学校生活 学校案内 進路 部活動 入試情報
生涯学習 卒業生の方 教育研究活動 交通アクセス 文化展示週間
 



アクセスカウンター

アクセスカウンター
無料カウンター
無料アクセスカウンター
ブログカウンター


商業科 出張授業
1月19日
 「電子商取引」の授業内において、株式会社サンロフトの今井洋志様より「未来をつくる皆さんへ」と題して講演をしていただきました。
 「みなさんはどのように働いて、生きていきたいですか?」という問いに対して、グループワークを交えて考えました。
 世の中は常に変化しており、それに伴って働き方や価値観が変わる。だからこそ、常に世界にアンテナを張り、変化に目を向け、柔軟に思考することが大切であるという意見が出ました。
 講師の方は最後に以下のメッセージを語ってくださいました。
「本を読もう。映画を観よう。家族や友人と語り合おう。未来はみなさんの時間の延長線上にあります。」

 
 

大学入学共通テスト自己採点
1月18日
 先週末に実施された大学入学共通テストの自己採点が行われました。受験生は各々、真剣な表情で採点をしていました。今年は感染症も心配されるなか、不安を抱えて受験日を迎えた人も多くいたでしょう。よく乗り切ったと思います。これから志望校の入試に挑む受験生は、引き続き、体に気をつけて下さいね。

 

第四回春季入試説明会
1月14日
 第四回春季入試説明会が行われました。授業見学、概要説明、個別相談を通して、本校のことを御理解いただく時間をもちました。 本校の授業の様子を熱心に見学していた受検生も多く見受けられました。
 また分からないことや気になることがありましたら、お気軽に学校までお問い合わせ下さい。

 

校内研修会(SSWr講話)
1月13日
 本校スクールソーシャルワーカー(SSWr)の川口正義さんより、「子どもの心象風景をどう見るか?ー教職員とSSWrとの連携の可能性ー」と題して、教職員に向けて講話をしていただきました。「100%人間不信で生きている子どもはいない。アンビバレントな立ち位置で子どもたちは揺れている。」というお話が印象に残りました。本校では週に3日ほど、SSWrの方々が相談室で生徒や保護者、教職員からの相談に応じて下さっています。

 

年明け初授業
1月7日
 今日は年明け初授業が行われました。生徒たちは久しぶりの授業を心待ちにしていたようです。国語の授業では、新春百人一首大会が行われました。カルタを通して、和歌に親しみ、古典と私たちのつながりを感じることができたようです。
 生徒たちに一番人気の歌は……
  田子の浦にうち出でてみれば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつ 山辺赤人  です。静岡が舞台の歌ですね。

 

履修指導集会
1月6日
 新しい年が始まり、学校には久しぶりに生徒たちの元気な声が戻りました。今日はプライマリー、1・2年次生を対象に履修登録集会が行われました。次年度の時間割を組むにあたっての大事な説明会です。生徒たちは真剣に耳を傾けていました。卒年次生は年金セミナーを受講しました。
 それぞれが今年の抱負を胸に、新たな学びの歩みをスタートさせます。

 
 

年末大掃除
12月25日
 「年末の大掃除をしよう」ということで、時間をかけて、いつもの清掃場所を丁寧に掃除しました。綺麗な校舎で、気持ちよく新年を迎えることができるように、各々が一生懸命、掃除に取り組んでいました。
 今年最後の授業も頑張っています。体に気をつけて、また年明けに元気な姿を見せて下さいね。

 
 

生活体験発表県大会 表彰
12月23日
 生活体験発表 全国大会の書類選考に進出していたF42の師岡海夢さんの作品が「厚生労働省人材開発統括官賞」を受賞しました。
 校長先生より表彰状が手渡され、夢の実現を後押しする言葉がかけられました。

 

第三回春季入試説明会
12月21日
 第三回春季入試説明会が開かれました。保護者を含む50名ほどの来校者がありました。授業見学、概要説明、個別相談を通して、本校のことを御理解いただく時間をもちました。
 また分からないことや気になることがありましたら、お気軽に学校までお問い合わせ下さい。

 
 

「健康な食事」講座が行われました
 12月16日(水)の3.4時間目「散歩と食」ゼミの時間に静岡県栄養士会の吉田先生、青島先生、河村先生による「健康な食事」講座が行われました。高校卒業前に外食や中食の惣菜に主食や副食を組み合わせて健康的な食事を整える力をつけることを目的とした講習会で、購入した主菜に自分たちで作った副菜2品を組み合わせたメニューを試食しました。
 生徒は野菜をふんだんに使ったヘルシーメニューに大満足!自分の食生活を振り返る良い機会になりました。
主食 雑穀ご飯
主菜 チキンのクリーム煮(居酒屋しんちゃんより購入)
副菜 セロリのスープ(ミネストローネ風)
    パプリカとじゃこの炒め物(ペペロンチーノ風)


