠雲がかかり、ことわざどおり、昼は雨となりましたが、夕方から爽やかな晴天となりました。
     (朝)                    (夕方)
   

 一つ行事を終えるごとに、冬の足音を感じる季節となりました。

11月20日 銀嶺祭迫る
 生徒ホールに定時制生徒の作品が展示してあります。これは「銀嶺祭」という定時制文化祭の一環で、芸術、家庭科の授業や工芸教室で作った作品です。

   

 22日には食堂で模擬店も開かれます。新聞部も校内誌「かぎろい」で紹介してくれましたが、全日制の生徒も歓迎です。

 定時制の保護者の方も楽しみにしている行事です。22日の5時頃は正門付近で自動車の出入りがあると思いますので、送迎の際は御注意ください。

 今日の富士山は、雲がかかることが多かったですが昨日の雪が時々見えました。急に冷え込むようになりました。特に3年生、インフルエンザ対策は大丈夫ですか?

    

11月17日 PTA研修旅行
 PTA主催の研修旅行で、東京大学に行ってきました。

 本校卒業生の2人とそのお友達が、案内役を引き受けてくれました。
 今年はイチョウの色付きがいま一つのようですが、穏やかな天気に恵まれ、構内をゆっくり散策しました。

   

 マンガ「ドラゴン桜」シリーズでは、時代の変化により勉強のやり方も変わることを描きつつも、「東大は努力という公平なパスポートで得られる最高のチケットだ!」としています。

 私は、「富士高生は単に「できる」のではなく、「努力ができる」のだ」と言っていますが、卒業生の言葉の端々にもそれを感じました。

 保護者の方々にも参考になったことと思います。

 定番の赤門前と安田講堂前で記念写真を撮りました。多くの参加者があったので、豆粒ですがアップします。

  

  

 午後からは上野の自由散策。美術館等、楽しまれたのではないでしょうか。
 運営に当たられた富士川支部の役員の皆様、ありがとうございました。

11月14日 百人一首部壮行会
 球技大会閉会式に続いて、東海大会に出場する百人一首部の壮行会を行いました。

 4日に行われた静岡県高校かるた選手権大会で、Aチーム優勝、Bチーム3位で25日の東海大会への出場権を得ました。

 Aチームは、4試合で20勝と完全優勝だったとのことです。ちはやふるブームで各校のレベルが上がっている中、すばらしい成績だと思います。

 更なる高みを目指してがんばってください。2年応援団の指揮で、勇魂の風を送りました。終了時には、富士山も雪を頂く姿を見せてくれました。

   

   

 なお、応援団は、23日午後、富士ホワイトパレスで行われる「5校応援」発表会に参加します。お時間あれば、「応援団への応援」にお出かけください。

11月14日 球技大会
 いよいよ球技大会当日。昨夜の雨が心配されましたが、曇り時々晴れ、風も弱く、絶好の日和となりました。

 まずは、全員で富士高体操です。

  

 競技種目は、1年は男女ともハンドボール、2年男子はサッカー、女子はバスケ、3年男子はアルティメット、女子はバレーです。

 アルティメットはなじみのない方が多いと思います。私も富士高ではじめて見ました。アメリカ発祥のゲームで、フライングディスクを使った陣取り合戦という感じでしょうか。富士川緑地公園で全日本の大会が開かれており、本校でも取り入れたようです。フリスビーの投げ合いというとのどかなようですが、なかなかの運動量で見ごたえもあります。

  

  

  

  

 クラス対抗でチームスポーツの良さが表れ、生徒たちは一生懸命取り組んでいました。

 教頭が楽しい講評で締めくくってくれました。

    

11月12日 球技大会朝練習
 14日は校内球技大会です。先日からクラスごとに朝練習が始まっています。グラウンドにも体育館にも朝早くから生徒の元気な声が響いていました。

      

      

 秋の球技大会は、体育の授業の一環として実施していますが、クラス対抗のためどうしても熱が入ります。

 送迎等、保護者の方の御負担となっているかと思いますが、御協力をお願いします。

 今朝の富士山は、笠雲がそのまま東に流れたような姿となっていました。天気の変わりやすい季節です。

 運動の後の汗拭きなど、体調管理に気をつけましょう。

       

