静岡県立焼津水産高等学校
 
最新情報学校紹介学科紹介中学生の皆さんへ在校生・保護者の方へ卒業生の方へアクセス
 
ホーム>部活動紹介>野球部

水高野球部 NEWS
11月に入り今シーズンもいよいよ終盤戦になりました。準公式戦も残念ながら上位トーナメントに進むことはできませんでした。練習試合も数多くこなし試合経験の少ない1年生にとっては非常に多くの実践経験を積むことができました。



今シーズンの練習試合も残りわずかですが部員一丸となってこれまでやってきたことを出し切っていきます。
『粒粒辛苦』 水高野球部

水高野球部 NEWS 10月18日練習試合
試合で学びたいもの。



誰しも結果や成果を求めたいと考える。当然の事である。試合で日々練習していることが結果として出ることが一番の励みとなり、努力が報われる瞬間である。その喜びは苦労し努力した者に与えられるご褒美。
しかし、望む結果が伴い続ける事ばかりではなく、むしろ成果を感じない事の連続である。更なる努力の必要を感じ、前へ進むために試行錯誤する。
『努力は報われる』のか。いや『報われるまで努力する』のではないだろうか。

  『粒粒辛苦』 水高野球部

水高野球部NEWS  市内大会結果
10月11日(日) 第7回焼津市長旗(焼津市内大会)が焼津球場で行われました。秋季大会も終わり、今シーズンも終盤戦。この時期に7月からどれだけ力をつけているのかを知るには絶好の大会といえます。前日の台風も過ぎ去りこの時期にしては暑い一日でした。



開会式では本校主将の児玉駿太朗君(東益津中)が選手宣誓。緊張気味でしたが立派にその大役を果たしました。保護者会の皆さんも脱帽して宣誓に注目。中野市長の始球式では見事なコントロールでストライク投球でした。



部員一丸となり勝負に挑みましたが結果は中央高校、清流館高校ともに敗れました。勝利するために必要なこと、勝つための条件とは何なのかを考えさせられました。やはり相手との勝負において自分たちがやれることを明確にした上で様々な準備が必要です。その戦う準備がきっちりなされていたのかについて考えさせられました。
今回の原因をチーム全員で考え次に繋げていかなければなりません。今月末にはアグリカップの決勝トーナメントがあります。ひたむきに練習に取り組むだけです。これからそのタイトル奪取に向けて最高の準備をして挑んでいきます。
   『粒粒辛苦』  水高野球部

水高野球部NEWS 練習試合
9月も最終週となり本校も毎週末練習試合を行っています。先週末も天気がすぐれない中でしたが4試合行うことができました。

練習試合は練習の成果を試したり、課題を見つけたりするためには最良の練習とも言えます。そこでチームの課題や個人の課題が明確になります。その課題にどう向き合っていくのかが成長していくためには大切な事。まだまだ発展途上のチームですが全員一丸となり確実な力をつけていきます。




10月からの準公式戦に向け練習に励んでいきます。

『粒粒辛苦』  水高野球部

水高野球部NEWS 第32回アグリCUP 決勝T進出決定!
 令和2年度のアグリカップが9月20日本校会場に行われました。このアグリカップは県内で農業系列の学科を持つ高校12校が参加し毎年実施されています。その歴史は古く今回で32回目の大会となります。本校は農業系ではありませんが、毎年参加しており7年前には優勝をしています。(これまでは6回優勝)
今年の相手は藤枝北高校、静岡農業の3校で戦い、1位校は10月に行われる決勝トーナメントに進むことができます。

 


 第1試合の藤枝北高校さん、第2試合の静岡農業さんともに勝利することができ、決勝トーナメントに進出することが決定しました。2試合ともに逆転勝利。苦しい試合展開の中でしたが選手たちの勝利に対する気持ちが非常に感じられる内容でした。この大会に向け今週の課題でもあった「繋がり」を部員全員で共有した結果となりました。

決勝トーナメントに向け課題を確認しながら直向に練習に励んでいきます。
 
 『粒粒辛苦』 水高野球部

水高野球部NEWS 9月16日 練習試合
昨日は先週日曜日に突然の豪雨により中止となった静岡学園高校さんとの練習試合が行われました。授業を終えて草薙球場に向かいました。やはり草薙球場は広く、スタンドも大きくてとても充実した環境の中で試合をやらせていただきました。部員の中には初めて草薙球場でプレーした選手もいます。ありがたいかぎりで感謝です。



試合はお互いランナーを出すものの両校投手陣が要所を締める展開。2年生の児玉、石田の投手リレーで最終回まで1-1の同点。あと1本が出ない中での我慢の投球で踏ん張っていました。しかし最終回守りのミスが重なり1点を奪われサヨナラ負け。悔しい敗戦となりました。
この練習試合では今週取り組んできた成果を発揮できるかが課題でした。結果も大切ですがそのプロセスを大切にして練習に励んでいきます。

『粒粒辛苦』水高野球部

水高野球部NEWS
秋季大会を終え練習試合が再スタートしました。県大会出場とはなりませんでしたが、公式戦の振り返りから課題と目標を立て取り組んでいくことを確認しました。練習において、基礎基本を大切にすることやひたむきにプレーすることなど当たり前のレベルを当たり前とする。そこを徹底することでチームの力をつけていく事を確認しました。まだまだ伸びしろがあり可能性を感じるチームです。
『粒粒辛苦』
まさにこの言葉を実践していくだけです。


 秋季大会 2回戦(静岡商業戦) 善戦しました
8月18日3年ぶりとなる県大会出場を懸け、静岡商業高校と対戦しました。強豪相手にどこまでやれるのか部員一丸となって挑みました。
 試合は水産高校が初回先制点をとる展開。しかしその裏エース児玉が連打を浴び逆転されます。しかし3回、粘りをみせ2-2の同点。中盤以降は点を奪われるものの投手の踏ん張りに応える守りを随所で見せました。新チームで練習を積んできた成果が発揮されました。残念ながら結果は6-3で敗れ県大会出場とはなりませんでした。
善戦およばず敗戦となりましたが、力は十分出せた試合内容で、水産高校野球部にとっては大きな収穫となった試合でした。 この敗戦を糧にこれまで以上にレベルアップを図っていくとの気持ちが強くなりました。
 『粒粒辛苦』部員17名一丸となり、更なる高みを目指します。 応援ありがとうございました。


8月15日 秋季大会 1回戦勝利!!
8月15日 新チームの初戦に挑みました。相手は藤枝西・南陵・佐久間連合です。新チームがスタートし初戦を迎えました。今年のチームの合言葉は『粒粒辛苦』
コツコツと地道な努力をすることという意味があります。その言葉を体現するべく夏休み練習に打ち込んできました。
試合は先制されたもののすぐさま追いつき、エースの児玉君が丁寧なピッチングで要所を締める展開。我慢の投球を続けました。中盤に攻撃陣が繋がりをみせ猛暑の中、児玉君が見事完投!公式戦の初戦を勝利で飾りました。
2回戦は県大会を懸け静岡商業高校さんとの試合です。部員一丸となって勝負に挑みます。


2020 夏 野球部 
新チームが始動し1カ月。3年生の残していったものを財産に部員一丸となり取り組んでいます。練習試合においても練習の成果が少しずつですが発揮されるようになってきました。秋季大会も間近となり、選手たちも一生懸命取り組んでいます。自分たちのスタイルに磨きをかけ戦い抜いていきます。


前へ