静岡県立清水東高等学校
 
学校案内 学校生活と行事 進路中学生のみなさんへ SSH 部活動 事務室より 定時制
 
ホーム>部活動>化学

第35回山﨑賞 3件受賞!
 自然科学部化学班では、日々研究活動に取り組んでいます。
  「濃淡電池の電圧の挙動」で2年清水開、宮田将希
  「ルミノール反応の触媒活性について」で2年細野恵大、石田誉人
  「アルマイト作成条件と着色の変化」で2年森下周一郎、恵慎太郎
 が受賞し、先日2月16日にもくせい会館で行わた表彰式に参加してきました。
 今後も研究活動に取り組んでいきたいと思います。応援ありがとうございました。

化学班 生徒理科研究発表会で最優秀賞!全国大会出場決定!!
11月11日(日)に静岡科学館る・く・るにて行われた,第56回静岡県高等学校生徒理科研究発表会県大会(高文連県大会)に,「アルマイト作成条件と着色の変化」,「ルミノール反応の触媒活性について」,「BZ反応と外圧との関係」の3テーマで6名が出場しました。
 2年生の森下周一郎と恵慎太郎の「アルマイト作成条件と着色の変化」が最優秀賞4点中の1点に選ばれ,平成31年7月に佐賀県で行われる,第43回全国高等学校総合文化祭自然科学部門に出場することが決定しました!

第27回東海地区高等学校化学研究発表交流会 優秀賞受賞!
11月3日に名古屋大学で行われた,第27回東海地区高等学校化学研究発表交流会において,近藤樹と多々良颯太の「BZ反応の酸化還元電位の変化と外圧の関係」の発表が,優秀賞に選ばれました。さらに,その優秀賞を受賞した中で,審査員の中で最も高評価であったことから,来る3月26日に芝浦工業大学にて行われる,日本化学会関東支部化学教育協議会主催の第36回関東支部化学クラブ研究発表会で招待講演することが正式に決まりました!

第62回静岡県学生科学賞県科学教育振興委員会賞を受賞!
本校化学班2年生の近藤樹と多々良颯汰の『BZ反応の酸化還元電位の変化と外圧の関係』の論文が,県科学教育振興委員会賞を受賞し,11月10日(土)に静岡県庁にて行われた授賞式に参加してきました。

『あつまれ!ふしぎひろば』に参加してきました。
11月23日(祝)に静岡科学館る・く・るで行われた,『あつまれ!ふしぎひろば』に,「化学の不思議な世界」の1ブースを出展し,地元の児童・生徒を対象に演示実験を行いました。

化学グランドコンテストに参加してきました。
10月27日(土)に,名古屋市立大学田辺通キャンパスにて行われた,第15回高校化学グランドコンテストに本校化学班が,「アルマイト作成条件と着色の変化」,「金属イオンに対する酵母の応答」,「ルミノール反応の触媒活性について」,「濃淡電池の電圧の挙動について」の4つのテーマで,ポスター発表を行ってきました。大学の先生や他校の生徒から質問を受けるなど,多くの交流があり,充実した会になりました。

静岡県総合教育センターで電子顕微鏡による観察を行ってきました。
8月3日(金)に,課題研究「アルマイト作成条件と着色の変化」の研究班が,作成したアルマイトの表面観察をするため,学校等支援研修として,静岡県総合教育センターの鈴木真一教育主幹に御指導いただき,電子顕微鏡による表面の観察を行いました。


静岡大学へ可視吸収スペクトルの測定に行ってきました。
9月22日(土),29日(土),10月8日(祝)に,課題研究「アルマイト作成条件と着色の変化」の研究班が,静岡大学理学部近藤満教授と実験内容についての相談をさせていただくとともに,可視吸収スペクトルの測定の御指導を受け,錯体分子構造の解析を行ってきました。

タイ王国へ海外研修に行ってきました。
昨年度,「BZ反応」の研究に携わっている,1年生部員2人が,静岡大学における『未来の科学者養成スクールFSS』の学校推薦・連携活動型の基礎力養成コースの受講生に選出され,今年度,この生徒2人は発展コースへと進み,引き続き,静岡大学理学部の近藤満教授からの御指導を受けて,研究を行っています。
これまでの研究が評価され,この生徒2人は,8月5日(日)から9日(木)の期間でタイ王国にて実施された海外研修のメンバーに選出されました。研修先は,タマサート大学およびプリンセスチュラポーン・サイエンスハイスクールなどであり,1日目はタマサート大学のキノコの培養を行っている研究室やテキスタイルデザインを教えている教室,バイオガソリンやナノ粒子の研究をしている研究室などの研究内容説明を受けるとともに体験学習も行いました。同日午後にはSCIUSとFSSの合同研究発表会に参加しました。研究発表会では,日本,タイからそれぞれ3つの研究者・グループが英語で口頭発表および質疑応答を行いました。その後,世界遺産のアユタヤ歴史公園を見学し,タイの歴史について学びましだ。2日目は,タイ国立科学技術開発庁(NASTDA)を訪れ,NANOTEC(ナノ科学), BIOTEC(生命科学)の研究所を訪問し,撥水コーティングの開発を行っている研究室や微生物の収蔵や研究を行っている研究室を見学しました。高校生が実施している研究内容の紹介を受けたほか,タイの伝統衣装を着て伝統舞踊を踊ったり,言語を学んだりと,タイの文化についても深く知る機会となりました。