11月1日 実力テスト
 11月に入ったとたん、寒い朝となりました。風邪をひいている生徒が多くなっていますが、今日は校内実力テストです。

 朝のHR前から、生徒たちは机に向かって直前対策に余念がありません。

  

 ただ、このような風景はテスト前に限ったことではありません。私が職員打合せを終え、朝のHR前に教室を回ってみても、多くの生徒は机に向かって勉強しています(中には課題が間に合わないという人もいるでしょうが)。

 以前、富士高生に「富士高のいいところ」を聞いたら、「一生懸命勉強しても恥ずかしくないこと」と答えてくれた生徒がいました。中学では、そういう姿をみんなの前では見せられなかったようです。

 3年では廊下に長机を置いてあって、質問しあいながら勉強したいものはこちらを使っています。こちらの愛好者もいるようです。

 富士山もすっかり秋の景色になりました。写真では分かりにくいと思いますが、裾野の紅葉が見事です。

      

 富士山百人一首に次の歌があります。

 「富士に雪われに装うなにあるや晩秋はかく過ぎゆきにけり」(福島泰樹)

 還暦を迎えた私にも身につまされる歌です。

10月29日 教職員サッカー
 この日の夜は、本校グランウンドで教職員サッカーの試合が行われました。相手は富士見高校さんです。

 (青のユニフォームが本校職員です。)
   

   

 メンバーが集まるか心配されましたが、キックオフ10分前には何とかイレブンが揃いました。

 富士見高校さんは若い方が多く、苦戦が予想されましたが、いざホイッスルが鳴ると、サッカー部顧問を中心に50代職員もよく走り、1対1の引き分けとなりました(若干の手心があったかもしれません。2回戦は辞退していますので・・・)。

 私も出たかったのですが、諸般の状況から自重しました・・・。

 他県の先生に、「静岡県では小中高特の多くの学校が、教員サッカーのトーナメント戦に参加している」と話すと驚かれます。静岡県が「サッカー王国」と呼ばれたのは昔のことかもしれませんが、まだまだ裾野は広がっています。

 また、このような一見「無駄」とも言える行事が、学校の活力になっていると思います。選手の皆さん、お疲れ様でした!

10月26日 定時制遠足
 定時制では、3年生が2泊3日で大阪・京都への修学旅行に行ってます。その間、他学年では工芸教室等の行事を行っています。

 今日は八景島シーパラダイスへの遠足です。
 いつもは夕方からの登校ですが、今日は朝日の中の集合です。

   

 生活時間帯が違うためか、遅刻者も目立ちましたが何とか出発していきました。

 天候にも恵まれたようですので、楽しい時間を過ごしてきてほしいと思います。

10月25日 出張講義
 今日は総合的な学習の時間のまとめ取りの日。2年生では、7大学(静岡、浜松医科、静岡県立、東北、名古屋、都留文科、早稲田)から9人の先生方に来校いただき、出張講義を行ってもらいました。

 生徒は、文系理系それぞれから2つの講義を聴講します。

  

  

  

 進学先を決めるには、大学名の前に、学部選択が大切だと思います。もちろん、受験の際に異なる学部を併願することはあるでしょうが、先ず自分は将来どんなことがしたいのか、そのためにはどんなことを学ぶ必要があるのか、それを確認することが必要でしょう。

 いずれの先生方も御自分の学問分野について、高校生にも分かるようにと工夫して熱心にお話しくださいました。2年生の秋、自分が大学で学ぶことのイメージを具体化していってほしいと思います。

10月24日 薬学講座
 今日は、本校の学校薬剤師の曽根さんによる薬学講座を実施しました。

   

 曽根さんはお子さんが本校の野球部に在籍しているそうで、清原元選手の事例を導入に、薬物依存の怖さについてお話いただきました。

 覚醒剤なんて、我々の生活には関わりないように思っていますが、昨年度の覚醒剤関連の検挙件数は、富士警察署管内が県内最多だそうです。

 また、「ゲートウェイドラッグ」(入門薬物)という大麻や脱法ドラッグのことや、「うっかりドーピングに注意」という、一般的な薬にも、ドーピング禁止物質が含まれていることなどもお話いただきました。

