静岡県立清水東高等学校
 
学校案内 学校生活と行事 進路中学生のみなさんへ SSH style= 部活動 事務室より 定時制
 
ホーム>部活動>パソコン

  • 野球部
  • サッカー部
  • 男子バスケットボール
  • 女子バスケットボール
  • 男子バレーボール
  • 女子バレーボール
  • 男子ハンドボール
  • 女子ハンドボール
  • 剣道
  • 弓道
  • 山岳
  • 男子ソフトテニス
  • 女子ソフトテニス
  • 卓球
  • テニス
  • 陸上競技
  • 写真
  • 新聞
  • 囲碁
  • パソコン
  • 英語
  • 音楽
  • 吹奏楽
  • 化学
  • 物理
  • 生物
  • 地学
  • 美術
  • 茶華道
  • 放送
  • 文芸
  • 数学
  • 書道
  • 百人一首
2020年春 情報オリンピック本選レポート&「情報の達人」に選ばれる!
①情報オリンピック本選レポート
 ○初日の午後 プラクティス(実機練習)を2時間
  ・本選はwindows上ではなく、オープンソースのlinux上で稼働するUbuntuで行います。
  ・パソコン甲子園本選の問題レベルに相当しますが、
   長島帝午君(2年生)は制限時間ギリギリで5問完答! 成長した~。

 ○初日の夕方 NTTデータの濱野賢一朗様の講演 「オープンソースソフトウェアのすゝめ」
  ・高校ではwindowsが主流ですが、GAFAなど世界を席巻する企業を中心に
   オープンソースを基に人材育成が行われ、私たち日本人もそこに乗らなければいけません。
 
 ○二日目の本選(4時間)
  ・つくば国際会議場の大会場で戦えることに感慨深いものがあります。
  ・結果は・・・
         出題5問(500点)中、 第1問完答(100点)、 第2問部分点(13点) の113点
  ・参加者の中ではまだ苦しい位置にいますが、長島君曰く
   「パソコン甲子園では実力を発揮できずに終わったけど、
    今回は全てを出し切ることができたので、個人的には大変満足しています」。

  ・顧問としても、パソコン部が本格稼働して3年目でここまで成長できたことが嬉しいです。
 
 ○本選を終えて・・・
  ・3年以内(2023年まで)に、情報オリンピック世界大会で金メダルを獲得します!
  ・2年生の長島君を中心に、後輩たちがより早くプログラミングを習得できるように、
   アルゴリズム研究とテキスト作りを進めております。
  ・世界1位にならなければならないのです!情報社会を日本人も制しなければならないのです!
  ・本選後、日本情報学研究所主催の「情報の達人」を説明会がありました!
   もちろん、パソコン部は乗っかります!



②1年生の幡鎌由起君(東豊田中卒)が
「情報の達人」の選考で30人の中に選ばれました!
 ○「情報の達人」とは・・・
  ・国立情報学研究所が主催し、世界で戦える人材を養成する英才教育プログラムです。
   詳しくは下のリンクから!
    https://www.nii.ac.jp/news/2020/0114.html
  ・次期エース幡鎌君が、これから半年間、日本の最先端の若手研究者(メンター)の指導を受けながら、
   AIに関係する研究を行う予定です。研究成果次第で、さらに半年間研究を延長することになります。

 ○パソコン部としての想い
  ・一人にに英才教育を施すことで、彼が他のパソコン部員を成長させられます。
  ・プログラミング班の全員が情報オリンピック本選出場できるレベルになりたい。
  ・その技術力と清高生の知力とバイタリティで、起業も含めて社会に還元したい。
  ・清水東高校パソコン部にはそんなチャンスがあります。ぜひ入部してね。

