今日の焼津中央学校案内教育内容進路状況部活動お知らせ卒業生の方へアクセス

今日の焼津中央 (過去記事はメニューバーの「今日の焼津中央」をクリック)
1年生学年集会
3月22日 先日、終業式の前日に1年生学年集会が行われ、学年主任より今年の総括しての話がありました。
 今年度の点数をつけると70点であること。これは合格点ではあるが、これからもっと頑張って欲しいという希望の気持ちもこめて、との事でした。
 そして、サッカー部、弓道部、合唱部、男子バスケットボール部、吹奏楽部の代表生徒から部活動報告がありました。部活動を通して今年一年間で成長したことを報告しました。




表彰式・全校集会
3月21日 全校集会では、進路、生徒、教務の各主任から今年度を振り返りを行い、来年度に向けての指針を示しました。特に、進路関係では3年生の進路結果の概況が伝えられました。1.2年生も先輩の活躍に刺激を受け進路意識が大きく高まりました。
 表彰式では、 サッカー部=新人戦県大会3位、吹奏楽部=クラリネット7重奏県大会1位、科学部=3年連続の山崎賞受賞、書道部=高文連会長賞等の表彰を行いました。

 

 

 

吹奏楽部壮行会
3月17日 生徒会主催で、第29回中部日本個人・重奏コンテスト本大会に出場する吹奏楽部員7人の壮行会を行いました。
 顧問の山梨先生の選手紹介後、出演者7人による演奏がありました。演奏曲は「嵐影」という、嵐を予感させるような圧力と緊張感のある曲で、全校生徒は固唾を呑むように演奏に聞き入っていました。
 演奏後、校長先生、生徒会長熊倉杏純さん(2年、六合中出身)が激励の挨拶をしました。

 

 

 

 

 

合格発表
3月16日 高校に合格された受験生の皆さん・保護者の皆さん、おめでとうございます。
 今までの努力が報われ、さぞ歓喜、感激されたことと思います。この気持ちを忘れずに、充実した高校生活を送っていきましょう。皆さんの入学を心よりお待ちしております。

 

 

弓道部春合宿(百射会、部内選手権大会)
3月15日 3月11日、12日に弓道部は本校弓道場及び豊友館で春合宿を行いました。
 1日目は「百射会」で、朝8時30分にスタートし夜9時まで休憩を挟みながら百射を引ききりました。最高的中は大場友雅さん(2年 高洲中出身)の81中でした。夕食は家庭科室でカレーライスを自炊、夜のミーティングもあり、弓道漬けの充実した一日でした。
 2日目は「部内選手権大会」を実施しました。 結果は瀧歩由子さん(2年 小川中出身)が8射皆中で優勝しました。

  
朝8時30分 1射目スタート
 
夕食は家庭科室でカレーライスを自炊
 
夜8時55分最後の1射終了
 
百射を引ききった達成感でいっぱいの部員たち

生徒会行事(2)
3月14日 昨日に引き続いて、生徒会行事の様子をお伝えします。
 男女混合でクラス対抗ドッヂボールを行い、白熱した戦いが繰り広げられました。応援も盛り上がり、今年度最後のクラス行事で親睦を深めることができました。

 

 

 

生徒会行事(1)
3月13日 毎年恒例の生徒会行事として、ドッジボール、バレーボール、○×クイズやジェスチャークイズ大会のクラス対抗戦を行いました。生徒会の生徒が、企画から運営までを自主的に行っています。
 今年度最後のレクリエーション行事ということもあり、どのクラスも真剣に競技に取り組む姿が見られ、大いに盛り上がりました。 

 

 

 

吹奏楽部へ同窓会が激励
3月10日 吹奏楽部は中部日本個人重奏コンテスト静岡県大会(クラリネット七重奏の部)で、72団体中金賞1位を獲得し、富山県魚津市で行われる本大会に出場します。
 焼津中央高校同窓会長中野弘道様が来校し、選手7人に激励のお言葉をかけてくださいました。また、リーダーの小澤瑠奈さん(2年、高洲中出身)が力強く大会への決意を述べました。
 1月のアンサンブルコンテストへの出場をかけた校内選考で代表に選ばれなかった悔しさをばねに、ここまで自分たちで練習を工夫して頑張ってきたことが、今大会での1位として実を結びました。
 中部日本の本大会でも、更に飛躍してください。お忙しい中、御来校くださいました中野様、ありがとうございました。