静岡大学サイエンスカフェに参加してきました。
「BZ反応」の研究に携わっている,2年生部員2人が,9月14日(金)に,,B-nest静岡市産学交流センター(ペガサート6F内)で行われた,静岡大学グリーンサイエンス学部主催のサイエンスカフェの口頭発表に参加し,一般市民向けに研究発表を行いました。

理科研究発表会県大会へ,化学班から3チーム出場!
10月14日(日)に,本校化学班の生徒が,高文連自然科学専門部生徒理科研究発表会中部地区大会において,「アルマイト作成条件と着色の変化」,「金属イオンに対する酵母の応答」,「ルミノール反応の触媒活性について」,「濃淡電池の電圧の挙動について」,「BZ反応と外圧との関係」で口頭発表を行いました。全18テーマの参加があり,「アルマイト作成条件と着色の変化」,「ルミノール反応の触媒活性について」,「BZ反応と外圧との関係」が優秀賞5点のうちの3点に選ばれ,ともに県大会に出場することになりました。県大会は,11月11日(日)静岡科学館る・く・るにて行われます。応援よろしくお願いいたします。

青少年のための科学の祭典に参加してきました。
 8月10日、11日に、静岡科学館る・く・るにて行われた、サイエンスフェスティバル in る・く・る 2018 (「青少年のための科学の祭典」第 22 回静岡大会)に参加してきました。

 本校は「化学の不思議な世界」というテーマで、液体窒素を用いた演示実験を行いました。子供達だけでなく大人の方も、楽しんで参加していただけました。

青少年のための科学の祭典に参加してきました。
 8月10日、11日に、静岡科学館る・く・るにて行われた、サイエンスフェスティバル in る・く・る 2018 (「青少年のための科学の祭典」第 22 回静岡大会)に参加してきました。

 本校は「化学の不思議な世界」というテーマで、液体窒素を用いた演示実験を行いました。子供達だけでなく大人の方も、楽しんで参加していただけました。

静岡大学公開講座に参加してきました。
 8月19日に、静岡大学理学部で行われた『体験!大学の化学実験』に化学班7名が参加してきました。
 内容は「ルミノールの合成と発光実験」でした。生徒達は、熱心に実験の取り組み、自ら実験で作成したルミノールを用いて発光実験を行ったところ、見事成功しました。



静岡県総合教育センター(あすなろ)に行ってきました。
 8月3日に、化学班でアルマイトの研究に取り組んでいる生徒達が、静岡県総合教育センターにて学校授業支援として行われた、電子顕微鏡による資料の測定に行ってきました。
 センターの先生から丁寧な指導を受けることができ、精度の高い電子顕微鏡で、数万倍まで詳細にアルマイトの表面を観察することができました。今後も、様々な視点からの実験を行い、研究内容をより深めていきたいと思います。

化学グランプリに参加してきました。
化学班をはじめとする、本校生徒45名が、化学グランプリ2018の地区予選に参加してきました。うち、上位5%以内に2名、上位5~10%以内に3名が入りました。来年度も引き続き、生徒には挑戦して欲しいと思います。

IAIミニロボボランティアに参加してきました。
7月28日、29日に、静岡市こどもクリエイティブタウンま・あ・るにて行われた、「ミニロボ工作クラブ」の高校生ボランティアとして、活動してきました。小学生の子供たちと楽しく工作活動に取り組むことができました。

静岡大学FSS(未来の科学者養成スクール)開校式に参加してきました。
化学班は、「酵母を用いた金属塩水溶液中でのコロニーの生成条件の解明」と「ルミノール反応の発光強度と反応条件の解明」の2テーマで、4名の2年生部員が静岡大学FSSの受講生として選ばれ、7月29日に、静岡大学理学部で行われた開校式に参加してきました。これから、静岡大学の先生方の御指導も受けながら本格的な研究活動に取り組みます。

第34回 山﨑賞受賞!
自然科学部化学班では、日々研究活動に取り組んでいます。先日、応募した山崎賞において、
研究テーマ「糖溶液での凝固点降下の理論値とのズレ」で、大村 和樹(21HR)・望月 啓靖(21HR)・山下明日香(21HR) が、
研究テーマ「BZ反応の酸化還元電位の変化と外圧の関係」で、近藤 樹(11HR)・多々良 颯汰(11HR) が、
受賞しました。今後も研究活動に熱心に取り組んでいきたいと思います。

あつまれ!ふしぎひろば に参加しました。
 11月23日(祝)に静岡科学館る・く・るで行われた、「しずおか中部連携中枢都市圏ビジョン サイエンスキッズ育成事業 あつまれ!ふしぎひろば」に参加しました。
 化学班は、「化学の不思議な世界」のブースを出展し、液体窒素の演示実験やスライム作りの体験実験を行い、多くの子供たちに化学の楽しさや面白さを伝えました。
 
 とくにスライム作りは400人分の材料が無くなってしまうほどの盛況振りでした。

前へ