ニュース学校案内教育活動進路情報部活動各種証明書中学生のみなさんへアクセス
 


サッカー選手権初戦、榛原高校に2-1で快勝しました!
 9月23日(土)、本校において、平成29年度サッカー選手権大会一次トーナメント初戦(2回戦)が行なわれ、本校は榛原高校に2-1と見事勝利し、好スタートを切りました。
 前半と後半の開始直後、志水隆人君(25HR)のシュートが決まり、2-0とリードしましたが、後半1点を返される展開となりました。
 接戦をものにし、勢いを得た本校は、波に乗って、今後躍進することが期待されます。
 3回戦は10月14日(土)の午後1時から、静岡城北高校-三島南高校の勝者と、静清高校高田グラウンドにて行なわれます。

①円陣を組んで試合に臨む


②グラウンドには横断幕が掲げられる


③大池選手のフリーキック


④絹村主将のフリーキック


⑤ゴール前の混戦


⑥見事勝利し、応援席に笑顔で駆けよる選手達



教育実習生が「研究授業」を行ないました
 9月の第4週になって、3週間の教育実習を実施していた先生方(実習生)3名が それぞれ「研究授業」を実施しました。
 保健体育担当の河井大樹先生は15HRで、荒浪拓郎先生は12HRで、それぞれ「保健」の授業を実施しました。両名とも「飲酒と健康」というテーマで授業を行ないましたが、お酒に強いか否かを判定する「アルコールパッチテスト」を生徒に体験させるなど、生徒の興味を引き付ける授業展開をしていたことがとても印象的でした。なお、両先生は、体育の研究授業も実施し、貴重な経験を積まれました。
 英語担当の小林早恵先生は、13HRで「コミュニケーション英語Ⅰ」の授業を実施しました。「カレーが世界に広まった歴史」に関する英文を、グループで要約・発表させる「アクティプ・ラーニング」を軸にした授業を展開されました。生徒一人一人が周りのクラスメイトとコミュニケーションを取り、生き生きと授業に参加している姿がとても印象的でした。
 3人の先生方は本日9月22日(金)で実習を終え、それぞれ各々の大学へと戻って行かれます。先週実習を終えた2名の先生とともに、半年後は社会人となったり、大学院に進学されたり、道は様々ですが、この2~3週間の経験を生かし、それぞれの道(世界)で活躍されることと思います。
 この教育実習を通して、先生方が「情熱」と「経験」を伝えてくださったことが、本校生徒にとっても、一つの素晴らしい経験となったことでしょう。

河井先生の保健の授業


荒浪先生の保健の授業


小林先生の英語の授業

1年生の「進路説明会」を実施しました
 9月20日(水)、1年生の「進路説明会」が本校第一体育館で行われました。
 説明会は、お越しいただいた保護者の方々と1年生全生徒が対象で、毎年この時期に実施しています。
 松井校長のあいさつの後、大塚進路課長から「進路概況及び進路実現に向けての課題」について説明がありました。その後、平井教務課長から「文理選択」についての説明、最後に、石山学年主任から、「生徒の学校生活の様子」、「修学旅行」等についての説明がありました。

説明会の様子(多くの保護者の皆様にお越しいただきました)


大塚進路課長の説明の様子


平井教務課長の説明の様子


石山学年主任の説明の様子

後期生徒会役員選挙の結果、金原君が生徒会長に選出されました!
 9月19日(火)、本年度後期生徒会役員選挙が行なわれ、新任投票の結果、金原樹(きんぱらたつき)君(23HR)が84%の得票を得て、生徒会長に選出されました。
 また、3名の生徒が立候補し、決選投票となった副会長選挙では、杉本祥太郎(すぎもとしょうたろう)君(11HR)と栗田春奈(くりたはるな)さん(25HR)の2名が当選しました。
 会長に選ばれた金原君は、1年次から生徒会に所属し、今まで副会長として頑張って活動をしてきた実績があります。立会演説会でも「来年度の“創立100周年”に向けて、生徒会中心に生徒全体で盛り上げていきたい」と力強く決意を述べました。
 全校生徒が選んだ生徒会会長や副会長を、また、生徒会全体を生徒全員で盛り上げる気運を高めていくことが期待されます。

