静岡県立焼津水産高等学校
 
最新情報学校紹介学科紹介学校生活部活動紹介中学生の皆さんへアクセス
 
ホーム>部活動紹介>カッター部

高草山ハイキング
夏休みもいよいよ終わりの8月30日(木)に恒例の高草山ハイキングを行いました。

3年生の全国大会出場お疲れ様の一環で引退した三年生も集まってくれました。
とても暑い中でしたが登る途中は結構涼しい風が吹いていました。

また、頂上は富士山の山頂がかろうじて見え隠れしていました。
みんなで山頂で記念撮影しました。

来週も全国大会お疲れ様の第2弾が待っていますのでお楽しみに!


第20回 全国水産・海洋高等学校カッターレース大会
7月26日(木)、27日(金)に愛知県蒲郡市の蒲郡港で行われた「海の甲子園」とも呼ばれるカッターレースの全国大会に参加してきました。 500m折り返しの1000mコースで、クルー12名・艇長1名・艇指揮1名の計14名が1チームとなり、3チームずつのトーナメント方式(予選・準々決勝・準決勝・決勝)で争われました。

予選レースでは、風が吹き始め海況が悪い中でしたが東京都立大島海洋国際高校、千葉県立館山総合高校との対戦で1位となりました。

準々決勝では、さらに風が強くなり波とうねりの中のレースとなりました。対戦相手は国立小樽海上技術学校、大分県立海洋科学高校との対戦で6分42秒で1位となりました。

準決勝では、京都府立海洋高等学校、鹿児島県立鹿児島水産高等学校との対戦となりました。前半、回頭までは京都海洋高校と良い勝負でしたが、後半の追い上げで突き放され敗退となりました。

3年生はこれで引退となり進路実現に向けてがんばってもらいたいと思います。

1,2年生はこれから来年の全国大会に向けてまずは関東・東海大会を勝ち抜くことを最初の目標にがんばってもらいたいです。


第62回全日本カッター競技大会参加
5月26日に三ケ日青年の家で行われた、第62回全日本カッター競技大会に、一般の部でオープン参加しました。
一般の部の参加校は大学・大学校が10校、高校は本校と京都府立海洋高等学校の2校の参加でした。

 結果はオープン参加で予選レースのみの参加でしたが、予選のタイムで見ると水産大学校、日本大学、東海大学を上回る13分03秒95というタイムを出すことができました。

このチームとしても最高タイムで7月の全国大会へ向けて良い弾みになりました。全国優勝を目指してがんばります。

応援よろしくお願いします。








三ケ日合同合宿
2、3年生が三ケ日青年の家にて1泊2日で愛知県立三谷水産高校と合同合宿を行いました。

お互いのチームのいいところを学びあう気持ちで取り組みました。合宿最後は対抗で1000mレースを行いました。

残念ながら三谷水産に完敗してしまいましたが、ここで改めてチームの改善点が見つかりました。


1ヶ月後の全日本カッター競技会、3ヵ月後の全国大会までがんばります。。






2月25日(日) 3年生を送る会
 卒業直前のタイミングとなりましたが、3年生を送る会を開きました。3年生VS2年生、3年生VS1年生で送別レースも行いました。3年生は引退してから9ヶ月経ちますが、力強い漕ぎは健在で、在校生が抜かれそうな場面もありましたが、何とか勝つことができました。
 レースの後は、お楽しみの鍋3種パーティーです。40名以上の胃袋を満たすのに、鍋3つは無理がありましたが、大急ぎで煮ながら間に合わせるようにしました。最後は締めのラーメンで終わりました。

 食後は、1、2年生が3年生のために作ったメッセージアルバムを贈りました。

 来年度は先輩に負けない成績を残す決意で練習したいと思います。


 


 


 



10月14日(土) 第89回 東海地区カッター競技会 準優勝
 鳥羽商船高専で行われた第89回 東海地区カッター競技会に参加しました。 年2回開催されているので、45年も続いている伝統ある大会です。毎年お世話になっている鳥羽商船高専の先生方と生徒さんに感謝申し上げます。実習船「鳥羽丸」も毎回全面開放していただいています。本当にありがとうございます。

