Shizuoka Nishi High School HP since 2012.04
学校案内 特色ある教育 部活動News 西高生のみなさんへ 中学生のみなさんへ 交通アクセス 静岡西高News
インフルエンザ等出席停止後に登校する際は「
登校許可証明書」の提出が必要になります。
 



静西魅力発見マガジン

「N navi」
vol2

↑クリックまたはタップ


1月行事予定

2月行事予定

3月行事予定

年間行事予定

2018.4.2~

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター

昨年度の平均閲覧数は、

1日180件でした。


キャリアシート


↑クリックまたはタップ



新!2018部活マップ


↑↓クリックまたはタップで拡大




「N navi」
創刊号


2019年 1月19日 男子バレーボール部
 静岡県武道館にて新人戦が行われました。

対 静岡学園 2 - 0 勝ち
(25-22/25-14)

対 清水桜が丘 0 - 2 負け
(8-25/18-25)

対 常葉大橘  0 - 2 負け
(19-25/19-25)

2019年 1月12,13日 男子ハンドボール部
 このはなアリーナにて静岡県新人ハンドボール大会が行われました。

2回戦 対 御殿場南 27 - 11 勝ち
3回戦 対 清水東 17 - 21 負け

 両試合とも試合の入りが悪く、守れるところも自分たちから勝手に崩れてしまい、失点が多くなってしまいました。しかし今までの自分たちにはなかったプレーの激しさが出て、よかった部分もありました。
 残る大会はインターハイ予選のみとなりました。今大会で気付いた自分たちから主体的にやるということを忘れずに、ハンドボールに対する闘争心を持続して練習に取り組んでいきたいです。

2019年 1月12,13日 女子ハンドボール部
 このはなアリーナにて県高校新人ハンドボール大会が行われました。

対 加藤学園 16 - 6

 加藤学園とは、夏に練習ゲームを行ったことがあり、相手チームの特徴がよくわかっていましたが、今大会では選手の怪我が多くオフェンスは4対6で攻めることになり、チームとして万全の状態で戦うことができず、悔しさが残る結果となってしまいました。

対 富士 4 - 21
 
 富士高戦では、オフェンスでもディフェンスでも全員で声を出しプレーすることを目標に臨みました。試合では前回戦った時と同じミスを何度も繰り返してしまい、大きく点差をつけられ負けてしまいました。
 個人個人の試合後に感じることは様々ですが、毎回チームとして感じることは、一人一人の意識が低いことです。日々の練習だけでなく、学校での私生活から「徹底」することを目標にしていきたいです。

2019年 1月12,13日 剣道部
 富士川町立体育館にて、県新人大会が行われました。

男子 個人 2回戦 秋山(21HR) 対 鈴木(浜松北 西部6位) 延長戦惜敗

女子 個人 1回戦 伊藤(21HR) 対 黒柳(浜名 西部9位) 延長戦惜敗

男子 団体 1回戦 対 浜松湖南(西部8位) 代表決定戦 延長で惜敗

女子 団体 1回戦 対 浜松市立(西部7位) 1-3で完敗 富士川町立体育館にて、県新人大会が行われました。

男子 個人 2回戦 秋山(21HR) 対 鈴木(浜松北 西部6位) 延長戦惜敗

女子 個人 1回戦 伊藤(21HR) 対 黒柳(浜名 西部9位) 延長戦惜敗

男子 団体 1回戦 対 浜松湖南(西部8位) 代表決定戦 延長で惜敗

女子 団体 1回戦 対 浜松市立(西部7位) 1-3で完敗

2019年 1月10日 異年齢交流⑤
 るり保育園にて、今年度最後の異年齢交流が行われました。
   

  

生徒の感想
・今までの異年齢交流を終えて学んだ事は、園児が私達が思っている以上に行動できたり、逆に思ってもみない所で失敗をしてしまったりと、考えを改めさせられました。また、私達は園児と仲良く遊ぶだけで無く、その遊びを通して何を伝えていくか、どうすれば伝わるのかを考えながら行ってきたのですがまだまだ工夫できる所、逆にあっても無くてもいいような所が目立ってしまったのでこれからの幼い子供達と接する機会に生かしていきたいです。
 最初はこの計画は成功するのだろうか、ここは園児にできるのだろうかなど不安な点はありましたが、臨機応変に対応できる所があったり、園児が笑顔で遊んでくれている所を見て私達も笑顔になりとても楽しかったです。(瀧浪)
・これまでの経験を生かし、どうすれば楽しんでくれるかだけでなく、時間配分などの細かい部分を班で考えることができたと思います。しかし、僕自身の自分に対する評価としては、もしもの事態を想定できず、準備がまだまだ足りなかったなと思っています。
 今回が最後の異年齢交流だったため、次がないのが悔しいですが、この反省はこれからの人生に役立つことだと思うので、この反省を色々な場面で生かしたいです。(外岡)

2019年 1月7日 始業式
 体育館にて始業式が行われました。
 校長先生による講話では、人間性と知恵を武器に未来を切り開くために、冬休みの行動を考えて変えたか、という質問に対し、名波君(22HR)が、「部活の合間に日々勉強をした。正月中でも寝る前に必ず勉強をするよう心掛けた。」と答えました。
   

   

2018年 12月19日 新聞記事 ~魅力ある授業デザイン研修Ⅱ~
 17日(月)に行われた研修の様子が、19日(水)の静岡新聞朝刊に掲載されました。御覧ください。