会長に選出された金原君


副会長に選出された杉本君


副会長に選出された栗田さん

本校サッカー部がスポーツニッポンに掲載されました
 9月20日(水)、スポーツニッポンに本校サッカー部が掲載されました。
 23日(土)、全国高校サッカー選手権大会静岡県大会の1回戦で榛原高校と対戦します。会場は本校グラウンド、10時キックオフです。応援よろしくお願いいたします。



長谷川純矢選手(本校OB)が国体競泳で優勝を果たしました!
 9月16日(土)、愛媛県松山市で行なわれた第72回国民体育大会(「愛顔つなぐえひめ国体」)競泳協議において、本校OBの長谷川純矢選手(ミキハウス)が、成年男子100㍍背泳ぎで、並居る強豪を押しのけ、見事優勝を果たしました。また、長谷川選手は同400㍍メドレーリレーでもけん引役として大活躍し、本県の同種目2位入賞にも貢献しました。
 同選手はリオデジャネイロオリンピックにも出場し、本校でも昨年度ブラジル出発前に壮行会を行いました。今後も活躍を続け、東京オリンピックの代表に選出されることが期待されています。 9月16日(土)、愛媛県松山市で行なわれた第72回国民体育大会(「愛顔つなぐえひめ国体」)競泳協議において、本校OBの長谷川純矢選手(ミキハウス)が、成年男子100㍍背泳ぎで、並居る強豪を押しのけ、見事優勝を果たしました。また、長谷川選手は同400㍍メドレーリレーでもけん引役として大活躍し、本県の同種目2位入賞にも貢献しました。
 同選手はリオデジャネイロオリンピックにも出場し、本校でも昨年度ブラジル出発前に壮行会を行いました。今後も活躍を続け、東京オリンピックの代表に選出されることが期待されています。

「 しまこう学問探究ナビ 」を実施しました
 9月13日(水)の午後、50分短縮授業(4限目まで)の後、「平成29年度しまこう学問探究ナビ」を実施しました。
 この行事は進路課の一大行事で、本年度で4回目となりました。内容は、全国の大学から先生方をお呼びして「大学の講義」を実施していただき、生徒の進路選択(学部・学科・大学選択、1年生の文理選択)やキャリア教育に役立てようとするものです。換言すれば、生徒の「夢」を育て、「将来の目標」を明確化させるということになります。大学紹介や自己紹介等も兼ねて50分×2講義で展開するため、先生方は内容を凝縮して本校生徒向けにわかりやすく講義してくださいました。
 本年度は、文系・理系の様々な大学・学部の17名の先生方を、北は山形県から西は福井県までの全国各地からお招きしました。聴講対象は1・2年生の生徒全員と3年生の希望生徒で、生徒は自分の興味・関心のある講義二つを選択し、聴講しました。
 どの先生も映像等を駆使し、興味あるテーマを設定してくださり、ほとんどの生徒が先生方の講義に釘づけで聴き入ったり、メモを取ったりしていました。
 生徒は講義後、「もっと大学の講義を聴いてみたい」、「将来○○大学で勉強したくなった」、「○○の分野に興味をもった」等の感想を述べていました。
 本校では来年も引き続きこの行事を実施する予定です。多くの生徒たちが積極的にこのような機会を利用し(引き金となり)、将来の進路実現に向けて明確な目標を立て、「自らの道を自ら拓く」つもりで努力・邁進してほしいと思います。

1 全国各地の大学からお越しいただいた先生方


2 「心理学」について説明される福島大学の筒井先生


3 「考古学」について説明される専修大学の高久先生


4 夏目漱石と村上春樹を題材に「正解が消滅する授業」
  について説明される都留文科大学の野中先生


5 「実力発揮とスポーツ心理学の関係」について説明される国際武道大学の前川先生


6 「行動変容のための保健指導」について説明される浜松医科大学の巽先生


7 「薬学」について説明される千葉科学大学の平尾先生


8 「栄養学」の視点から「野菜」について説明される女子栄養大学の古川先生


9 「日本ザル」の情報を「地図」と組み合わせて説明される新潟大学の望月先生


10 「LEDキッド」の組立を指導される福井大学の大久保先生


11 「教員採用試験」の説明される愛知教育大学の近藤先生


12 小学校の先生になったことを想定して「自己紹介」をする高木さん(34HR)