 

「美術Ⅱ」研究授業
12月15日
 教育実習生による「美術Ⅱ」の研究授業が行われました。「思い出のあるものを描く」というテーマで、各々が制作を進めました。そのものにまつわる思い出や特徴を画用紙の周囲に書き込み、そこで得たイメージを作品に落とし込んでいました。表現方法を模索する生徒に対して、教育実習生は「今、一番表現したいことを再確認しよう!」と声をかけていました。

 
 

軽音楽部部内発表会
12月9日
 夕休みの時間に視聴覚室にて、軽音楽部の部内発表会が行われました。1バンド5分程度で、5バンドほどが発表をしました。部員たちは活き活きと楽しそうに、日頃の練習の成果を発揮し、発表していました。部員だけに限った発表会でしたが、舞台に立つ生徒も聴いている生徒も音楽に包まれ、楽しい時間を共有しました。

 

企業ガイダンスが実施されました
鈴与株式会社様に御協力いただきCコースゼミの生徒を対象に、企業ガイダンスが行われました。最初に「正社員として働くために」というテーマで、企業を選択するポイントや企業が求める人物像についてお話をいただきました。その後関連グループ会社の業務内容や研修制度などの説明を聞き、会社や仕事に興味を持った生徒もいるようでした。
質疑応答では「高校生の間に準備できること」や「仕事のやりがい」、「志望動機」などの質問をし、進路選択の参考にしていました。

 
 

日本原子力財団による原子力・エネルギー等に関する講義・実習
12月2日
 名古屋大学の教授を講師としてお招きし、日本原子力財団による原子力・エネルギー等に関する講義・実習がプラゼミ生を対象に行われました。放射線とはどのようなものか、身近にある放射線を含む物質にはどのようなものがあるかなどを教えていただきました。その後、「霧箱」を用いて、放射線の飛跡の観察を行い、「はかるくん」という機械で、身の周りにある放射線の数値を計りました。人の体や蛍光灯のまわり、コンセントの近くなど、生徒たちは放射線量が高そうな場所を予測し、色々な場所の数値を測定していました。

 
 

春季入試説明会
11月28日
 令和3年度入学を希望する方に向けて、春季入試説明会が開かれました。コロナ禍の状況でしたが、多くの受検生と保護者の方に来校いただきました。写真は個別相談会の様子です。分からないことや気になることがありましたら、お気軽に学校までお問い合わせ下さい。
 同日、公開授業も開催されました。多くの保護者の方に参観していただきました。

 
 

文化展示週間⑨ 映像、体験など
 今日はビジネス部展示、書道展示、映像、体験部門の写真を掲載します。生徒会役員の生徒たちが展示を見ながら、「なんとかこうして形になって良かったなあ。」としみじみ呟いていました。今年度、コロ禍のなか、文化展示週間を実施できたのは、清掃、消毒など、陰で頑張ってくれた生徒たちがいたからです。
 文化展示週間のタグの中に作品専用アルバムを作っています。生徒たちの思いがつまった作品を是非、ご覧下さい。

 
 

文化展示週間⑧ 2階東側展示
 書くこと・耕すことゼミでは、さつまいものつるで作ったリースと学校生活の短歌の展示をしています。温かいご飯の香りや、風を感じさせるものもあれば、生徒たちの笑い声が聞こえてくるような歌もあります。リースは時間をかけて制作した、こだわりのデザインだそうです。歌の感想を書き込めるコーナーもあります。

 
 

文化展示週間⑦ 食堂展示その2
 昨日に引き続き、食堂に展示されている作品をご紹介します。ペーパークラフトゼミでは、立体的な建造物や動物を組み上げていきます。清水寺を制作したチームは約半年かけて作品を作り上げました。展示作品から生徒たちの細やかさやセンス、熱意などが伝わって来ます。

 
 

文化展示週間⑥ 食堂展示その1
 今日から文化展示週間が始まりました。校舎内に生徒たちが制作した作品がズラリと並び、賑やかな雰囲気です。
 合唱ゼミの発表では、録音した合唱曲4曲を聞くことが出来ます。久石譲作曲「風の通り道」では伴奏もゼミ生が担当したとのこと。やわらかな温かいハーモニーに耳を傾ける生徒も多くいました。

 
 

文化展示週間⑤ 会場準備
生徒会役員が、会場の清掃、消毒を行いました。
会場に手指消毒用アルコールも設置し、安心・安全に楽しむ展示週間に向け、着々と準備が進んでいます。

  

全ての記事を見る