【公式】静岡県立吉原工業高等学校 ホームページ

令和4年度 部活概要
バレーボール部


部員数


1年:7名(選手6名/マネージャー1名)
2年:5名 (選手5名)
3年:5名(選手5名)

合計:17名 


活動情報


活動日: 火~土 (大会/練習試合等の場合は異なる)

オフの日:日・月(大会/練習試合等の場合は異なる)
活動場所:第一体育館


活動紹介


 吉原工業高校バレーボール部では、自分で考えて行動できる選手になることを目指すこと、バレーボールを通して感謝、礼儀、地域貢献などを学び、人として大きく成長できることなどを目標としております。高校バレーでは基礎・基本の遵守が必要条件であるため、チーム全員で意識を高めて練習に励んでおります。また、選手として、マネージャー(監督/コーチのアシスタント、雑用の指示出し役であり、雑用を主に担当する役ではない)としてだけでなく、バレーボールをやることよりも、バレーボールを観戦して、データを取ることでバレーボールと関わりたい人も随時募集しております。




練習風景

令和4年度インターハイ東部地区予選大会の結果報告
5月7日(土)・8日(日)に東部地区の高校体育館にて、万全なコロナ対策の中、上記大会が開催されました。
7日:1回戦 本校 2(25-7/25-18)0 沼津中央、2回戦 本校 0(10-25/16-25)2 下田、8日(敗者復活戦) :1回戦 本校 2(25-23/25-13)0 稲取、2回戦 本校 2(25-13/25-19)0 沼津西、3回戦 本校 0(13-25/19-25)2 沼津東、結果 東部10位で静岡県大会に出場することになりました。みなさまのご声援のおかげです。誠にありがとうございました。次回の大会に向けて選手・マネージャーたちは頑張っております。さらなるご声援をいただけたら、幸いです。よろしくお願いします。

令和3年度 第7回「望月杯」富士宮市バレーボール連盟大会
令和4年3月26日(土)・27日(日)に上記大会が開催されました。上記大会は富士宮市・富士市内の高校の男子バレーボール部に加え、東部地区の強豪校等も参加する、伝統ある大会です。コロナ感染拡大防止策が採られ、富士見高校と星陵高校体育館の2会場に分散して行われました。また、特別ルールも採用されるなど、高校生の活躍の場を創出する工夫もなされました。
26日(土)の大会では1試合目に、本校1(25-20/15-25)1伊豆総合という結果を迎えました。得失点差で負けてしましました。しかし、先日の新人戦東部大会の優勝校から、1セット目を先取できたことは、先に行われた全日本選手権大会静岡県予選での伊豆総合高校との対戦での惨敗から比べると、短期間で、よくここまで成長することができたなとうれしく思います。これは、選手たちがコツコツと積み重ねた努力の成果です。「努力したからむくわれるのではなく、むくわれるまで努力する」と言った賢者がいらっしゃいますが、まさに「むくわれるまで努力した」結果だと思います。今後も、選手たちは大きく成長していきます。ご声援、ありがとうございました。これからも、よろしくお願いします。