ニュース学校案内教育活動進路情報部活動各種証明書中学生のみなさんへアクセス
 


プレイベントコンサートについて読売新聞に掲載されました
 11月24日(金)、島田市民総合施設「プラザおおるり」でプレイベントコンサートを開催します。これは、島田高校創立100周年記念事業の1つで、卒業生によるコンサートです。コンサートについて、11月21日(火)、読売新聞朝刊に掲載されました。



「 夜間交通安全教室 」 を実施しました
 11月20日(月)の17:00~、本校グラウンドで1・2年生の自転車通学者を対象に「夜間交通安全教室」を実施しました。
 これは、高校生の自転車事故が多発する中、特にこれからの時期は日没が早くなり、下校時の危険性が増すことから、本校生徒に「危険性を認識してもらうこと」と「夜光反射材を普及させること」を目的に行なわれたものです。
 教室には「島田警察署」の署員の方々をお招きし、山﨑交通課長からは「登下校時、特に夜間の交通事故防止」、そのための「一時停止の励行」と「夜光反射材の装着の重要性」等についてお話しいただきました。また、併行して「夜光反射材の効果実験」も行なわれました。
 実験は、遠方から自動車のライトを点灯させた時、どれぐらい自転車や歩行者が見えるか(見えないか)ということを、車のドライバーの視点で本校生徒に認識してもらうことを目的に行なわれました。自転車の運転手役や歩行者役は本校の交通委員が演じ、他の生徒は暗闇の中、観覧席でそれを見学しました。
 また、生活安全課の石川様からは、「本校の卒業生名簿などを利用して多発しているオレオレ詐欺」についても注意喚起がなされました。

石坂教諭が「交通安全」について生徒に訴える


島田署の山﨑交通課長が「一時停止の励行」と「夜間反射材装着」を訴える


自動車のライトを点灯


自転車の運転手役の交通委員


歩行者役の交通委員


「反射材」を点滅させ、生徒に説明する山﨑交通課長


島田署生活安全課の石川様が「オレオレ詐欺」について注意喚起

11月20日(月) 国語総合 ポップの発表会
 先週の1年生「国語総合」の授業では、夏目漱石の「夢十夜」のポップ作りを行いました。本時で、その作品の発表会を行いました。本文中から抜き出した文についてや、キャッチコピーについて説明を加え、お互い発表について評価を行いました。




広報しまだ 11月号に掲載されました
 10月29日に「しまだ大井川マラソン in リバティ」が開催されました。雨の中、本校サッカー部もボランティアとして運営に参加しました。その様子が、広報しまだ 11月号に掲載されました。




「 校内研修発表会 」 を実施しました
 11月16日(木)、「 平成29年度校内研修発表会 」を本校で実施しました。
 研修会には本校の全教員に加え、外部(志太榛原地区内外)から中学・高校の先生方や大学院生等総勢32名(*昨年度は23名でした。)のお客様にもお越しいただき、盛大に行われました。また、本年度は県総合教育センターから3名の教育主任の先生方にもお越しいただき、広範な見地から、本校の学習活動等について思慮深い御指導を賜りました。
 本年度は3限目が国語、英語の研究授業、4限目が全ての教科を対象とした研究授業、5限目が公開授業と、例年より内容を充実させて実施しました。先生方は、日ごろ行っているAL(アクティブ・ラーニング)を意識した授業をそれぞれ展開し、この日はその実践の一部を披露した形となりました。本校ではこの数年間「認知活動・AL」を取り入れた学習活動を実施してきており、この日の実践はその延長線上とも言えます。
 授業後に行なわれた教科別研究協議では、各教科とも「附箋」を利用しての協議となりました。桃色の附箋は「賛成意見、よかった点」、青色は「自分だったらこうするという意見と改善点」、黄色は「質問や感想」で、参加者はそれぞれ3色の附箋に自分の意見を書き込みました。最後にはそれを1枚の模造紙に貼りつけ、授業分析を行ないました。
 本校では、先生方の日々の授業実践に加えこれらの研修等により、授業改善と授業力アップを常に目指しています。これらの実践が生徒に還元され、生徒の学力アップにも繫がっていくことが期待されています。

