<$HDCATEGORY$>
 
<$TOPCONTENT$>

H30.8.20 天竜ゼミナールの生徒が『青春はままつ応援隊』に認定されました。
 浜松市役所にて『青春はままつ応援隊』の認定式に参加しました。
 『青春はままつ応援隊』とは、浜松市が今年度から始めた、地域の魅力発信などに取り組む高校生団体を応援する制度です。 本校の天ゼミは、昨年度の活動が認められ、認定していただきました。
  代表として認定式に参加した生徒は「今後も天竜区の魅力を発信して、みなさんに浜松を知ってほしい。今後の活動がより一層意欲的になります。」と意気込みを話してくれました。
 認定を励みとして、今後もより活動に励んでいきます。

H30.8.12 文芸部・人文社会系列の生徒が浜松文芸館の活動に参加しました。
  8月12日(日)にクリエート浜松ふれあい広場で行われた『チームで挑戦! GOGO俳句!』に文芸部と人文社会系列の2年生12人が参加しました。
  別々の人が作る俳句の上五、中七を受けて、最後の人が下五でつないで一つの作品とする合同俳句のワークショップです。
  静岡大学地域創造学環の学生の指導の下、浜松東高校や湖北高校などの複数の高校生とでチームを組み、作品作りに励みました。最初は初対面の人たちの中で緊張していましたが、思いがけない言葉との出会いに次第に引きこまれ、合同俳句に魅了されていきました。今後の創作活動に生かしていければと思います。

H30.7.23 天竜すずかけ病院にてフィールドワークを行いました。
 2年生の「天ゼミ」(看護グループ)で、フィールドワークを行いました。
看護部長の松井様から天竜区とのつながりや課題を聞くことができました。また、看護師のやりがいを聞き、将来の看護師像が具体的になりました。  

H30.7.12 天竜クリーンボランティアを行いました
 地域清掃活動「天竜クリーンボランティア」を実施しました。
 有志の部活動が地域の清掃を行い、分別までしっかりと行いました。
 多くの部の協力のおかげで、天竜二俣のまちを美しくすることができました。

H30.7.10 コマツナギの保護活動を行いました。
環境科の生徒が平成26年から保護活動を始め、5年目を迎えました。
 昨年度までに定植したコマツナギを保護するために、除草作業を行いました。暑い中でしたが、時々、ミヤマシジミの飛来の様子も観察できました。
 本年度の新たな取組みとして、竹と雑草による防風垣を設置しました。この活動により、コマツナギの成長にどのような影響をもたらすのか、今後調査します。
    

H30.6.27 介護実習で先輩方からお話しを聞きました。
福祉系列の生徒が天竜厚生会での介護実習で、「先輩講話」「先輩座談会」が開催されました。
  天竜高校の先輩である高齢者施設の介護福祉士や保育士、ソーシャルワーカー、障害者施設の介護士の4名の方からお話を聞くことができました。実際に働いている先輩の声を聴き、実習での不安をなくしたり、今後の進路について考えたりすることができました。

H30.6.26 授業でペット関連専門学校を見学しました。
 


  環境科2年・生きものライフ類型「生物活用」授業で、浜松市中区にあるルネサンス・ペット・アカデミーを見学しました。
 多くのペットが飼育され、また、本校でも触れ合えるウサギも飼われていました。日頃の授業では体験できない充実した時間を過ごしました。同校の紹介パンフレットには、本校卒業生の名前もあり、より具体的な進路選択の資料を得ることもできました。


H30.6.22 ゼミで講習会が開催されました。
天竜区役所の方が来校し、二俣地区の課題やフィールドワークの仕方について講習を受けました。本校のある二俣地区の様々な課題を知ることができました。また、フィールドワークの仕方では、調査目的、フィールドの選定理由、必ず聞きたい質問の3つが大切なことを理解しました。今後のグループ活動が楽しみです。

 

H30.6.19 授業で牧場を見学しました。
 環境科2年生きものライフ類型「生物活用」授業の一環で、浜北区宮口にある伊藤牧場を、全員で見学しました。当場は、搾乳牛を100頭も飼育されていて、大きくは浜名酪農業協同組合に所属されています。餌の調整や給餌方法、除糞・堆肥化など合理化・分業化により外部の企業様との連携を図り、日々、革新的な酪農経営を心がけていらっしゃいます。今夏は、母牛から誕生予定の子牛が24頭もいるとのことで、我が子のように目
を輝かせてご説明くださいました。

H30.6.18 幼稚園教諭の方から保育の仕事について学びました。
 2年「生活・保育系列」の生徒32人が「生活産業基礎」の授業で保育の仕事について学びました。
 講師は、「子育てセンターすぎのこ」より、鈴木あや先生、「子育てセンターやまびこ」より、鈴木しほ先生をお招きしました。
 園で実際に子どもたちが行っている遊びを、高校生が園児になりきって体験しました。 また、その遊びがどのような狙いで行われているのか、先生側にはどのような想いがあるのか等、隠された仕掛けについても学びました。
 後半では、幼稚園教諭と保育士の違いや、幼稚園と保育園と認定こども園の違いについて、お二人の経験を踏まえ、園の1日の様子も交えながらお話をいただきました。
 保育の仕事について、理解を深めることができました。