 

 

 

朝の登校風景
3月9日 今朝も生徒諸君が元気に登校する姿が見られました。先生方や風紀委員の生徒も、校門や昇降口で挨拶や声かけをしています。
 今年度、登校する日数もあと1週間ほどになりました。

 

 
 

特別時間割
3月8日 公立高等学校入学選抜のため生徒は6日ぶりに登校しました。本日は特別時間割が組まれ、学年末テストの返却及びテスト解説の授業が行われました。テストの結果に一喜一憂する生徒、先生の解説を食い入るように聴講する生徒、休み時間も勉強する生徒等、様々な表情が見られました。

 

 

 

 
  

写真部紹介
3月7日 先日静岡県中部高等学校写真連盟主催の第3回写真教室が行われました。焼津中央高校写真部が出展した作品のうち2作品が入選しました。写真欄下段の2枚がその作品です。
 春休みには、写真部で浜松まで撮影旅行に出かける予定です。作品をご期待ください。

 
 
 

部活動紹介 書道部
3月6日 書道部の活動を紹介します。
書道部は部長:海賀優夏さん(2年、島田二中出身)を中心として、1年生6人、2年生7人で毎週木曜日と金曜日に、本校同窓会館3階にて活動しています。「書の甲子園」を始めとして全国の書道大会に出品するために日々努力しています。週2回の活動ですが、静かな落ち着いた雰囲気の中で集中して、メリハリをつけて活動しています。

 

 

 

 
 

豊田幼稚園 園児来校
3月3日 豊田幼稚園と本校は保育実習を通して交流があります。 このたび、豊田幼稚園の園児が卒業おめでとうのメッセージカードを届けに来てくれました。3年部学年主任が大切に受け取りました。
 以下、園児からのメッセージの内容です。
「やいづちゅうおうこうこうのおにいさん、おねえさん、たくさんあそんでくれてありがとう。とってもたのしかったよ。また、ようちえんにあそびにきてね!」

 

 
 

第52回 卒業証書授与式 ご卒業おめでとうございます
3月2日 早春の気配漂う3月1日、第52回卒業証書授与式を挙行しました。
 後援会会長の新村清重様をはじめ来賓の皆様御臨席のもと、保護者や在校生に見守られ、281名の卒業生が晴れの門出の日を迎えました。
 瀧下友祥さん(瀬戸谷中出身)が代表として卒業証書を授与されました。在校生を代表して熊倉杏純さん(六合中出身)が感謝の気持ちをこめて送辞を読み、大畑賢史さん(東益津中出身)が思い出と決意の答辞を返しました。厳粛な素晴らしい卒業式となりました。来賓の皆様、ありがとうございました。 卒業生の皆さんの4月からの新生活での活躍を祈ります。
 合唱部・吹奏楽部が卒業生を送る《栄光の架け橋》の感動的な演奏をして、式に花を添えてくれました。

 

  

  

   

 


 

同窓会入会式・表彰式・卒業式予行
3月1日 昨日、同窓会長中野弘道様をはじめ、多くの同窓会役員の皆様ご臨席のもと卒業生の同窓会入会式が行われました。第52期生理事・評議員として臼井一馬さん(西益津中出身)が選ばれ、その他6人の評議員とともに同窓会の一員としての活躍が始まります。
 その後、3年間の皆勤賞(52人)の表彰を、岡田茉夕さん(大富中出身)が代表として受けました。その皆勤者の中には小学生以来12年間皆勤を続けた卒業生が4人も含まれます。引き続き、卒業式の流れに沿って、予行練習を行いました。

 

 

 

 