①坂部教諭の古典の授業(ホワイトボードの活用)


②坂部教諭の授業(各班の代表が討議結果を発表)


③鈴木教諭の英語の授業(提示された写真や絵を見て、生徒が英語で話す)


④山中教諭の現代文の授業(『夢十夜』の一節から「キャッチコピー」を作成)


⑤山中教諭の授業(グループ活動では「附箋」を活用)


⑥石川教諭より本校の研修内容の説明


⑦国語科の研究協議の様子


⑧数学の研究協議の様子


⑨地歴公民科の研究協議の様子


⑩保健体育科の討議内容発表の様子(小長谷教諭)


⑪理科の討議内容発表の様子(岡部教諭)


⑫英語科の討議内容発表の様子(池谷教諭)


ワンゲダーフォーゲル部 八高山で草刈り
 先月、本校のワンダーフォーゲル部が、八高山登山道で草刈りをしました。その様子が11月15日発行の「金谷コミュニティニュース“ほほえみ”」に掲載されました。



陸上部の東海大会での活躍を祈念し、同窓会より「激励金」が手渡されました
 11月15日(水)の昼休み、袋井市の小笠山運動公園周回コースで行われた「平成29年度静岡県高等学校駅伝競走大会」(11/5(日)開催)において、第2位となった本校陸上競技部女子選手と、第3位となった同男子選手に対し、東海大会での活躍を祈念して、鈴木同窓会長から「激励金」が授与されました。
  「激励金授与式」では、まず鈴木同窓会長と松井校長から選手に対し、「激励の言葉」 が贈られました。引き続いて同窓会長から、男子主将の大畑怜士選手(31HR)と女子主将の山口真由子選手(31HR)に対し、それぞれ「激励金」が手渡されました。それに対し、両主将はお礼の言葉とともに、東海大会に向けての決意を力強く述べてくれました。
 11月26日(日)、三重県で行なわれる「東海高等学校駅伝競走大会」では、全員が自己ベストを更新できるよう頑張ってほしいと思います。

鈴木同窓会長と松井校長から駅伝選手達に対し、「激励の言葉」が贈られる


鈴木同窓会長から大畑男子主将に「激励金」が手渡される


山口女子主将にも「激励金」授与


県大会での賞状と盾を持って全員で記念撮影

11月11日(土) 吹奏楽部 デイサービスセンターで演奏しました
 11月11日(土)、吹奏楽部は通所介護施設「あおぞらデイサービスセンター」を訪問し、センターを利用される方々の前で演奏させていただきました。
 演奏した曲目は、「島田高校 校歌」「島田女学校 校歌」「希空」「糸」「365日の紙飛行機」です。高齢の皆様からアンコールをいただき、「気まぐれロマンティック」「明日はきっといい日になる」も演奏させていただきました。多くの方に楽しんでいただきました。

 23日(木)は、藤枝順心高校で志太地区の音楽発表会が開催されます。発表会には本校吹奏楽部も出演します。日頃の練習の成果が発揮できるよう頑張ります。




「 防災避難訓練 」 を実施しました
 11月13日(月)、「防災避難訓練」が全校生徒・教員を対象に行なわれました。
 今回の訓練は「火災」を想定して行なわれ、放送で「火災発生」を知った生徒は、ヘルメットをかぶり、教員の指示のもと迅速にグラウンドに避難・整列しました。                   
 点呼で全員の無事が確認された後、「火災予防」等に関する教頭講話が行なわれ、その後3年生は校舎内での「煙避難訓練」、2年生は水消火器を利用した「初期消火訓練」、1年生は「脱出シューターによる降下訓練」が行なわれました。
  「煙避難訓練」を実施した3年生は、煙が立ち込める中、暗闇を進む恐ろしさを全員が体験することができました。一方、時間の関係で1・2年生は代表者のみの体験となり、他の生徒はそれを見学する形を取りました。2年生の実施した「初期消火訓練」では、消防署員や消防設備保全の方々が、お手本をもとに指導していただきました。「火事だー!」と大きな声で叫ぶことや、消火器のホースの先を左右に振りながら火元に向けて放水し、徐々に火元に近づくことなどを学びました。また、1年生の「シューター降下訓練」は、天候の関係で3年ぶりの実施となりました。生徒は、シューターに足から入り、バンザイの格好をしながら降下し、スピードが出すぎた時は足を広げて調整することなどを学びました。
 火事に遭遇しないことがベストですが、万が一に備えて防災、避難の知識と体験を積み重ねておくことが、最終的には「自分の“命”や“財産”を守る」ことにつながっていくことを生徒は認識してほしいと思います。

