静岡県立清水東高等学校
 
学校案内 学校生活と行事 進路中学生のみなさんへ SSH 部活動 事務室より 定時制
 
ホーム>学校生活と行事>行事

  • 学校生活
  • 行事
  • 年間行事予定
第18回 静岡県高等学校新体力テスト記録会 表彰式
新体力テスト記録会の表彰式に行ってまいりました。
期日:平成29年12月12日(火)
場所:静岡市民文化会館大会議室
結果:男子優秀校(第2位 129校参加)
    女子優秀校(第5位 134校参加)

 昨年は男女ともに最優秀校(第1位)で、2年連続を目指していましたが、
男子は7年連続35回目、女子は7年連続32回目の優秀、最優秀校というすばらしい伝統を引き継いでおります。
(平成11年まで行われたスポーツテスト大会も含む)

男子満点者
1年:木部翔太(野球部)
2年:小林祐大(陸上競技部)、榊広翔(《2年連続》ハンドボール部)、外山陽一(《2年連続》サッカー部)
   芹澤青空《2年連続》、二又川航平(以上 野球部)
3年:鈴木雄大(ハンドボール部)、新村悠斗(バスケットボール部)、岡本和龍(サッカー部)
女子満点者
1年:遠藤夏葵、仁科亜優、新村咲也郁(以上 ハンドボール部)
2年:押切彩(《2年連続》ハンドボール部)、鈴木想(バレーボール部)、太田和碧(ハンドボール部)
   太田萌々華(陸上競技部)
3年:横山葵(《3年連続》陸上競技部)

2年生普通科研究旅行(オーストラリア)
B隊12月4日()~8日() A隊12月5日()~9日()

生徒たちは、体験的学習で異文化への理解を深めると共に日本の文化への認識を新たにし、そして現地メナイ高校の生徒との交流、班別研修での失敗や苦労を通して英語への興味関心を高め、コミュニケーション能力を向上させることが出来たと思います。また、生徒同士の理解も深めることができました。
 
 


12/4(月)~9(土)2年生理数科海外研修
Bostonで仲間とかけがえのない経験をしてきました!
  ~理数科海外研修~


将来科学的分野で国際的に活躍する第一歩とすることを目的に,アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン市及びケンブリッジ市にて,先端の研究や教育を行う大学や研究機関や現地高校を訪問してきました。
MITとハーバード大学では,大学の先生の講義や現役学生によるキャンパスツアーを体験,LabCentralというバイオ系のスタートアップ施設を訪れた際には,なぜアメリカが“innovation”の国と言われるのかを目の当たりにしました。
また,現地の高校Newton North High Schoolでは,授業に参加させてもらったり,課題研究や日本文化についてのプレゼンテーションを英語で行ったり,1時間の授業を丸々使って生徒たちと英語で語らったり,一緒にカフェテリアで食事をしたりと,最高に楽しい時を過ごしてきました。
研修中のあらゆる場面で,クラスの仲間たちと貴重な経験をし,かけがえのない思い出を作ってくることができました。




 研修を終えた今,進路実現への意識が高まったこと,英語によるコミュニケーション能力の必要性やそれぞれの文化を尊重しながら学び合うことの意義を理解できたことを,生徒ひとりひとりが実感しています。

11/18(土)公開授業
11月18日(土)午後、公開授業が行われ、多くの中学生と保護者及び本校保護者らが来校して授業や部活動を見学しました。


理数科では、体験授業が行われ、物理に22人、数学に13人の中学生が参加しました。その後は本校の外国人講師(ALT)によるSSH理数科基礎講座「化学を英語で」の授業を見学しました。

まんぷくコンサート 2017
今年も11月17日(金)に放課後から夜7時半まで開催しました!

