静岡県立清水東高等学校
 
学校案内 学校生活と行事 進路中学生のみなさんへ SSH 部活動 事務室より 定時制
 
ホーム>学校生活と行事>学校生活

  • 学校生活
  • 行事
  • 年間行事予定
令和2年度3学期終業式
令和3年3月19日(金)
 本日、3学期終業式が講堂で行われました。始業式に先立つ表彰式では女子ハンドボール部、囲碁部、文芸部、新聞部、パソコン部、自然科学部化学班、音楽部、SSH課題研究、英作文コンテスト等上位大会で入賞した多くの生徒が壇上に上がり、表彰を受けました。
 終業式では校長先生から、コロナ禍の制約の中でも多くの生徒が表彰を受けたことを挙げ、「できない理由を探すのではなく、できる方法を探す」こと、そのためには情報収集が必要であること、完璧主義はつぶれるからできるところまでやればよいこと、知力だけではなく精神力、最後は体力がモノをいうこと、自分を客観的に捉える「メタ認知」が大事であること、そのためにも最近発行された「清水東高校卒業生による最新大学情報2020」の「大学・学部・学科を決定した経緯」「後輩へのアドバイス」がとても参考になること等を講話いただきました。
 終業式の後、学校祭実行委員会から6月に予定している学校祭について動画を交えて紹介がありました。今年度の学校祭は中止となってしまい、現1年生は学校祭を体験していません。これまでの学校祭の伝統を継承し、来年度は方法を工夫して何とか開催をめざしたい実行委員会の思いが伝えられました。

令和2年度第2回学校評議員会
令和3年2月10日(水)
 本年度2回目の学校評議員会が開催されました。今回は本年度の学校経営の目標に対する成果や課題について評議員からご質問、ご意見をいただく会合です。校長あいさつに続き、副校長、全日制・定時制の各分掌からの説明に対し、評議員の皆様からは多くの激励、貴重なご意見をうかがうことができました。来年度の学校経営計画に生かしていきます。

いなば食品株式会社様より、非常時備蓄食料としてツナ缶を寄贈していただきました


(いなば食品株式会社副社長より目録の贈呈)


今年もいなば食品株式会社様より、本校の非常時備蓄食料としてツナ缶を寄贈していただきました。

令和3年1月28日(木)
いなばホワイトツナフレーク 1032缶

3年前にいただいたツナ缶は卒業式の日に卒業生に配布させていただいています。
地域貢献していただいている、いなば食品様に感謝いたします。

3学期始業式
令和3年1月5日(火)
 今日は3学期始業式でした。式は2学期終業式と同様、リモートで校長室と各教室を結んで行いました。校長先生からは「大きな変化が求められている時代だが変化を恐れない。人に言われてやるのではなく自分から取り組んでいくのが本当の努力。失敗を糧にやり直す気持ちを持っていこう。健康第一で日々生活しましょう。」というお話をいただきました。
 式が終了してからはLHR。明日、明後日はテストになります。

エンパワーメントプログラム最終日
令和2年12月25日(金)

エンパワーメントプログラム5日目となりました。

Final Presentations by Each Student
What did you learn during this programs?
Do you think that you have changed in any way?If yes, how?
What is your goal and what efforts will you make from now on to achieve it?

最後は一人ひとりがプレゼンテーションをしました。







集合写真

献血を実施しました
令和2年12月21日(月)
 献血を実施しました。生徒、教職員合わせて48名の人が受付にきてくれました。ご協力ありがとうございました。
 血液センターの方に県内の献血の現状をうかがったところ、現在、血液が不足している東京都、神奈川県へ近隣である静岡県が血液を提供している事から、静岡県内の血液は「ギリギリ」な状況だそうです。(新型コロナの影響で、東京都や神奈川県では献血を実施する事ができていないためだそうです。)
 今回、献血を実施できなかった人や、申し込みをしなかった人も、県内の献血ルームやイベント会場などで献血を実施する事ができますので、ご協力よろしくお願いします。
 献血ルームは、西部が浜松市中区、中部が静岡市葵区、東部が駿東郡清水町にあります。
 