避難の様子(全員がヘルメットを着用)


整列、点呼後が教頭が「火事防災」について話をする


煙避難訓練①(3年生)


煙避難訓練②


初期消火訓練①(2年生)


初期消火訓練②


シューター降下訓練①(1年生)


シューター降下訓練②


シューター降下訓練③


書道部 ばらの丘公園で「書道パフォーマンス」
 11月11日(土)、島田市ばらの丘公園で、「2017 ばらの丘フェスティバル」が開催されました。本校の書道部が音楽にあわせて「書道パフォーマンス」を行いました。勢いよく書き上がった作品「希望」が掲げられると、会場から拍手が湧き上がりました。











 

2年生が 「 コミュニケーションワークショップ 」 を実施しました
 11月8日(水)、「 総合的な学習の時間 」を利用して、2学年が本校第一体育館で「 コミュニケーションワークショップ 」を行ないました。
 これは修学旅行の「 学校交流 」等を前に、本校生徒が現地の高校生等と交流するためのコミュニケーションの基礎を身に付けるために行なわれたものです。
 講師としてJTBコーポレートセールス(株)国際交流センターの近藤健太氏をお招きし、約1時間かけて「 コミュニケーション 」の基礎を御教授いただきました。また、 単に講義だけでなく、ワークショップを交えたプログラムを実施していただいたので、 生徒は終始楽しく学習することができました。
 
小川学年主任より講師紹介、趣旨の説明


JTB講師の近藤氏から「コミュニケーション」について様々なことを学びました


「受信力」と「発信力」の大切さを学びました


相手との対話には「角度」が大事!(ワークショップ)


パーソナルスペースでは相手との距離感を大切に!(ワークショップ)

陸上部、「県高校駅伝」で大健闘!女子2位、男子3位で東海大会出場決定!
 11月5日(日)、「平成29年度静岡県高等学校駅伝競走大会」が袋井市の小笠山運動公園周回コースで行われ、本校陸上競技部は惜しくも全国大会“都大路”出場(連覇)こそ逃したものの、女子が第2位、男子が第3位と大健闘し、見事東海大会出場を決めました。
 女子のレースは5区間、21.0975kmで行なわれ、本校は1時間14分05秒で走破しました。本年度は、優勝した常葉菊川高校の壁が厚く、首位を奪うことができませんでしたが、チーム一丸となって最後まで粘り強く走り抜き、5人全員が区間3位以内の快走を見せて2位を堅持しました。
 男子のレースは7区間、42.195kmで行なわれ、本校は2時間12分28秒で走破しました。前半はトップ集団の中で終始トップを争っていましたが、優勝した浜松日体高校等に次第に引き離されてしまいました。しかし、6区で前を走っていた韮山高校を抜き、3位へと浮上、そのリードを最後まで守りきり、3位でゴールテープを切りました。男子は昨年、一昨年より一つ順位を上げ、2区の原川凌選手(31HR・菊川東中学校出身)と6区の山本樹選手(13HR・島田第二中学校出身)は“区間賞”の大活躍を見せました。
 東海大会は11月26日(日)、三重県で行なわれます。大会ではさらなる高みを目指し、平常心を保ちつつ、チームでも個人でも記録を更新できるよう頑張ってきてほしいと思います。 他の数校とともに静岡県の代表で走る彼ら、彼女らに対し、多くの方々からの温かな眼差しと熱い応援を是非よろしくお願いいたします。

