吉原高校ホームページ
 
学校案内校長室より学校生活の様子在校生・保護者様オンリーワンハイスクール事業
新型コロナウイルス感染症対策中学生の皆さん卒業生・一般の方同窓会より部活動紹介
 
ホーム>学校案内>校長挨拶

ごあいさつ
心の支え:校訓「正しく、強く、明るく」  

              
 本校は明治42年に女子技芸学校として開校し、昭和23年に学制改革により静岡県立吉原高等学校となりました。翌昭和24年には男女共学に、そして昭和25年に校訓「正しく、強く、明るく」が制定されました。昭和35年まで続いた男女共学は、平成6年まで女子校となりましたが、その後平成7年には再び男女共学となり現在に至ります。また、平成元年に始まった「国際教養コース」は平成6年に「国際科」として設置されました。時代の変化と社会の要請により力強くしなやかに変革を重ね、今年度113年を迎える歴史と伝統を誇る学校です。

 本校は、校訓「正しく、強く、明るく」のもと、昨年度より「自分を信じる心」「相手を認める心」「社会の役に立とうとする心」を吉高spiritとし、その心を持って未来を切り拓いていく力の育成を教育の目的に掲げました。そして、吉高spiritを支える5つの力(自己肯定力、分析・思考力、想像・創造力、共生力、表現・実行力)を、学校教育活動全体を通して身につけていくことを教育目標として掲げ、互いを認め合い、励まし合いながら、力強くしなやかに未来を切り拓いていく人材の育成に努めております。

 私たち教職員一同、時代の変化や社会の要請に応えることに努めるとともに、本校に入学した生徒のみなさんが、「この学校を選び、入学してよかった」と思える学校、そして本校を卒業された2万2000人の先輩方が、これから続く未来においてもなお、校訓「正しく、強く、明るく」を人生の支えとし、吉原高校を誇りに感じることができる、そのような学校の創出に取り組んでまいります。

                             

                          静岡県立吉原高等学校
                             校 長  福 島 由 子