静岡県立静岡高等学校(静岡高校・静高)全日制公式ホームページ
 

  • 平成29年度
  • 平成28年度
  • 平成27年度
  • 平成26年度
  • 平成25年度
平成30年度「卬高学習」大学訪問

進学重点コアスクール事業「第2回 医学講座」
日時:10月22日(月) 午後3時30分~5時30分
講師:静岡厚生病院 小児科 診療部長 田中 敏博 氏(本校卒業生102期)

演題:「小児医療の未来の仲間、募集します! in 静高」

聴講生徒 1,2年生約50名
会場:本校会議室


医学科を志望する希望者に対して第2回目の医学講座が開かれました。

田中氏は、高校時代バスットボール部で活躍し、県代表としてインターハイに出場した選手です。

3年生では、秋の国体まで練習を続け、現役で大学に進学しました。

大学でもバスケットボールを続け、体育会の選手として活躍しました。

静高、大学では、文武両道を貫き、大卒後は、県内外の病院、トロント小児病院等を経て現職についています。


先生からは、「小児科医が不足している本当の理由」、「良い医者の見極め方」等について「ちびまるこちゃん」の例をあげたりしながら、ユーモアたっぷりに興味深く語ってくださいました。

資料や写真もたくさんあって、参加した生徒からは、「医者の本音が聞けた」「やりがいを知ることができた」「医学部進学への意識が高まった」という意見が出されました。

講義が終わっても、多くの生徒が質問に残っていました。



平成30年度 進路講演会

平成30年度 秋季球技大会
秋季球技大会 結果

秋季東海総体出場 壮行会

平成30年度 体育大会

平成30年度 防災講演会

国境なき医師団特別講演会(第1回)
>日時 平成30年9月25日(火)17時~

会場 会議室
講師 国境なき医師団日本会長 加藤寛幸 氏
演題 「なぜ国境なき医師団を選択したのか」

生徒保健委員会研究班が主催して、国境なき医師団特別講演会が開かれ、1年生21名、2年生9名、保護者10名、教員7名、合計47名が参加しました。第1回目は国境なき医師団の理念や他組織との違いなどから、先生が国境なき医師団を志した理由や現地での活動の様子について、写真を交えながらお話がありました。
 「今後の進路選択を考える際に、好きなことを見つけてそれを突きつめていけばいいと大人から言われることがあると思う。それは正しいし、大事なことだと思うが、それと同時に自分に求められていることは何か、と考えてみてほしい。私は、好きなことと自分に求められていることの天秤が同じくらいのバランスで保たれ、国境なき医師団の活動を続けている」という言葉があり、職業観を考えさせられるアドバイスもいただきました。


留学体験発表会
以下の日程で留学体験発表会が行われました。以下の4人の生徒は静岡県の高校生交流事業により、夏休みに短期留学をしました。その体験を生徒、職員に発表しました。


日時:平成30年9月19日(水)15:40~ 

場所:会議室

発表者:短期留学体験者

  ①アメリカ ジョージタウン大学(ワシントンDC)短期留学

       1126 鈴木 颯冴さん
  ②アメリカ カリフォルニア州立大学短期留学

       2335 宮本 伊織さん
       2439 渡辺 敦子さん
       2427 鴇田 絢子さん

発表内容は留学時の体験をもとに、日本との違いに驚いたこと、感じたこと、留学の持つ意味について考えたことなど多岐にわたりました。一人一人の経験は異なりましたが、4人に共通していたことはグローバル時代に対応するには英語力はもちろんのこと、それよりも積極性、自主性の大切さだということでした。

4人が貴重な経験を通して生き生きと話す様子が、大変印象的でした。



進学重点コアスクール事業「第1回 医学講座」
日時 平成30年9月11日(火) 午後3時30分から5時30分

会場 本校会議室
講師 静岡県立総合病院 集中治療科/心臓血管外科 秋本剛秀医師(本校96期生)
演題 「脳死、移植、倫理、近未来医療について」

 医師に関心のある生徒に対し、現役の医師から医療現場の実態、医療に向ける心構え、職務の使命感を学ぶことで医学的知識を深めて医学科入試対策とするとともに、目標達成に向けて志望を固める機会とすることを目的に、「第1回医学講座」が開かれました。
 本校会議室には、1年生33人、2年生25人、3年生7人の計65人が集まりました。(3年生は進学講習と重なり、少なかったと思われます。)
 脳死の捉えかた、臓器移植の実態、人工心臓の進化と歴史、そして医療に携わる医師として必要な人間性や患者への話し方等いわゆる医師としての在り方、そして職業人としての厳しさとともに医師のやりがいを語っていただきました。
 先生は、県内の医師不足から1人でも多く医師になってほしいとの気持ちから熱意がこもり、わかりやすいお話をされ、講義の90分が短く感じられました。質疑応答では、多くの質問に対し、丁寧にお答えくださり、生徒は大変充実した時間を過ごすことができました。


平成30年度 第二学期がスタートしました

平成30年度 第一学期終業式・離任式・表彰式

平成30年度 夏季球技大会
 期末テストを終えた7月9日(月)、球技大会が行われました。

  爽やかな汗を流して勉強の息抜きをし、仲間を称え合って絆を深め、自己管理能力を全員が発揮したことで大怪我・熱中症ゼロとなり、体育委員長藤田君の「暑さに負けない熱い球技大会に」との思い通りの大会となりました。

  【大会結果】
   男子 サッカー 優勝 35HR  準優勝 37HR
       バスケ  優勝 31HR  準優勝 32HR
       水球   優勝 36HR  準優勝 24HR
   女子 バレー  優勝 22HR  準優勝 35HR
       卓球S  優勝 大庭(27)  準優勝 杉浦(18)
       卓球W  優勝 小川・好村(23)  準優勝鈴木・鈴木(13)
       ソフトテニス 優勝 小林・坂井(31)  準優勝 長田・谷川(35)

  

  準備・運営で活躍してくれた部活動、体育委員のみなさん、ありがとうございました!

平成30年度 東海総体 壮行会

卬高祭(文化祭)
6月6日(金)文化祭が静岡市民文化会館において開催されました。
演劇部、弦楽合奏部、ギター部、マンドリン部、応援指導部、吹奏楽部などがステージでハイレベルな発表を行いました。幕の間には、他の部活動生徒が、コントなどを披露し、笑いを誘っていました。

6月7日(土)卬高展が学校で開かれました。書道部や理科系部活、囲碁部、将棋部、郷土研究部などの展示が行われ、多くの保護者や地域の方々が訪れました。


グラウンドでは、野球部が県立岐阜商業高校との招待試合を行いました。結果は1試合目が勝利、2試合目が引き分けでした。


6月8日(日)には、伝統の「仮装」がグラウンド行われました。1年生から3年生までクラスごとのオリジナル無声劇で、独創性や演技力を競いました。こちらも多くの観客が集まり、4時間にわたるイベントでしたが、どのクラスもよく工夫され、演技の高さもあって時間を忘れて楽しんでいました。

避難場所としての本校を見学研修しました

PDA即興型ディベート講習会

平成30年度 PTA総会

第39回 教育講演会(平成30年度)

平成30年度がスタートしました 入学式・始業式他