2019年冬 2つの全国大会出場!!
①【パソコン甲子園2019本選 11月9(土)~10(日) 会津大学(福島県会津若松市)】レポート
 ○本選前の意気込み・・・巴川チーム/2年長島(付属島田中出身)&2年柳原(清水一中出身)
  ・清水東高校は部員同志で教えあって頑張っています。
   私たちが所属するパソコン部で初めてのパソコン甲子園本選出場なので、
   気合いを入れてより多くのことを学んで巴川に帰りたいです。


 ○本選結果・・・惨敗でした。
  ・そもそも「コンソールアプリケーション」の概念を知りませんでした。
   これを知らないと自分たちで書いたプログラミングを提出する前に行うコードテストができません。
   初心者集団ならではの落とし穴でした。
  ・「アルゴリズム」 習得の重要性を痛感しました。
   今まで数学的才能だけで解答していましたが、アルゴリズムを知っていればもっと速く解答できました。
   アルゴリズムって?それはいち早く処理するための 「考え方」 です。
   例えば、「300ページある本の160ページ目を開くプログラミングをせよ」
   と問題があれば、「1ページ目から1枚ずつ開くことを160回繰り返す」 処理よりも、
   「本の真ん中を開き、10枚めくる」 処理の方が速く開けるということです。

 ○本選出場の収穫
  ・アルゴリズム研究の開始!
   2年のプログラミング班9名が3月まで各種アルゴリズムを分担して研究中です。
   現1年と来年度の新入生に効果的に教えられるようになるのが目標。
  ・本選2日目夜の交流会
   他校のプログラミング活動を知り、会津大学教授の皆様からも
   直接アドバイスを受けることができました。とても貴重な時間となりました。

 ○本選の様子はこちらを見てね
  ・パソコン甲子園本選出場チーム一覧 灘・開成・筑駒を越えねば!
   http://web-ext.u-aizu.ac.jp/pc-concours/2019/final/f_finalteam2019.html


②【第19回日本情報オリンピック(JOI 2019/2020)本選】出場決定!

 ○部長の2年長島君(島附出身)が選ばれました!
  ・情報オリンピック本選招待者一覧
   https://www.ioi-jp.org/joi/2019/2020-ho-invited-list.html

 ○1次予選と2次予選の結果
  ・Score300を目指すには、やはりアルゴリズムが必要です。


③中学生のみなさんへ

 ○情報分野で活躍したいなら、ぜひ清水東高校を志望してパソコン部に入部しよう!
  ・近隣の進学校にはない特色が本校パソコン部にはあります。詳しくはQ&Aを読んでね。


 ○よくある質問
  Q プログラミングは高校入学からでも大丈夫ですか?
  A 大丈夫です!全国出場した生徒も含めて、全員が高校入学後に始めました。
    プログラミング競技では全国大会に出場できなくても、
    1年生でもゲーム制作のプログラミングでC++を駆使しています。

  Q 専門的に教えてくれる先生はいますか?
  A いませんが、各班で教えあって伸びています。
    2017年に活発化して以降ノウハウも蓄積しつつあり、活動中も年々楽しそうになっています。
    重要なのは各自が興味ある分野を学び、お互い教えあうことです。
    これこそが清水東高パソコン部のあり方です。
    先生の役割は方針を示すことと環境整備であり、生徒は主体的に活動します。

  Q お金はかかりますか?
  A 現時点では徴収していません。
    もしかして年間1,500円程集めるかもしれませんが、
    今のところ 「安い投資で大きな成果」 を得る教育を目標としています。
    部内の古いパソコンもパーツを組み合わせて高性能化を図っています。

  Q 部活動の目標は何ですか?
  A 身につけた情報技術を用いて、将来どのように活用するかを考えることです。
    
特に「起業」を志し、社会を変える人材となること。「意識高い系」への登竜門だと思って下さい。

  Q 土日に練習したり、制作したり、プログラミング塾に行ったりしますか?
  A 全くしていません。あくまで平日週3日という限られた時間内に何ができるかを突き詰め、
    効率性を考え続けるのがパソコン部員のモットーです。
    「何でもかんでも時間とお金を掛けてできるようになる」 というのは、
    高度経済成長期には重要でしょうが、成熟社会であり国際化の波の中の現代日本には、
    今までと違った考え方が必要でしょう。
    その考え方は何なのか、それをぜひ清水東高パソコン部で探しましょう。

  Q 先輩後輩の関係は厳しいですか?
  A 先生も含めてフラットな関係を維持しています。
    先輩後輩の関係を気にせず、各自の興味と能力を発揮してほしいです。男女とも仲良くやっています!

