吉原高校ホームページ
 
学校案内校長室より学校生活の様子在校生・保護者様中学生の皆さん卒業生・一般の方
同窓会より部活動紹介
 
ホーム>学校生活の様子>学校行事・生徒の様子

令和元年10月15日(火)コアスクール英検講座
本校は平成30年度から3年間、静岡県から英語教育コアスクールの指定を受け、生徒の英語力を伸ばす取組をしています。このたび、その取組の一つとして、ECC外語学院から外部講師を招き、英検講座を開催しました。これは、希望者対象に毎週火曜日の放課後に計5回、15:45~17:45の時間帯に行うもので、1年生から3年生まで普通科、国際科の89名が参加しました。講師の先生からは英検がどのような力を測るテストなのか、英検を解くのに必要な語彙の解説、さらにリスニング問題を解きながら丁寧に講義をいただきました。生徒は先生に個別に質問をするなど、熱心に参加していました。


令和元年10月10日(木)物理の実験の様子
今日は2年生の物理の授業で、気柱共鳴の実験を行いました。
気柱口の近くで音叉(おんさ)をならして音が共鳴する点を探し、音叉の振動数を求めました。
授業で学習した内容を、実験によって確かめることができ、理解をさらに深めることができました。



令和元年10月9日(水)陸上部東海大会壮行会
新人大会東部地区大会の女子円盤投で優勝した2年の影山悠さんが10月26日、27日に愛知県瑞穂陸上競技場で行われる東海大会へ出場します。この日はその壮行会が開かれ、校長先生から激励の言葉が送られ、影山さんからは試合に向けての抱負が述べられました。応援団からのエール、全校での校歌で影山さんを応援しました。


令和元年10月9日(水)表彰式
表彰式を行いました。今回の表彰は以下の通りです。日頃の努力が結果となって実を結んだ生徒たちです。

陸上部 2年 影山 悠 静岡県東部高等学校新人陸上競技大会円盤投 第1位
剣道部 静岡県高等学校東部地区剣道選手権大会 男子団体優勝 女子団体優勝
新体操 静岡県高等学校新人大会新体操東部地区大会 女子団体優勝 個人 1年 山本美鈴 第5位
国際科 1年 時田百優 静岡県高校生スピーチコンテスト東部地区大会カテゴリー2(英語圏滞在1年以上の部)第2位


令和元年10月9日(水)自己肯定感向上講座
日本ペップトーク普及協会代表理事の岩﨑由純氏をお招きして、「心に響くコミュニケーション ペップトーク ~やる気~」を演題に講演をしていただきました。ペップトークとは、ドラマ「先に生まれた僕」の中で登場する言葉で、短い激励のメッセージのことです。生徒たちは言葉がもたらす影響のすごさや、マイナスの言葉をプラスの言葉に変えることの大切さについて学びました。


令和元年10月7日(月)同窓会から陸上部新人戦東海大会激励金授与
9月21日・22日と県新人大会が、愛鷹陸上競技場で行われ、2年の影山悠さんが女子円盤投で優勝し、10月26日・27日に愛知県瑞穂陸上競技場で行われる東海大会への出場権を得ました。この日は同窓会から激励金が授与され、顧問とともに東海大会への抱負を語りました。


令和元年10月3日(木)英語教育コアスクール 静大亘理准教授来校
本校では平成30年度から3年間、県教育員会の指定を受け、英語教育コアスクール(核となる学校)として英語4技能を伸ばす英語授業の研究を進めています。本日は本校の授業改善アドバイザーである静岡大学教育学部の亘理准教授に来校していただき、授業参観と英語科研修会を行いました。亘理先生には授業参観で生徒に英語で話しかけていただいたり、放課後の研修会では、効果的な発問、要点をつかむ読みの指導など多岐にわたりアドバイスをいただきました。10月19日(土)にはオープンスクールを予定していますが、11月21日(木)14:20からは、1年生国際科の英語の公開授業と亘理先生を助言者として研究協議を開催する予定です。どなたでも参観できます。ぜひお越しください。


令和元年10月2日(水)教育実習生「保健」研究授業
1学期6名の卒業生が教育実習生として本校で研修をしましたが、2学期、さらに3名の実習生が実習中です。今日は26HRの国際科のクラスで実習生の一人である辻野俊一さんが保健の研究授業を行いました。単元名は「医療制度とその活用」で、実習生は様々な問いかけをして、生徒に考えさせたり、話し合わせたりして、健康保険の制度についての生徒たちの理解を深めていました。