 2012年より “地域住民の方と清高生との交流を図る” ため、
 吹奏楽部のミニコンサートとして始まりました。
 年々参加部活動も増え、生徒会主導で開催し続けております。

講堂で美術部・写真部・新聞部が作品の展示を行い、音楽部と吹奏楽部が演奏をしました。


書道部は実演もし、また合宿所で茶華道部がお茶会を開きました。


 

文化講演会
  本校の卒業生でサッカー元日本代表齊藤俊秀氏 を講師に迎え11月14日に文化講演会が開催されました。

 演題 「それぞれの人生とは ~Connecting the dots~」


   

  
 サッカーを通して経験されたさまざまなことや今まで関わってきた仕事について、ユーモアを交えわかりやすくお話いただきました。一つ一つのお話が最後に「Connecting the dots」一つの線に繋がり、さらに前を向いて活動していらっしゃる 齊藤氏のお話に生徒もとても感銘を受けたようでした。

  ◇生徒の感想
    「今日の講演を聞いて一番印象的だったのが、プライドを持つことも大切だが捨てることも大切だといとう話です。どこか自分に当てはまる気がして、聞いていながらなんだか少し恥ずかしくなるような気持ちでした。自分を見つめ直して、プライドを持つ部分と捨てる部分のその境目を上手く区別できたらいいなと思いました。また、チームの意味というものを改めて知ることができました。「やる気のないマラドーナかやる気満々の用具係か」という話は、なるほどなと思いました。どんなに上手くてもチームに 貢献していたとしても、チーム全員の気持ちが一つにまとまっていなければダメであると聞いたとき、チームに大切なのは、一人 一人の技術だけでなく、一番大切なのは気持ちなのだとわかりました。(後略)」(3年女子)



  講師プロフィール
 
●サッカー歴 :清水FC - 清水東高 - 早稲田大学 - 清水エスパルス(1996) - 湘南ベルマーレ(2007) - 藤枝MYFC(2009)
●代表歴 :日本高校選抜(1991)、ユニバーシアード日本代表(1995福岡大会 優勝・キャプテン) 日本代表(1996~1999 1998フランスW杯 1999コパアメリカ)
●タイトル:1996Jリーグナビスコカップ優勝、ニューヒーロー賞、1996Jリーグ新人王 1999Jリーグ2ndステージ優勝、1999
Jリーグベスト11、2000アジアカップウイナーズカップ優勝
●指導歴 :藤枝MYFC 監督(2009~2013)(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ、ナショナルトレセンコーチ (2015~)
           U-15日本代表コーチ(2015)
           U-16日本代表コーチ(2016)
           U-17日本代表コーチ(2017)
●役職:㈱エスパルス経営戦略室オフィサー(アンバサダー) 静岡県サッカー協会 理事 Jリーグ選手OB会  理事
  
   

1年生 遠足でリフレッシュ
10月17日あいにくの小雨でしたが遠足に行ってきました。
各クラスで計画を立て、普段とはまた違う環境と活動で、クラスの親睦を深めました。

11HR浜北森林アスレチック 12・16HR浜松フルーツパーク 13・14・17HR富士サファリパーク 15HR江ノ島



      今年もまたこの季節です         昼食は七輪でバーべキュー
リンゴ狩りもしました

平成29年度・高大連携出張講義
平成29年10月17日(火)  10:45~11:45
1,3年が遠足に出かけた今日、2年生は様々なプログラムを行いました。
その一つとして静岡大学と静岡県立大学の先生に出張講義をしていただきました。
生徒は、普段勉強している先の大学での内容を大変興味深く聞き入っていました。また、講義終了後は
積極的に質問しておりました。








講義内容(敬称略)

静岡大学
 工学部 電気電子工学科 准教授 渡邊 実 「宇宙機器向け組み込みシステムとゲームAIの研究」
 農学部 応用生命科学科 准教授 笹浪 知宏「 鳥類の発生工学と応用展開」
 人文社会科学部社会学科 教授 藤井 真生 「中世史研究と図像資料」
 教育学部発達教育学専攻 准教授 塩田 真吾「わかりやすく教えるとは-静岡大学教育学部紹介と教師の仕事」
静岡県立大学
 薬学部薬学科教授 奥 直人「 『くすり』が創る健康長寿社会(がん・脳卒中を標的とするDDS創薬」
 食品栄養科学部環境生命科学科 准教授 原 清敬 「 微生物によるものづくり」
 国際関係学部国際言語文化学科 講師 米山 優子「投票へ行こう~イギリスの若い有権者の政治参加」
 経営情報学部経営情報学科准教授 大平 純彦 「日本経済の展望と課題」