13 「石油がもたらす負の効果」について説明される宇都宮大学の松尾先生


14 「大人と子どもの境界線」について「法学」の視点から説明される東洋大学の中村先生


15 「機械材料の強さの秘密」について説明される山形大学の黒田先生


16 「太陽系の成り立ちと惑星探査」について説明される名古屋大学の諸田先生


17 「自動車」を題材に「ブランド力」について説明される富山大学の船橋先生


18 映像(地図や写真)を使って「イタリア」について説明される
  静岡文化芸術大学の武田先生


19 「エイリアス曲線」について説明される群馬大学の高井先生

2名の教育実習生が「研究授業」を実施しました
 9月13日(水)、9月1日から本校に教育実習生としてお見えになっていた2名の先生方が、2週間の実習の締め括りとして「研究授業」を実施しました。
 「書道」の神谷琴音先生は、1年生の選択クラスで「楷書法」を指導されました。
 「聖教」の文字を半紙に描く生徒一人一人に対し、熱心に指導してくださる姿がとても印象的でした。
 「生物」の徳山諒太郎先生は、23HRで「血液中のヘモグロビン」について指導されました。
 徳山先生は「演習問題」を通して、理解を深めさせていましたが、神谷先生同様、生徒に寄り添って指導されている姿等から情熱を感じ取ることができました。

「聖教」の文字を生徒に指導する神谷先生


「演習問題」を指導する徳山先生

「 鈴虫 」 が学校に秋を告げています
 8月末から事務室前に「虫かご(ケージ)」が置かれ、その中で「鈴虫」数匹が翅を擦り合わせながら「リンリーン」という高く美しい音色を奏で、本校に涼やかさを届けるとともに、秋の到来を告げています。
 鈴虫は本校の事務職員が、知り合いの方から「本校の為に」ということで譲り受けたものです。その鳴き声は多くの生徒や教職員、学校にお見えになる方々の心を和ませ、癒しを与えてくれています。季節感が年々薄らいでいく昨今、生徒の感性をくすぐり、季節感を与えてくれるこのような風物も、教育現場には必要不可欠となっています。

鈴虫がケージの中から美しい音色を奏でる


翅を擦り合わせて鳴く鈴虫


「 センター試験出願説明会 」 を実施しました
 9月6日(水)、「センター試験出願説明会」が本校第2体育館で実施され、大塚進路課長が3年生全員に対して、出願手続き等に関する説明を行ないました。
 進学校である本校は、3年生のほぼ全てが「センター試験」を受験するため、全生徒が真剣に進路課長の話に聴き入り、手元に配布された『受験案内』の重要箇所にチェックを入れていました。
 大塚課長からは、「出願までの流れ(出願方法)」、「出願書類の書き方」、「受験料の払い込み」、「受験科目の選択上の注意」、「センター試験(当日)の概要」、「英語のリスニング試験」等、重要事項に関する説明が次々と行われました。
 来年1月13日(土)・14日(日)に行われる「センター試験」まで、あと残りわずか4か月あまり。生徒には、出願手続きをスピーディーに、かつミスなく終え、「あとは受験勉強に没頭するだけ」となる態勢を早急に整えてほしいと願います。

大塚進路課長の説明に真剣に聴き入る3年生

「 定期面接週間 」 が始まりました
 9月1日(金)、第2学期当初(夏休み明け)、本年度第3回目の「定期面接週間」が始まりました。
 7日(木)まで実施されますが、この期間中は授業が短縮され、55分授業となります。
 生徒はこの面接で、学習や進路、生活、部活動等、様々な事について担任の先生と悩み事等を相談したり、アドバイスを受けたりします。
 本校では、年4回の「定期面接」の他、担任の先生等が随時面接を実施しています。