 

エンパワーメントプログラム2日目の様子
昨日に引き続きエンパワーメントプログラムに本校理数科1年生が参加しています。
本日のProjectは”Green School Project” 
グループごと校内を巡り、発見したこと考えたことを プレゼンテーションしました。

2学期終業式他
令和2年12月21日(月)
 本日は2学期終業式でした。式は初めての試みとなるオンラインで、校長室と各教室を結ぶ形式で実施しました。うまくつながるか不安でしたが、大きな支障なく式を終えることができました。
 終業式では校長先生からは、コロナ禍の2学期ではあったが、体育祭や2年生の研究旅行を無事に終えることができたこと、来月の共通テストに向け、3年生は体調を整えて頑張ってほしいこと、また、今から40年前の1980年12月8日に亡くなったジョン・レノンの楽曲「Starting Over」を取り上げ、「『Starting Over』は「やり直し、出直し」という意味である。今年1年でミスしたこと、失敗したことを思い浮かべ、来年そうした失敗をまた繰り返さないように振り返ろう。年明けに元気な顔で会いましょう。」というお話をいただきました。
 午後は校内でさまざまな取組が行われました。1,2年生有志を対象にバルセロナオリンピック金メダリスト岩崎恭子さんのリモート講演会、希望者を対象にした献血、1年生理数科対象のエンパワーメントプログラム、正念場の3年生対象の冬期特指等々。エンパワーメントプログラムは12月25日まで、3年生の冬期特指は12月28日まで行われます。

終業式に先立って表彰式(オンライン)


各教室での終業式(オンライン)


3年生冬期特指



エンパワーメントプログラム
12月21日エンパワーメントプログラムが始まりました。対象は11HR生徒です。1日目の様子を掲載します。

1,2年生保護者への授業公開
令和2年11月12日(木)、13日(金)
 2日間、1,2年生保護者を対象とした授業公開を実施しました。2日間合わせておよそ130人の保護者の方に御来校いただき、授業の様子を参観していただきました。ありがとうございました。

ロンドンパラリンピック出場 春田純さん講演会
令和2年11月10日(火)
 7時間目に1年生を対象に「オリンピック・パラリンピック ムーブメント全国展開事業」の講演会が開催されました。
 講師には2012年のロンドンパラリンピック陸上競技に出場した清水区出身の春田純さんをお招きしました。春田さんは現在、東京パラリンピックに向け、本校生徒も利用する清水総合運動場等も利用してトレーニングを重ねる毎日とのことです。
演題は「人を変えるのは素直な心とあきらめない心」。15歳から3年間の闘病生活、足を切断する決断、25歳までの暗黒の10年、人生のターニングポイントとなった義肢装具士沖野敦郎氏との出会い、沖野氏と2人で挑んでいった障害者スポーツ、アジア人初の11秒台、ロンドン大会の映像を交えてそこに至る春田さんのコンプレックスや葛藤のお話に引き込まれました。
 春田さんは自分が踏みとどまれた家族や友人の存在と関係の重要性を強調されていました。相手の心を受け入れる素直な心、人に頼ってもよいから自分の強い気持ちを持ち続けるあきらめない心を持っていこうと語ってくださいました。

体育祭に向けて
令和2年10月19日(月)
 10月27日(火)に清水総合運動場陸上競技場で今年度の体育祭を予定しています。体育の授業でもそこで披露されるダンス(2,3年生女子)の練習が行われています。
 今年は感染症対策のため、保護者の皆様はじめ観客をお招きできないのが残念ですが、生徒はそれぞれ一生懸命準備に取り組んでいます。

感染症対策の生活を元気にするデザイン
 9月下旬から本校美術室前で静岡高校と本校1年生美術選択者の交流展「感染症対策の生活を元気にするデザイン」の展示が始まっています。感染症対策に貢献できる工夫をイラストと文字で表現した優秀作品です。静岡高校では10月5日から16日、本校では再び10月20日から31日まで展示される予定です。
 

