今日の焼津中央学校案内教育内容進路状況部活動新入生の方へお知らせ卒業生の方へアクセス

今日の焼津中央 (過去記事はメニューバーの「今日の焼津中央」をクリック)
12月2日(水) 期末テスト
 1日(火)から期末テストが開始され、今週末まで続きます。3年生にとっては最後の定期テストとなります。どのクラスでも時間いっぱいテストに取り組んでいました。 また、テストの午後の時間、3年の教員は進路検討会を行って、今後の面談で利用するデータの整理を行います。

 

12月1日(火) 避難訓練
 11月30日(月)の1年LHRで避難訓練を行いました。本校では北校舎・南校舎1箇所ずつに避難用の救助袋があります。今回は男女に分かれて1年生全員が降下しました。入口に入るところは若干恐怖感があり、動作がゆっくりになってしまうため全員が降下するのに約1時間ほどかかりました。

  

 

11月30日(月) 家庭部 和の給食コンテスト
静岡県志太榛原農林事務所が主催する「高校生による和の給食コンテスト」に、本校家庭部から7チームと「フードデザイン」選択者の2名が応募しました。そのうち二次審査に出場した「家庭部6班」の「やさいたっぷりカラフル給食」が優秀賞、「Badass Girls」チームの「彩り豊か!!満足給食」は審査員特別賞をいただきました。

二次審査会は11月22日(日)に、藤枝市生涯学習センターで行われました。
 

チームの3人で役割分担をし、制限時間内(120分)に3品を調理しました。
       

全体をカラフルにして食欲が増すようにしました。
しょうが汁とにんにくなどでしっかりと下味をつけたカツオの竜田揚げに、赤・黄色のパプリカとピーマンを入れたあんかけで仕上げました。また、成長期の小学生がカルシウムを豊富に取り入れられるよう配慮しています。いももちは、いもを練ってお団子のようにすることでお餅のような食感にし、楽しみながら食べてもらえるように工夫しました。

       
惜しくも最優秀賞には届きませんでしたが、自分たちの考えたメニューを専門家の方々に評価していただける機会がもらえてうれしかったです。

11月27日(金) ボランティア同好会による赤い羽根募金活動
 毎年恒例の赤い羽根募金ですが、今年は11月9日(月)~12日(木)の4日間、ヒバリヤ小土店様の御協力を得て、ボランティア同好会による募金活動を行いました。ヒバリヤのお客様から、総額46082円の募金を頂きました。御協力ありがとうございました。

 

11月26日(木) 1年生物基礎 PCR法によるDNA診断の実験②
 11月17日(火)の記事で紹介したPCR法によるDNA診断の実験の続きが先週行われました。
 まず、前回PCR法によって増幅した各個人の遺伝子に、「制限酵素」(特定のDNA塩基配列を認識して特定の位置で切断する働きを持つ)を加えます。その遺伝子がアルコールに強い遺伝子だった場合は、遺伝子が全長の約60%の部分で切断されます。一方、アルコールに弱い遺伝子は切断されません。
 この遺伝子を「電気泳動装置」にかけます。すると切断された遺伝子はその長さに応じて電気の働きで移動します。これを染色後、紫外線を当てると移動した様子が鮮明に観察でき、各個人の遺伝子の型がわかります。
 日本人の場合、両親から受け継いだ遺伝子が①両方ともアルコール強い遺伝子の人(53%)、②両方とも弱い遺伝子の人(4%)、③両方の遺伝子を持つ人(43%)に分かれます。
 ①の場合、観察では2本の光が確認できます(切断されたそれぞれの遺伝子が長さに応じて移動する)。②の場合は1本の光しか見られません(切断されないため移動もしない)、③の場合は3本の光がみられます(切断されないものが1本、切断され、移動したものが2本)。
 今回はPCR法と合わせてアルコールパッチテストを行ってアルコールに対する反応を確認し、表現型(パッチテスト)と遺伝子型(PCR法)の結果を比較してまとめとします。

 
        電気泳動装置
 
電気泳動中の時間を利用してアルコールパッチテストを行いました。「弱い人」は赤くなります。
 
右の画像では4人分の遺伝子が映っています。縦2列が同一人物のもので左側は比較用のデータ、右側が解析したデータです。一番右と右から三番目の生徒は「アルコールに強い」遺伝子のみを持つとわかります。

11月25日(水) 豊田幼稚園からの贈り物 速報 放送部・レスリング部 本年度も全国大会出場
 11月20日(金)、毎年保育実習でお世話になっている豊田幼稚園の園児さんから、勤労感謝の日によせての贈り物が届きました。レターラックとパンジーの苗を「「いつもお仕事してくれてありがとう」のメッセージとともに頂きました。本校は期末テスト、成績処理、3年生の進路指導などと忙しい日々が続きますが、頑張っていきたいと思います。

 

 11月21日(土)~22日(日)に実施された静岡県高等学校放送新人コンクール大会の朗読部門において、2年生の見原和さんが3位に入り、来年度の全国高文祭への出場を決めました。また、先日の記事で紹介したレスリング部の東海大会において、2年の水崎康太郎さんと1年の大石達也さんがともに3位となり全国選抜選手権への参加が決定しました。ベスト8に入った2年の坂本大昌さんはJOCジュニアオリンピック大会の出場権を獲得しました。