令和元年9月29日(日)「体験!化学実験2019 in ぬまづ」に参加
沼津のプラサヴェルデで今年も「体験!化学実験2019 in ぬまづ」が開催されました。入場者総数は1348名で、本校の自然科学部員と有志の生徒たち合計15名が参加してきました。自然科学部は「ハーバリウムを作って楽しもう」というテーマで、造花と専用オイルを使って来場者の方々に独自のハーバリウムを作る体験をしていただきました。有志の生徒が行った「自転車を漕いで電気を作り、模型電車を動かしてみよう」では、来場者の方々に自転車を漕いでもらい、充電器を利用して運動エネルギーを電気エネルギーに換え、模型電車を動かすというものでした。子供さんを含め多くの方々に楽しんでいただくことができました。


令和元年9月27日(金)3年生コミュニケーション英語演習 授業の様子
受験生として、難易度の高い英文の長文読解に取り組んでいます。問題を解くときは真剣に、ペアで単語のクイズを出し合う際には和気あいあいと、メリハリをもって授業に取り組むことができています。今回の授業では、健康に関する英文を読み、1日座りっぱなしでいることが健康の妨げになることを読み取ることが出来ました。
3年生の英語の授業では、問題演習が中心となっていますが、ペアで意見を出したりシャドウイングをしたり、とリーディングだけではなくリスニングやスピーキングなどの技能を向上させるための授業を行っています。


令和元年9月27日(金)教育実習生「保健」研究授業
本校では1学期6名の教員を目指す卒業生が教育実習生として研修をしましたが、2学期、新たに3名の実習生が実習中です。今日は21HRで実習生の一人である山田美里さんが保健の研究授業を行いました。テーマは「高齢者のための社会的取り組み」で、生徒たちは最初に、保健・医療・福祉の連携やノーマライゼーション、バリアフリー、ユニバーサルデザインなどの意味についてワークシートにまとめました。後半は、班になって話し合い、身近なバリアフリーやユニバーサルデザインに配慮した施設や商品にどんなものがあるか具体的に挙げ、プレゼンボードにまとめ、発表しました。


令和元年9月26日(木)高校生スピーチコンテスト東部大会2位で県へ
国際科1年生の時田百優さんが、9月21日(土)沼津市で行われた静岡県高校生スピーチコンテスト東部地区大会カテゴリー2(英語圏滞在1年以上の部)で第2位となり、県大会への出場権を獲得しました。No border in our mind (心に国境はない)と題されたスピーチでは、海外滞在時に自身が経験した人種差別体験や、帰国後に文化や言葉の違いに悩んだ経験を踏まえ、違いを個性と捉えることで、他者を認め合う世界の実現を訴えました。県大会は10月19日(土)に静岡市で行われる予定です。

令和元年9月25日(水)英語成績提供システム共通ID発行申込説明会
来年度大学入試制度が大きく変わります。そのひとつとして、大学入試で、英語外部入試を活用する生徒は、大学入試センターに、共通IDの発行を申し込む必要があります。英語外部入試を受検する際は、自分の解答用紙にその共通IDを記入します。そうすると、その成績が大学入試センターに送られ、自分が受験する大学に提供されます。本校では、2年生全員が申し込みます。申し込み手数料は無料です。この日は全2年生対象に、その共通IDの発行申し込みの手順について、学年の進路担当から詳しい説明がありました。11月に学校でまとめて発送し、来年の1月には共通IDが届きます。

令和元年9月25日(水)高校生サイクルマナーアップ運動
交通安全運動が行われています。生活委員は、正門と上和田交差点で街頭運動をしました。 街頭運動で、本校南側の道路は、朝も交通量がかなり多いことが改めて分かりました。本校は、自転車通学の生徒が多いので、交通ルールを守り安全を確かめ登校して欲しいです。朝は、慌てず余裕をもって行動しましょう。
 