学校保健委員会
2月28日 学校医様、学校薬剤師様、PTA保健委員様をお招きして、本校同窓会館研修室にて平成28年度学校保健委員会を開催しました。
 内容は、生徒保健委員長:櫻井妙さん(2年、広幡中出身)による保健委員会活動報告、渡邊養護教諭による学校保健概況報告、各学校医・学校薬剤師様による講話、学校保健全般についての質疑応答等が執り行われました。今年度本校は、学校環境衛生活動優良校に選ばれるなど、学校保健向上の功績と成果が認められました。今後も引き続き、活発な活動を続けて、安心安全な学校づくりに邁進していきます。学校医、学校薬剤師、及びPTA保健委員の皆様、お忙しい中ご参加いただきましてありがとうございました。

 

 

 
 

英語ディベート
2月27日 1年生英語表現の授業において、与えられたテーマについて肯定側と否定側分かれて英語でディベートを行いました。自分の意見を英語で発表し聴衆に訴えるために、見やすいボードを作成したり、ジェスチャーを用いながら熱く話したり、白熱した戦いが見られました。勝敗結果は、聴衆の生徒の投票にて行いました。
 1年間の英語の授業で培った成果を見ることができました。 
テーマ
「Going to university in urban areas is better than going to university in the countryside.」
「Personality is more important in the marriage than money.」

 

 

 

 

学年末テスト始まる
2月24日 本年度最後の定期テストとなる、1、2年生の学年末テストが始まりました。計画的に学習を積み重ねてきた成果が現れます。生徒全員が真剣に取り組んでいます。

 

 

 

科学部 快挙 権威ある山崎賞を3年連続受賞
2月23日 第33回(平成28年度)山崎賞授賞式が、静岡県職員会館(もくせい会館)で行われました。自然科学への優れた取組に授与されるたいへん権威のある山崎賞を、本校科学部は一昨年、昨年に続き3年連続で受賞する快挙となりました。
 研究テーマは、「効率の良い垂直軸型風車の形状の研究Ⅲ」で、風力発電のために用いる風車の形状を、1年かけて研究しました。今後も、地道な研究を続けていきたいと思います。
受賞した科学部員
2年生 大石竜輝(部長、瀬戸谷中出身)、石川裕人(藤枝中出身)、田川凌大(青島北中出身)
1年生 大竹龍界(大洲中出身)、八木琢斗(焼津豊田中出身)

2月19日(日)に行われた授賞式の様子
 

 

富士山の日
2月23日 今日は「富士山の日」です。
学年末テストが明日から始まります。
生徒は、富士山のように志を高く持ち、夢を実現するために勉強に励んでいます。


PTA主催 保護者進路説明会
2月22日 総合的な学習の時間の中で、2年生とその保護者の皆様を対象として、PTA主催の進路説明会を開催しました。
 講師に河合塾中部営業部の桝中規男様をお招きし、「大学入試の現状と受験生を持つ保護者の心構え 納得のいく進路実現のために、今すべきこと」と題してお話をいただきました。1年生の保護者も40人以上も聴講されるほど盛況で、皆様が熱心に耳を傾けられました。その後、学校からの説明をいたしました。
 お忙しい中、時間を割いてたいへん参考になる講話をしてくださいました桝中様には心からお礼を申し上げます。また、参加していただいた保護者の皆様、ありがとうございました。

 

 

 
 

サッカー部 新人戦県大会準決勝
2月21日 昨年の準決勝と同じ組合せとなった、静岡学園高校との試合が2月18日に草薙球技場で行われました。
 前半はともにチャンスをものにできず0-0で折り返しましたが、後半に2失点し0-2での敗戦となりました。優勝した静岡学園高校を相手に、選手は最後までよく頑張りました。準決勝で敗れはしましたが、今回の新人戦で、藤枝東高・藤枝明誠高・清水東高等の強豪校に勝利するなど、選手は自信をもち手ごたえを感じました。今後のインターハイ、選手権の試合につなげてほしいと思います。
 この試合には、多くの保護者・同窓生や地元の方々が応援に駆けつけてくださり、熱い応援をしていただきました。ありがとうございました。
 

 

