最新情報学校紹介学科紹介学校生活部活動紹介中学生の皆さんへアクセス



9月14日(木) 3年生  結団式
就職試験・進学試験を目前に控え 、3年生が全員集合し【 結団式 】 が行われました。

古木校長先生から

「焼津水産高校で今までやってきた事に自信をもって、面接に臨んでください」とお話をいただきました。


進路課長からは、「調べる、備える、伝える」ことの大切さのお話を、

学年主任からは「心・技・体」のお話をいただきました。

最後に、応援団長が指揮を執り、自分にそしてみんなにエールをして締めくくりました。


就職試験・進学試験、これからが本番です。

気を引き締めて、気持ちを新たに挑戦してもらいたいと思います。


    

PTA清掃活動
 9日(土)9時よりPTA清掃活動を行いました。
本校と藤枝特別支援焼津分校と共同開催で多数の保護者の皆さまに御協力いただきました。
残暑厳しき折、汗を流し取り組んでいただき、本当にありがとうございます。
普段では手の届かないグラウンド周りの側溝や廊下の窓等がきれいに清掃されました。
生徒が気持ちよく学習できる環境を整えていただき、深く感謝申し上げます。

  


  

水産・海洋教育施設とジャパン・インターナショナル・シーフードショー見学研修
本日は、生徒約23名・保護者6名が「東京海洋大学」や東京ビックサイトでの「ジャパン・インターナショナル・シーフードショー」を訪れています。
これは「水産・海洋教育の教育内容や施設を見学し、学習に対する意欲や進路意識を高めると同時に、水産関連産業の現状を学ぶ」ための研修です。


東京海洋大学では、さまざまな講義・実習をとおして海洋の専門的知識や技能を身に付ける教育が行われています。


 




           



  

東京ビックサイト内には数多くの企業・団体のブースが並び、魅力的な商品・情報がいっぱいです!


それぞれの学科で学んでいる内容の最新技術が見学できる機会は限られています。

今日の経験を、今後の学習活動に生かしてもらいたいと思います。

海外インターンシップ③【8月24日:SEAFDECとエビ養殖・加工場】
タイ3日目。

最終日の今日は、SEAFDEC(東南アジア漁業開発センター)の施設見学を行いました。
SEAFDECは、東南アジア地域の持続的な漁業の開発促進のために設立された国際機関で、日本も多額の資金を援助して国際貢献活動が進められています。
生徒は、活動の概要説明を受けた後、施設・練習船の見学を行いました。

午後は、エビ養殖と加工場の見学をしました。写真のように、周囲には広大な池が広がり、エビやカニが養殖されています。池のオーナーさんから養殖方法などの話を聞きました。
また、そのエビを加工・販売している地元では有名?なお店にお邪魔して、エビの佃煮を作っているところを見せてもらいました。新鮮な生エビに砂糖を混ぜて炊き込むもので、生徒は、早速お土産として、出来たての商品を、その場で詰めてもらい買っていました。


  

今回の予定にはなかったのですが、案内してくれたSEAFDECの現地職員の実家近くに古いお寺があるということで、そこも案内してくれました。
アユタヤ王朝時代に築かれたというSakla寺というヒンズー教の寺院で、由緒あるお寺だそうです。日本人はもちろん、外国人観光客はまず来ないディープなツアーに柴田君は大変満足している様子でした。


  

夜は、ホテル近くで最後の夕食と買い物を済ませ、早めにホテルに戻り、先ほどまで、町の市場で買ったり、現地の方からもらったフルーツを皆で食べて各自の自室に戻りました。


    

明日は、早朝の出発です。

海外インターンシップ③【8月23日:バンコク 工場内見学】
タイ2日目。
Kibun (Thailand)社で研修を行いました。
会社概要説明に続き、工場内の見学の後、毎日行っている製品の試食検品も体験しました。

2か月前と前日生産した商品を試食し、味、におい、弾力などに異常がないか

チェックするものなので、食べてしまうと全てをチェックできません。


よって、かみ終わったらビニールに入れ、すぐに次を試食します。
私たちが来るということで、試食を兼ねて特別に行ったわけではなく、本当に毎日

行われている検品だそうで、安全・安心な食品づくりに妥協しない姿勢を感じました。

昼食は、社員食堂で皆さんと一緒に、ここでもタイフードです。

こちらでは、デザートまでいただき、特別豪華メニューでした。

午後からは、実際に餃子を作る作業の体験です。

現場ラインのスタッフから教わり、全員がうまく作れるようになりました。


永野さんはスタッフさんからも上手だと誉められていました。

肉を使わず、すり身をつなぎにした餃子ですから、皆さんが想像するような食感ではなく、

弾力がありヘルシーさを感じるようなものでした。

kibun社員の皆様には、大変お世話になりました。




  

