横須賀ストーリー (過去記事はメニューバーの「横須賀ストーリー」をクリック)
12月13日(金) LHR
北校舎3階からグランドへと続く大階段(通称ブリッジ)。そこから見える紅葉がとてもきれいに色づいてきました。
金曜日の今日はLHRがありました。来週に控えた球技大会、そして新春恒例、百人一首大会にむけてHRごとに練習をしていました。どの行事に力を入れるかはクラスのの色が出ます。紅葉も色々あるように。

12月12日(木) 部活動紹介⑨ 吹奏楽部
吹奏楽部は、3年生7名が引退し、2年生10名、1年生6名の計16名で活動しています。
秋の文化展での発表が10月末に終わり、現在は卒業式や来年度の真砂祭で演奏する曲を練習しています。
写真は、秋の文化展の発表と普段の練習風景です。
 


12月11日(水) 小春日和
 今日は穏やかで暖かい一日となりました。厳しい冬を前に現れる温和な天気を小春日和(こはるびより)と言います。期末テストも終わり、二学期のまとめのこの時期はゆっくりと時が流れます。駐輪場の大きなイチョウの木もきれいに色づいています。
 

12月10日(火) 生徒による授業評価
学期末を迎えるこの時期、全ての授業において「生徒による授業評価」を行なっています。研修課が結果を集計し、その結果を受けて全教職員一丸となって授業改善に取り組んでいます。
写真は音楽Ⅱと書道Ⅱのクラスで授業評価を行っている場面です。書道では、筆で記入しています。
 

12月9日(月) 首里城再建のための募金
12月6日(金)夕方、2年生が修学旅行(沖縄コース、関西・広島コース)から無事に帰ってきました。
沖縄コースでは、焼失してしまった首里城を訪れ、焼け残った守礼門等を見学しました。2年生全員で首里城再建のために少しでも力になりたいと思い、修学旅行前に募金活動を行い、修学旅行実行委員長の青野君の班がタクシー研修中に那覇市役所にうかがって、学校で集めた募金を寄付してきました。一日も早い再建をお祈りしています。
 

12月6日(金) 1年生進路行事
2年生修学旅行最終日、3年生遠足の本日、1年生は自分の未来を考えるための進路行事を行いました。
最初にすごろくで生涯にかかるお金をシミュレーションし、その後、各大学、専門学校の講師の先生方のお話を聞きました。進路によって生涯賃金やかかるお金が変わることを十分に理解できたと思います。これを機に自分の進路を深く考えてほしいと思います。
 
 

12月6日(金) よこすか高校便り29号
よこすか高校便りの29号を発行しました。
PDF版はこちらから。

12月5日(木) 特別講話
12月2日(月)に、2年生を対象に特別講話を実施しました。
講師にはカンボジアで小学校「みらいスクール」の建設にたずさわり、現在もカンボジアで子どもたちに日本語を教える活動等をしていらっしゃる掛川市出身の北川勇介さんをお招きし、お話を伺いました。
北川さんは修学旅行が目前に迫った2年生に、「旅行」を通しての学びについて、実体験を元にお話してくださいました。
生徒達には、修学旅行の中で見たもの、聞いたものに興味を持ち、調べ、考え、自分の財産にしてくれることを願います。
 

12月4日(水) 掛川特別支援学校との交流
 本校の来客用湯飲みセットを掛川特別支援学校高等部に発注し、木工班・陶芸班の生徒さんたちに製作していただきました。寄木細工のトレイとコースター、桔梗焼の湯飲みと銘々皿です。掛川の深蒸し茶と横須賀名物の愛宕下羊羹でお客様をおもてなしします。校長が完成品を受け取りに伺いました。また、本校では掛川特支から特別支援教育コーディネーターを派遣していただき職員研修を実施するなどの交流もしています。
 
写真は作業製品と掛川特別支援学校高等部の皆さん

12月3日(火) 2年生修学旅行へ出発
本日、2年生が修学旅行へ出発しました。12月3日~12月6日までの4日間、関西・広島コースと沖縄コースに分かれて研修を進めます。
修学旅行の様子については、別サイト修学旅行ブログにて随時更新します。生徒たちの研修の様子をぜひご覧ください。
修学旅行ブログはこちらから

12月2日(月) 地域防災訓練
12月1日(日)の「地域防災の日」に、静岡県内各地で地域防災訓練が行われました。地域の避難所に指定されている本校にも地域の方々が防災訓練のために多数集まりました。本校生徒も「偉(おお)いなる人格(ひと)」=地域のリーダーを目指して、自分たちの地域の防災訓練に参加しました。
 ※本校生徒の地域防災訓練参加率は、県下高校生全体の平均値を大きく上回っています。