静岡県立富士高等学校HP
 
学校案内 生徒の様子 中学生の皆さんへ 交通アクセス
 
ホーム>学校案内>校長ブログ

  • 校歌
    • 校歌を聞くことができます。


  • 沿革
  • 校長挨拶
  • 学校経営計画
  • 校長ブログ
  • 校長ブログ2016 1学期
  • いじめ防止対策
  • 富士高自己評価


  • PTA関連
  • 教育相談・特別支援
    • 教育相談室と特別支援室から保護者の方へのお知らせです。


  • 富士高だより
  • 図書館だより
  • 進路室だより
    • 本校から生徒・保護者の方へのたよりです。すべてPDFファイルですので、ダウンロードに時間がかかる場合があります。


  • 本校生徒への連絡
  • 事務室より
2月28日 学校保健委員会
 午後からは学校保健委員会です。これは本校の保健活動の様子を学校医、薬剤師、PTAの保健委員の皆さんに報告し、御意見をいただくという会議です。

 はじめに、全日制・定時制の生徒の学校保健委員の活動報告です。

  

 全校生徒を対象に、学校生活において「ヒヤリ、ハッと」の経験はないかを調査し、それをまとめて対策案を立てた報告をしました。予算が絡むものは直ぐの改善は難しいですが、生徒自身ができることとして、掃除のやり方の改善や委員によるチェックを取り入れました。

 校医の先生方から、自分たちの生活を自分たちで改善しようとしている点を高く評価していただきました。

   

 続いて、担当教員から健康診断結果や災害発生状況等を報告しました。

 本年度は長期入院のような重篤な事故等はありませんでしたが、それにつながりかねないような事故は複数件ありました。その事故の原因を探り、再発防止に努めるよう御指導いただきました。

 運動器検査(身体機能のチェック)結果を生かせないかという御指摘もいただいたので、今後の対策に生かしていきたいと思います。

2月28日 同窓会入会式など
 「2月は逃げる」と言うとおり、卒業式を明日に控え、久々に登校した3年生は予行練習と同窓会(富友会)入会式です。

  

 予行では、あいにくの雨で冷える体育館の中、自分たちの動きをしっかりと練習していました。指導に当たる渡辺総務課長が、「保護者の方に見てもらうんだから」と何度も言っているのが印象的でした。

 同窓会入会式では、小室会長から入会歓迎の挨拶がありました。「縦と横のつながり」。今はまだあまり実感がないでしょうが、やがて感じるときがあると思います。山岡学年幹事代表が堂々と入会の言葉を述べてくれました。

    

 続いて、校長室で富友会の奨学金の授与式を。各学年、定時制の代表にいただいています。

   

 後輩を育てようという先輩の気持ちに応えてください。

 明日は雨が上がるといいのですが・・・

2月20日 2年生 学年行事
 今日の7時間目のLHRの時間、グラウンドで歓声がするので見てみたら、2年生が学年全体でレクリエーションをやっていました。

 クラス対抗の全員リレーのようですが、ドリブルがあったり、ぐるぐるバットがあったりの障害物競走です。自分たちで考えたものなんでしょう。

    

    

 午後3時の気温が19℃を超える陽気の中、楽しそうにやっていました。26日からの学年末テスト前のいい気分転換になったと思います。

 午後になってかなり雪の解けた富士山も顔を見せていました。

   

2月20日 久々の雪化粧
 今年は暖冬のせいか、山肌が見えていた富士山が、昨夜の雨で雪化粧となりました。降水量はそれなりにあったように思うのですが、薄化粧という感じですね。

  

 今日の正午までが高校の入学者選抜の願書の受付です。本校を志願してくれた受検者の信頼を裏切らないよう、気を引き締めて選抜業務に向かいたいと思います。

 その受付業務をしている事務室のカウンターにアマリリスの鉢植えが飾ってあります。在校生が学割などを申請するためのケースの横です。

    

 受験に向かう生徒の目の保養にと、事務室の担当が置いてくれたようです。

 国立大学の前期試験も目前です。こちらも健闘を祈ります。

2月14日 ポップ作り
 2年生の廊下に、総合的な学習の時間に生徒が作った、本の紹介のポップが掲示されています。

  

