静岡県立島田工業高等学校ホームページ
 
学校案内学科紹介学校生活島工ニュース部活動進路中学生の皆さん事務室
 
ホーム>部活動>コンピュータ
SANGI AWARD 2019
3月21日(祝)に「SANGI AWARD IT競技会」が開催されました。
当日は県内の高校から249名の高校生が集まり、コンピュータに関する知識や技術を競い合いました。
コンピュータ部からはプログラム部門に20名、ITパスポート部門に4名の部員が参加しました。


結果
 プログラミング部門 22位、25~30位
 ITパスポート部門  第4位 堀 孝一郎(情報技術科2年)、13位、24位


第7回 静岡県ものづくり競技大会 ITネットワークシステム管理部門(2/2)
2年生2名が出場しました。
出場選手は以下の通りです。


小倉 歩夢(情報技術科2年)

窪野 奨真(情報技術科2年)


この部門は、総合の部であるため、短期大学校の訓練生の方々と競いました。

競技は個人戦で、選手それぞれにサーバ(Linux)とクライアント(Windows)用のコンピュータ、

そしてルータが用意されます。

目的は、いくつかのネットワーク・サービスを運用できるようにシステムを構築することです。

競技時間の2時間以内に、ネットワーク用のLANケーブルを製作することや、

ケーブルの配線、ルータの設定、サーバのOS(Linux)やアプリケーションのインストールと設定等を行います。

実際の競技では、代理サーバやWindowsとのファイル共有、DNSサーバの構築を行いました。


【競技中の様子】

LANケーブルを作成します
ルータの設定やサーバの構築を行います

結果は、

3位 窪野 奨真

4位 小倉 歩夢

以上、2名とも入賞を果たしました。

入賞者の点数は僅差で、小さなミスや時間差で優勝を逃したのは惜しかったです。

しかしながら、両名の健闘を讃えるとともに、

後輩たちが次回大会でさらに上を目指すことを期待します。

高校生のためのICT企業家育成講座
 本校のコンピュータ部の生徒を対象に、島田ICTコンソーシアム様が「ICT企業家育成講座」を開催して頂きました。これは、ICT・IoT機器やアプリ等を開発・販売する会社を立ち上げる際に必要な知識を習得できる全5回の講座です。講師は、市内で活躍している方々を招きました。講座が終了時には、各自起業に必要な事業計画書を作成することができました。


   講座内容 
   第1回「ICT企業の立ち上げと経営」
   第2回「情報を取り扱うICT企業が知っておくべきルール」
   第3回「ホワイトICT企業になるために」
   第4回「ICT・IoTで収益を上げるには」
   第5回「起業のための事業計画書を作成しよう」

講座の様子 それぞれの専門家の講演を生徒は熱心に受講しました。




生徒の感想
 自分達が考えることが新たに便利な社会を作っていくことができると考えると、もっと発想力を豊かにしたい。また、今回の講座で学んできた知識をもとに、世の中を変える可能性が有ると強く感じることができた。
 会社の信頼を築き上げることでブランドが生まれ自分の会社の商品・サービスをより一層お客様が利用してくるようになると思いました。
 誰もやってないことで、世の中や自分の周りの環境がより良いものになる事だったら基本的に何でもビジネスにできるということが実感できました。

日本情報処理検定協会認定の検定(12月実施)
◆情報処理技能検定【表計算】 合格者数

2級2名(電気科2年)

合 計2名

日本情報オリンピック 予選競技(12/9)
1年生10名、2年生14名が参加しました。
本選への出場には至りませんでしたが、
2名(情報技術科2年)がBランクに認定され、
敢闘賞をいただきました。獲得者は以下の通りです。

小倉 歩夢(情報技術科2年)
窪野 奨真(情報技術科2年)
杉本 竣哉(情報技術科2年)
鈴木 峻太(情報技術科2年)
堀 孝一郎(情報技術科2年)
渡邉 嶺王(情報技術科2年)
市川 拓海(建築科2年)
垣見 透汰(1年)
鈴木 渉 (1年)
藁科 悠太(1年)

次回はAランクを目指してがんばります。