3年生の面談の様子

「 教育実習 」 がスタートしました !
 9月1日(木)より本校卒業生等5名が、島田高校で「教育実習」を開始しました。
 実習期間は人によりまちまちですが、ほぼ2週間ないし3週間となります。初日は、5名ともやや緊張の面持ちでしたが、ほぼ1週間後には教室や体育館、グラウンドなどで直接生徒の指導にあたることになります。授業のみならず、HR指導や部活指導、清掃監督など様々なことも経験します。
 この実習期間が彼(彼女)たちにとってのみならず、何よりも本校生徒にとって有意義な時であってほしいと願います。若くて新鮮な風が本校に吹いてくれることが期待されています。

 お見えになった5名の先生方(実習生)を紹介します。 下の写真 向かって左から
① 河井大樹先生  保健体育 31HR  野球部    島田市立六合中出身
② 荒浪拓郎先生  保健体育 23HR  サッカー部  島田市立六合中出身
③ 徳山諒太郎先生 理科     25HR  卓球部    名古屋市立高針台中出身
④ 神谷琴音先生  書道    11HR  書道部    藤枝市立藤枝中出身
⑤ 小林早恵先生  英語    13HR  吹奏楽部   島田市立島田第二中出身

本年度教育実習に来られた先生方(教育実習生)

「 実力テスト 」 を実施しました
 8月30日(水)、31日(木)の2日間、2学期当初の「実力テスト」が行なわれました。
 このテストは基礎学力の定着を図る「夏休みの課題テスト」と、「大学受験に向けての実力養成・チェックテスト」を兼ねており、学年が上がるにしたがって後者の要素が強くなります。
 真剣にテストに臨んでいる生徒の姿をどのクラスでも見ることができました。

真剣にテストに臨む生徒(36HR)

女子バレー部が 「 挟川女子バレーボール大会 」 において第3位に入賞しました!
 8月20日(日)に藤枝北高校で行なわれた「挟川女子バレーボール大会」において、本校女子バレーボール部が見事第3位に入賞しました。
 この大会は、新人戦の前哨戦として位置づけられ、今年は志榛地区の学校を中心とした計12校で争われました。
 予選リーグでは榛原高校と相良高校に2勝し、リーグトップで決勝トーナメントに進出しました。
 決勝トーナメントでは、残念ながら他チームに敗れたものの、全体では12チーム中ベスト4に入り、見事賞状を手にすることができました。
 女子バレー部は日ごろの練習の成果を十分に発揮し、今までにはない躍進を遂げたと思います。今後も“文武両道”の精神を忘れることなく、さらなる高みを目指していくことが期待されます。

ガッツポーズで歓喜するバレー部員たち


賞状を片手に笑顔の部員たち



「 第2学期 」 がスタートしました
 8月29日(火)、「始業式」が行なわれ、本年度「第2学期」がスタートしました。
 大掃除の後、全校生徒が第一体育館に集合し、「始業式」に先立って、「臨時講師」の堤坂先生(数学科)の「離任式」、ALTのエミリー先生の「着任式」、「お好み焼甲子園」で本戦に出場した家庭部の「神山」(*チーム名)の「表彰式」が行われました。
 「始業式」では、松井校長が式辞で、どんな状況でも自分から積極的に気持ちよく挨拶できる「(安定した)挨拶の大切さ」と、現在の職業の約半数が消えていく近い将来を見据え、先生といっしょに授業を創造していく「創造性の大切さ」等について、生徒に訴えました。

離任される堤坂先生が生徒から花束を受け取る *「数学の楽しさ」を伝えてくださいました


日本語で着任のあいさつをする新ALTのエミリー先生


「お好み焼甲子園」で活躍した家庭部のチーム「神山」の表彰


式辞で「挨拶」と「授業」の大切さを生徒に訴えた松井校長

「授業改善」のための「職員研修会」を実施しました
 8月28日(月)、「職員研修会」を実施しました。
 今回の研修は、今まで実施してきた「認知活動」、「アクティブラーニング」の研修を基礎に、「大学入試改革」、「高校教育改革」に対応した「授業改善」をテーマに実施されました。
 まず、大塚教諭より「次期学習指導要領対応授業力向上研修“育成すべき資質・能力とアクティブラーニング”」についての報告があり、引き続いて大橋教諭が「高大接続改革シンポジウム」参加者報告を行ないました。
 その後、2学期以降の「授業改善」に向けて、各教科に分かれ、「教科別協議」を実施しました。協議では、(1)各教科で1年間かけてつけたい力の明確化、(2)それを焦点化した実現可能な小テーマの設定、(3)取り組みが可視化できる工夫等について話し合われました。どの教科においても、「授業改善」に向け、熱い議論が繰り広げられました。
 本校では、「研修担当」を中心に「職員研修」を企画し、生徒の学力養成・向上を目指し、全教員で継続的に「授業改善に向けての研修」に取り組んでおります。

