ニュース学校案内教育活動進路情報部活動各種証明書中学生のみなさんへアクセス
 


9月20日(木) 台湾研修報告・被災地訪問報告・生徒会役員立会演説会
 9月20日(木)、本校第1体育館で、台湾研修報告会、被災地訪問報告会、後期生徒会役員選挙立会演説会・投票を行いました。
○15HRの風間美咲さんと23HRの山本武龍さんが夏休みに参加した台湾研修の報告を、12HR後藤芙由子さんが被災地訪問の報告を行いました。それぞれ、体験して感じたことや、また、伝えたいことをパワーポイントを使って説明しました。

○後期生徒会役員選挙の立会演説会の後に投票を行いました。生徒会活動は、今後、3年生から1,2年生に引き継がれます。






9月18日(火) 1年生「進路説明会」 
 9月18日(火)、 「進路説明会」が本校第一体育館で行われました。 
 説明会は、1年生の生徒と保護者対象です。松井校長の挨拶の後、大塚進路課長から進路概況や1年生の今やるべきことについて、その後、大橋教務課長から、どのような観点で文理選択をすべきか、選択科目について、最後に伊藤学年主任から、来年度に予定されているハワイ修学旅行の説明を行いました。




卒業生 長谷川純矢選手 国体で活躍
 「福井しあわせ元気国体」で、本校出身の長谷川純矢選手が昨年い続き成年男子背泳ぎ100メートルで優勝しました。また、成年男子400メートルリレーでは、静岡県新記録で優勝しました。それについて、中日新聞に掲載されています。

中日新聞 9月17日(月) 朝刊



中日新聞 9月18日(火) 朝刊

9月12日(水) 「しまこう学問探究ナビ」開催
 9月12日(水)、 「しまこう学問探究ナビ」を開催しました。本事業は今年度で5回目の開催となります。全国の大学等から先生をお招きして、「大学の講義」をしていただきます。今後、1年生は文理選択、2年生は科目選択や学部、学科、大学を選ぶ貴重な資料にもなります。
 以下の大学・学部、先生が協力をしてくださいました。ありがとうございました。

【歴史分野】都留文科大学・文学部、野中潤先生

【歴史分野】専修大学・文学部、大谷正先生

【心理学分野】福島大学・共生システム理工学類、筒井雄二先生

【外国語分野】茨城大学・人文社会学部、藤井文男先生

【教員養成分野】愛知教育大学・教育学部、倉本哲夫先生

【国際関係分野】宇都宮大学・国際学部、マリー・ケオマノー・タム先生

【法学分野】東洋大学・法学部、宮原均先生

【政治・政策分野】静岡文化芸術大学・文化政策学部、船戸修一先生

【経済分野】富山大学・工学部、船橋伸一先生

【理学分野】静岡大学・理学部、鈴木雄太郎先生

【工学/機械分野】山形大学・工学部、松井弘之先生

【工学/電気電子分野】福井大学・アドミッションセンター、大久保貢先生

【農学分野】岐阜大学・生命の鎖統合研究センター、安藤弘宗先生

【食品栄養分野】女子栄養大学・生涯学習センター、宮崎美紀先生

【医療・保健分野】北里大学・医療衛生学部、渡邊誠先生

【看護分野】山梨県立大学・看護学部、高岸弘美先生

【体育分野】大東文化大学・スポーツ健康科学部、森浩寿先生










第69回中部高校新人陸上競技大会
 第69回中部高校新人陸上競技大会が9月8日(土)、9日(日)に草薙陸上競技場で開催されました。
 学校対抗では、総合で男子6位、女子4位、トラックの部では男子3位、女子2位という順位(成績)でした。

 以下の生徒が入賞し、県大会に出場します。
男子は3種目5名、女子は4種目6名です。

【男子1500m決勝】

 3位 森島 寛人

 4位 山本 樹

 5位 杉本 訓也

【男子5000mタイムレース決勝】

 2位 山本 樹

 3位 森島 寛人

 4位 大澤 巧使

【男子3000mSC決勝】

 4位 市川 大輝

【女子800m決勝】

 3位 鈴木 怜奈

 8位 櫻井 結衣

【女子1500m決勝】

 2位 田中 毬愛

 3位 宮﨑 梨央

 6位 鈴木 怜奈

【女子3000m決勝】

 2位 田中 毬愛

 3位 宮﨑 梨央

 4位 細谷 奈津子

【女子5000mW決勝】

 2位 清水 綾穂

面接週間 9月10日(月)まで
 今年度、3回目の面接週間が始まりました。授業を短縮して昼休みや放課後に生徒と担任または副担任が面接を行います。1年生は今後の文理選択について、2年生は模擬試験の結果分析などの話が中心です。


