静岡城北高等学校ホームページ
 
   ■    ようこそ静岡城北高校へ   ■ ■ ■ ■ 
 
ホーム>国際科>国際科講演会

  • 国際科概要
  • 3年間の流れ
  • 海外研修
  • サマーセミナー
  • 国際科講演会
  • 挑戦
  • 入学者選抜
  • Q&A
  • 海外研修2018
国際科講演会
2月14日(木) 国際科講演会
今年も有名講師をお招きして、国際科1・2年生を対象に、講演会を開催しました。
講師は、NHK元アナウンサー・朗読家の青谷優子氏。
Tell Your Story 「コトバに息を吹き込もう!」というテーマで1時間半、ご自身の経験から、音読と朗読の違い、NEWS・SPEECH・STORYを読み分けてみよう、などポイントや大切なことをわかりやすく説明していただき、最後には小学校の教科書にも載っている小泉八雲の「MUJINA」を英語により朗読していただき感動しました。

さすがプロのアナウンサーです。
英語はもちろん素晴らしかったですが、それとともに、聞き手の頭の中に自分の頭の中のイメージを上手に転送する話し方は、英会話だけでなく、日常のコミュニケーションにも役立ちます。
・聞き手を意識する。聞き手を疲れさせない。
・朗読は、COMPREHENSION、IMAGINATION、VISUALIZATION
・とにかくPRACTICEは超大事。
・内容に合わせた読み方・伝え方
・ゼスチャーは大切だが意味のない動きはしない。
などなど大変参考になりました。
どうもありがとうございました。


 

【講師紹介】
幼少期をロンドンで過ごす。上智大学を卒業後、NHKに入局。リポーターやキャスターを担当した後、NHK国際放送局(NHKワールド)のニュース番組『NHK NESLINE』のメインアンカーとして活躍。並行して英語文芸の朗読番組『Listening Library』の演出・制作・出演を務め、日本文学を海外に紹介した。2015年2月に独立。現在は朗読家、バイリンガルアナウンサー、英語コミュニケーション講師として活躍中。
青谷優子オフィシャルサイト
 http://yukoaotani.jp

有名講師講演会
3月9日(金) スーパーティーチャー講演会

毎年有名講師を招いて、本校で行っている国際科講演会。

今年も通訳・翻訳などで全国的にも有名な横山カズ先生をお招きして、「同時通訳者の立場から見た4技能に対する英語学習について」という演題で、楽しく英語学習について学びました。

資料のタイトルは「話す英語1DAYインストール」

ウォームアップ→関係詞WhatとHow→無生物主語で<愚痴>→The wayで話上手→途切れなく話すための<,Which>→英語で<思う>力→「沈黙しないため」のスピーキング試験用万能例文

項目だけ見てもすぐに実力アップできそうですね。

横山先生、お忙しい中、ありがとうございました。。



 

国際科2年生

国際科1年生


【講師紹介】 横山カズ 氏

同時通訳者。翻訳家。英語講師。

学びエイド、リクルート・スタディサプリENGLISH講師。

英語を日本国内で独学し、航空・IT・医療・環境・機械・国際関係・文学など多分野で同時通訳者として活躍中。

楽天株式会社では英語力向上と社内英語公用語化に貢献する。「英語4技能」及び英語スピーキングのエキスパートとして日本全国で授業と講演を行っている。2012年ICEE英語検定トーナメント総合優勝。英検1級。関西外国語大学・外国語学部スペイン語学科卒。

著書:『英語に好かれるとっておきの方法~4技能を身につける~』『世界に通じるマナーとコミュニケーション――つながる心, 英語は翼』(岩波書店)『おもてなし純ジャパENGLISH』(講談社)『スピーキングのための音読総演習』(桐原書店)『パワー音読入門』(アルク)

☆魅力的な英語表現や学習法を発信中! Twitter ID: @KAZ_TheNatural

スーパーティーチャー授業
2月20日(月)  スーパーティーチャー授業
 国際科では、毎年国内の有名英語講師を招いて特別授業を行っています。本年度も、業界では大変有名な澤田健治氏をお招きして、1・2年生対象にアクティブな授業をしていただきました。

 内容は主に、時間内に英語で質問し合うというアクティビティーです。最初は、ペアを組んで60秒以内に4つの質問を相手にして、相手も英語で答える。「なぜ、英語を勉強するのか」「○○先生を一言で表現すると?可能な限りあげてください」「静岡のどんなところが好きですか」「あなたの夢は何ですか」など。時間が限られているので、すぐに答えなければならない。それも英語で。また、「なぜ?」「一言で表現すると?」など考えなければならない質問であるため、瞬時に判断しなければならない。まさに生きた英会話でした。他にも「Why-Because Game」は、最初の質問の答えに対して、「なぜ・・・なのか」と次々に質問をしていく、少しいじわるな質問攻め。しかし、生徒は楽しそうに、それも的確に英語で答えていました。さすが国際科です。

【講師】澤田健治 氏

 TOEICスクール「澤田塾」経営、 TOEIC990点(満点)、英検一級15回合格

 日英通訳者としてのスキルを生かした英文ライティングや英訳の指導も得意としている。