 これは読書指導の一環で、ポップ作りをすることで自分自身も本を手に取り、また、同級生の紹介した本に興味を持ってもらおうというものです。

 日常の課題に追われる生徒が多いようですが、ちょっとした時間にでも本に親しんでもらいたいですね。

 ちなみに今日はバレンタインデー。登校時にちょっとおしゃれな小さな紙袋を持った女子生徒を見かけました。

 朝のHR前には、義理チョコなんでしょう、男子生徒全員にというような雰囲気で教卓に盛られているクラスもありました。

    

 まあ、節度ある範囲で楽しんでくれれば、と思います。

2月7日 長距離走大会
 絶好の天候に恵まれ、富士総合運動公園を会場に長距離走大会を実施しました。

 男子7.4キロ、女子5.2キロの周回コースです。

  

  

  

 女子は2年丸山結子さんが、男子は2年植松大輝君が、それぞれ大会記録で優勝しました。

  

 開会式で生徒に話したことですが、私自身の高校時代は運動の苦手な生徒で、マラソン大会の日は本当に憂鬱な気分で迎えていました。

 同じような生徒がいるのならということで、瀧本哲史氏の「未来は逆風の向こうにある」という言葉を送りました。これからの人生、追い風ばかりのはずはありません。逆風にも、上り坂にも負けない気力を持とうと励ましました。

 今日は逆風もなく、穏やかな天候の中、それぞれの力を出し切ってがんばって走っていました。

1月30日 壮行会
 かるた大会に続いて壮行会を実施しました。

 女子ハンドボール部の東海大会出場、自然科学部数学班の数学オリンピック本選出場への応援です。

   

         

 女子ハンドボール部については以前も紹介しましたが、2月2、3日にこのはなアリーナで開かれる東海大会で全国選抜への切符をかけて戦います。

 数学班の吉田遥希君は、2月11日に早稲田大学で行われる本選に出場します。上位入賞すると国際大会の日本代表選手選抜となります。全国レベルに臆することなく、実力を発揮してほしいと思います。

 生徒全員で「勇魂の風」を送りました。

   

1月30日 かるた大会
 今日のLHRは、1、2年生全員のかるた大会です。先週予定の行事ですが、インフルエンザのため延期していました。

 百人一首部が運営に当たり、講堂にも体育館にも雅な読み上げの声が流れていました。

  

  

  

 一般生徒の実力は、上の句で直ぐに競うというレベルではないようですが、楽しそうに取り合っていました。

 百人一首は、古文の勉強にも古典文学史の勉強にも役立ちます。折に触れて味わってほしいものです。

1月20日 女子ハンドボール優勝!
 19、20日にハンドボールの県高校新人大会決勝リーグが行われ、本校が、清水桜が丘、静岡城北に連勝して優勝しました。

  

  

 2月2、3日にこのはなアリーナで開かれる東海大会で、全国選抜への出場をかけて戦います。更なる高みを目指してください。

1月19日 定時制合同文化祭
 センター試験の初日、定時制では東部の7校合同の文化祭が沼津市民文化センターで開かれました。

 本校も芸術選択の作品や写真、陶芸、保健委員の活動等を展示しました。

  

 ステージ発表では植田翔子さんの生活体験発表、音楽選択者のハンドベル演奏や合唱を披露しました。

  

 今年は本校が司会・進行の当番で、長田生徒会長はじめ、役員ががんばって務めました。

  

 会場には木苗教育長もお出でくださいました。

 定時制では、普段他校の様子を知ることがありません。このような機会に他校のよいところを学び、自校の学校生活に生かしてほしいと思います。

1月18日 いよいよセンター試験
 明日、明後日はセンター試験です。3年生は学年集会で、激励とともに諸注意を伝えました。

 私からは、これまでの自分の努力を信じようという話をしました。センター試験はマークシートですからそこに運の要素が入る余地はあります。

 しかし、富士高生は間違いなく努力してきた集団です。その努力の成果をそのまま発揮するという気持ちで臨んでほしいと思います。

 望月進路課長は今年も応援団長を前に立て、校訓の斉唱で気合を入れていました。

   

