学校案内 小学部 中学部 高等部 学校だより

  • トピックス
  • 校長あいさつ
  • 進路
  • 研究
  • 麻活
  • 地域支援
  • 交通アクセス
  • 連絡先
  • リンク
  • 各種様式
  • 静岡市特別支援学校ネットワーク
平成28年度の研究について

 本校では、研究主題を「自分からせいいっぱいがんばるひとを育てるために~児童生徒一人一人が主体的に取り組む授業づくり~」とし、題材の選択や単元の設定に着目し、題材の価値を追求して、児童生徒一人一人がどの子も成就感を味わい、主体的に取り組む授業を目指します。

 今年度も11月17日(木)に公開授業研究会を行い、前校長(現県総合教育センター特任教官)の横山孝子先生、常葉大学教育学部の橋田憲司先生、静岡北特別支援学校南の丘分校の片岡佳美先生に指導助言をお願いします。また、岩手大学教育学部教授の名古屋恒彦先生に「主体的に取り組む領域・教科を合わせた指導の取組」という演題で講演をいただきます。
 今年度も、どの子も成就感をたくさん味わい、主体的に取り組む姿を目指して、日々授業実践に取り組んでいきます。









公開授業研究会

11月19日(木)に「自分からせいいっぱいがんばる人を育てるために~児童生徒が主体的に取り組む授業づくり~」というテーマのもと、公開授業研究会を開催しました。、県内外の特別支援学校、市内の小・中学校、企業・施設関係者等55名の参加者があり、各学部の授業について、熱心な協議がされました。指導助言は前校長(現県総合教育センタ-特任教官)の横山孝子先生、常葉大学教育学部特任教授の橋田憲司先生、静岡北特別支援学校南の丘分校の片岡佳美先生にお願いし、多くの貴重な御助言をいただきました。また岩手大学教育学部教授で同附属特別支援学校長の名古屋恒彦先生には、「主体的に取り組む領域・教科を合わせた指導の取組」という演題で講演をしていただきました。児童生徒の主体的な取組について、たくさんのお褒めの言葉をいただくとともに、今後取り組むべき課題も明らかになり、大変有意義な研究会となりました。今後の授業に活かしていきます。