H30.6.11 ファッション業界の仕事について学びました。
 2年生活・保育系列の生徒32人が「生活産業基礎」 の授業で、浜松デザインカレッジより講師を招き、ファッション業界の仕事について学びました。
 授業では、トルソー・コーディネートとボディペインティングを体験しました。今まで知らなかったファッション業界の仕事に触れることで、新たな魅力を発見できました。
 
 

H30.6.2 福祉系列の輝竜祭(一般公開)です。
6月2日に行われました輝竜祭で、福祉系列は、『おからドーナツ』店を出店しました。

準備は、中間試験が終わり1週間余りの少ない期間でしたが、みんなで協力し、工夫を凝らし準備しました。

当日は200食限定で販売し、好評ですぐに完売しました。
多くのご来店、本当にありがとうございました。



皆さん輝いています!お疲れ様でした。

H30.5.31 輝竜祭の準備中です。
 6月2日(土)の輝竜祭に向けて、各HR、系列などで準備を進めています。来ていただく方々に楽しんでもらえるよう、精一杯頑張りましょう!

H30.5.30 福祉系列・輝竜祭の準備中です。
 福祉系列で出店する『おからドーナツ』を試作しました。
出来上がるまでドキドキでしたが、とても美味しく作ることができました。
 『おからドーナツ』は誰でも美味しく、ヘルシーに食べていただけます。
 中庭のテントで、飲み物とのセットで1つ200円です。是非お立ち寄りください。


H30.5.24 「天竜探求Ⅰ」で町探検をしました。
 1年生の「天竜探究Ⅰ」の授業で、二俣の町を歩いたり、校内でグループワークをしたりしました。
  秋野不矩美術館から二俣城跡を探求するコースや、地域を清掃しながら、天竜浜名湖鉄道の転車台を見学したコースもあります。
 地域に育てられる存在から、地域を元気にする人材に成長するために、まずは天竜の魅力や自分自身を知る作業をしています。

H30.5.24 中学校の進路研修会に参加しました。
  本校職員2人が磐田市立城山中学校を訪問し、中学生に本校の総合学科や農業科について紹介し、福祉系列と建築・デザイン系列の模擬授業も行いました。
 中学生は隣の人とペアになり、点字でクイズを出し合いました。問題を書くのは簡単でしたが、読むのが難しく、「分からない」「読めない」といった声が多くありました。 また、質問に答えることができた時には、うれしそうな笑顔を見せてくれました。
 本校を知ってもらう良い機会となりました。一日体験入学(8/3)にもぜひ来てくださいね。


H30.5.18 「天ゼミ」で町探検をしました。
  総合学科2年次進学希望を対象とする天竜ゼミナールの生徒29人が二俣を探求しました。
 天候にも恵まれ、本田宗一郎ものづくり伝承館、二俣城址を訪ねました。伝館承では、宗一郎が製作したバイクを観たり、二俣城址では歴史に想いを馳せながら天竜川を見下ろしたりしました。
 普段とは異なる景色に触れ、天竜高校のある二俣をより身近に感じることができました。


H30.5.23  図書館文化講座を実施しました。
  天竜文学書を含む年間を通じた活動『読書アクション』の一環である図書館文化講座を、図書委員を対象に実施しました。
  昨年度、天竜文学賞を受賞した作家のほしおさなえさんを講師としてお招きし、小説の書き方、書かれた本が本屋並ぶまでを話していただきました。
 1冊の本は、編集・校閲・装丁など様々な過程を経て店頭に並びます。その時間の長さや複雑さに、生徒たちは「本を大切に読もう」という気持ちを強めていました。
  

H30.5.21  カフェ&バー経営者から働くことについて学びました。
  生活・保育系列の2年生32人がクローバー通り商店街の「KISSA 山ノ舎」店主の中谷明史さんから
飲食店を経営すること・働くことのキッカケについて講義を受けました。
「地元の二俣を、人を集めることで元気にしたい」という想いからお店を開業したことや、「欲しい未来は自分で作っていく」という熱い想を伝えていただきました。
  講義の後半では、パンプキンパイの盛り付け方も学びました。

H30.5.17 サツマイモの挿し穂をしました。
 環境科2年「生きものライフ類型」の生徒が、サツマイモの挿し穂をしました。
  4月19日に畝たてとマルチングなどの準備をし、本日「紅東」と「紅はるか」という品種の挿し穂を行いました。生徒は斜め挿しという植え付け方法で、初めての作業を一生懸命行っていました。
  本日植え付けをしたサツマイモは秋に収穫をして焼き芋にする予定です。今後の管理作業も頑張ります。
 

全ての記事を見る