静岡県立静岡高等学校(静岡高校・静高)全日制公式ホームページ
 

  • 平成29年度
  • 平成28年度
  • 平成27年度
  • 平成26年度
  • 平成25年度
平成30年度 校内マラソン大会

進学重点コアスクール事業「第3回医学講座」
日時:1月17日(木) 午後3時30分~5時30分
講師:静岡市立病院 副病院長・血液内科主任科長 前田 明則 氏
演題:「がんで苦しむことのない未来を ~その実現を担ってくれる若者たちへ~」
聴講生徒 1,2年生28名
会場:本校会議室

医学科を志望する希望者に対して第3回目の医学講座が開かれました。
日本人の2人に1人が生涯でがんになり、3人に1人ががんで亡くなっているということからあまりに身近にある病気だというお話から始まりました。
がん発生の仕組みや原因、予防方法など大変役立つ内容に生徒は真剣にお話を聴いていました。
かつては治らない病気と言われた白血病が薬の開発により完全寛解率が96%になったという報告も紹介されました。
生徒からは、「がんにかかるとほぼ死亡するもので、その治療も難しいものだと思っていたが、分子標的療法で白血病も治すことができるようになってきたと聴いてとても勉強になった。」「生活習慣の乱れや細菌やウイルスによって発病してしまうのが現状なので、気をつけていこうと思った。」という感想が寄せられました。
講義の後の質問会では、オプジーボなどがんの薬に関する質問が盛んに出されました。
  

平成30年度 3学期始業式

大学出張講義
12月13日(木)文系 1,2年生希望者対象
京都大学大学院文学研究科博士後期課程1回生の藤田風花先生
 『キリスト教とイスラーム-異文化交流の歴史』

中近世の地中海世界において、対立しつつも、交易をおこなったり、同じ生活空間を共有したりしていたキリスト教徒とムスリムについて、対立の側面とは別の角度から、この二つの宗教を信仰する人々の相互交渉について興味深い話をいただきました。
参加した生徒は講義の内容だけでなく、人文学全体の具体的な研究内容や実際の研究者がどのように研究に取り組んでいるのかを知ることができ、将来の進路選択や現在の諸問題を判断する目を養う上で大変有益なものとなりました。


12月14日(金)理系 1,2年生希望者対象
東北大学大学院工学部材料工学研究科・工学部の高村仁教授
『東北大学工学部材料化学総合学科の紹介』

次世代電池やクリーンエネルギーについて、材料科学の視点から御教授いただきました。電池からエネルギーを効率よく取り出すためには、材料の研究、開発は欠かすことはできないこと、それらは化学反応や分子の振舞いに着目して開発されていることなどを学びました。

2018 2年生 修学旅行(台湾コース)
12/4(火)~12/7(金)

生徒35名で行ってきました。
  
初の試みとなる学校交流で台北にある桃園大華高校にお世話になりました。
一緒に英語の授業を受けたり、台湾のお茶文化、食文化を体験させていただいたりしました。
台湾流のおもてなしに感激でした。

日本でもおなじみの「千と千尋の神隠し」の舞台とされている九扮(きゅうふん)へ。
まさにあのファンタジックな世界へ・・・

現地の大学生に台北市内を案内していただくB&Sプログラム。
班別に分かれ、出国前に予定したそれぞれ行きたい場所へ行ってきました。


士林夜市へ。
台湾の方はよく食べる。夜市はとにかくそんな人がたくさん!!!
私たちも負けじと・・


日本との深い歴史を学びに、二二八記念館や総統府へ


帰りの飛行機が遅れるというハプニングにも、静高生はポジティブにどんな時も楽しむのでありました。


台湾の現地の高校生とふれあい、そして歴史、文化、食、現地の雰囲気を直接体験してきました。
自分の住む世界を飛び出して、外の世界を自分の足で歩く。
静高生にとって貴重な経験になりました。

平成30年度 第2学期終業式

修学旅行(奈良・京都)
日時  平成30年12月4日(火)~7日(金)  

対象  本校2年生
宿舎  奈良(THE KASHIHARA 2泊)・京都(新都ホテル 1泊)

 個々の研修テーマをもとに班別行動をしてきました。
 最初の2日間は冬にしては気温がとても高く、ワイシャツの袖をまくる生徒もいました。
 3日めは、雨の京都でした。最終日は、冬っぽくなりました。
 初日のみ希望者67名は貸切バスで奈良の室生寺・長谷寺・安倍文殊院を巡りました。

    
約600本の友禅のキモノフォレスト      桜・ぼたん・紅葉の名所の長谷寺


    
日本人より外国人観光客が多い東大寺   無限大の宇宙を表す奈良の大仏さま
 
    
依水園の入り口                 依水園の池の周りは紅葉の絨毯

    
奈良のホテルのディナー →          奈良名物の柿の葉寿司は美味

        
室生寺の五重塔は屋外では日本最小    奈良公園の木や土に同化した鹿 

平成30年度「卬高学習」大学訪問

進学重点コアスクール事業「第2回 医学講座」
日時:10月22日(月) 午後3時30分~5時30分
講師:静岡厚生病院 小児科 診療部長 田中 敏博 氏(本校卒業生102期)

