静岡県立焼津中央高等学校
ホーム>学校案内>教育目標・校歌・校章

教育目標・生活信条・校是
◇教育目標
 真理を探究し、高雅な教養と豊かな心情を育て、人格の調和を図るとともに、勤労と責任を重んじ、自主的精神に満ちた真に社会に貢献し得る、心身ともにたくましく健康な人材を育成する。


◇生活信条
 たくましさ…たくましい心身
 たしかさ…たしかな知性
 ゆたかさ…豊かな心

◇校是
 文武両道

校歌
作詞 龍崎芳郎  作曲 北島正樹

1 富士を望みて 志太が原
  白亜のもとに 集うもの
  久遠の理想 かざしつつ
  高く尊き 伝統を
  創りて進む 若人の
    ああ 我等が母校
    焼津中央その名も高く

2 瀬戸の流れを 友として
  科学の道を 究むもの
  つねに時代に さきがけて
  明日の希望に ふるいたつ
  小土が丘に そそりたつ
    ああ 我等が母校
    焼津中央その名よほこれ

3 高草山に 緑こく
  知るや伸びゆく 若草に
  建学の精神 貫きて
  生命みなぎる 喜びに
  三年の春ぞ 夢多き
    ああ 我等が母校
    焼津中央栄よ永遠に

校章
校章の由来 
 焼津中央高校の『中』が『高』を中心として、大きく富士山を型取り、陰影を伴った三本の線は郷土の歴史に残る「草薙の剣」または、太平洋を目指して出向していく船がたてる波を連想させ、この単純雄大な構図の中に本校の理想とする人間像である「たくましさ・たしかさ・ゆたかさ」が象徴され一つの調和をなしている。
 1963年(昭和38年)制定 志賀福太郎先生(当時富士見女子短期大学教授)のデザインによる。