学校生活 学校案内 進路 部活動 入試情報
生涯学習 卒業生の方 教育研究活動 交通アクセス
 



アクセスカウンター

アクセスカウンター
無料カウンター
無料アクセスカウンター
ブログカウンター


ビジネス基礎 外部講師による出張授業
 
 

 静清信用金庫職員の方に来校していただき商業科目「ビジネス基礎」で出張授業を行いました。
 講師の方からは、信用金庫について、社会人としてのビジネスマナーについて、夢を叶える創業についての三部構成でお話をしていただきました。外部の方の講話ということもあり、生徒は緊張した面持ちでしたが、模擬札を数える練習や挨拶の実演を行い、普段の授業では味わうことができない貴重な経験をすることができました。

生活体験発表中部大会 結果
9月11日金曜日、清水東高校講堂にて生活体験発表中部大会が行われました。
当日は16名の定時制各校代表生徒が出場し、各々が学校生活で得た学びを発表しました。
本校からは F42の師岡海夢さんと F50の佐野心人さんが出場しました。
どちらも日頃の練習の成果を発揮して堂々とした発表をすることができました。




師岡さんは今大会で上位5名に選ばれ、優秀賞受賞者として10月4日の県大会に出場します。
応援よろしくお願いします!

授業再開
8月26日(水)

 暑さが残る中、いつもより短い夏休みが終わりました。 コロナ対策のみならず、暑さ対策にも気を配りながら授業が再開されました。

    

 
 久しぶりに会う友人たちと会話が弾む様子がうかがえました。

秋季入学者選抜合格発表
8月25日 秋季入学者選抜合格発表




本日、秋季入学者選抜合格発表がありました。
合格された受検生のみなさん、おめでとうございます。
後期から本校で新たな学びのスタートを切りましょう。

夏休み前の大掃除
7月31日 夏休み前の大掃除

 

いつもの清掃場所を丁寧に掃除しました。
学校が綺麗になり、すがすがしい気持ちで夏休みを迎えられそうです。

 

夏休み前最後の授業も頑張っています。

秋季入試説明会
7月17日 令和2年度秋季入試説明会

 
 

 受検生、希望者とその保護者に向けて、秋季入試説明会が開かれました。
授業見学、学校紹介DVDの視聴などを通して、本校定時制のことを御理解いただく機会となりました。

8月になると、いよいよ秋入試です。学校はともに学ぶ仲間を待っています。



中央高校の七夕
 
 

7月7日は七夕。本校でも、短冊をつるした笹を飾っています。
7月の異名「文月」の「文」は短冊に歌などを書くことから、もともと書道の上達を祈るという意味があるそうです。
生徒たちはどのような思いで筆をとったのでしょうか。

秋季入試説明会
6月18日 令和2年度秋季入試説明会

 
 

 受検生、保護者に向けて、秋季入試説明会が開かれました。
授業見学、学校紹介DVDの視聴などを通して、本校定時制のことを御理解いただく機会となりました。

秋入試までもうすぐです。学校も新入生を迎える準備を進めます。


部活動再開!
6月15日(月)
手洗い・器具の消毒・換気等の感染防止対策がなされる中で、3カ月ぶりに部活動が再開されました。

           
 


久しぶりに仲間と汗を流す姿はとても楽しそうでした。

令和2年度 始業式
 


 令和2年5月21日、放送による始業式、新任式を行い、生徒たちは気持ちを新たに、今年度の歩みをスタートさせました。校長先生、副校長先生のお話に、生徒たちは真剣に耳を傾けていました。

 いよいよ来週から授業が始まります。
 学校に生徒たちの声と笑顔が戻りました。

登校日、初日!
令和2年5月11日(月)、卒年次生が久しぶりに登校しました。

 
手洗い・消毒・検温を行い、各教室に向かいます。

 
教室内では、生徒同士の距離を保っています。課題の提出、配布も余裕をもって行います。

 
校内でも「3密」を避けるように呼びかけています。

 
ロビーにとどまることは避けましょう。  卒年次生対象の就職ガイダンス、みな真剣です。

新入生履修登録指導
4月3日から8日まで新入生履修登録指導が行われました。

 
 

 担当教員から新入生に向けて本校の学習の仕方について説明がありました。

 その後、各教科の先生方からも各教科の科目登録の考え方や手続きについて説明を聞きました。進路や将来設計に合わせて、履修する授業を決める大事な説明のため、新入生達は真剣に聞き入っていました

令和2年度前期入学式
4月2日 前期入学式が行われました。





 新型コロナウイルス感染予防のため、例年とは異なることもありましたが、無事220名の新たな若者を静岡中央高校に迎えることができました。
 それぞれの不安と期待とを抱えて中央高校生としてのスタートラインを切った入学生達は、先生方からの激励と入学生代表の熱い言葉に背中を押され、これからの生活に向け、 気持ちを新たにしました。