〒437-1301
  静岡県掛川市横須賀1491-1 TEL0537(48)3421  FAX 0537(48)2039

 

ようこそ!静岡県立横須賀高等学校(横高)へ!!


4月9日(火)に対面式を行いました。11日(木)から今年度の授業が始まりました。
 
横須賀高校は楽しい行事がいっぱい!!!

2年次から家庭科、工業、商業が選べます!!


インフルエンザ等による出席停止後の登校再開について
インフルエンザ等の学校伝染病で出席停止となった場合、登校する際には下記「登校許可証明書」の提出が必要です。
御家庭で用紙をプリントアウトして、診察を受けた医療機関で記載してもらい、登校する際に生徒に持参させてください。

 ※ 平成30年9月から、新しい登校許可証明書になりました!


登校許可証明書はこちらをクリックしてください→→ 【登校許可証明書】

※PDF形式のファイルをご覧いただくためには、アドビ社のAdobe(R)Reader(R)が必要です。最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep.html



平成31年4月5日 新任式 第1学期始業式


本校に、吉永校長先生をはじめとする12人の先生方が新しく着任し、これからお世話になる先生方を拍手で迎えました。
また、新学年のHR担任・副担任など各学年の先生方や部活動担当の先生方も発表されました。

その後には第1学期の始業式です。
始業式では、吉永校長より時間、言葉、夢の3つのについての話がありました。

人の話をしっかり聞き、理解すること、そして自分自身とも対話する時間を持ち、自分を見つめ直して「未見の我」に気づいてほしいということ。
強い、一方的な言葉で人を傷つけることがないようにしてほしいということ。
夢を言葉する。そしてそれを人に伝えることで、それは「約束」となる。夢や目標を言葉にして仲間と競い合い、自分を鍛えていってほしいということ。

5月には「平成」から、「令和」へと時代が移り変わっていくことを挙げ、生徒たちは新しい時代を築いていく世代として、校内律動のように、羽ばたき、躍動し、飛躍していってほしいと述べました。


続いて、生徒会認証式が行われ、昨年度後期に引き続き、生徒会長には山本有紀さん、副会長には地主未来也さんと林元気さんが認証されました。
前期の大きな学校行事である「真砂祭」をはじめとした様々な場面での活躍を期待します。

更に、4月にインターハイ予選に出場する、サッカー部、男女テニス部の壮行会も行われました。
壇上で目標を述べた3つの部の部員たちへ、校長先生、生徒会長からの激励の言葉と、応援委員をはじめとする全校生徒からのエールが送られました。

平成31年3月29日 離任式


本校から三科校長先生をはじめとする、13人の先生方が御退職、御転出されました。
代表生徒がお世話になった先生方に花束を手渡し、お礼を伝え、盛大な拍手で送りました。

平成31年3月18日(月) 教員講話
  

毎年好評の若手教員講話で、今年は1年生の担任2人が講師となり、普段の生活の上で気を付けていることなどについて話しました。

木村先生は、他人の話を聞くときの心構えについて話しました。自分の中の相手の話を聞くという心をコップに見立てて、人と話をするときに、きちんとコップを上に向け、話を受け入れる態度をとることが大切であり、逆にコップを伏せてしまうと何も入らないという内容です。また、新聞の寄稿記事を紹介し、物事でよい結果を出すためには、1つのことをきちんと頑張ろうという意識することが必要であるということについても話をしました。

岩崎先生は、自分は周りの人が気持ちよく生活できるように意識して振舞っている。そのために、嫌なことは言わない、少し早目に仕事をしておく、自分の行動を振り返り評価をつけているということを教えてくれました。

生徒たちは先生方からの質問に答えながら、楽しく講話を聞きました。

平成31年度 横須賀高校部活動ガイドライン
各部活動が活動するにあたっての方針を決め、ガイドラインとして公開します。

部活動ガイドライン

平成31年度新入生資料 「入学のしおり」の訂正に関して
先日、平成31年度新入生を対象に配布いたしました「入学のしおり」におきまして、訂正があります。

「入学のしおり」裏表紙、『4月8日(月)入学式の日に提出するもの』 ⑬心電・心音図表・貧血検査用紙(別紙)は、新入生配布資料内に封入されておりません。
後日学校にて配布いたしますので、4月8日(月)提出の必要はありません。
訂正してお詫び申し上げます。

その他、御不明な点がございましたら、横須賀高校までお問い合わせください。

平成31年3月14日(木) 平成31年度入学者選抜合格者発表
  

平成31年度入学者選抜合格者発表が行われました。
正午に合格者の受検番号が掲示されると、合格者からは歓声がおきました。

新1年生の皆さんの制服採寸及び物品注文は、3月17日(日) 13:00~15:00 大須賀中央公民館にて行われます。
注文した物品の販売は、3月30日(土) 13:00~15:00 大須賀中央公民館にて行われます。