9月5日(水) センター試験説明会
 9月5日(水)、「センター試験説明会」が3年生対象に第二体育館で行われました。大塚進路課長から、「受験案内」にそって、説明がありました。「出願方法」「科目の選択」「書類の記入」「受験料の払い込み」「センター試験当日の概要」等についてです。
 センター試験は、1月19日(土)、20日(日)に行われます。本校では3年生のほとんどの生徒が受験します。




ハザードマップの掲示
 1年生の夏課題に「ハザードマップ作成」があります。提出されたハザードマップから選ばれた作品が校内廊下に掲示されました。ハザードマップを作成することで、自然災害を考えたり避難場所を再確認する良い機会になります。
  


  


  

台風21号接近により明日(9月4日)は休校です
 台風21号接近により、明日(9月4日)は、 暴風警報発令の有無に関わらず終日休校となります。

 また、明後日(9月5日(水))については、以下のとおりです。
○午前6時に「暴風警報」が発令されている場合、自宅で待機(午前中は休校)。

○その後警報が解除され次第、午後の授業に間に合うように登校。

○午前11時までに、警報が解除されない場合、午後まで休校。


※警報が解除されても、通学路の安全が確保されていないと判断された場合や交通機関が運休している場合には、無理に登校せず、学校に連絡してください。

8月31日(金) 本日から2学期
 8月31日(金)、本日から2学期がスタートしました。始業式の前に表彰式もありました。始業式では、松井校長から、「ひとの生き方」のお話がありました。また、50日後に迎える式典についてのお話もありました。
 本日と9月3日(月)はテストが実施されます。1,2年生は、夏休みの課題テスト、3年生は、大学受験に向けての実力テストとなっています。



8月21日(火) 同窓生との座談会開催
 8月21日(火)、創立100周年事業実行委員会主催で記念座談会を開催しました。その様子が8月22日(水)、静岡新聞 朝刊に掲載されました。

台湾研修【最終日】
【JTB太田添乗員からの報告です。】

台湾研修最終日は午前中に故宮博物院を見学しました。
国が一つ買えると言われる程貴重な「白菜」や「角煮」という翡翠で作ったの美術品など、有名な展示品をガイドの説明を聞きながら見学した後は、自由に各自が興味のある展示物を見ていただきました。


午後は、14時30分の帰りの飛行機の便に合わせ、空港へ向かいました。
チェックイン、荷物預けをした後、4日間お世話になった鄭さんとお別れし、出国手続き等を済ませ、予定どおりの時間に搭乗が完了しました。
順調なフライトで、静岡空港に10分遅れで到着しました。4日間を通して大幅な予定の変更や体調不良者が出なかったことが何よりです。
研修旅行の経験が生徒の皆様にとって将来に繋がることになれば、これ以上嬉しいことはありません。

台湾研修【第3日】
【JTB太田添乗員からの報告です。】

本日はB&Sプログラムを利用し、台北市内の研修を行いました。
B&Sとはブラザー&シスターの略で、日本語や英語を勉強している現地の大学生と、公共交通機関を利用して市内の施設で研修するというプログラムです。
現地学生とホテルで合流した際は緊張している様子の参加者もいらっしゃいましたが、8時間後、夕食会場に集合した際には、現地学生と打ち解けている姿を見ることができました。
今までの英語学習の実践だけでなく、同年代の国籍が違う学生と行動することで、異なった価値観を感じることもできたのではないかと思います。


夕食を食べた後は、台北最大の夜市「士林夜市」で班別研修を行いました。
歩くのにも気を使う程の人が行き交う中で、台湾の活気を感じていただけたようです。
時間が足りなかった! という参加者もおり、充実した時間になったのではないかと思います。


