静岡視覚特別支援学校ホームページ
 
校訓  明るく 強く
学校案内幼小学部中学部高等部寄宿舎相談・支援ダウンロード
 
ホーム>相談・支援>教育相談

  • 教育相談
  • 相談だより
教育相談について

拡大教科書 Q&A
Q)見えにくさのあるお子さんは、みんな拡大教科書を使ったほうがいいの?

A)文字や図などを拡大する方法は、大きく3つあります。

  ①見るものに近づく。教科書を近づけてみる方法です。

  ②視覚補助具を使う。(近用レンズなどの利用)

  ③教科書の文字などを拡大する。


A)いちばん簡単な方法は①ですが、書見台(本やノートを立てかけて読み書きする台)を利用していなければ、当然姿勢は悪くなりますし、視野も狭くなります。場合によっては、この方法でも見えにくいというお子さんもいます。

 次に②ですが、レンズ等の補助具の利用に慣れていないと、使いにくいというお子さんがいます。また、補助具そのものの扱いに時間がとられて、学習のペースに追いついていけないという場合もあります。

 ③は、使うお子さんの適した文字の大きさに拡大してあれば、いちばん楽に読むことができます。ただし、通常の教科書と大きさや装丁が異なりますので、「友だちと同じものでないと絶対にいや」というお子さんでは、利用は困難になるでしょう。

 効率よく学習するために、どの方法で見えやすさをつくるかは、お子さんの眼の状態、学年、教科、場面等によって異なってきます。


Q)何ポイントの文字がいいの?


A)文字が大きければよいというわけではなく、お子さんによってはかえって読書効率を落とすことにもなります(視野が確保されない)。また、文字の拡大によって紙面の量が多くなり、1冊の原本が何分冊にもなる場合もあり、運びにくかったり、該当箇所を探しにくかったりする場合も出てきます。ですから、文字のポイントは、学習効率を考えて決めていく必要があります。

A)9月中に市や県に報告することを考えると、8月までにはそれらの調査をしておくことが大切です。来年度(平成25年度)の拡大教科書の利用を希望している場合は、8月までに文字ポイントの調査をすることをお勧めします。


★本校では、「教育的立場からの視力測定」「文字の大きさをどれくらいにすれば速く読めるかの調査」をした上で、本人の希望を聞きながら検討していきます。(サンプル版だけで判断するのは危険です。)

 教育相談では、学齢児に対してレンズの練習などの他、教科書選定についての教育相談も行っております。


調査が必要な場合は、ご連絡ください。

静岡視覚特別支援学校 (054)283-7300

コーディネーター 山本まで