令和元年9月25日(水)コアスクール異文化体験発表会
本校は昨年度から「英語4技能の育成」「異文化理解」「地域貢献」を柱とした英語教育コアスクールの指定を受けています。今回は「異文化体験発表会」として国際科の生徒が学んだことを発表しました。最初は国際科1年生による語学研修の発表でした。1年生はこの夏に富士市大淵の国内留学ができるLanguage Villageで英語漬けの2泊3日を過ごしました。一日英語で過ごし、日本語を話せない辛さや、終了後の達成感、仲間と乗り越えた楽しさなどを発表しました。次に、9月21日に行われた東部スピーチコンテストのカテゴリー2で第2位となり、県大会への出場が決まった国際科1年生の時田百優さんが「No Border in Mind(心に国境はない)」というタイトルの英語スピーチを披露しました。スピーチの内容を日本語字幕で表示しての発表でした。国際科2年生は、2週間のオーストラリア研修での体験を発表しました。日本文化の紹介、オーストラリアの文化に触れたこと、ホームステイを通じて感じたことなどを、クラスで発表しました。また、公文奨学生に選ばれ、スイスに短期留学した3年生のジョバンナさん、交換留学生としてロシアに1年間留学した2年生の伊東さんが体験を発表。最後に、富士市内にある「富士山日本語学校」で日本語教師体験をしてきた1年生のが外国人の方々との交流について発表してくれました。

国際科1年生による語学研修の体験発表


国際科1年生 時田さんによる英語スピーチ発表


国際科2年生によるオーストラリア研修の体験発表


スイスへ留学したジョバンナさん、ロシアに留学した伊東さんによる発表


富士山日本語学校で日本語教師をした体験を発表する岩﨑さんと岩永さん


令和元年9月17日(火)富士地区数学教育研究会 1年数学研究授業
富士地区の数学教育研究会が行われました。 本校の佐野弘一教諭が1年生を対象に数学の研究授業を行い、その後富士地区の数学教員で授業の検討会が開かれました。 ICTやプレゼンボードなどを活用し、より分かりやすい授業を目指しました。また、検討会では授業改善に向けた多くの意見を頂くことができました。授業は、図形と計量の単元で、学校の階段を実際に計測に行き、角度を求め比較する内容でした。授業を受けた生徒はワクワクした表情で活動に取り組んでいました。

令和元年9月20日(金)2年生世界史B授業
本日、古山朋樹教諭が2年生の世界史Bのクラスで、イスラームの宗教と文化をテーマに授業を行いました。「アラブの石油王と日本のビジネスマンとの商談」という設定で、宗教の事をよく知らないことで起きてしまう諸問題を、劇を通して考え、まとめるというもので、佐野弘一教諭扮するアラブの石油王ノーサ=イチコー氏が教室にきてくれました。 生徒たちは劇を見ながらポイントとなる点をみつけ、その理由をまとめながらイスラームの特徴について再確認することができました。 宗教に関する正しい知識を学ぶことで、世界には多種多様な考え方があり、それを尊重しあうことが大切であることを学んでほしいと思います。世界史の授業では、実物教材を用いたり、劇を見たりすることで、世界史への興味がより深まるように工夫した授業を実践しています。


令和元年9月12日(木)2年生保護者対象 新入試説明会
令和3年度入試、つまり現2年生から大学入試の仕組みが大きく変わります。本校では現2年生が1年の時から、Classiを活用したポートフォリオ蓄積、思考力や表現力を向上させるための授業、英語スピーキング力向上や英検合格のための指導などをしてきています。今回は約100名の保護者の方々に参加いただき、学年主任、進路課長、学年の進路担当教員から新入試に向けてのお話をさせていただくことができました。これまでに生徒や保護者の方々にお知らせしてきたことも含め、最近になって国や各英語資格試験実施団体が明らかにした最新の情報や、大学入試英語成績提供システムのID取得について詳しい説明をし、また英語検定協会がネット上で公開している動画も見ていただきました。新入試をよく理解し、自分の将来の進路について間違いのない選択をしていただくためにも今後も進路課、学年でサポートしていきたいと思います。

令和元年9月6日(金)吉高プレゼンボード活用授業
本校では授業の中で生徒同士がお互いの考えを出し合ったり、まとめたり、発表したりする場を多く設けています。その活動を助けるツールとして、A3版の大きさのマグネットボードを「吉高プレゼンボード」として活用することを始めました。

古典「源氏物語」の授業の様子


保健「加齢と健康」の授業の様子

令和元年9月5日(木)アボちゃんサポーター委嘱式
献血ボランティア「アボちゃんサポーター」の委嘱式を行いました。委嘱状の交付や地区会議として富士保健所や赤十字血液センターの方々に献血の必要性や県下の血液事業などの話を伺いました。アボちゃんサポーターを委嘱された生徒は「一人でも多く献血に協力していただけるよう活動し、献血してくださった方と積極的にコミュニケーションを図りたいです。将来は医療に関わる仕事がしたいので、献血について学び、少しでも血液事業に貢献し、困っている人の助けになれたらと思います。」と意気込みを語ってくれました。今後は地域での啓発活動として、福祉まつりやラジオなどで献血の呼びかけなどを行います。