吹奏楽部 県1位 中部日本大会出場決定(静岡県代表)
2月20日 吹奏楽部が第18回中部日本個人・重奏コンテスト静岡県大会に出場しました。本校からは重奏で2チーム、独奏で4人が出場し、以下の賞をいただきました。
<重奏(アンサンブル)>
(1) クラリネット七重奏  金賞1位(72団体中) 静岡県代表・中部日本大会出場決定
  2年 小澤瑠奈、塚本真菜、森春花、桜田美加  1年 見崎絢華、大塚友梨、成嶋紗良
(2) 木管五重奏      銀賞22位(72団体中)
  2年 仲野真衣、吉越渚  1年 栗原圭澄、穴山葉月、代田麻衣
<独奏>
(1) フルート独奏     2年 大池亜美   銅賞
(2) サックス独奏     1年 金田さくら  金賞  (伴奏 2年 岡 歩実)
(3) ユーフォニアム独奏  2年 松永 知也  銀賞  (伴奏 2年 塚本夏南帆)
(4) コントラバス独奏   1年 中村 明里  銅賞

中部日本本大会は3月26日(日)富山県新川文化ホールで行われます。
引き続き、応援よろしくお願いします。

  

  

  
 

サッカー部 明日県大会準決勝
2月17日 本校サッカー部が明日、新人戦県大会準決勝を戦います。対戦校は昨年と同じ、静岡学園高校です。多くの皆様の応援をよろしくお願いします。
場所 草薙球技場
時間 13:30キックオフ

スポーツニッポン 平成29年2月17日(掲載許可許諾済)

進路室の紹介
2月16日 進路室を紹介します。本校進路室には、大学別の学校案内、赤本と言われる大学入試過去問題集、過去に実施された模擬試験問題など様々な進学関連資料が保管されています。 生徒も進路室を利用しそれらの資料を閲覧することができます。利用頻度は3年生が多いですが、1、2年生も気軽に利用することができます。
 進路室前の長机は生徒の学習スペースとなっており、特に、放課後は先生方に熱心に質問をする多くの生徒の姿が見られます。
 自分の進路実現に向けて、進学目標とする学校に関することや様々な情報を得る場所として、進路室をもっと活用して欲しいと願っています。

 

  

 

3年生家庭学習中
2月15日 3年生は2月6日から2月27日まで家庭学習に入っています。その中で、今後の受験に向けて、多くの生徒が学校に登校し、補講授業を受けたり、自学自習をしています。お互いに教えあったり、問題を協働で解いている姿も見られます。受験は団体戦。目標に向かって、強い絆で、全員で夢を実現しましょう。

 

 

 
 

生徒会長選挙
2月14日 来年度前期の生徒会長選出のため、立会演説会と選挙を実施しました。生徒会長には熊倉杏純さん(27HR 六合中出身)が立候補し、選挙の結果、信任されました。
 熊倉さんは、今までの生徒会役員としての実績もあり、そして、生徒会長の抱負としては、大きな学校行事である文化祭の成功、生徒の意見を取り入れることを目的とした目安箱の利用、生徒会執行部の活動内容を幅広く知ってもらうため生徒会通信の充実の以上3点を実施したいと考えています。
 前回に引き続き今回も、学校における主権者教育の一環として、焼津市の選挙管理委員会から選挙に使われる投票箱をお借りして、生徒の政治参加への関心を高める取組もしました。

 

 

 

サッカー新人戦 清水東高に勝利し、2年連続県ベスト4進出
2月13日 中部地区予選で藤枝東高、藤枝明誠高等を破り、現在県大会に出場しています。
 県大会の一回戦は日大三島高に勝利し、この土日に2回戦、準々決勝が行われました。2回戦は静清高との対戦、2-2のまま延長でも決着がつかずPK戦となりましたが、GK立花和穂選手(2年、青島中出身)の2連続の好セーブもあり4-3で激闘に終止符を打ちました。
 準々決勝は強豪の清水東高との対戦となりました。0-0で迎えた後半のロスタイム、右サイドから上がったクロスにMF長谷川雄大選手(2年、大富中出身)が飛び込み、必死に体を投げ出したヘディングシュートがゴール左隅に決まり、1-0で劇的勝利を収めました。
 この結果、静岡学園高、清水桜ヶ丘高、藤枝東高とともに県ベスト4進出となりました。本校は昨年もこの大会で県ベスト4に残り、2年連続となります。
 準決勝は昨年と同じ静岡学園高との対戦となります≪2月18日(土)13:30~ 草薙球技場≫ 選手は昨年のリベンジに燃えています。多くの皆様の応援を宜しくお願いします。