体育祭が開催されました。
 10月3日(火)、天候が心配されましたが、草薙総合運動場陸上競技場にて体育祭を開催することができました。

 個人種目,リレー種目ともに、生徒は練習の成果を発揮し、ゴールまで息詰まるデッドヒートが展開されました。団体演技では、1年生が本校伝統の「清高体操」を、2・3年生は男子が組体操、女子がダンスを披露しました。どの演技も動きがそろっていて、とても綺麗でした。総合優勝は37HR、第2位は27HR、第3位は36HRでした。スタンドに来て応援してくださった方、ありがとうございました。

          

          

8月10日(木) 名古屋大学訪問
本校1年生から3年生まで、計72名の生徒と職員で、名古屋大学のオープンキャンパスに行ってきました。
今年度は日程の関係で例年とは異なり、理学部・情報学部・文学部・医学部保健学科の4学部に分かれての訪問でした。
特に、医学部保健学科はキャンパスが異なるため、バスで東山キャンパスに到着後、地下鉄での移動を強いられましたが、 スムースに移動し、他学部とは異なった、コンパクトでアットホームな雰囲気を堪能できました。




他の3学部も、学部独自の紹介・見学、および大学全般の様子を知る案内等にも参加し、伝統ある大学でありながら
新しい校舎等も融合されたアカデミックな雰囲気に満足感を得ているようでした。




大学見学後は、毎年恒例の河合塾講師による、名古屋大学対策の講義がありましたが、今年の講師である、
数学の水嶋克仁先生の話は、ユーモアに溢れつつ、参加生徒に学習のやる気をかなり向上させる内容でした。



朝早くから夜遅くまで丸一日の長旅でしたが、参加生徒はかなり満足している様子でした。

8月31日防災訓練=防災に関わる講義をしてもらいました=
 
1、2年生 防災講義(会場:新体育館)   進行 石田民雄 氏(ふじのくに防災士)
  ①「福岡、大分の災害被害を現地で見て」
      千代幸嗣 氏 (清水防災ボランティアネットワーク)
  
  ②「被災時高校生に求められる役割」
       大石学 氏 (清水防災ボランティアネットワーク)
  
  ③「東日本大震災 高校生現地研修より」
      21HR 牧野美月さん
  
  

3年生 防災講(会場:講堂)  進行 清水一彦 氏(清水防災ボランティアネットワーク書記)
   タイトル「大学生、社会人になる前の自助を広げた防災の基本」
   講 師:岩田孝仁(いわた たかよし)氏
        前静岡県危機管理監
        静岡大学防災総合センター教授
  
  
 
 本校の防災訓練の様子が、9月1日の静岡新聞に掲載されました。

普通科中学生一日体験入学
8月8日(火)清水文化会館マリナートで中学生一日体験入学が開かれました。市内外から927人の中学生と保護者が参加してくれました。


東高生主体の説明会で、歓迎の挨拶は生徒会長八田裕貴くんが、歓迎演奏は音楽部が行いました。

次に、生徒会役員が学校生活を劇と動画で紹介しました。



会場の中学生や保護者からの質問事項に生徒代表が、その場でわかりやすく回答しました。
写真はサッカー部の出口大瑤君です。


たくさんの方々の御参加ありがとうございました。

理数科1日体験入学
8月8日(火)、理数科1日体験入学を開催いたしました。まずは理数科やSSHについての概要を説明する全体会が行なわれました。



全体説明会のあとには、物理・化学・生物・数学の体験授業が行なわれました。中学生の皆さんは、実験や授業に楽しんで参加している様子でした。また、理科実験では本校理数科2年生が実験の補助として参加し、先輩として、中学生の皆さんに優しく指導をしていました。