2019年秋 パソコン部の「結果とプロセス」
①まずは結果!
 ○パソコン甲子園2019 全国大会出場決定! (11月9~10日、会津大学)
  ・チーム巴川(2年長島、2年柳原) 全国出場30チームに選ばれる!
  ・筑駒、灘、開成高校と競ってほしいです!

 ○その他チームの成績 (暫定順位なので変動あります)
  ・興津川     471位/701チーム
  ・庵原川     320位
  ・波多打川    575位
  ・藁科川     511位
  ・由比川     640位
  ・滝ケ原川    524位
  ・安倍川      81位 ←1年生チーム、来年有望です!!
  ・丸子川     494位
  ・大谷川放水路 420位

 ○昨年度の情報オリンピック予選結果
  ・現3年 青山 300点 Bランク 敢闘賞
  ・現3年 牧田 300点 Bランク 敢闘賞
  ・現2年 長島 307点 Bランク 敢闘賞
  ・その他10名が40~0点 Cランク
 
 ○今年度の情報オリンピック予選(9~11月の計3回開催)
  ・すでに3名が300点(満点)で二次予選に出場決定
  ・今後数名が300点を取る予定
  ・競い合って、教えあって、今年こそ全国出場&国際情報オリンピック出場するぞ!


②今年度の活動状況(プロセス)
 ○部員37名! ←【2017年では男子5名だったのが、今や7倍に。勢いあります】
  ・3年:男子3名 女子2名 (普通科オンリー)
  ・2年:男子10名 女子8名 (理数科4名)
  ・1年:男子9名 女子5名 (理数科2名)
  ・顧問:男性1名(地歴公民科) 初音ミク2名

 ○活動日
  ・毎週3日(月・火・木) 1~2時間(遅くても18:00位まで) 土日祝日完全休養!

 ○方針
  ・自分たちで主体的に活動。
  ・常にパイオニアとして臨み、教わるよりも学び、そして教えあう。
    →生徒は顧問から教わるのではないよ!
    →生徒が主体的に学ぶのです!!
  ・身に着けたパソコン技術を用いて、将来どのように活用するかを考える。
   特に「起業」を志し、社会を変える人材となる。
  ・OB、OGは大学で学んだことを、現役生に還元する。 ←New!!

 ○野望
  ・今年度こそ都内のIT企業を訪問するぞ。
  ・(株)CaSy、Yahoo!を訪れて、見識を広げたいぜ。


③活動構成
 ○全員必修
  ・ブラインドタッチ、動画編集、学校祭でのC++講座のレクチャーに必要な技能習得
 
 ○プログラミング班
  ・C++、パソコン甲子園・情報オリンピック対策
  ・ゲーム制作(Visual Studio、Unityを担当)

 ○動画編集班
  ・学校祭実行委員会や生徒会執行部からの依頼動画などの作成
  ・ゲーム制作(Aviul、初音ミクでのBGM制作を担当)

 ○作画班
  ・Clip Studioを使ってCG制作。パソコン甲子園に出展
  ・ゲーム制作(キャラ・背景画などを担当)

 ○広報班
  ・学校行事等で、パソコン部の広報活動を行う。
  ・ゲーム制作(みんなが参加したくなる雰囲気を作る担当)

④中学生の皆さんへ
 ○ぜひパソコン部に入部して、主体的に学ぶ姿になろう!
 ○そして、「清水東」の名を世界に轟かせよう!
  We want you. You need us!!
  待ってるよ~。