入学式・諸手続き・PTA入会式・後援会入会式・横高オリエンテーションは、4月8日(月) 8:00~ 横須賀高校体育館にて行います。

お間違いのないようにお越しください。

平成31年3月12日(火) 朝食講座
生活文化部の部員と、朝食調査アンケートで「朝ご飯を食べてこなかった」と回答した生徒が、農協の講師の皆様にお話を伺い、自分で作れる朝食レシピに挑戦しました。

お話の中では、朝食を食べないことによる日中の活動への影響などについてわかりやすく教えていただきました。
「自分で作れる朝食」のメニューは豚汁とおにぎりで、生徒たちはレシピを確認したり、講師の先生方にアドバイスをいただいたりしながら調理を進めました。
昆布と鰹節から出汁を取ることや、具材の煮込み具合の確認など、慣れない調理に苦戦しながら作ったごはんを、おいしくいただきました。


平成31年2月22日(金) 3年生社会人講座
今日は3年生の登校日です。
卒業を間近に控えて、社会人講座を実施しました。
掛川市保健予防課から保健師・助産師の方を講師にお迎えして、「素敵な大人になるために~皆さんが知っておくべきこと~」としてお話をしていただきました。

講話の中では、子育てや子どもの教育にかかる費用から妊娠や中絶まで、責任ある大人としての知っておくべきことを学んだり、実際にパパママセミナーで行われる赤ちゃん人形を使った抱っこの練習等を体験したりして、男女の協力の大切さや、家族の一員としての役割を学びました。

自分も家族も大切にする大人、そして人間関係が豊かな大人になって、素敵な人生を歩んでくれることを期待しています。


平成31年2月22日(金) 2年生主権者教育
4月の統一地方選挙を控えて、掛川市選挙管理委員会と連携した主権者教育を本校2年生に実施し、出前授業を行っていただきました。。
生徒が在学中だけでなく将来にわたって有権者として自ら考え、判断し、権利を行使することができるよう、政治参加意識の向上を図ることが目的です。

授業の中では選挙制度の基礎知識や投票の方法について、クイズを交えながら説明していただきました。
その後、本校の教員3人が架空の政党の代表としてマニフェストについての演説を行い、生徒たちはその中からひとつを選んで、実際の投票箱等を使って投票しました。


平成31年2月8日(金) 3年生着こなし講座
登校日の3年生を対象に、スーツ等の着こなし講座を開きました。
「洋服の青山」様から講師の方が来校され、スーツの選び方や清潔感のある正しい着こなし等についてお話をしてくださいました。
実際に各クラスから男女1名ずつが、モデルとしてスーツや礼服を着ました。
男子はネクタイの結び方について、友人と一緒に実践し、楽しみながら学んでいました。


平成31年1月25日(金) マラソン大会
冬の澄み切った青空の下、1、2年生によるマラソン大会が行われました。
克己心を養うために、女子は6.5km、男子は8.5kmの道のりを走ります。
長距離走は己との戦いです。
内なる我と向き合いながら、生徒たちは冬枯れの坂道をひたむきに走りました。

生徒たちの奮闘を応援しようと、PTA役員の皆様も沿道で声援を送ってくださったり、マラソン終了後には、生徒たちの体を温める豚汁を振舞ってくださったりしました。

閉会式では、男女別上位10位入賞者と、2年連続で10位以内に入賞した生徒の特別表彰が行われました。
女子の1位は12HRの植田悠月さん、男子の1位は11HRの村松葵さんでした。

 

平成31年1月21日(月) グッドマナー週間
横須賀高校では、「グッドマナー横高」のスローガンのもと、日々生徒たちのマナーの向上に努めています。
1月16日(水)から29日(火)は、本年度5回目の「グッドマナー週間」です。
期間中、生徒会役員と生活委員が朝の登校時間に昇降口であいさつ運動を行っています。
また、交通委員は街頭で交通マナーアップの呼びかけを行っています。
冬の凛とした冷たい空気の中、今朝も生徒たちは元気よく挨拶をして、交通マナーを大きな声で呼び掛けていました。
 

平成31年1月7日(月) 新春かるた大会
毎年恒例の「新春かるた大会」が開催されました。
各クラスを3~4人のチームに分けて、学年ごとのクラス対抗戦です。
今年は各学年で教員チームも参加し、例年以上に会場が盛り上がり、新年早々、体育館全体が元気な掛け声と熱気に包まれました。

  

