吉原高校ホームページ
 
学校案内校長室より学校生活の様子在校生・保護者様オンリーワンハイスクール事業
新型コロナウイルス感染症対策中学生の皆さん卒業生・一般の方同窓会より部活動紹介
 
ホーム>学校生活の様子>国際科の様子

12月6日(月)姉妹校 台湾・馬公高級中学校オンライン交流開始
本校は台湾の澎湖諸島にある馬公高級中学と姉妹校提携をしています。コロナ禍でここ2年間はほとんど交流がありませんでしたが、コロナ禍でオンライン交流が進んだおかげで、今回初めてオンライン交流が実現しました。今日は国際科1年生13名と馬公高校の日本語選択クラス2年生の19名と交流しました。最初は実際にオンラインが繋がるかドキドキしていましたが、実際に繋がると嬉しさのあまり歓声があがっていました。今日は初めてということで、6台のタブレットに2,3人が付き、自己紹介をしました。日本語選択クラスということもあり、日本語や英語、中には中国語を話せる生徒もいるので中国語も混ぜながら会話が盛り上がっていました。また中には翻訳ソフトを活用しながらコミュニケーションを図り、伝わった時はまたしても大歓声でした。
 
 
 次回は9日(木)に国際科2年生と馬公高校日本語選択クラス3年生との交流です。今後は月に1度程度の頻度で、交流する内容も変えながら続けていく予定です。

11月3日(水)ミャンマーの明日を考える静岡写真展参観
 静岡市民文化会館第一展示室にて開かれた、「ミャンマーの明日を考える静岡写真展」に国際科1年生4人が参観しました。この生徒たちは、以前より富士市内で開かれたミャンマーの支援イベントにしたり、学校祭でも調べた成果を発表したりして関わってきました。ミャンマーの方に説明を受け、民族衣装のスカートも履かせてもらっていました。
 本校はグローカル人材の育成を目指しています。その中で、地域の課題を世界の課題に、世界の課題を地域の課題として考えて欲しいと考えています。また、こうした地域との交流により、学校以外の大人たちと関わります。学校だけでは育たない社会性も身に付けて欲しいものです。
 

10月29日(金)茶道教室
 国際科1年生が茶道教室に参加しました。毎年行われている日本文化学習ですが、今年もコロナウイルス感染症対策をとりながら実施できました。生徒たちは初めての茶道体験で、正座で脚もしびらせながら、講師の先生の説明に耳を傾けていました。改めて日本文化を学ぶ意義を考えられたようでした。来年は海外研修に行く予定です。日本文化を正しく現地の方々に披露するためきちんとした説明が出来るようにしたいです。
 
 

タイトルを設定してください。
国際科2年生の南條桜都さんがグローバルユース国連大使としてradio fでインタビューを受けました。
南條さんのインタビュー記事は
こちら

文部科学省総合広報誌7月号に中田教諭の記事が掲載されました。
文部科学省広報7月号に本校の中田教諭の記事が掲載されました。中田教諭は、2012年にJICA海外協力隊としてマラウイ共和国で活動した経験があります。
是非、ご覧ください。
ここをクリックしてください。

4月27日(火)国際科出前講座
 清水市で、フェアトレードショップを経営している今井奈保子さんを講師にお迎えして、国際科1年生、2年生及び希望生徒を対象に国際科の出前講座が行われました。
テーマは、「開発途上国の課題とフェアトレード」でした。貴重な写真を通じ開発途上国の子どもたちが働かなければならないという現状を学び、開発途上国の人たちにとって貧困を拡大させないように「フェアトレード」が始まったことを知りました。
 また、今回は、オンラインで今井さんのインドでのパートナーと話をしました。生徒は、今井さんの「郷に入っては郷に従え」の言葉から、語学を学ぶことの大切さを改めて感じていました。

 
  

国際科1年生「異文化理解」
 国際科の授業には、「異文化理解」という普通科にはない授業があります。今日は、授業担当の中田先生が青年海外協力隊としてアフリカのマラウィ共和国で教師として派遣された時の貴重な体験談でした。テーマは、「異文化理解は、自分化理解」でした。中田先生の写真や動画を用いた興味深い話を聴き、生徒は日本との違いを感じただけでなく、豊かさとは何かを考える時間になりました。

 
 

令和3年2月2日(火)多言語レシテーションコンテスト入賞者
2020年度第7回常葉大学多言語レシテーション大会で入賞した高野イザベラさんとオルタ ブライアンさんに賞状が届きました!


令和3年1月21日(木)国際科3年生プレゼンテーション
3年国際科の時事英語の総まとめの最終課題として生徒たちが英語でプレゼンテーションを行いました。テーマは様々なグローバル・イシューから、自分で、もしくはグル―プで選んだテーマをリサーチし、資料を作成し、英語で発表しました。SDGs、環境問題、2045年問題、食糧不足、ネットモラルなど、どのプレゼンも現状分析から原因、具体的な解決策など、メッセージがあるもので、素晴らしい出来でした。


令和2年12月24日(木)国際科1年語学セミナー
12月22日から24日までの3日間、国際科1年生を対象とした語学セミナーが、富士市大渕の語学学校Language Villageで実施されました。この研修は夏休みに行う予定でしたが、延期をして、冬休みの実施となりました。例年、2泊3日で起床からレッスン終了の18:30まで、英語のみを使って生活する、国内留学体験を行うもので、授業以外の時間も、全ての会話が英語で行われます。今年は新型コロナウイルス感染防止のために、泊を伴わず、日帰りで実施しましたが、語学学校の日本人スタッフや引率の先生も英語しか話さないという環境で、英語でのコミュニケーション力をブラッシュアップしました。


前へ