静岡視覚特別支援学校ホームページ
 
校訓  明るく 強く
学校案内幼小学部中学部高等部寄宿舎相談・支援ダウンロード
 
ホーム>幼小学部>日々の様子(幼)

  • 学部紹介
  • 日々の様子(幼)
  • 日々の様子(小)
絵の具あそび
ブロッコリー、ねぎ、オクラなどの野菜でスタンプをしました。ペタペタと押す感触を楽しみました。出来上がった作品をハガキに貼り、敬老の日におじいちゃん、おばあちゃんの家に送りました。



大きな紙に絵の具で色をつけました。絵の具は洗濯のりを混ぜたものと液体粘土を混ぜたものの2種類を使いました。ぬるぬるした感触に大喜び!いっぱい手足を動かして絵の具の感触を楽しみました。

トウモロコシの皮むきのお手伝い


栄養士の先生から「給食に使うトウモロコシの皮むきを手伝ってね。」と、トウモロコシを渡されました。
2人はやる気いっぱい「まかせてね。」と受け取りました。

 

  トウモロコシの大きさ、香り、かたさなどを手や鼻で確認して、「大きいね。」「草のにおいがするよ。」「かたいよ。」など、それぞれが感じたことを話しながら皮をむいていました。


 
    
  皮をむき終わったトウモロコシを触って観察。「先っぽについているこれは何かな。」「長い毛がたくさんついている。」「コーンの匂いがする。」などとたくさんのことに気付きました。また、「「食べたい。」と給食を楽しみにしていました。



  皮をむいたトウモロコシを調理員さんに渡しに行きました。「トウモロコシの皮がむけました。」「給食、楽しみです。」と言ったら調理員さんから「ありがとう。」と言われました。教室に戻ると「また、やりたい。」と言っていました。給食の皮むきのお手伝いをやり切り、うれしそうでした。

6月 砂遊び!
      
  ベランダの砂は、さらさらして、気持ちがよかったよ。
 カップやスコップですくって、さらさらの砂をたくさん触りました。

   
 運動場の砂場は、穴を掘ると、冷たい砂が出てきました。
自分の足を砂で埋めて砂の重さを感じたり、手を使って『バイキン城」や『エルサのお城』を造ったりしました。冷たくて湿った砂の上にサラサラの乾いた砂や石で飾りもつけて完成です。


「砂に水をかけたよ。」 砂に水をかけると、砂と水が混ざり、砂が変化していく感触を感じることができました。また、お団子やおにぎりなどサラサラの砂ではできなかったものを作ってごっこ遊びも楽しみました。





 

5月  はさみに挑戦しました!


  先生と一緒にハサミを使って画用紙を切りました。画用紙が切れる感触を確認しながら切ることができました。


      
切った画用紙をこいのぼりのうろこや母の日のプレゼントのカーネーションの花に貼りました。



4月 春を見つけたよ
毎日、探す花を決めてどこに咲いているのか探しに行きました。 運動場にどんな花が咲いているか探検に行きました。


 グランドの鉄棒の近くに『シロツメクサ』を見つけ、花の部分を優しく触り観察しました。
「やわらかいね。」「フワフワしてる。」「いいにおいだね。」「「ぶろっこりーみたい。」など触った感想を言葉で伝えることができました。







ツツジの花のがくを取り口に入れると甘~い味がしました。
一番甘く感じたのは赤い色のツツジでした。