静岡県立天竜高等学校ホームページ
 
<$HDCATEGORY$>
 
ホーム>学校案内>天竜日誌
H30.7.12 天竜クリーンボランティアを行いました
 地域清掃活動「天竜クリーンボランティア」を実施しました。
 有志の部活動が地域の清掃を行い、分別までしっかりと行いました。
 多くの部の協力のおかげで、天竜二俣のまちを美しくすることができました。

H30.7.10 コマツナギの保護活動を行いました。
環境科の生徒が平成26年から保護活動を始め、5年目を迎えました。
 昨年度までに定植したコマツナギを保護するために、除草作業を行いました。暑い中でしたが、時々、ミヤマシジミの飛来の様子も観察できました。
 本年度の新たな取組みとして、竹と雑草による防風垣を設置しました。この活動により、コマツナギの成長にどのような影響をもたらすのか、今後調査します。
    

H30.6.27 介護実習で先輩方からお話しを聞きました。
福祉系列の生徒が天竜厚生会での介護実習で、「先輩講話」「先輩座談会」が開催されました。
  天竜高校の先輩である高齢者施設の介護福祉士や保育士、ソーシャルワーカー、障害者施設の介護士の4名の方からお話を聞くことができました。実際に働いている先輩の声を聴き、実習での不安をなくしたり、今後の進路について考えたりすることができました。

H30.6.26 授業でペット関連専門学校を見学しました。
 

  環境科2年・生きものライフ類型「生物活用」授業で、浜松市中区にあるルネサンス・ペット・アカデミーを見学しました。
 多くのペットが飼育され、また、本校でも触れ合えるウサギも飼われていました。日頃の授業では体験できない充実した時間を過ごしました。同校の紹介パンフレットには、本校卒業生の名前もあり、より具体的な進路選択の資料を得ることもできました。


H30.6.22 ゼミで講習会が開催されました。
天竜区役所の方が来校し、二俣地区の課題やフィールドワークの仕方について講習を受けました。本校のある二俣地区の様々な課題を知ることができました。また、フィールドワークの仕方では、調査目的、フィールドの選定理由、必ず聞きたい質問の3つが大切なことを理解しました。今後のグループ活動が楽しみです。

 

H30.6.19 授業で牧場を見学しました。
 環境科2年生きものライフ類型「生物活用」授業の一環で、浜北区宮口にある伊藤牧場を、全員で見学しました。当場は、搾乳牛を100頭も飼育されていて、大きくは浜名酪農業協同組合に所属されています。餌の調整や給餌方法、除糞・堆肥化など合理化・分業化により外部の企業様との連携を図り、日々、革新的な酪農経営を心がけていらっしゃいます。今夏は、母牛から誕生予定の子牛が24頭もいるとのことで、我が子のように目
を輝かせてご説明くださいました。

H30.6.18 幼稚園教諭の方から保育の仕事について学びました。
 2年「生活・保育系列」の生徒32人が「生活産業基礎」の授業で保育の仕事について学びました。
 講師は、「子育てセンターすぎのこ」より、鈴木あや先生、「子育てセンターやまびこ」より、鈴木しほ先生をお招きしました。
 園で実際に子どもたちが行っている遊びを、高校生が園児になりきって体験しました。 また、その遊びがどのような狙いで行われているのか、先生側にはどのような想いがあるのか等、隠された仕掛けについても学びました。
 後半では、幼稚園教諭と保育士の違いや、幼稚園と保育園と認定こども園の違いについて、お二人の経験を踏まえ、園の1日の様子も交えながらお話をいただきました。
 保育の仕事について、理解を深めることができました。

前へ