外部での研修結果を報告する大塚教諭


全大会の様子


国語科の協議風景


数学科の協議風景



英語科の協議風景



理科の協議風景



地歴公民科の協議風景



体育・芸術科の協議風景


8月23日(木) 静岡新聞に掲載されました
 8月19日(土)、市内で「島校同窓生の集い」が開催されました。集いでは、創立100周年記念のポスターのデザインに選ばれた卒業生の小林さくらさんへ、鈴木同窓会長から賞状と賞金も渡されました。

 集いの様子が、8月23日(木) 静岡新聞 朝刊に掲載されました。



小林さくらさんデザインによるポスターです。



明日 「 全国高等学校PTA連合会大会 静岡大会 」 が開幕!
 明日8月24日(木)と25日(金)の2日間に渡り、「 第67回全国高等学校PTA連合会大会 静岡大会 」が、袋井市の小笠山総合運動公園エコパの「 エコパアリーナ 」をメイン会場に、静岡、清水、浜松の県内4会場で開催されます。
 本校のPTA役員の方々も、「物産販売」を中心に御参加・御協力いただき、全国からお越しになるPTAの代表者(全国の各高等学校の保護者代表+学校代表者)をお迎えします。
 それに先がけて、大会の“のぼり旗”が校内に掲げられており、本校の教職員や生徒をはじめ、多くの人々の目に留まっています。
 大会では、明日24日(木)の14:00~16:30、『ネットトラブルの予防と対策』をメインテーマに、基調講演とパネルディスカッションが行なわれます。
 なお、校内には来年度(平成30年度)、静岡県を含む東海地区で開催される「全国高等学校総合体育大会」の“のぼり旗”も同時に掲出されています。

校内に掲げられた大会の“のぼり旗”


来年度東海地区で開催される「全国高校総体」の“のぼり旗”も掲出されています

秋季東海高校野球静岡県中部地区大会敗者復活二回戦 翔洋高校に惜敗
 8月19日(土)に焼津市民球場で行なわれた敗者復活二回戦で、本校は強豪東海大学静岡翔洋高校と対戦しました。
 1回表、フォアボールを選んだ1番杉山選手が出塁。それを2番大村選手がバンドで送り、4番坂田選手がレフト前タイムリーヒットで返して1点を先制しました。
 エース黒木投手も要所を締めるピッチングで完投しましたが、2点を返され、その後打線も相手投手を打ち崩すことができず、惜しくも1-2の1点差で敗退しました。
 敗戦はしましたが、随所に好プレーも見られ、次の大会に繋がる好試合だったと思います。今後の選手とチームの成長が期待されます。

プレイボール(両校選手が整列・礼)


1番杉山選手がフォアボールを選ぶ


2番大村選手が送りバンドを成功させる


4番坂田選手がレフト前にタイムリーヒットを放つ


粘りの投球を見せた黒木投手

1年生が詠んだ「戦争と平和」の短歌が「プラザおおるり」に展示されています
 毎年開催されている「島田市平和のつどい」において、本校1年生が詠んだ「戦争と平和」をテーマとする短歌10首が、8月15日(火)から17日(木)までの3日間、「プラザおおるり展示ホール」に展示されています。
 一首一首がそれぞれ味わい深い作品で、「戦争の悲惨さと平和への熱い想い」が伝わってきます。


合同補講開催
 今年度で3年目を迎えた合同補講が12日(土)から始まりました。今年度は、5校(島田高校、藤枝東高校、榛原高校、焼津中央高校、川根高校)での合同開催です。河合塾からエース級の講師をお迎えし、他校の生徒と一緒に受講しています。
 内容は英語、数学、国語のセンター試験対策となっています。受講生は約120名、そのうちの半数が島田高校の生徒です。

