静岡県立島田工業高等学校ホームページ
 
学校案内学科紹介学校生活島工ニュース部活動進路中学生の皆さん事務室
 
ホーム>島工ニュース>学校行事
保育体験実習

本日、1・2時間目を利用して14HRが保育体験実習を行いました。歌を歌い、尻尾取りゲームなど、元気いっぱいの園児達に負けないように高校生も元気よく楽しく過ごしていました。たった数時間のふれあいでも園児達と仲良くなり、実習終了後はとてもさみしがっていました。

1年生 ホームルームディ
5月28日にホームルームディがありました。
水族館や工場の見学、BBQやボーリング等を行いクラスの仲を深めることができました。



音楽におけるヤマハの世界観や魅力を体験 新たな感動も



5月28日 1年3組40名はヤマハ株式会社本社(浜松市)あるイノベーションロードを見学した。1887年創業の長い歴史からものつくり技術とノウハウで、今日の最新音響技術の進歩を理解するのが目的で訪問した。



<ヤマハ業務用PA音響開発責任者岡林氏の講演 デジタル音響卓 RIVAGE PM10開発>

ヤマハ業務用デジタル音響卓(ミキシングコンソール)ソフトウエア開発責任者の岡林氏からヤマハ業務用PA音響製品が世界中の音楽ホールや様々な施設で使用されている事例を話し、世界のプロ音響マンから支持されていることから製品の信頼性の高さをうかがえた。また技術開発者としての心構えと絶対的な製品の安定性における技術開発などをお話しいただいた
(岡林氏は同社業務用デジタル音響卓の開発一筋。名機PM1D、01MIXやO1Vなどの初代デジタル音響卓から最新型のCL、QL、RIVAGE PM10のソフトウエア開発を受持つ責任者。本校情報技術科放送技術班エンターテイメント事業部のメンバーらと交流があり今回の訪問に至った。 また世界中の放送局やコンサート会場、ミュージシャンなど音楽シーンで同社の音響卓と周辺機器が使用されている)

   



<発見が目白押し イノベーションロード見学 最新音響機材を展示 島工所有の音響卓も>

講演後は本社イノベーションロードを見学した。創業当時の話から最新の楽器やデジタル機器まで並び、創業以来培ってきた技術とノウハウと歓声が歴史と共に未来に向かって歩み続ける様子がうかがえる。生徒は最新のPA卓RIVAGE PM10(トップ画面)や本校にも所有する業務用デジタル音響卓CL、QLに触れてフェーダー感のタッチ感覚やメニュー操作の仕方など興味津々だった。


   



   


この他、情報技術科(来年度=情報電子科)の実習で使われているDAW(デジタルオーディオワークステーションの略=デジタルレコーディング編集技術)インターフェースやキューベースによるDTM(デスクトップミュージックの略=作曲・編曲作業 ハードウエアとソフトウエアは島工と同機種)のデモストレーションもあり実際に使ってみて実感した。この他、最新の楽器の展示では日本に数台しかないベーゼンドルファーのピアノやギター・電子バイオリンなどに触れ、音楽の楽しさを改めて知った。

第54回マラソン大会 2月7日(木)
第54回マラソン大会は、前日の天候不良のため1日順延となりましたが、2月7日(木)に大井川河川敷リバティーにおいて行われました。比較的風も穏やかで走りやすい環境の下、369名の生徒が参加し、男子8.5km、女子6.5kmの距離を全員が無事完走しました。応援に駆けつけて下さった保護者の皆様、ありがとうございました。なお、本日参加できなかった生徒に関しては2月19日(火)に行われる追マラソン大会に参加します。







2年生修学旅行 12月4日(火)~7日(金)
 2年生の修学旅行が行われました。行き先は昨年度に引き続き九州長崎方面で、充実した研修を行うことが出来ました。主な研修先は、長崎平和公園、原爆資料館、長崎市内班別研修、松浦地区民泊などでした。民泊では、自然あふれる環境で農業や漁業など日常生活とは異なる体験をして、楽しく有意義な時間を過ごしました。心配されていた雨の影響もほとんどなく、すべて予定通りに研修を行うことができました。この4日間が、生徒の胸に刻まれて一生の思い出になることを願います。