静岡城北高等学校ホームページ
 
   ■    ようこそ静岡城北高校へ   ■ ■ ■ ■ 
 
ホーム>部活動>筝曲

  • 部活動
  • 運動部
  • サッカー
  • 男子ハンドボール
  • 女子ハンドボール
  • 男子バスケットボール
  • 女子バレーボール
  • 体操
  • 陸上競技
  • 男子テニス
  • 女子テニス
  • 弓道
  • 文化部
  • 演劇
  • 吹奏楽
  • 筝曲
  • ギター
  • 美術
  • 書道
  • 華道
  • 煎茶
  • 科学
  • パソコン
  • ホームメイキング
  • JRC
  • 英語部
介護ホーム訪問
1月22日(日) 介護ホーム訪問 
 昨年に引き続き、「しずてつケアステーション北安東」を訪問しました。今年は14日(土)と22日(日)の2回の公演です。生徒たちはお年寄りと一緒に手を叩いたり歌ったりしながら楽しい一時を過ごしました。特にお年寄りの方々がアンコール曲の「故郷」を懐かしそうに聞いていたのが印象的でした。





全国大会へ
10月22日(土) 高文祭県大会
 この大会で優秀な成績を収めたので、来年7月31日・8月1日に、宮城県で行われる全国大会に出場できることになりました。

 これまで、応援してくださいました皆様に感謝申し上げます。また、全国大会に向けて今以上の演奏ができるよう練習に励んでいきます。


大会名
 平成28年度 静岡県高等学校総合文化祭

  第20回 静岡県高等学校文化連盟日本音楽専門部発表会

 
平成29年度第41回全国高等学校総合文化祭宮城県大会 静岡県予選
会 場 島田市民総合施設 プラザおおるり
演奏曲 『絃歌』 作曲 肥後一郎
メッセージ
 今回、私達が演奏する「絃歌」は独奏筝の変拍子に始まり合奏群と対話しながら、終盤のクライマックスに向けて盛り上がっていきます。1年13人、2年14人の大人数で強弱やテンポの変化を激しくすることで不安定さや力強さを表現できるように日々練習を重ねています。細かいフレーズの変化や多彩な奏法によって、この曲の持つ重厚なエネルギーを皆様にお届けできるよう、部員一同心を込めて演奏いたします。



会場が撮影禁止なので控室での写真を載せました。

豪華客船歓迎
8月16日(火) 豪華客船歓迎セレモニー
 イギリスの大型客船「ダイヤモンドプリンセス」が16日朝、清水港に寄港し、歓迎のセレモニーで、本校筝曲部が日本伝統文化である琴の演奏を披露しました。
 ダイヤモンドプリンセスは、全長290m、総トン数11万6000トンという大型客船。今回は横浜港発着で乗客2800人余りを乗せ、国内7か所を含め、韓国のプサンをめぐる10日間のクルージング予定だそうです。





地域の老人ホームでボランティア
平成28年2月6日(土) 地域の老人ホームでボランティア
 「しずてつケアステーション北安東」を訪問して、高齢者の方も知っている有名な曲を披露し、手を叩いたり一緒に歌ったりしながら、入居者の方と楽しい一時を過ごしました。

 ありのままで「アナと雪の女王」より、TSYNAMI

 さくらさくら、手を叩きましょう、ちょうちょう、富士山 など

 筝曲のための展、明日があるさ、上を向いて歩こう

 
  2年生がオープニング        クイズ「琴の形は?」
 
  1年生が「さくらさくら」など        一緒に手を叩いたり楽しく
 
   特別な琴を説明   2年生が「筝曲のための展」を披露


筝曲部
11月28日(土) 筝曲部 全国高校総合文化祭県大会出場
 長泉文化センターに県内15校16チームが参加し筝曲の県大会が開かれました。本校は一番目の演奏となり生徒たちもかなり緊張気味。今回初めて聞く曲はどんな曲だろうと楽しみにしていました。紹介文のとおり1楽章は一人ひとりは異なる弾き方をしつつも全体としては調和がとれ「混沌」という表現が伝わってきました。2楽章は一転して全員で躍動感ある演奏に。結果は15校中8位でしたが、観客にとっては印象深く心に残る演奏だったと思います。2年生は期末テスト中で来週からは修学旅行と忙しかったと思います。ご苦労さまでした。

(紹介文)

 私たち静岡城北高校筝曲部は2年生11人、1年生14人の計25人で活動しています。今回演奏する曲は沢井忠夫作曲「筝のための展」です。1楽章は混沌の中25人の音が集まり大きなエネルギーとなり静寂へ戻っていきます。2楽章は規則的なリズムの中で、筝と17弦が躍動感あるかけ合いを織りなします。この曲から私たちのイメージする冬から貼るへの目覚め、生命の躍動感を感じていたたけると嬉しいです。


 
会場の長泉文化センター      写真撮影禁止なのでイメージ写真


本大会の正式名称は以下のとおりです。

第19回静岡県高等学校文化連盟日本音楽専門部会発表会

第40回全国高等学校総合文化祭広島県大会静岡県予選

---------------------------------------------------

9月19日(土)
  豪華客船「飛鳥」歓迎演奏
 横浜を出港して清水に寄港した客船「飛鳥」の歓迎演奏を日の出埠頭で行いました。「レットイットゴー」「夢の輪」などの楽曲が港内に響き渡り、飛鳥の乗客も含め多くの観光客が聴き入っていました。「飛鳥」という日本的な船の名前と生徒の浴衣がとてもマッチしています。ご苦労さまでした。

 

 


---------------------------------------------------

6月4日(木)
 文化祭リハーサル
驚いたのは、演奏に合わせて変化する背景の照明の色やストライプの種類について、外部講師の佐藤さんが何度も、演奏している生徒や観客席の生徒にどれがよいか確認をとっていました。ステージは演奏だけでなく視覚的な効果との組合せも大切な要素であるとわかりました。
 

6月5日(金) 文化祭発表会


琴の音色は心を落ち着かせてくれます。川の流れのように。
・Let it go
・TUNAMI
・夢の輪
・川の流れのように

6月6日(土)  文化祭 一般公開日
玄関ホールに人がいっぱい。