静岡城北高等学校ホームページ
 
   ■    ようこそ静岡城北高校へ   ■ ■ ■ ■ 
 
ホーム>防災対応>台風等警戒警報

  • 防災対応
  • 台風等警戒警報
  • 東海地震情報
  • 地域連携
台風等による警報発令時の対応について
生徒・保護者用

台風等による警報発令時の対応について


Ⅰ 原則的な対応について

 気象庁は、台風が接近している場合等、下記の気象警報・注意報を発表し、その内容を更新しつつ、注意を呼びかけます。

「注意報」は、災害が起こるおそれのあるときに注意を呼びかけて行う予報です。

「警報」は、重大な災害が起こるおそれのあるときに警戒を呼びかけて行う予報です。

「特別警報」は、警報の発表基準をはるかに超える豪雨等が予想され、重大な災害の危険性が著しく高まっている場合、特別警報を発表し、最大限の警戒を呼びかけます。

対象となるのは、『暴風警報』と『特別警報』です。
特別警報(6種類)
暴風
大雨
暴風雪
大雪
波浪
高潮
警報(7種類)
暴風
大雨
暴風雪
大雪
波浪
高潮
洪水
注意報(16種類) 強風、大雨、風雪、大雪、波浪、高潮、洪水、雷、融雪、濃霧、乾燥、なだれ、低温、霜、着氷、着雪



気象庁が発表する警報・注意報は、「二次細分区域」単位で発表されます。
対象となるのは、『静岡市南部』です。
一次細分区域
二次細分区域

静岡県

中部
中部南
静岡市南部
島田市
焼津市
藤枝市
牧之原市
吉田町
中部北
静岡市北部
川根本町


 気象庁から『静岡市南部』に、午前6時の時点で『暴風警報』『特別警報』が発令されていて、継続して午前11時の時点まで発令されている場合
  (1)休校とし、授業は行いません。

  (2)部活動は活動禁止、補講等は中止します。

  (3)原則として、生徒は登校禁止となります。




Ⅱ 生徒・保護者の判断、行動について

『静岡市南部』又は居住している地区には、「警報」や「注意報」が発表されていない場合


1 「注意報」等が発表されていない場合であっても、安全を十分確認し登校する。


2 安全に登校できないと判断した場合は、欠席扱いとなるが、安全を優先して登校しない。

 『静岡市南部』又は居住している地区に、『暴風警報』『特別警報』が発表された場合

 (1)午前6時の時点で発令されている場合は、自宅で待機する。

 (2)その後、警報が解除された時点で、安全に登校ができると判断した場合は登校する。

 (3)午前11時までに警報が解除されない場合は、その日は登校しない。


3 その他

 『静岡市南部』は解除され、居住している地区は解除されない場合

 授業は行われるが、その該当生徒は出席停止となり、欠席扱いとはならない。

 ただし、公式試合参加の公欠と同様に、授業は欠課扱いとなる。


印刷用
台風等による警報発令時の対応について(pdf)