スタート・ゴール地点となった「エコパスタジアム」 開会式の様子


優勝旗返還                  選手宣誓


女子のスタート                1区の山口選手


2区の宮崎選手               3区を走った相良選手


4区の田中選手               5区の鴨志田選手


鴨志田選手が2位でゴールテープを切る 男子のスタート


1区の大畑選手              2区の原川選手(区間賞)


3区の吉村選手               4区の河守選手


5区の大澤選手                6区の山本選手(区間賞)


7区の横山選手              横山選手が3位でゴールテープを切る


ゴール後に男子がそろって会場に礼 閉会式で整列


女子の結果                男子の区間賞


男子表彰                   女子表彰


原川選手区間賞表彰           山本選手区間賞表彰

創立100周年記念のカレンダーができました
 島田高等学校創立100周年を記念して、このたび2018年のカレンダーを作りました。6ページ、6人の卒業生のデザインによるものです。今後、校内のほか、11月24日開催のプレイベント会場等で販売いたします。
消費税込みで1,000円です。



秋のポップ祭り開催中
 図書委員会では、現在、読書週間にあわせて「秋のポップ祭り」を開催しています。生徒同士が友達に薦めたい本について、ポップを創作し伝え合うもので、読書活動の推進をしています。応募された作品(ポップ)は現在廊下に掲示しており、生徒による投票を行っています。
 





 

1年生が 「 ポスターセッションの準備 」 を行ないました
 11月1日(水)、「総合的な学習の時間」に1年生が「ポスターセッションの準備」を行なっています。
 「ポスターセッション」とは、教師が考えた6つの大テーマに対し、グループごとに話し合って小テーマ(解決すべき問題)を設定し、その解決策について約半年間に渡って探究、アイディアを出し合います。そして、その結果を1枚のポスターにまとめ、学年の生徒の前で発表するというものです。
 まず、生徒が各自選んだ大テーマごとにアトランダム(クラスや男女もシャッフル)で3~4人のグループ分けが成され、今までそのグループ内で探究、議論が成されてきました。この過程で何よりも重視されるのがコミュニケーションです。自分自身で考え、それを言葉にして相手に伝えること。人の意見をよく聴き、それに賛同したり批判したりして、最終的にグループの意見としてまとめていくこと。このような協働作業が幾度となく繰り返されてきました。
 この日は多くのグループが構想をまとめ、それをポスターに具現化する作業が進められました。どの班の生徒も、笑顔でコミュニケーションを取りつつも、真剣に作業に取り組んでいました。
 11月22日(水)のテーマ別発表、さらには29日(水)の大テーマごとの代表による全体発表(第一体育館で実施予定)が楽しみです。

作業風景①


作業風景②


作業風景③

サッカー部がボランティア活動を行ないました
 10月29日(日)、「島田・大井川マラソン」において本校サッカー部の部員たちがボランティア活動を行ないました。
 部員たちは主に出走者への飲料の提供や、荷物の預かり・手渡し等を行ないました。
 当日は台風22号の接近による大雨の中で大会が行なわれましたが、部員たちは風雨にもめげず、雨合羽を着用して全力でおもてなしをしていました。自分たちの練習の合間の活動ですが、社会貢献をした生徒の顔は実に生き生きとしていました。
 サッカー部に限らず、本校の部活動では「 社会貢献活動の実施 」も大きな目標となっています。

市民ランナーにおもてなし(給水)をするサッカー部員


出走前のランナーの荷物預かりや出走後の手渡しを行うサッカー部員


松浦佳南選手(本校OG)が大学駅伝日本一に貢献!
 10月29日(日)、宮城県仙台市で行なわれた「第35回全日本大学女子駅伝対校選手権大会(杜の都駅伝)」において、本校陸上競技部OG(平成26年度卒業)の松浦佳南選手(名城大学女子駅伝部3年生)が4区(4.8km)を走り、同校の12年ぶりの優勝(大学日本一)に貢献しました。
 この大会は「女子の箱根駅伝」とも呼ばれる大会で、今年は26チームが参加しました。3区の赤坂よもぎ選手からトップでタスキを受け取った松浦選手は、区間賞を取った駅伝強豪校立命館大学の田中綾乃選手にこそ抜かれたものの、16分33秒の区間第4位の好記録で快走、粘り強い走りを見せ、第2位で5区のスーパールーキー加世田梨花選手にタスキをつなぎました。
 松浦選手やリオ五輪に出場した競泳の長谷川選手ら先輩たちの活躍は、在校生に夢とやる気を与えてくれたのみならず、来年度の「島田高校創立100周年」にも花を添えてくれました。