   

 終了後に配布したパンフレットの表紙に採用されている標語は、本校の昨年度の卒業生の作品です。

 気持ちが弱ったときこそ、「君子危うきに近寄らず」を思い出したいですね。

 このところ富士山が様々な姿を見せています。

 (今日の富士山)            (月曜日の富士山)
   

 寒暖の差が激しいせいか、風邪による欠席者が多くなっています。健康管理に気を付けましょう。

10月19日 秋の交通安全運動
 秋の交通安全運動に合わせて、交通安全委員が校門付近で交通安全の呼びかけをしました。

  

 これまでのところ大きな交通事故はありませんが、転倒、接触等の事故は何件か起きています。

 特にこれからの季節は、下校時が薄暗くなり、ちょっとした飛び出しに気付かず、大きな事故になる危険があります。

 一旦停止はもちろん、ライトの電球が切れていないか、確認したいところです。

 また、ただでさえ狭い校地西側の道路が、水道工事で更に狭くなっている場合があります。通行の際は十分お気を付けください。

 今朝の富士山は、笠雲になるかな?というような雲に覆われていました。
 
   

 静岡県が編纂した「富士山百人一句」に久保田万太郎の次の句があります。

   「ゆく秋の不二に雲なき日なりけり」

 この季節にはまだ少し日があるようです。

10月16日 遠足&初雪化粧
 今日は遠足です。幸い天候に恵まれ、雪化粧した富士山を横目に、生徒たちが続々と出発していきました。

  

 遠足といっても、1年生はフィールドワークといって、クラスごとに大学訪問をします。2年生は横浜、3年生は鎌倉です。

 それぞれ楽しく、有益な時間を過ごしてきてください。

 8合目付近まで雪化粧した富士山を見ることができました。行楽の秋というところでしょう。

  

10月13日 理数科 科学教室
 公開授業の午後は、理数科の生徒が小中学生を対象に、科学教室を開きました。

 小学生には水溶液の性質調べやスライム作り、中学生には手作りの器具による光の屈折実験か、ダンゴムシの走性実験を体験してもらいました。

 本校理数科の1年、2年が先生役となり、ペアとなって進めていきます。

   

   

 参加してくださった皆さんに少しでも楽しんでいただけたなら幸いです。

 本校理数科生徒にとっても、科学的事象を他者に伝えることの楽しさ、難しさを体験する機会となったと思います。

10月13日 公開授業
 朝早くから多くの保護者の方や中学生が来校してくれました。

   

 私も校内を回りましたが、早速プロジェクターを活用している授業もありました。

   

 グループ学習や生徒による解説等、いわゆるアクティブラーニングのための様々な工夫もされています。

   

 グラウンドでは、球技大会に向けた練習も進んでいます。

    

 本校の授業の様子をご覧いただいた感想はいかがでしょうか? アンケートでお寄せいただいたご意見等、これからの授業改善に生かしたいと思います。

10月11日 数学教育研究会
 本校を会場に東部地区の数学教育研究会授業研究会が開かれ、久保池教諭が研究授業を実施しました。

      

 近隣校から多くの参加者があり、熱心に授業研究に取り組んでいました。

  

 本校では、このような機会は積極的に引き受けるようにしています。研究授業は準備も含め、業務負担にはなりますが、授業は誰かに見てもらってこそ、改善点も分かるものです。

 特に本校のように、生徒に一定の学力があり、かつ素直であると、閉じられた教室空間では、教員側の自己満足に陥る危険性も多分にあります。

 明後日13日(土)の午前は、公開授業日です。お時間があれば是非ご覧いただき、感想などをお寄せください。

10月10日 後期生徒総会
 今日のLHRは生徒総会でした。各委員会からの報告のあと、前期生徒会長の長橋君から、総括の本部活動報告がありました。

  

 続いて後期の会長、副会長を校長から任命し、外山会長はじめ本部役員の自己紹介がありました。

  

 改めて、平成30年度も折り返しを過ぎたのだなあと感じました。

前へ
次へ