静岡県立島田工業高等学校ホームページ
 
学校案内学科紹介学校生活島工ニュース部活動進路中学生の皆さん事務室
 
ホーム>学校案内>校長あいさつ
校長あいさつ


校長あいさつ



静岡県立島田工業高等学校 校長 松村照司



 本校は、昭和38年に地元の強い要請によって、地域産業の発展に貢献する工業技術者の育成をめざして創立された工業高校であり、これまでの卒業生は14,500人を超え多くは産業界で活躍しており、最近ではその技術力を海外で発揮する卒業生も増えています。

 平成24年度には学校創立50周年記念事業を終え、今新たな歴史の創造に向け生徒、教職員一体となって校訓 「璞磨(はくま)」のもと、明るく教養豊かな創造性に富む技術者の育成に努めております。

 

 生徒たちは、この校訓を胸に学習や部活動、技術力の向上、資格取得、地域連携などさまざま方面で自らを磨き高めています。これまで幾多の卒業生の皆様が産業経済を担ってきたように彼らもまた卒業時には、それぞれの専門性や個性を発揮し豊かで明るい社会を担う一員として光り輝く人となるものと信じています。

 

 学習面では、生徒がわかる授業を実践し基礎学力の定着をはかるとともに、ものづくりを通じて高度な技術に挑戦する意欲を育てています。また部活動では心身ともに逞しさを、朝読書や講演会、演劇鑑賞等で豊かな感性を育てています。

 

 開校時、当時の教育長は本校生徒に対して「かつて産業は材料のある所に発達したが、今は人間資源のある所に発達する。本校卒業生は地域産業界のリーダーになれ。」と訓示されたといいます。本校生徒の在りようを示す「誠実・叡智・創造」のもと、これからも地域はもとより世界で活躍できる有為な人材を育成して参ります。

 

 皆様からの更なる御支援と御協力をお願いし、御挨拶といたします。