平成31年1月7日(月) 3学期始業式
あけましておめでとうございます。

横須賀高校の平成31年は、郷土芸能部の表彰からスタートしました。
郷土芸能部は、12月23日(日)に森町のミキホールで行われた「静岡県高等学校総合文化祭 郷土芸能部門」において、伝承部門で最優秀賞を受賞しました。
この結果、今年の7月30日~8月1日に佐賀県武雄市で行われる「全国高等学校総合文化祭」への出場権を獲得しました。

始業式は、全校生徒の校歌斉唱で始まりました。
校長からは、郷土芸能部をはじめとして、冬休みに新人戦に出場したサッカー部、女子バスケットボール部、男子バスケットボール部の健闘や、厳しい寒さの中の練習や稽古、大掃除などの各部活動の取り組みに対して、今年のさらなる活躍につなげてほしいと激励が贈られました。
また、新年にあたって抱いた抱負について、具体的な方法で地道に取り組んでほしい、と期待が述べられました。
「メビウスの輪」を題材として、「多くの人とのかかわりの中で有限の世界を無限の広がりを持つ世界にしながら歩んでほしい」など、生徒たちメッセージを贈りました。

新年の抱負を胸に、また、体調には十分注意し、元気に過ごしましょう。

  

平成30年12月21日(金) 2学期終業式
長い2学期もいよいよ終業式です。
2学期にはこれまでの努力が実り、多くの3年生の就職先や進学先が決定しました。
進路指導をとおして大きな成長が見られた、という話が校長からありました。
また、地域の方から感謝の言葉をいただいた話も披露されました。
その方は、10月初めの台風24号による停電時、ホームセンターにカセットボンベを買いに行くと売り切れで、それを見た本校生徒が手にしていた3本のボンベのうち2本をその方に譲ったそうです。
生徒の優しさに感動しました、とわざわざ御連絡をいただきました。

また、ある時には、本校の卒業生が学校を訪ねていらして、自分は関東で市議会議員をしているが、横須賀高校のことを今でも大切に思っていると、応援の言葉をいただいたそうです。

今年70周年を迎えた本校には、すばらしい生徒・卒業生がたくさんいます。

終業式に先立って表彰式も行われました。
 書道部 高等学校総合文化祭や掛川市民芸術祭での受賞
 弓道部 しずおかスポーツフェスティバル(1位)、中遠地区高等学校弓道大会(3位)
 漢字検定、情報処理検定、簿記検定で優秀な成績を収めた生徒
 かけがわ教育の日の「世界一短いメッセージ」で佳作を受賞した生徒
が表彰されました。

さらに、12月23日(日)に森町ミキホールで開催された郷土芸能部の県大会に向けての壮行会も行われ、全校生徒からのエール、校長先生と生徒会長から激励の言葉が送られました。

  

平成30年12月23日(日) 静岡県高等学校総合文化祭 郷土芸能部門
郷土芸能部の三社祭礼囃子が、静岡県高等学校総合文化祭 郷土芸能部門の「伝承部門」で最優秀賞を受賞しました。
この結果により、2019年7月30日~8月1日に佐賀県武雄市で開催される全国高等学校総合文化祭への出場権を獲得しました。

当日は、お祭りの雰囲気そのままに、迫力ある中にも笑顔あふれる舞台となりました。
応援ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

  

平成30年12月10日(月) ライオンズクラブ研修生来校
ライオンズクラブのYCE事業(ライオンズクラブのスポンサーの支援による交換留学制度)でマレーシアから来日中の研修生が、高校生活を体験するため本校を訪問しました。
工業・書道の授業に参加した後、放課後には弓道部や郷土芸能部の活動を見学・体験することで、生徒との交流を行い日本文化を体験しました。

  

平成30年12月7日(金) 3年生卒業遠足
3年生が卒業遠足で三重県の長島スパーランドへ行きました。

当日は晴天、気温も例年より暖かく、絶好の遠足日和となりました。バスの中では友達とおしゃべりをしたり、現地では乗り物に乗ったり、買い物を楽しんだり、親睦を深めることができました。


平成30年12月7日(金) 1年生進路行事
自分の将来の職業や働き方について理解を深めるために、1年生の進路行事が行われました。

前半はゲーム形式で自分の働き方について考える「働き方&収入ワーク」でした。
グループ内でそれぞれが正社員、非正規社員、アルバイトなどの働き方が割り当てられ、その働き方に沿った収入や、ランダムに必要になる支出を計算しながら、生涯の収入・財産の変化についてシミュレーションしました。

後半は生徒それぞれが自分の希望する職業を選び、関連する企業や専門学校・大学の方々から、仕事の内容やその職に就くために勉強しなければならないことなどを学びました。

進学や就職もまだまだ先のことと考える1年生にとって、自分の将来についてじっくりと具体的に考える機会になったことと思います。


全ての記事を見る