本校OB内田篤人さんからお贈りいただきました
 先日、鹿島アントラーズを退団し、現役引退した内田篤人さん(本校OB)から現役時代に実際に使用したユニフォームとシューズが学校に送られてきました。
 内田篤人さんは本校に平成15年度に入学、高校在学中から本校サッカー部、U-16代表等でも活躍し、平成17年度末に卒業後、すぐに鹿島アントラーズに入団しました。その後は日本代表に選ばれワールドカップ出場、ドイツ・ブンデスリーガのシャルケ04での活躍等、皆さん御存じのとおりです。

 内田篤人さんの高校時代に指導にあたった渡邊勝己本校サッカー部監督の話
「学校から遠い函南町から通う生徒で、入学当初は3年間続くかさえ心配でした。才能に恵まれたわけでなく普通の選手でしたが、目の前のことを一つ一つ真面目に全力で取り組む姿勢で、偉大な選手に成長し、Jリーグや世界で活躍するのを見るのが楽しみでした。今後は多くの経験を生かして充実した人生を歩んでほしいと思います。母校にも目を向けてくれると嬉しいです。」

 内田さん、このたびはありがとうございました。長い間お疲れ様でした。これからのご活躍と本校後輩へのご支援をよろしくお願いします。

3年生が作った人文字写真がパネルになりました
令和2年8月28日(金)
 6月24日に文化祭の代替でドローンによって撮影された3年生の人文字(「清水東学校祭」)写真が、撮影者である本校OBの榎戸敬人さんのご厚意で大きなパネルになりました。本校玄関の事務室受付横に飾られています。ご来校の際には是非ご覧ください。榎戸さん、ありがとうございました。
 

2学期始業式
令和2年8月24日(月)
 本日は2学期始業式です。コロナウイルス感染対策でいつもの講堂ではなく、新体育館で式を実施しました。全員マスク着用で熱中症が心配なため、各自、水筒持参で式に臨みました。
 校長先生からは「ニッチ」についてお話がありました。他人ばかりを意識するのではなく、ここでなら勝負できる立ち位置を見つけること、人によってさまざまな制約がある中で自分の生きる道を探していこうというお話でした。
 例年より1週間早く2学期がスタートしました。少し長い2学期ですが、コロナウイルスや熱中症に十分気を付けていきましょう。

1学期終業式
令和2年8月7日(金)
 本日は午前中3時間授業、掃除、その後、1学期終業式が放送で行われました。校長先生からは、コロナウイルス感染防止の影響で部活動の大会や学校祭が中止になってしまった異例の1学期を振り返り、3年生は受験に向けて、1・2年生は2学期の再スタートに向けて、短い夏休みを無駄にしないようにしていこうというお話がありました。
 2学期始業式は8月24日(月)となります。

 

応援披露
 野球の大会が中止、さらに代替大会も観戦・応援禁止となり、応援の機会がなくなりました。
 そこで、清水東高校の応援を中庭で披露させてもらいました。
 大声にならないよう注意し、さらに短時間の披露でしたが、頑張ってくれた野球部や、大会がなくなってしまった運動部に精一杯エールを送りました。






令和2年度第1回学校評議員会
令和2年7月21日(火)
 今年度1回目の学校評議員会が開かれました。まず、5人の学校評議員とPTA会長の皆様に6時間目の授業を見学していただきました。その後、会合では「教室環境が明るい」、「プロジェクターを使った授業が多く、分かりやすい」、「生徒の挨拶がとてもよい」等のご感想や学校運営に関しての貴重なご意見を伺うことができました。
 

3年男子の体育
令和2年7月16日(木)
 3時間目、新体育館では3年生文系クラスの体育が行われていました。毎年秋に行われる体育祭ですが、これまで2,3年生男子で行っていた「組体操」に替えて今年から男子も「ダンス」を行うことになりました。今日はそれに向けての練習です。
 「おだっくい」の音楽に合わせて踊ります。写真からは分かりにくいと思いますが、とにかく楽しんで踊る男子たち。見ていてこちらも楽しくなってきました。しかし、楽しいだけでなく、タブレットで録画して自分たちの踊りを振り返るようにしています。本番が待ちどおしいですが、次の授業からはしばらくは球技とのことです。


前へ