得点者 日大三島高戦  FW 前原海斗(2年、島田二中出身)
     静清高戦    DF 竹下悟史(2年、小川中出身)
             FW 渡邉良佳(2年、青島中出身)
    清水東高戦    MF 長谷川雄大(2年、大富中出身)


スポーツニッポン 平成29年2月12日(掲載許可許諾済)

日刊スポーツ 平成29年2月13日(掲載許可許諾済)

第2回学校評議委員会
2月10日 本校では、地域・教育・経済・PTA等学校外の有識者5人から構成される学校評議員様に学校運営に関して幅広くご意見を伺っております。先日第2回の学校評議委員会を開催しました。
 平成28年度の教育活動報告、各分掌・学年部の成果と課題について協議した後、評議委員の皆様より、貴重なご意見や評価をいただきました。来年度の教育活動が更に発展するように生かしていきたいと思います。お忙しい中、ご来校いただきましてありがとうございました。

 

 
 

1年生 小論文ガイダンス
2月9日 総合的な学習の時間に1年生は小論文ガイダンスを実施しました。 第一学習社の方を講師に迎えて大学入試における実践的な小論文の書き方の指導を受けました。
 昨今の入試では、小論文や面接などの人物評価の割合が高くなっています。本校では、1年生の初期段階から小論文についての継続的な指導をすることで大学入試に対応する力を養っています。

  

 

図書委員会企画 節分キャンペーン
2月8日 季節の分かれ目のことを「節分」と言います。本来は年に4回あるはずですが、現在残っているのは立春の前日である冬から春への分かれ目だけです。
 今回図書委員会は季節キャンペーンとして、本を借りた人に節分の豆がもらえるイベントを開催しました。 多数の生徒が本を借りました。放課後は、図書室は自習室として利用することもできます。
 また、図書委員は、昼休みや放課後の貸し出し業務、書庫の整理整頓の仕事を行っています。

 

 

 

 恩田陸さんの、直木賞受賞作品「蜜蜂と遠雷」の表紙イラストを、本校第36回卒業生であるイラストレーター杉山巧さんが担当されています。図書室にも配架されていますので皆さんぜひ読んでください。

 

書道部 中部新春書作展
2月7日 書道部(1年生6人、2年生7人)は第62回静岡県高等学校中部地区新春書作展に、それぞれ4作品を出品しました。その結果、最高の賞である「高文連会長賞」を 森下葉月さん(2年、瀬戸谷中出身)が受賞するという快挙を成し遂げ、また「優秀奨励賞」を岸端彩花さん(2年、豊田中出身)が受賞しました。
 一つひとつの作品は実に個性的で、その作品に込めた思いや趣きも様々です。戻ってきた作品は校内に展示する予定ですので、ぜひご覧ください。

 

 

 

 

ボランティア同好会 リサイクル活動・高等学校文化連盟専門部文化祭
2月6日 ペットボトルのキャップを集めてリサイクルに出すことで、寄付ができると同時に環境保護につながります。
 ボランティア同好会では、平成27年8月に50キロのキャップを寄付して750円の収益金を寄付しました。それから16か月経った今年1月80キロ(約32,000個)を寄付して400円の収益を得ました。プラスティックの買い取り価格が下がってしまい、キロ数は増えても収益金は少なくなってしまいましたが、他の寄付金と一緒にして生徒会から後日寄付したいと思っています。
 また、年賀はがきなどの書き損じはがきを集めるポストも作りました。数多く集めてバングラデシュの女性自立支援団体シャプラニールに送る予定です。

島田市にあるリサイクル会社の秤に乗ったキャップです。これで80キロになりました。

生徒が作った書き損じはがき回収ポストです。
 また、日赤静岡支部にて、平成28年度高等学校文化連盟ボランティア専門部文化祭が開かれました。
内容は、ポスターセッションによる各学校の発表と質疑応答と講演でした。発表は3分ほどのプレゼンテーションを行い、質疑応答を2分受けるという方式です。本校は、赤い羽根募金、フードバンク、書き損じハガキの寄付について、それぞれの問題点を取り上げて発表しました。最後は、各校ハイタッチで健闘を称え合いました。