 体育館通路から見る、今日の富士山もとてもきれいでした。

     

 天候も大きく崩れることはなさそうですが、だいぶ冷え込んでいますし、インフルエンザも警戒レベルとなっています。体調管理を万全にしましょう。

 なお、富士高校周辺は、試験の受付、終了時には混雑が予想されます。特に19日の英語のリスニング実施時間帯(17:10~18:10)には、周辺の静謐に御協力をお願いします。

1月7日 定時制始業式
 この日の夜は、定時制の始業式です。

 校長講話では、全日制と同じく「働く」ことについて話をしました。

   

 定時制ではアルバイト等で働いている生徒がほとんどですが、改めて働きながら学ぶことの意義を考えてもらおうと思ったからです。

 こちらはマズローの欲求の5段階説を中心に話をしました。社会的欲求は、学校という場を離れてしまうと、基本的には「働く」ことを通して充足していくことになると思います。

 学校生活の中で、それを満たすだけの力を付けていってほしいと話しました。

1月7日 3学期始業式
 あけましておめでとうございます。
 皆様お健やかに新春をお迎えのことと存じます。

 今日は、始業式。3学年全員が集まる機会は本年度最後です。

 式に先立って表彰を。理数科課題研究、税の作文、音楽部新人大会、書道部書初めコンクールです。

    

   

 校長講話では、働くことの意義についての話をしました。センター試験も間近ですが、そこだけにとらわれるのではなく、その先の人生においてどのように社会と結び付いていくのかということを、年の初めにイメージしてもらいたいと思ったからです。

 ハンナ・アーレントの「労働」→「仕事」→「活動」を噛み砕いたような話をしました。

   

 寒い中、できるだけ手短に話しましたので、通じたかどうか・・・?

 体育館通路からの富士山もとてもきれいでした。ただ、2年生ではインフルエンザでの欠席が複数あったとのことです。暖かいからと油断をしないよう、生活リズムを作ってください。

     

12月28日 御用納め
平成30年、2018年も残すところわずかになりました。今年も本校の教育活動に対する様々な御支援ありがとうございました。

 今日で御用納めとさせていただき、明日から1月3日までは閉庁とし、計画のある部活動等を除いて校地には立入りができませんので御留意ください。

 とは言え、3年生は今日も冬期講習を実施しており、多くの生徒が登校しています。

   

 本年度のセンター試験は、年明けの19日、20日。曜日の巡りあわせで遅い実施となっています。受験生にとっては緊張期間が長くなりますが、最後の追い込み期間が長いとも言えます。年末年始は冷え込むそうですので体調管理を第一としつつも、折れない心を持ってもらいたいと思います。

 教室棟5階から見る今日の富士山もとてもきれいです。

  

 そんな富士を眺めながら・・・。

 皆様、良い年をお迎えください。

12月21日 定時制終業式
 遅ればせながら、定時制の終業式の様子をお伝えします。

 まず、生活体験発表で読売新聞社賞を受賞した植田翔子さんの表彰を。

   

 校内選考でみんなの代表として出場したのですから、学校として誇りに思っていいと思います。

 続いての終業式では、全日制と同じ趣旨で話をしました。

   

 以前にも書きましたが、人数が少なく、距離が近いのと、背面のホワイトボードが使えるので、どうしても授業のようになってしまいます。

   

 みんな結構反応良く、聞いてくれました。事故や風邪に気をつけて、落ち着いた冬休みを過ごしてもらいたいと思います。

 25日は理数科の課題研究発表会でしたが、専門部長を務めているバドミントンの東海大会がエコパアリーナであって、そちらの開会式に出席せざるを得ず、発表会の挨拶等は副校長にお願いしました。今年も生徒は一生懸命取り組んだようです。