雨の中トップを快走する松浦選手

通学合宿2日目、島一小児童に 「 島高 」 を案内しました
  「通学合宿」2日目、「学習支援」が始まる前、合宿に参加している島田第一小学校児童50名に対し、本校生徒が校内を案内し、部活動の説明をしました。
 学校(部活動)案内は25人ずつ、2グループに分かれて行なわれ、それぞれのグループを生徒会副会長の栗田春奈さん(25HR)と杉本祥太郎君(11HR)らが先導、案内しました。30分という短い時間の中、全部活動の案内はできませんでしたが、ほとんどの運動部と吹奏楽部、美術部、家庭部などの文化部を見学することができました。
 多くの児童は、初めて見る高校の部活動に感激の連続でした。特に吹奏楽部を最初に見学したグループは、「残酷な天使のテーゼ(エヴァンゲリオンのテーマ)」の演奏に真剣に聴き入っていました。また、美術部部員との記念撮影も行ないました。
 昨日に引き続き行なわれた「学習支援」では、2日目ということもあって本校生徒と島一小児童の距離も縮まり、笑顔を交えた支援が行なわれました。
 この行事は、本校生徒の未来のためにも、地域の子どもたちのためにも末永く続いてほしいと思います。また、この体験をした児童たちが、「 将来島田高校で学んでみたい!」と感じてくれたら最高だと思います。

吹奏楽部の演奏に聴き入る児童「これ、エヴァのテーマでしょ!」


家庭部の料理(さばの味噌煮)に児童は思わす「わー、おいしそう!」


美術部と記念撮影(パチッ!:美術室にて)


学習支援の様子①


学習支援の様子②


学習支援の様子③


学習支援の様子④


学習支援の様子⑤


学習支援の様子⑥


学習支援の様子⑦


最後に島一小児童からお礼の言葉をいただいたきました

島一小児童の 「 通学合宿 」 で本校生徒が学習支援を行ないました
 10月26日(木)の夕刻~28日(土)の早朝にかけて、本校同窓会館「修己館」で行なわれていた「 わかあゆ通学合宿 」において、本校生徒が学習支援を行っています。
 この合宿は地元(島田第一小学区)住民からなる「 島一小わかあゆをみんなで育てる協議会 」主催で、本年度が第7回目の開催となります。なお、島田第一小学校や島田市教育委員会社会教育課がこの合宿をバックアップしています。
 本年度は島田第一小学校の4年~6年生の児童50名と地元の関係者やボランティア、島一小の先生方、市教委の担当者等20名余りの参加となりました。
 「宿題の時間」(1日目は17時00分~18時)には、本校の生徒20名が参加し、児童の勉強の面倒をみました。全員が希望者で、将来教育や保育、看護、福祉関係等への就職を希望する生徒がほとんどです。参加したどの生徒も、子どもたちと笑顔でコミュニケーションを取りながら、同じ目線で勉強のお手伝い(学習支援)に熱心に取り組んでいました。時が経つにつれて、本校生徒と島一小児童の関係が深まっていくのが見て取れました。
 また、本年度はアイスブレークの意味もあり、「学習支援」前に小学生の「調理実習」(野菜の皮むき)にも生徒が臨時に参加しました。小学生に皮むきの仕方を丁寧に説明したり、見本を見たりして、微笑交じりの良い雰囲気の中で実習が進められました。
 最後は、地元自治会の方々の御厚意で、ボリュームたっぷりの夕食を御馳走になりました。

