静岡県立島田工業高等学校ホームページ
 
学校案内学科紹介学校生活部活動進路中学生の皆さん事務室
 
ホーム>部活動>コンピュータ
第10回 静岡県ものづくり競技大会 ITネットワークシステム管理部門【2022/03/19】
1/19(土)に予定されていた大会がコロナ禍により中止となり、部門ごとに延期開催となりました。
ITネットワークシステム管理部門は沼津会場で実施され、2年生2名が出場しました。本来もう1名出場予定でしたが、新型コロナの影響で参加できませんでした。懸命に練習してきたので、非常に残念でした。出場選手は以下の通りです。

荒浪 大駕(情報電子科2年)
杉山 愛実(情報電子科2年)

この部門は、総合の部であるため、短期大学校の訓練生の方々と競いました。
競技は個人戦で、選手それぞれにサーバ(Linux)とクライアント(Windows)用のコンピュータが用意されます。目的は、いくつかのネットワーク・サービスを運用できるようにシステムを構築することです。
競技では問題文で示された仕様に従い、Webサーバやプロキシサーバ、DNSサーバの構築やセキュア遠隔操作環境(ネットワークを経由したサーバ操作を行う仕組み)の構築を行いました。どれも情報システムには重要な機能です。一般の方々にはホームページ等を公開するために必要なWebサーバに馴染みがあるでしょう。


 


本競技ではサーバは仮想マシンとして稼働しているため、使用するコンピュータはノートパソコン1台しかありません。分かりにくいですが、Windowsと仮想マシンのLinuxサーバを切り替えて作業を行いますので、クライアントとサーバの両方のコンピュータを操作しています。結果は、
5位 荒浪 大駕
でした。上位にランクインしたものの、入賞は果たせませんでした。大会前の練習では1時間かからずに作業を完了できるくらいになっていましたが、緊張のせいか選手それぞれがミスをしてしまいました。延期開催となり、練習時間が増えた分、上位争いが厳しくなり、ちょっとしたミスが大きく響き、惜敗しました。悔しい思いを後輩に託し、次回大会に向けて頑張って欲しいです。


SANGIAWARD2022 出場結果
静岡産業技術専門学校主催の「SANGIAWARD2022 IT競技会」へコンピュータ部+有志がオンラインで出場しました。
ITパスポート部門には6名、プログラム部門には19名が参加しました。

その結果、
ITパスポート部門で情報電子科2年 荒浪大駕さんが個人賞6位に入賞し、学校団体戦は優勝しました。
2年連続、学校団体戦優勝することができました。

プログラム部門では部員17名+有志2名の19名が参加しました。入賞はできませんでしたが、生徒たちも頑張りました。

両部門とも生徒一人ひとりが日頃の成果を発揮でき、団体戦では入賞することができたと思います。
今年度最後の大会でしたが、参加した全員が結果を出すことができました。一年間ありがとうございました。

日本情報オリンピック第 2 回女性部門(JOIG2021/2022) 本選進出《2021/12/22》
情報電子科2年生の杉山 愛実さんと冨澤 優希さんが日本情報オリンピック第 2 回女性部門の本選出場が決定しました。

日本情報オリンピック女性部門 (JOIG = Japanese Olympiad in Informatics for Girls) は情報科学に取り組む女子中高生の奨励を目的としたプログラミングコンテストであり、予選はBランクを獲得し、本選出場を決めることができました。

今年4月の第1回で冨澤 優希さんが優秀賞に選ばれており、杉山 愛実さんは1年生から情報オリンピックで2次予選を通過しています。

本選出場者一覧


日本情報オリンピック第 2 回女性部門 本選は2022年1月23日(日)に本校オンラインにて出場予定です。
コンピュータ部では女子部員が少ないのですが、自ら進んで問題を取り掛かり、プログラミング能力の向上に努めています。応援よろしくお願いします。

PGBATTLE2021 結果【2021/10/23】
10月23日(土)にオンラインにて、PGBATTLEが行われました。
この大会は、、かつおぶし、せんべい、マシュマロと問題を難易度に分け、3人で構成されたチームでそれぞれに分担された問題を解いていきます。
チームで一つの問題に取り組むのではなく、チームの3名それぞれが難易度別の問題に挑戦し、チームの合計点を競うことになります。
1回目から参加し、4度目の出場となる今回、9チームが参加し、1時間半をかけて問題を解きました。

10/30にyoutubeのライブ配信で結果が発表され、チーム「ハガネプレート」が、
40位の飛び賞(スポンサー賞)を獲得することができました。

ハガネプレートのメンバーと担当した問題(難易度)は、次の通りです。
 かつおぶし (難)… 情報電子科2年 杉山愛実
 せんべい   (中)… 情報電子科2年 遠藤翔大
 マシュマロ (易)… 電気科   2年 福代陸翔

今年からコンピュータ部のプログラミング技術が様々な大会で表彰されています。
この調子で頑張っていきたいと思います。

第21回 情報オリンピック 1次予選結果
第21回 情報オリンピック 1次予選結果【2021.10.17】
第21回 情報オリンピック 1次予選が行われ、本校から27名が出場しました。
情報オリンピックはオンラインで行われ、本校会場で80分、4問に挑戦しました。
例年、1・2年生のみの参加でしたが、今年は3年生も参戦。
個人戦で、本校で一番早く解き終えた生徒は12分で解き終えてしまいました。

また、時間内に終わらなくても、Bランクに認定された生徒もおり、2次予選に出場できる生徒は3年生2名、2年生9名、1年生3名に決定しました。

また、Bランクに認定された生徒の中には女子2名おり、今年のJOIG2021/2022にも期待が持てそうです。

2次予選は12/12(日)に行われます。2次予選の結果で本選に出場できます。
当日まで学校行事が立て込んでますが、良い結果を残せるようにしたいです。

前へ