静岡県立焼津水産高等学校
 
最新情報学校紹介学科紹介中学生の皆さんへ在校生・保護者の方へ卒業生の方へアクセス
 
ホーム>最新情報>流通情報科 news

令和2年7月21日(火)25HR総合実習 撮影技術実習
昨年に続き、Photo Office14(ワン・フォー)代表の大石智久様にお越しいただいて、撮影技術についてお話しいただきました。

カメラや画素数についての基礎知識から始まり、撮影時の光の当て方を教わった後、いよいよ撮影実習に入りました。

人工の光を使った場合と太陽光を使った場合とで、違った印象を与えることができることを実感しながら、
レフ板を上手に使って、プロ顔負けの画像を撮影する班もありました。

撮影した画像を大石様に見ていただくと、「アシスタントに採用したいくらい」という感想をいただきました。


流通情報科は、水産物を効果的・効率的に販売する技術を身に付けなければなりません。

今回の講義を通して、「販売のプロフェッショナル」に一歩近付くことができました。


   


  

商品の画像は生徒が撮影したものです。今日1日でここまで成長しました!

令和2年7月15日(水)  15HR 水産海洋基礎
水産海洋基礎で、2回目の水泳実習を行いました。
プールの水は、井戸水を汲み上げている関係で、

22℃とかなり冷たく、曇天のため更に冷たく感じました。


海洋科学科の実習で使用する膨張式救命いかだに、

流通情報科生として、初めて「体験」で乗り込みました。

筏には、ひもでできた梯子がありましたが、

自力で上がる際、皆悪戦苦闘しておりました。




膨張式救命いかだの定員は、
今年度の15HRの人数と同じ25名でした。

インスタコード
昨年度、知的財産について
講演をしていただいた永田雄一さんの開発した商品
『インスタコード』が、製品化されるようです。





詳細は、こちらをクリックしてください。


生徒にとってとても興味深く、その後の経過を注視しております。

令和2年7月1日 15HR水産海洋基礎
今回は「救急救命講習」を行いました。
夏場は実習で水泳やカッターなど、水場に行く機会が増えます。


水場ではちょっとした事故が命取りになるため、実習が本格的に始まる前に講習を行いました。


講習では、心臓に見立てたハート形のクッションで心臓マッサージの練習をしました。

このクッションは固めの素材で作られており、強い力で押すと「ぴー」と鳴ります。


鳴らない=力が弱い=有効な強さで押せていない、ということですね。

  


音が出せるようになったら、5分間ひたすら心臓マッサージをする体験をしてみました。

終わったあとは「体育より辛い」という声が聞こえてきました。


「緊急時は、119番通報をしてから、救急車が到着するまで10分でも20分でも心臓マッサージを続けなければならない」

という先生の話を、生徒たちは神妙な顔つきで聞いていました。


今回の講習が役立つ時が来ないのが一番ですが、いざという時に動けるようにしておきましょう。

令和2年6月23日(火) 知的財産出前授業① 巴川製紙
株式会社巴川製紙所 知的財産グループ グループマネージャーの中村 仁 様をお迎えして、出前授業を行っていただきました。
特許証など貴重な資料を見せていただきながら、身近なものにも知的財産がたくさん含まれていることや、知財を守ること、活用することについて分かりやすく説明していただきました。


 

令和2年6月23日(火) 総合実習(イチゴジャム作り)
流通情報科の総合実習では、マーケティング、商品開発、地域学習、販売実習などさまざまな内容に取り組みますが、今日は食品製造でした。
初めての製造実習と言うことで、今日はイチゴジャム作りでした。
ジャムがゲル化する原理を学んだあと、理論的に製造に取り組むため、調理実習とは違います。
手順の一つ一つが、完成品にどのように影響するのかを考えながら作業していました。

流通情報科の総合実習では、マーケティング、商品開発、地域学習、販売実習などさまざまな内容に取り組みますが、今日は食品製造でした。
初めての製造実習と言うことで、今日は最も簡単な手順で製造できるイチゴジャム作りを行いました。


