静岡県立島田工業高等学校ホームページ
 
学校案内学科紹介学校生活島工ニュース部活動進路中学生の皆さん事務室
 
ホーム>学科紹介>建築科 ニュース・出来事
焼津新庁舎模型の引き渡し式が行われました
平成31年2月1日(金)、焼津市役所において同市から依頼を受け製作した「新庁舎模型」の引き渡し式が行われました。式典には、製作を担当した建築科3年生課題研究模型班の8名と職員4名が列席しました。模型は、建築科らしく木材を使用して製作し、電気科の協力を得てLEDライトも設置しました。新庁舎は来年度から着工し、2021年に開庁予定です。今回製作した模型を市民の方々に見ていただき、新たな庁舎のイメージを掴んでいただきたいと思います。



                  (静岡新聞 平成31年2月2日掲載)

中学生に建築の魅力を伝える!
 平成30年11月20日(火)、六合中学校2年生を対象に「島工サイエンススクール(SSS)」を実施しました。建築科では、木製ペン立て製作建築模型製作の体験を行いました。
 建築科3年生の生徒が講師を務め、中学生に建築の魅力を伝えることができたと思います。





専門学校による出前授業が行われました
 平成30年11月29日(木)、東海工業専門学校から3名の講師を招き、建築科3年生を対象に建築パースで必要となる「着色」を指導していただきました。
 水彩による着色はとても難しく、プロの講師から丁寧に指導していただき、生徒達は目からうろこが落ちたような思いをしました。この経験から、卒業設計の表紙となる「建築パース」を綺麗に仕上げてほしいと願っています。





木造建築現場を見学しました!
 平成30年11月22日(木)、建築科3年生が本校の北側に建築中である「保育園」の現場を見学させていただきました。建物は、巨大な木造平屋建て在来構法で建てられており、本物の骨組みを目の当たりにすることよって、座学で得た知識を具現化することができました。





「島工点検隊」が新聞に掲載されました
 建築科2年生が「島工点検隊」と称して島田市と連携し、阿知ヶ谷コミュニティー防災センターの劣化状況を調査した様子が新聞に掲載されました。このような体験を通して、公共施設の長寿命化などに関心を高めてほしいと思います。



                 (静岡新聞 平成30年10月24日掲載)

前へ