 3月には県大会もあるので、代表グループは更に研究を深めてほしいと思います。

12月21日 終業式
 今日は2学期の終業式です。大掃除の後、体育館に集合。幸い穏やかな晴天で、冷え込みもそれほどではありませんでした。

 まず表彰から。部活動では、自然科学、百人一首、吹奏楽、美術、書道、写真、女子ハンドボール、山岳を。個人では、読書感想文コンクール、薬物乱用防止標語、全国高校化学グランプリ、美術のデザイングランプリを。学校全体として新体力テストの優秀校の表彰をしました。

 多すぎてとても写真の紹介はできません。雰囲気だけお伝えします。

   

 終業式では、平成という元号の終わり、三十年という世代の変わり目という話をしました。

   

 私は昭和33年生まれなので、昭和の時代の後半と平成の時代を生きてきたことになります。平成という時代を振り返ってみると、大きな自然災害があったことが思い出されます。同時に、最近の世界の風潮からは、ポピュリズムの台頭を感じざるを得ません。

 先日、牧野邦昭氏の『経済学者たちの日米開戦』という本を読みました。圧倒的な経済抗戦力の差があるアメリカに対し、一流の経済学者たちも、そして多くの国民もそれを承知しながら、なぜ開戦の道へと突き進んだのか。

 そんな本の紹介をしながら、平成という時代の終わり、社会不安の高まる時代こそ、自分自身がどう行動するかを考えてほしいという趣旨の話をしました。

 最後に生徒課長から冬休みの諸注意、特に交通事故防止の注意をして終わりました。

    

12月20日 交通安全運動
 歳末交通安全運動として、交通安全委員の生徒が学校周辺で呼びかけをしました。

    

    

 今年1年、幸い大きな交通事故はありませんが、登下校時の自転車事故は何件も起きています。最近も、渋滞車列を通り抜けようとしての車との接触事故がありました。

 交通事故は単独の衝突や転倒事故もありますが、多くは他者の存在、行動に気が付かないことから起こります。

 自転車で言えば、まずは交差点での一時停止、ドライバーとのアイコンタクトが防止の鍵だと思います。

 年末年始、何かと気ぜわしい時期だからこそ、お互いに気をつけましょう。

12月17日 12月祭発表の部
 午後からは体育館でステージ発表です。
 1年音楽選択者による迫力ある合唱に始まり、各部の発表、リレー作文優秀作品の音読と続いていきます。

  

  

  

  

 残念ながらこの後出張があって、吹奏楽部や音楽部、茶道部等の様子をお伝えすることができません。体育館通路からは、朝の雨が新雪となった美しい富士山の姿を見ることができました。

 幕間の進行役が言っていましたが、運動部生徒は文化部の活動の様子を見ることがなかなかありません。富士高生としてみんながんばっている姿を知る、よい機会となったことと思います。

 書道部、美術部の作品は昇降口に掲示してありますので、面談等でお出での折にご覧いただければと思います。

   

12月17日 12月祭展示の部
 今日は冬のミニ文化祭、12月祭です。文化部の発表の場であると同時に、受験に向かう3年生への下級生からのエールの意味もあるということです。

 先週末から、生徒ホールに各文化部の作品や芸術選択の生徒の作品が展示されています。

   

   

 階段アートの「The sky is the limit!」が3年生へのエールなんでしょう。

  

 実はこの言葉は、私が2年前の高P連の全国大会の講演で聞いて、生徒に紹介したのですが、誰か覚えていてくれたのでしょうか?

 今日の午後は、体育館でステージ発表となります。

12月14日 師走の富士山
 12月に入ってはっきりしない天候が続いていましたが、今朝の富士山は昨日までの雪を被って見事な姿を見せていました。

 

 静岡県の編纂した「富士山百人一首」に次の歌があります。

  雪煙巻きつつ朝日を照り返す富士の冷気に触れて戻りつ(谷岡亜紀)

 まさにこのような感じで5階のベランダから戻りました。

 昼前のグラウンドでは、3年生の選択体育でターゲットバードゴルフをやっていました。

    

 私が生徒の頃には考えられない景色ですが、今の体育では生涯スポーツの観点からこのような競技にも取り組むのですね。

 生徒にとってもセンター試験に向けての良い気分転換になることと思います。

前へ
次へ