  

海外インターンシップ②【8月22日:バンコク到着】
予定通りバンコクに到着!
早速市内へ夕食と買い物に出掛けてきました。

女子3名は無難なカレーを、男子2名は激辛のセットメニューを注文しましたが、激辛カレーは食べきれず残してました。
帰りは初のトゥクトゥクで、1台に6名乗車して全員無事、元気にホテルに戻りました。

静岡県教育委員会主催の海外研修に参加している生徒12名も同じホテルに滞在しているそうです。

明日は、いよいよ「Kibun thailand社」での研修ですので、良い勉強になるよう頑張ってまいります。



海外インターンシップ①【8月22日:出国】
本日から、本校2年生5名が、タイでの海外インターンシップをスタートします!

本研修では、日系水産会社の海外拠点視察をするとともに、

実際に現地の食品加工工場で外国人の方と一緒に働く体験をしてきます。


写真は、羽田空港での出国手続きを済ませ、これからバンコクのスワンナプーム国際空港へと向かう5人の様子です。



8月17日(木)  野球部 日刊スポーツに掲載されました。
秋季高校野球 中部地区大会の様子が掲載されました。

2回戦 対島田工業高校 (焼津球場)


8月11日(金) 応援團フェスティバル TV放映されました
6月に行われた応援フェスティバルの模様が、TV放映されました。
昼休みや放課後に練習する場面、多くは団旗について取り上げていただきました。

この日は旗手長の大橋くんが実習のため欠席。
2年の竹内くんに団旗を託すので懸命に教えていました。

練習でうまくいかないときもあり、大橋くんは「とても心配です」と苦笑いをしています。
     

いざ、本番。
緊張感が伝わってきましたが、竹内くんは、とても堂々とした演舞を披露してくれました。
今後の応援團にも注目です!!

    

(SBS TV 静岡放送にて放送されました)

8月4日(金) 高校生海外促進事業 短期海外研修
【31HR 仲神響貴】 クロアチア ザダル
■8月4日(金)

午前中に、ウォッシュデッキを行い、午後は一般の方を乗せ出港しウグリャンを一周してきました。

途中、オナガザメの大ジャンプに何度も遭遇し感動しました!


マグロ料理はもちろん、家庭でも食べられるエイも食べることが出来ました。

この日は、クロアチアの商船記念日であるため、綱引き合戦が行われたり
島巡りがあったりととても賑やかでした。

  

8月3日(木) 高校生海外促進事業 短期海外研修
【31HR 仲神響貴】 クロアチア ザダル
■8月3日(木)

クロアチアの水産関係の方が出席される講義に参加しました。

また、カリツナでスピーチを行いました。


クロアチアの水産副大臣などが来られ緊張しましたが、

皆さん、スピーチを真剣に聞いてくださり嬉しかったです。


  

8月2日(水) 高校生海外促進事業 短期海外研修
【31HR 仲神響貴】 クロアチア ザダル
■8月2日(水)

仕事納め最終日は、工場で餌の解凍と箱の移し変えの作業をしました。

沢山の小さな箱に入っているイワシを白い大きな箱へ移し変えるだけ作業でしたが
とても重く、なかなかの重労働でした。


多くの仕事を教えていただき、とても勉強になりました。

この経験を今後にも活かしていきたいと思います。


  

8月1日(火) 高校生海外促進事業 短期海外研修
【31HR 仲神響貴】 クロアチア ザダル
■8月1日(火)
デニスさんたちと脱走したマグロの捕獲のリトライと生け簀の見学を行いました。
逃げたマグロは僕たちより大きい2メートルの大きさで、今回は二匹の捕獲に成功しました。


明日は仕事納めになりますので、気を引き締めて臨みたいです。


  

7月31日(月)  高校生海外促進事業 短期海外研修
【31HR 仲神響貴】 クロアチア ザダル
■7月31日(月)

餌となる「いわし」の漁獲のため、巻き網船に乗りました。

漁船に乗り、大量のいわしを手に入れた後、すぐに生け簀に戻りました。


なんと、イルカに遭遇に貴重な体験をしました!


さらに、アイスプライスのやり方の説明を受け、自分たちで体験させていただきました。