ジャムがゲル化する原理を学んだあと、理論的に製造に取り組むため、調理実習とは異なります。

手順の一つ一つが、完成品にどのように影響するのかを考えながら作業していました。


 

令和2年6月23日 25HR総合実習
以前紹介した実習での商品開発(かまぼこを使った新メニュー)の続きを行いました。

今回お世話になったのは、学校のすぐ近くに店舗を構える老舗かまぼこ屋の「足平蒲鉾」様。




まずは店内見学をさせていただきました。

目線の先には・・・おいしそうな練り製品がずらり。

かまぼこ屋さんといっても、半月形のかまぼこばかり扱っているわけではありません。

 



その後、近くの公園に移動し、青空教室で新商品のプレゼンを行いました。

プレゼン相手は「足平蒲鉾」代表取締役の松永様!貴重なお昼休憩の時間に対応してくださいました。

  



プロの意見もいただき、ますます商品開発に力が入ります。

目指せ商品化!

令和2年6月17日 15HR水産海洋基礎
少し更新が遅くなってしまいましたが、タイトルの通り、先週の水産海洋基礎での実習の報告をします。

今回の実習は「イカのおろし方」

事前に座学でイカの種類や利用法について学び、実習場に移動してイカをおろしました。
今回使用したのは「ムギイカ」と呼ばれる、スルメイカの若イカです。



先生のお手本を見てから実践!
「ぬるぬるする・・・」「目が取れません・・・」等苦戦している様子も見られました。

げそと内臓は袋に詰めて塩辛に、胴は開いて天日干しにしました。
少し値が下がっているとは言え、やはり最近はイカが高いです。
一人一杯での実習だったので、干されているイカもソーシャルディスタンスを守っているような・・・。

  

実習ノートの感想欄には「家でもさばいてみたいです」や「干したイカはお父さんが食べてくれました」など嬉しいコメントが寄せられていました。

流通情報科は商業系のイメージが強いですが、入学後はこのように水産物についても学んでいます。

産業教育 意見・体験 発表会  代表決定!
令和2年度 第8回 産業教育意見・体験発表会が、
6/11(木)1時限目に実施されました。


厳正な審査の結果、本校の代表に選ばれたのは、


タイトル:「自分の道は自分で決める」
流通情報科(35HR)
大塚祐輝(おおつか ゆき:焼津市立港中学校出身)さん


です。





昨年度に引き続き、流通情報科から学校代表が選出されました。

発表要旨より

私には夢がなかった。なにも努力せず、ただただ時が過ぎるのを待っているだけだった。しかし、ある人たちに出会ったきっかけで私はこの学校に入学することを決意した。入学をすると驚くことばかりで、今まで味わったことがない体験をし、今までにないくらい好奇心がわいていた。毎日の授業が楽しく感じていた。そんな中で、魚国という一生忘れることがない体験をした。そこで私は自分の夢を持つことができた。そして、自分の人生も自分の性格も変えることができた。…」



発表の中で登場する「永田ゆ~いち」さんの開発した商品はこちら↓


               【インスタコード】


製品については、こちらをクリック
   動画は、こちらをクリック

令和2年6月9日 25HR総合実習
2年生の総合実習では、先週から2週にわたり商品開発を行いました。

テーマは「かまぼこを使った新メニュー」

マーケティングに関する授業は3年生で行うため、予備知識ほぼゼロでの挑戦となりました。
原価計算についてもやはり予備知識ゼロでしたが、先生からの指示は「価格設定まですること」。

「えー!?」という声が聞こえたのは一瞬のことで、どの班も面白いアイディアを出し合い、悩みながらも価格設定まで行いました。

最後はA3サイズのポスターを作り発表をしました。
  

発表後、先生たちから良かった点・改善点のコメントをもらいました。
そのコメントをもとに、自分たちの新商品をブラッシュアップしていました。

ちなみに今回開発したメニューは、いつか本当に商品化するかもしれないので詳細は秘密です。


前へ