写真は英語の講座の様子です。


昨日受講した生徒の感想です。


東海地区高校野球 静岡県中部地区大会
 東海地区高校野球 静岡県中部地区大会が始まりました。島田高校の初戦は、対焼津中央高校でした。 焼津中央高校に11対2で勝利し、2回戦に駒を進めることができました。
 7回裏に3点をとった後、満塁ホームランで4点を追加し、7回コールドで試合を終えることができました。




 2回戦は、8月16日(水)焼津球場 9時からです。対戦相手は静岡商業高校です。応援よろしくお願いいたします。







創立100周年記念のポスターが完成しました
 創立100周年記念のポスターが完成しました。これは、平成25年度の卒業生である小林さくらさんのデザインによるものです。
 「一期生から築き上げられた『絆』を、川の流れにのせて繋げていくように、『歴史』と『伝統』を絶えることなく『未来』へと」の意味がこめられた素晴らしいポスターになりました。今後、各所に配布掲示させていただきます。


集中勉強会スタート
 8月9日(水)から16日(水)まで、3年生対象の夏期集中勉強会が行われます。これは、8日までの夏期補講に続くもので、自律した学習サイクルを確立することを目的としています。疑問点は控えている職員に質問できる環境の中で、生徒各自が16時まで自習をするものです。8月9日(水)の朝、開講式を行い、山田副校長と戸塚学年主任から3年生への話がありました。約150名の3年生が集中勉強会に参加しています。



5名の生徒が 「中部衛生検査センター」 を訪問しました
 8月8日(金)、台風一過のこの日、1年生5名が「職場訪問」で「中部衛生検査センター」を訪問しました。
 会議室に案内された生徒は、増田副社長から、映像や資料を通して会社の組織や仕事内容について説明を受けました。特に「食品」や「人体」などの検体に対して実施する、細菌やウイルスの様々な検査方法等に関しては詳細な説明をしていただきました。
 生徒は、「仕事の大変なところは?」や「やりがいを感じるところは?」などの質問 をしていましたが、「休日でもお客様の要望があれば半分徹夜で出勤しなければならない」というこの仕事の厳しさや、逆に「それらの苦労の結果、お客様に喜んでいただいたときの喜び」等のやりがい等について学ぶことができました。
 この後増田副社長が「食品検査室」を案内していただき、生徒は現場でさらに詳しい説明を受け、充実した時を過ごすことができました。

検査センター本部棟


増田副社長の説明に聴き入る本校生徒


“榊原海斗君”が第3位入賞!(夏休みオープン高校生テニス大会)
8月1日(火)と4日(金)にアイテニスクラブ藤枝コート、同焼津コート等で行なわれた「 平成29年度アイテニスクラブ夏休みオープン高校生テニス大会(男子1年生シングルスの部) 」において、榊原海斗君(12HR)が、見事第3位入賞を果たしました。今後の活躍が楽しみです。

「 島田市民病院 」で「 医療 」について勉強しました(1年生職場訪問)
 8月3日(木)、本校の1年生15名(男子5名、女子10名)が「島田市民病院」を訪れ、「医療」について幅広く勉強しました。
 午後1時に病院に集合した生徒は担当職員から病院の組織について説明を受けた後、 3グループに分かれて医療現場を見学しました。今日案内していただいたのは、放射線科と臨床検査科と薬局で、放射線技師、臨床検査技師、薬剤師の方々から、それぞれの仕事や職場について分かりやすく説明を受けました。
 生徒は、どの箇所においても常にメモを取りながら真剣に話に聴きいっていました。また、最新鋭の珍しい医療機器に関心を示し、こちらから積極的に質問をする生徒も見受けられました。検査室では、臨床検査技師の方の御好意で顕微鏡をのぞかせていただき、赤血球やリンパ球を観察させていただくなどの、貴重な体験をすることもできました。訪問させていただいた3時間があっという間に過ぎるほど、生徒にとっては珠玉の時間を過ごすことができたと思います。