演題:「小児医療の未来の仲間、募集します! in 静高」

聴講生徒 1,2年生約50名
会場:本校会議室


医学科を志望する希望者に対して第2回目の医学講座が開かれました。

田中氏は、高校時代バスットボール部で活躍し、県代表としてインターハイに出場した選手です。

3年生では、秋の国体まで練習を続け、現役で大学に進学しました。

大学でもバスケットボールを続け、体育会の選手として活躍しました。

静高、大学では、文武両道を貫き、大卒後は、県内外の病院、トロント小児病院等を経て現職についています。


先生からは、「小児科医が不足している本当の理由」、「良い医者の見極め方」等について「ちびまるこちゃん」の例をあげたりしながら、ユーモアたっぷりに興味深く語ってくださいました。

資料や写真もたくさんあって、参加した生徒からは、「医者の本音が聞けた」「やりがいを知ることができた」「医学部進学への意識が高まった」という意見が出されました。

講義が終わっても、多くの生徒が質問に残っていました。



平成30年度 進路講演会

平成30年度 秋季球技大会
秋季球技大会 結果

秋季東海総体出場 壮行会

平成30年度 体育大会

平成30年度 防災講演会

国境なき医師団特別講演会(第1回)
>日時 平成30年9月25日(火)17時~

会場 会議室
講師 国境なき医師団日本会長 加藤寛幸 氏
演題 「なぜ国境なき医師団を選択したのか」

生徒保健委員会研究班が主催して、国境なき医師団特別講演会が開かれ、1年生21名、2年生9名、保護者10名、教員7名、合計47名が参加しました。第1回目は国境なき医師団の理念や他組織との違いなどから、先生が国境なき医師団を志した理由や現地での活動の様子について、写真を交えながらお話がありました。
 「今後の進路選択を考える際に、好きなことを見つけてそれを突きつめていけばいいと大人から言われることがあると思う。それは正しいし、大事なことだと思うが、それと同時に自分に求められていることは何か、と考えてみてほしい。私は、好きなことと自分に求められていることの天秤が同じくらいのバランスで保たれ、国境なき医師団の活動を続けている」という言葉があり、職業観を考えさせられるアドバイスもいただきました。


留学体験発表会
以下の日程で留学体験発表会が行われました。以下の4人の生徒は静岡県の高校生交流事業により、夏休みに短期留学をしました。その体験を生徒、職員に発表しました。


日時:平成30年9月19日(水)15:40~ 

場所:会議室

発表者:短期留学体験者

  ①アメリカ ジョージタウン大学(ワシントンDC)短期留学

       1126 鈴木 颯冴さん
  ②アメリカ カリフォルニア州立大学短期留学

       2335 宮本 伊織さん
       2439 渡辺 敦子さん
       2427 鴇田 絢子さん

発表内容は留学時の体験をもとに、日本との違いに驚いたこと、感じたこと、留学の持つ意味について考えたことなど多岐にわたりました。一人一人の経験は異なりましたが、4人に共通していたことはグローバル時代に対応するには英語力はもちろんのこと、それよりも積極性、自主性の大切さだということでした。

4人が貴重な経験を通して生き生きと話す様子が、大変印象的でした。



進学重点コアスクール事業「第1回 医学講座」
日時 平成30年9月11日(火) 午後3時30分から5時30分

会場 本校会議室
講師 静岡県立総合病院 集中治療科/心臓血管外科 秋本剛秀医師(本校96期生)
演題 「脳死、移植、倫理、近未来医療について」

 医師に関心のある生徒に対し、現役の医師から医療現場の実態、医療に向ける心構え、職務の使命感を学ぶことで医学的知識を深めて医学科入試対策とするとともに、目標達成に向けて志望を固める機会とすることを目的に、「第1回医学講座」が開かれました。
 本校会議室には、1年生33人、2年生25人、3年生7人の計65人が集まりました。(3年生は進学講習と重なり、少なかったと思われます。)
 脳死の捉えかた、臓器移植の実態、人工心臓の進化と歴史、そして医療に携わる医師として必要な人間性や患者への話し方等いわゆる医師としての在り方、そして職業人としての厳しさとともに医師のやりがいを語っていただきました。
 先生は、県内の医師不足から1人でも多く医師になってほしいとの気持ちから熱意がこもり、わかりやすいお話をされ、講義の90分が短く感じられました。質疑応答では、多くの質問に対し、丁寧にお答えくださり、生徒は大変充実した時間を過ごすことができました。


平成30年度 第二学期がスタートしました

平成30年度 第一学期終業式・離任式・表彰式

平成30年度 夏季球技大会
 期末テストを終えた7月9日(月)、球技大会が行われました。

  爽やかな汗を流して勉強の息抜きをし、仲間を称え合って絆を深め、自己管理能力を全員が発揮したことで大怪我・熱中症ゼロとなり、体育委員長藤田君の「暑さに負けない熱い球技大会に」との思い通りの大会となりました。

  【大会結果】
   男子 サッカー 優勝 35HR  準優勝 37HR
       バスケ  優勝 31HR  準優勝 32HR
       水球   優勝 36HR  準優勝 24HR
   女子 バレー  優勝 22HR  準優勝 35HR
       卓球S  優勝 大庭(27)  準優勝 杉浦(18)
       卓球W  優勝 小川・好村(23)  準優勝鈴木・鈴木(13)
       ソフトテニス 優勝 小林・坂井(31)  準優勝 長田・谷川(35)

  

  準備・運営で活躍してくれた部活動、体育委員のみなさん、ありがとうございました!

前へ