その後は自由参加として、理数科課題研究の発表や本校理数科生徒と語る会が行なわれ、中学生の皆さんは興味深く話を聞いていた様子でした。


7月15日(土) 野球応援
夏の大会一回戦、日大三島高校と対戦しました。

本校は序盤リードするも、後半に逆転され4対5で惜敗しました。
この大会のため、野球部員一同が毎朝早くから練習に励み
わずかな時間を大切に、勉学続けた姿を思うと胸詰まるものがあります。
引退しても3年生は 「克己」 を胸に刻み次に向かうでしょう。

1年生を中心に炎天下の中、声を枯らして精一杯応援していました。
皆様のご声援、真にありがとうございました。


7月7日(金) 球技大会
3日間続いた期末試験が終わり、生徒たちは今日は朝早くから球技大会の練習をしています。


男子はソフトボール・サッカー・バスケットボール、女子はソフトバレー・バスケットボールをHR単位で競います。
ソフトボールの優勝チームは、最後に教員チームと対戦します。
今回37HRは教員チームに完敗しましたが、彼らは1つ大人になれたようです。

6月10日(土) 野球定期戦
本校と清水桜が丘高校の第5回野球定期戦が清水庵原球場で行われました。
本校からは、1年生全員が応援に駆けつけ、白熱した試合になりました。
本校は8回まで3-0で優勢に試合を運び、9回2点を取られましたが、3点を守りきり、3-2で勝利しました。
これで、対戦成績は、本校の4対1となりました。

始球式は本校鈴木校長、バッターは桜が丘校長。

保育体験実習
  5月下旬から6月中旬にかけて、1年生はHRごとに分散して、
  辻、西久保、飯田南こども園で保育実習をさせていただきました。
  小さな子とのふれあいを通じ、高校生は無邪気だったころの自分を振り返り、
  また保育の大切さを感じておりました。

  

’17学校祭
 6月2日(金)に校内発表、3日(土)に一般公開されました。
 例年とは違い、仮設校舎と新体育館がメイン会場となったため、
 各文化部も3年HR展も準備に苦労しましたが、本年度のスローガン「東龍門」を見事にやり遂げ、
 盛況のまま終えることができました。
 来年度はいよいよ改装された本校舎が会場です。
 伝統を引き継いで新たな挑戦が始まります!


6月5日(月) 京都大学訪問に行ってきました。
6月5日(月)、本校2年生および3年生の計44名で京都大学訪問に行ってきました。本校OB・OGとの懇談会では、大学生活や受験勉強のことなどを先輩方から聞き、生徒は受験へのモチベーションが高まったようでした。



その後は、理学部・薬学部・工学部の3コースに分かれ、それぞれ見学を行いました。普段見ることのない最新の研究設備を見学したり、研究室の先生から研究のお話を直接伺ったりと、新しい世界に触れた生徒は感動していた様子でした。



5月21日(日)理数科課題研究発表会
理数科3年生がグループごと2年次に研究してきた内容を、県立中央図書館講堂で発表しました。
グループごと論文を作成し、論文集にまとめ、当日は、口頭にてパワーポイントを使い、10分程度で説明をしました。
大学や総合教育センターの先生方を来賓に招いて講評をいただき、会場には、本校生徒、保護者のほか、中学生やその保護者の方々も足を運び、発表に耳を傾けました。

<発表テーマ>
①力積を用いたガウス加速器の性能の解析
②アゾ色素の臭素化と色素の変化について
③消波ブロックの砂浜侵食防止効果における考察
④オランダの涙の作製
⑤倍数の判定法についての研究
⑥集音器の形状と音エネルギー変換効率との相関について
⑦ケミカルガーデンにおける陽イオンによる成長速度の違い及び実験の過程において見つかった黒色の物質について
⑧植物の成長と香料の関係
 
8月9日、10日に神戸市で開催される全国大会には①のグループが出場します。
7月15日に名城大学で開催される東海フェスタには②③④のグループが出場します。

前へ