担当の総務課村松様から病院の組織についての説明を受ける


放射線科でX線画像の説明を受ける


ガン治療のための最新の放射線機器の説明を受ける


臨床検査技師の方の御好意で血液成分を観察


細菌室では、培養した細菌の説明を受ける


処方箋の読み取りから調剤までの過程について説明を受ける


薬品について説明を受ける
 

“土井 ・ 栗田 ペア”が見事優勝!(夏休みオープン高校生テニス大会)
 7月28日(木)~31日(月)、「 平成29年度アイテニスクラブ夏休みオープン高校生テニス大会(女子の部) 」が焼津高校会場で行なわれ、本校の土井みはるさん(23HR)・栗田夕穂さん(22HR)ペアが、最終日に行なわれた2年生ダブルスの部で、見事優勝を果たしました。
 この大会は公式戦ではなく、オープン参加ですが、志榛地区の高校を中心に、静岡市内の高校も含め多数の高校(今年は12校)の生徒が参加するため、公式戦である新人戦中部地区予選の前哨戦ともいえる大会となっています。
 ダブルスは35ペアが参加しましたが、土井・栗田ペアは一回戦から息の合ったプレーで勝利を重ね、見事頂点に立ちました。また、佐藤茜さん(23HR)・鈴木夏帆さん(22HR) ペアも準決勝で敗れたものの大健闘し、第3位に入賞しました。さらに、1年生シングルスの部では横田川侑楠さん(14HR)が実力を発揮し、第3位に入賞しました。

写真右から 優勝した土井さん・栗田さん 第3位になった鈴木さん・佐藤さん


1年生シングルスで第3位になった横田川さん

1年生の 「 職場訪問 」 が始まりました
 8月2日(水)、1年生の「職場訪問」が始まりました。
 この訪問は、1年生が夏休み期間を利用して、地元島田市内外の企業や行政機関、病院、福祉施設等を訪問し、職場(職業)体験をするもので、地元地域について理解するとともに、生徒の将来の進路選択にも役立てるという趣旨(キャリア教育の一環)で、毎年実施されています。1年生のほとんどが参加し、自分の興味・関心に応じて職場を選択し、訪問体験をするものです。
 初日となったこの日は「大井川鐡道(株)」に1名(男子)、「島田警察署」に16名(男子9名、女子7名)の生徒が訪れ、担当の方から話を聴かせていただいたり、資料を拝見させていただいたり、職業体験をしたりしました。 島田警察署では、まず、鑑識の方の御指導のもと、指紋採取の体験をしました。その後DVDを視聴し、警察の組織や仕事について、基本的なことを教えていただきました。 最後に、警務課の蓬田警部補が、生徒からの様々な質問に対して、丁寧に答えてくださいました。生徒はメモを真剣に取りながら、警部補の話に聴き入っていました。
 なお、本校の職場訪問は8月23日(水)まで行なわれ、24の職場に生徒が訪れます。将来、地元で活躍するリーダーの育成を目指す本校では、この訪問はとても貴重な行事となっています。

大井川鐡道(株)の新金谷駅構内の売店で清掃をする生徒


島田警察署で警務課の蓬田警部補の説明に真剣に聴き入る生徒

2年生の 「 集中勉強会 」 が始まりました
 8月2日(水)、昨日で各学年とも「前期夏期補講」が終了し、3年生は「後期夏期補講」が、2年生は「集中勉強会」がそれぞれ始まりました。
 2年生の「集中勉強会」は、発展クラス(23HR)の生徒全員と他クラスの希望者、合計67名(学年の約1/3に相当)が参加し、修己館(同窓会館)で行なわれています。
 初日となったこの日は、教頭先生のあいさつの後、河合塾からお招きした講師による「進学講演会」が行なわれました。明日行なわれる模試に備え、過去問演習を行なったり、自学自習をしたりして、学力アップを図っています。
 なお、「勉強会」は明後日(8月4日(金))まで、終日行なわれる予定です。生徒は一時(一秒一秒)を大切にして、勉強に集中し、自分の好きな部分を伸ばすだけではなく、苦手な部分を把握・克服し、基礎学力を身に付けて(学力の裾野を広げて)ほしいと思います。