3日目はB&S、夜市研修と屋外に出ている時間が多くありましたが、不調を訴える参加者もおらず、皆様無事に研修を終えました。

台湾研修【第2日・午後】
【JTB太田添乗員からの報告です。】

2日目の午後は、台北から約60キロ離れた「新竹市」にある「ヤマハ」の新竹工場を訪れました。
バイク大国といわれる台湾で約30%のシェアを誇る組立工場です。


駐在員の方から、台湾についての基礎知識や、台湾におけるバイクの役割などを伺った後、実際に工場内部を見学しました。工場内は撮影禁止でしたが、駐在員のお話を聞きながら、参加者は興味深そうに見学していました。
その後の質問コーナーでは、多くの参加者が手を挙げて質問され、充実した工場見学であったと思われます。働く上でのアドバイスや、メーカーで働く者に求められる素質についてもお話いただき、将来のイメージを高めることができたのではないでしょうか。


ショッピングと夕食の後、ホテルに戻りました。
2日目も体調不良者はなく、順調に終えることができました。

台湾研修【第2日・午前中】
【JTB太田添乗員からの報告です。】

本日も体調不良の参加者はなく、午前中は台北市内研修を行いました。
忠烈祠では衛兵交代の儀式を見学しました。
交代までの1時間、動くことも瞬きをすることもできない衛兵が交代するまでの儀式を見学しました。


総統府では、蔡英文総統が実際に職務を行なっている建物の1階部分を、
専属の日本語ガイドさんの案内で1時間程度見学しました。


龍山寺では、お寺の中を見学しながら、ガイドさんからレクチャーを受け、
台湾式のおみくじの引き方を教わったりしました。


昼食は、有名な「鼎泰豊」で修業した方が経営する「點水樓」で小籠包です。
どの参加者もしっかりと召し上がっていました。


午後は1時間半程度バスを走らせ、新竹にあるヤマハモータース様の工場見学を行う予定です。
貴重な体験になるかと思いますので、しっかりと御案内いたします。

台湾研修【第1日】
【JTB太田添乗員からの報告です。】
 飛行機が予定より30分程度遅れての出発でしたが、台北到着後は特に遅れはなく、桃園国際空港を予定通りの時間に出発しました。
 台風の影響が気になりましたが、飛行機がそこまで揺れることもなく、安定したフライトでした。
 空港から1時間程度バスを走らせ、本日の研修箇所の「中正紀念堂」に向かいました。約70メートルという高さに圧倒されるだけでなく、蔣介石像までの階段の数の意味など、ガイドさんからの細かい説明にも真剣に耳を傾けていました。


 中正紀念堂を後にし、この日の夕食箇所「春梅子」に向かいました。
 台湾料理の代表的なレストランで、本場の麻婆豆腐や豚の角煮などを頂きました。どの参加者もしっかりと召し上がっていました。

 その後、4日間滞在する「レオフーホテル」に現地時間の19:30頃に予定通り到着しました。体調不良を訴える参加者もおらず、皆様元気に1日目の研修を終えたようです。
 明日は不安定なお天気の予報ですが、台北市内研修、工場見学と盛り沢山な内容ですので、体調に気を配りつつ、安全に研修を行います。

8月21日(火) 台湾研修団、セントレア到着!
本日7:15、無事に学校を出発した台湾研修団がセントレアに到着しました。
搭乗を前にして、添乗員の説明を真剣に聞く参加者達。

被災地研修に参加しました。
県が実施した高校生防災人材育成事業に12HR後藤さんが参加しました。
東北大震災の被災地で研修や交流を深めました。

8月20日(月) 防災食つくり体験
 8月20日(月)、家庭部とJRCの生徒が、赤十字のボランティアの方の指導のもと、防災食つくりを体験しました。災害救援用炊飯袋を使用して、ミネストローネ、オムレツ、蒸しケーキ、角煮、ポテトサラダなど多くのメニューを各班で担当して作りました。
 教室に移動し試食をしました。予想以上に美味しくできたようです。









明日21日から、創立100周年記念事業 台湾研修です
 8月21日(火)から3泊4日の台湾研修に、生徒30人が参加します。
 本研修は、島田高校創立100周年記念事業であり、生徒の異文化理解、キャリア意識と英語コミュニケーション能力の向上を図ることを目的としています。2日目の22日は、ヤマハモーター台湾(YMT)を訪問します。3日目の23日は、台湾の大学生と英語を通して市内観光等をする予定です。




参加する生徒の作文より

「グローバル化の進む現代を掴み、世界の中で日本を意識しながら次世代のリーダーとしての資質を高めたい。」「これからの100年を温故知新という思いで台湾に向かいたい。」「現地に行かなくてはわからない雰囲気や匂いを五感で感じてきます。」

全ての記事を見る