最新情報学校紹介学科紹介学校生活部活動紹介中学生の皆さんへアクセス



教員募集案内・選考試験要項(平成30年度)が公開
静岡県の教員募集要項・選考試験要項が公開されました。

教科(水産)の免許を持っている方、是非、受験してください。


求む!水高の教員!!



採用選考試験日は、以下の通りです。

第1次選考試験日
平成29年7月8日(土曜日)・9日(日曜日)

第2次選考試験日
平成29年8月17日(木曜日)・18日(金曜日)・19日(土曜日)

詳細は、静岡県教育委員会ホームページをご覧ください。

こちらをクリック

3月30日(木) トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム 参加生徒の体験報告会
 3月30日(木)、本校体育館で「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」に参加した生徒2名の報告会を開催しました。報告したのは、専攻科1年の竹田遼太さんと、海洋科学科を卒業した池田武史さんです。その様子が、31日(金) 静岡新聞 朝刊に掲載されました。


風間杯第60回全国高等学校選抜レスリング大会
 3月27日(月)から新潟市体育館で風間杯第60回全国高等学校選抜レスリング大会が開催されました。
 団体戦では惜しくも1回戦で敗退しました。

 個人戦の結果は以下のとおりです。

74kg級 高橋大和 1回戦敗退

55kg級 山口叶汰 準決勝敗退 第3位、秋山拓未 準決勝敗退 第3位

50kg級 時田隆成  準々決勝敗退 ベスト8


応援ありがとうございました。今後は、インターハイでの優勝を目指して精進していきます。



写真左:表彰式、3位入賞の山口叶汰(左)と秋山拓未(右)


風間杯第60回全国高等学校選抜レスリング大会  開会式
 3月27日(月)から新潟市体育館で風間杯第60回全国高等学校選抜レスリング大会が開催されます。
写真は、開会式での選手入場の様子です。レスリング部は、全国上位入賞を狙います。



3月23日(木) 焼津港報に掲載されました
 食品科学科2年生の向坂友里さんが、第26回 平成28年度小泉八雲顕彰文芸作品 高校生の部で優秀賞を受賞しました。作品が3月23日(木)の焼津港報に掲載されました。




3月21日(火) 終業式
 3月21日(火)、表彰式、終業式がありました。古木校長からは、多様化への対応、グローバルな視点を持つことの大切さのお話をいただきました。
 

写真左:表彰式
写真右:応援団による校歌斉唱


レスリング部 3月18日(土) 静岡新聞に掲載されました
3月27日(月)から新潟市体育館で風間杯第60回全国高等学校選抜レスリング大会が開催されます。
3月18日(土)の静岡新聞 朝刊に、出場する本校レスリング部が掲載されました。







3月16日(木) 大谷大学文藝コンテスト 審査結果
 本校の栽培漁業科の卒業生である吉田尚典さんが、2016年度 大谷大学文藝コンテスト エッセイ部門において奨励賞を受賞しました。副賞として図書カードもいただきました。


3月15日(水) スポーツニッポンに掲載されました
 本校の海洋科学科の卒業生であり野球部出身の杉本滉也汰さんは、プロ野球審判員を目指しています。先日、ルートインBCリーグのトライアウトを受験し見事合格しました。今後は審判員としての活躍が期待されます。
3月15日(水)のスポーツニッポンに掲載されています。




3月11日(土) 卒業生の中島愛莉さん入社式
 3月11日(土) 中島屋グランドホテルで入社式が開かれました。本校の流通情報科の卒業生、中島愛莉さんが、11日(土)の入社式で新入社員を代表し、抱負を述べました。その様子が、13日(月)の静岡新聞 朝刊に掲載されています。 


3月13日(月)  実習船やいづ 入港
 2月7日に出港した実習船やいづが、本日3月13日(月)午前9時、焼津港に入港しました。 今年度最後の第6次航海です。乗船したのは、海洋科学科機関類型2年生19名と専攻科1年生14名です。
 本航海では、台湾の基隆港に入港し、台北市内等の研修及び国立基隆海事学校との交流も行いました。

 入港の際には、多くの保護者が出迎えました。入港後、船内で入港式を行いました。
 



写真右:入港式での校長挨拶



 

魚国 県武道館サンクスフェアに出店
3月11日(土)10:30~14:00に、県武道館で開催されるサンクスフェアと同時開催の「ミニ産業教育フェア」に、焼津水産高校の学校紹介とともに魚国が出店します。参加するのは新3年生のメンバーです。不慣れな中での出店ですが、接客・販売の技術について、多くのことを吸収してほしいと思います。



YSMM顕彰 2/28(火)に表彰されました。
 マリンマイスターの表彰が、他の表彰の後、行われました。
この顕彰制度は、資格取得を奨励し、頑張った生徒の努力をたたえるために制定されました。
マイスターというのは熟練した技術者への称号として使われています。
 資格取得は、将来、役に立つということでなく、目的意識を持ち、意欲的に学生生活に取り組んでほしいと願い制定されました。資格の難易度に応じて点数化し、20点以上を銅賞、30点以上を銀賞、35点以上を金賞とし、そのほか特別賞として「乙種危険物の全類」「食品技能検定全類」「英数国の普通科目の検定2級以上を制覇した三冠賞」などがあります。

今年度は、合計96名の生徒が表彰され、3年間の成果を改めて噛みしめておりました。

YSMM顕彰(H28年度卒業生)一覧

3月1日(水) 卒業式
 3月1日(水) 本科第69期、専攻科 航海工学科航海第64期、機関第59期の卒業証書・修了証書授与式が挙行されました。
 校長式辞では、古木校長から、「新たな社会人として、また、今後も学び続ける学生として、今まで培ってきたことを活かしてほしい。卒業する皆さんに次の3つのことを伝えたい。働くこと、学ぶこと、生きることに感謝の気持ちを忘れないでほしい。人のため社会のために貢献することの喜びを知ってほしい。今がチャレンジするときである。」とのお話をいただきました。



写真右:卒業証書・修了証書授与



写真左:送辞、在校生代表の生徒会長副会長の大橋佑緯さん

写真右:答辞、卒業生・修了生代表の前生徒会長の塚本翔児さん



写真左:吉川3学年主任より保護者に対しての祝意

写真右:海洋科学科3年生の教室より