調理実習のお手伝い


学習支援の様子①


学習支援の様子②


学習支援の様子③


学習支援の様子④


学習支援の様子⑤


学習支援の様子⑥


夕食風景


「 第2回学校評議員会 」 を開催しました
 10月25日(水)、5名中4名の学校評議員の皆様に御来校いただき、「 平成29年度第2回学校評議員会 」を開催しました。
 松井校長が「教育活動の概要」について説明した後、「校内授業参観」を実施し、5限目の授業と6限目の「総合的な学習の時間」を御覧いただきました。
 委員の皆様からは、「生徒が皆、先生方のお話を真剣に聴いている」、「 生徒同士が意見を言い合ったり、教え合ったりする授業は新鮮であった」、「特に1年生の総合的な学習の時間で、クラスを解体してテーマごとのグループを編成し、ポスターセッションに向けて協働していくことは素晴らしい」等お褒めの言葉をたくさん頂戴しました。

学校評議員会の様子


授業参観の様子(英語表現Ⅰ)


授業参観の様子(化学基礎)


授業参観の様子(世界史B)

創立100周年記念のバスが運行しています
 10月20日から島田高校創立100周年の宣伝バスが運行しています。バスのデザインは2通りあります。いずれも、卒業生の小林さくらさんのポスターデザインからのものです。多くの皆さんの目に留まることを期待しています。
平日に走行する時間(運行ダイヤ)は以下のとおりです。

7:25「静波海岸入口」発 「島田市民病院」行 (島田静波線)

8:46「島田市民病院」発 「静波海岸入口」行 (島田静波線)

15:05「静波海岸入口」発 「島田市民病院」行 (島田静波線)
16:23「島田市民病院」発 「静波海岸入口」行 (島田静波線)
17:50「静波海岸入口」発 「島田駅前」行 (島田静波線)
18:55「島田市民病院」発 「金谷駅前」行 (金谷島田病院線)
19:35「金谷駅前」発 「島田市民病院」行 (金谷島田病院線)
20:10「島田駅前」発 「静波海岸入口」行 (島田静波線)





10月21日(土) オープンスクールを開催しました
 10月21日(土) オープンスクールを開催しました。雨の中、多くの中学生やその保護者、約250名の方々に来校していただきました。受付後、10人程度のグループに分かれました。授業見学では、卒業生である大学生23人が、グループに分かれた中学生や保護者の方々を案内してくれました。授業等を見学した後、本校の学校概要や教育活動について本校職員から説明をさせていただきました。
 午後3時から部活動見学でした。残念ながら、グラウンドが使えないため、通常の活動の様子を見ていただくことができない運動部もありました。









「 PTA本音トーク 」 が行われました
 10月19日(木)、午後6時から7時まで、本年度の「PTA本音トーク」が本校同窓会館(修己館)にて行われました。トークには生徒代表として生徒会役員4名と2年生10名 、保護者代表として13名が参加しました。
 トークでは、PTA役員が質問を投げ掛け、それに対し生徒が答え、さらにそれをPTA役員が聴き役となって生徒の本音を引き出すという形で展開されました。その結果、生徒からは様々な本音がこぼれたそうですが、詳しいことは後ほど「島高だより」でお知らせするとのことです。(*PTA役員談)
 この「PTA本音トーク」は島田高校独特の民主的な行事で、教職員がいつのまにか見逃している視点を生徒の発言から発見することもでき、これにより生徒を伸ばし、学校を改善していく一助になることが期待されています。

「本音トーク」の様子①


「本音トーク」の様子②

10月20日(金)静岡新聞 朝刊に掲載されました
 1年後の平成30年10月20日に創立100周年の記念式典を開催します。本日、静岡新聞 朝刊に、6月に空撮した人文字の写真とともに式典、プレイベント、明日のオープンスクールも紹介をさせていただきました。