 試合は鳥羽商船高専、大島海洋国際高校、三谷水産高校、焼津水産高校の4校から7チームが参加して、予選レースを2回行い、タイムの良い上位3チームが決勝に進めます。

 雨が心配されましたが、お昼過ぎまでは何とか降られずにレースができました。

 焼津水産高校Aチームは予選タイム7分11秒で3位に食い込み、1位の大島海洋国際高校Aチームと2位の鳥羽商船高専 Aチームを追う形で決勝に臨みました(焼津水産Bチームは残念ながら7位となり予選敗退)。

 決勝レースが始まる前くらいから本降りになり、グリップも滑る中1200メートルを漕ぎきりました。

結果は、予選よりもタイムを7秒縮めて2位に食い込むことができました。

 1年生は初めての試合で緊張していましたが、日頃の練習の成果を出しきることを最優先にさせました。クルーは最後まで諦めずに頑張りました。艇指揮、艇長は特に緊張したと思いますが、堂々とした内容で立派でした。

 成績もタイムも予想以上の出来でしたが、大島海洋国際高校には遠く及ばず、満足できる漕ぎもできていません。この結果に満足せず、さらに厳しく練習に励みたいと思います。

《試合結果》
○予選(1回目)

 第1試合

  1コース 焼津A 7分22秒84
  2コース 鳥羽A 7分04秒53 予選2位
  3コース 大島B 7分15秒43 予選4位

 第2試合
  1コース 鳥羽B 7分38秒65 予選6位
  2コース 三谷 7分36秒60

 第3試合
  1コース 大島A 6分53秒79
  2コース 焼津B 7分46秒87 予選7位

○予選(2回目)
 第4試合
  1コース 鳥羽B 8分12秒26
  2コース 焼津A 7分11秒45 予選3位
  3コース 大島B 7分16秒45

 第5試合
  1コース 大島A 6分52秒61 予選1位
  2コース 三谷 7分33秒38 予選5位

 第6試合
  1コース 焼津B 7分58秒91
  2コース 鳥羽A 7分12秒02

○決勝
 1コース 鳥羽A 7分16秒17 3位
 2コース
焼津A 7分04秒25 準優勝
 3コース 大島A 6分44秒91 優勝

 


 


 

カッター部
目標は全国優勝!!

日々の練習で自分自身を鍛えぬくこと。

日々の練習で仲間を大切にすること。

日々の練習で海に対する感謝と畏敬の念を忘れぬこと。


自分自身を成長させて結果として優勝を目指しましょう。




 「カッター」とは、「複座」(漕ぎ手が2列に並ぶ)でオールの数が6本~12本のものを呼びます。

 通常は漕ぎ手12名に舵取りの艇長、全体をまとめて声を出す艇指揮の計14名でカッターを動かします。

 本来、大型船の救命艇として使われていました。

 最近は救命ボートの発達により、もっぱら海洋訓練用に使われています。




 一番身近な例を挙げると映画「崖の上のポニョ」です。

 町が水没した後で一生懸命お兄さんたちがこいでいた舟がカッターです。

 一番の目標は全国大会優勝ですが、とにかく毎日海で練習をしていますので海のことがとても詳しくなります。

 また、みんな初心者ですから運動神経に自信の無い人でも頑張ればレギュラーも夢ではありません。

 (実際に入部した頃は腕立てが10回出来なかった人も優勝クルーになりました。)




主要目 全  長 ・・・ 9.00m  幅 ・・・2.45m 深  さ ・・・0.83m

      重  量 ・・・1.5t  速  度 ・・・∞(無限大)

      オール長 ・・・4.2~4.3m オール重量・・・10kg


活動実績
全国水産・海洋高校大会    : 平成28年 準決勝進出


東海地区カッターレース競技会 : 平成26年 優勝


全国水産・海洋高校大会    : 平成26年 準決勝進出


関東東海地区カッターレース競技会  : 平成21年度 優勝


全国水産・海洋高校大会  : 平成19年度 優勝


全国水産・海洋高校大会  : 平成17年度 優勝
活動場所小川港、ふぃっしゅーな焼津前海面
活動日週5日
活動時間平日 16:00~18:30
土日祝日 9:00~12:30もしくは13:00~16:30
部費無し(必要に応じて徴収。ユニフォームや遠征費などで初年度は3万円程度)