静岡県立清水東高等学校
 
学校案内 学校生活と行事 進路中学生のみなさんへ SSH 部活動 事務室より 定時制
 
ホーム>学校案内>理数科の紹介

  • 校長より
  • 学校経営
  • 学校案内
  • 理数科の紹介
  • 生徒会活動
  • 教育課程
  • 沿革
東北大学出張講義が開催されました。
11月13日(金)に、本校で東北大学出張講義が開催されました。
1年生の理数科生徒と希望者が参加しました。

テーマは「東北大学工学部の紹介と最近の研究紹介
    磁石は地球を救う!―将来の私たちの生活と磁石―」でした。

講師は、東北大学大学院工学研究科 知能デバイス材料学専攻
杉本 諭 教授です。杉本先生は、本校の卒業生でもあります。

例年、本校で対面での講義をしていただいていましたが、今年度はコロナ禍の影響で
オンラインでの実施になりました。



生徒からは「なぜ磁石の研究をしようと思ったのですか?」「研究においてよい着想を得るために大切にしていることは何ですか?」などの質問がありました。これに対して先生は、意外にもはじめは大学に残るつもりがなかったこと、しかし、研究者として厳しく考え続けなくては着想は得られず、日々の努力が大切なことなど、丁寧にお答えくださいました。
生徒にとっては、先生の研究のお話だけではなく、東北大学や仙台の街についても知ることができ、貴重な機会となりました。