集中勉強会の様子

チーム 「 神山 」 が 「 お好み焼甲子園 FINAL 」 に出場しました
 7月30日(日)、本校3年生の家庭部員よりなる「 チーム神山(かみやま) 」が、ツインメッセ静岡南館で行なわれた「 第4回 高校生対抗レシピコンテスト お好み焼甲子園FINAL 」に出場しました。
 これは静鉄アド・パートナーズ(株)が主催して毎年行なわれているイヴェントで、一次選考、二次選考を勝ち抜いた県内の代表チームがこの日のFINALに参加しました。
 「 神山 」は本校3年生の神谷知帆さん(33HR)、折山真実子さん(33HR)大石萌友 さん(35HR)、山元和さん(35HR)の4名からなり、メンバーの一部変更があったものの、昨年度に引き続いて2度目のFINAL進出となりました。
 勝負作品(調理メニュー)名は「 シャキシャキふわふわしずおかたっぷり!!」で、静岡の食材をふんだんに使ったオリジナルメニューとなりました。桜えびや茶葉で香を、タケノコやキャベツ、水菜でシャキシャキ感を、メレンゲ、マヨネーズ、山芋、チーズ、納豆でふわふわ感を演出しました。
 レシピにアイディアと工夫を凝らし、何度も練習を重ねましたが、残念ながら結果は入賞とはなりませんでした。しかし、青春を「調理」に懸けた彼女たちに拍手を送りたいと思います。悔しい気持ちは残ったかもしれませんが、経験こそが自分たちの財産につながっていくことを実感できたかと思います。

只今調理中! 4人のチームワークが大切です


お好み焼きが完成!


笑顔でレシピをプレゼン!


のぼり旗とともに記念撮影をするチーム「神山」


最後は出場者全員で記念撮影!




「 中学生一日体験入学 」 に多くの中学生・保護者の皆様が訪れました
 7月28日(金)、「中学生一日体験入学」が行われました。
 午前中は島田市内の8中学、午後は市外の30中学の生徒が本校を訪れました。約600名の中学生と約300名の保護者の皆様、中学校教員の皆様に御参加いただきました。
 昨日の午後や今朝、部活動ごとに校庭や校舎内の清掃をし、中学生を迎える準備をしました。
 午前のオープニングは1年生合唱コンクールで準優勝した12HRの生徒、午後は優勝した14HRの生徒による合唱で幕を開けました。その後の松井校長の挨拶では、「文武両道を志しながら、皆が伸び伸びと明るく過ごせる学校」と本校のアピールがありました。
 「一日体験入学」では本校生徒が、受付、「島高クイズ」などの生徒会企画、応援団によるエール、座談会のアドバイザー、1年生の合唱、部活動見学の対応など、様々な形で対応させていただきました。このように、生徒を中心に「一日体験入学」を運営するのが本校の特徴です。
 中でも盛り上がったのは、生徒会企画の「本校の制服・体操服・クラスTシャツの紹介」で、それらを実際に身に付けた生徒が舞台上でパフォーマンスを行ない、多くの中学生の笑いと話題をさそっていました。さらに、生徒会手づくりの「本校紹介の映像」が大スクリーンに映し出されたときは、ほとんどの生徒・保護者が画面に見入っていました。
 各教室でのアドバイザーによる本校の説明では、小集団のグループでアットホームな雰囲気の中で行なわたこともあり、多くの中学生から質問が飛び交っていました。
 また、保護者に対しては、PTA本部役員により、本校の説明が行なわれ、保護者の目線に立ったわかりやすいお話しをしていただきました。
 本校は来年度「創立100周年」を迎えます。できるだけ多くの中学生が、本日の「体験入学」等を通して本校を志望し、「100年目の入学生」として、本校に歴史を刻んでいただけるよう期待しております。

受付の様子


総合司会を担当した生徒会の金原君と栗田さん


1年生合唱コンクールで優勝した14HRが「モルダウ」を披露


合唱コンクール準優勝の12HRは「あなたへ」を披露


第一体育館に集合した中学生(午前の部)


松井校長のあいさつ


大型スクリーンを利用した島高紹介 *生徒会が作製しました


制服ファッションショー(冬服で決めてみました!)


ファッションショーで全員集合(クラスTシャツも紹介しました)