「 薬学講座 ・ 人権啓発講座 」 を実施しました
 10月18日(水)のLHRの時間、本校第一体育館で「薬学講座・人権啓発講座」を実施しました。
 例年は別々に実施している2つの講座を、本年度は「薬物防止」、「人権啓発」の2つの要素を合体した内容を取り上げ、集約して実施しました。
 講師として、全国webカウンセリング協議会理事長の安川雅史先生をお招きし、御講演いただきました。安川先生はマスコミにも度々登場する有名な方でもあります。
 先生は特に「スマホ」、中でも「ライン」等を中心とした「SNSの恐ろしさ」を生徒に強く訴えてくださいました。「気軽な気持ちで動画を投稿すると、一生を棒に振るようなことになりかねない」、「適切な使い方をしないと、勉強時間を奪われるだけでなく、個人情報を盗まれ悪用されかねない」等、「SNS」まつわる多岐に渡る内容について、映像等も駆使しながら、生徒の胸に響く語り口でお話しいただきました。
 最後は、保健委員長の紅林真衣さん(25HR)が先生に対し「お礼の言葉」を述べ、副委員長の松村颯人君(22HR)が花束を手渡しました。
 「SNS」は「利用されるもの」でなく「利用するもの」です。本当に自分のためになるような適切な利用方法を一人一人が理解し、考え、実行しなければならないと思います。

講座の様子(本校第一体育体育館にて)


保健委員会の松村副委員長が安川先生に花束を手渡す


全校生徒の前で最後のあいさつをする安川先生



東海大会に出場する池田さん(陸上競技部)を同窓会長が激励しました
 10月18日(水)、「第20回東海高等学校新人陸上競技選手権大会女子5,000m競歩」に出場する本校陸上競技部の池田早帆莉さん(21HR)を、鈴木善彦同窓会長が激励しました。
 池田さんは、9月24日(日)に「静岡スタジアムエコパ」(袋井市)で行なわれた 「第50回静岡県高等学校校新人陸上競技対校選手権大会女子5,000m競歩」において、28分45秒19の好タイムで第4位に入賞し、大会出場を決めました。東海大会は10月 28日(土)に三重県伊勢市の「三重交通Gスポーツの杜伊勢陸上競技場(県営総合競技場)」にて行なわれます。
 鈴木同窓会長から「激励金」を授与された池田さんは、会長からの激励の言葉に対し、「体調も万全なので、東海大会では、自己ベストを更新し、27分台を出したい。」と力強い言葉を述べました。また、山田副校長からは、「普段の練習成果が発揮できるよう平常心で頑張ってほしい」という温かな言葉が贈られました。
 10日後の大会での活躍を祈念して、生徒、職員、同窓会、PTA、市民など島高関係者全員からエールを贈りたいと思います。

鈴木同窓会長から池田さんに「激励金」が授与される


東海大会での健闘を誓った池田さん(応接室にて)

全国高校サッカー選手権 静岡県大会
 10月14日(土) 静清高田グラウンドで、全国高校サッカー選手権静岡県大会の3回戦が行われ、本校は静岡城北高校と対戦しました。前半2点を先制されましたが、その後、2年生の鈴木瑠維さんが1点、同じく2年生の志水隆人さんが1点を入れ同点に追いつきました。後半は点が入らないまま、PK戦にて惜敗しました。3年生を中心に連係がとれたプレーを見せてくれました。






1・3年生が 「 学年活動 」 を実施しました
 10月13日(金)、1・3年生は「学年活動日(ホームルームデー)」を利用して、クラスごとに様々な活動を行ないました。
 早朝、学校に集合した多くのクラスの生徒は、バスに乗り込み、目的地へと向かいました。中には掛川駅や静岡駅等の最寄駅に集合して目的地へと移動したクラスもありました。
 この日は悪天候が心配され、当初から目的地を変更したクラスもありましたが、午前中は何とか天候がもった所が多かったようです。また、小雨の中、一部の活動を実施したクラスもありました。行き先はクラスによりまちまちでしたが、例年以上に、「遠足」や「バーベキュー」の要素を取り入れたクラスが多かったかと思います。
 そのような中、31HRは唯一「島田高校の校内」を中心にホームルームデーを実施しました。同クラスの生徒は「大井神社」に集合し、進学成就を祈願してクラス全員で、同社の神主さんに祈祷を実施していただきました。その後、学校に移動した生徒は、本校の「東雲の庭」において「バーベキュー」を楽しみました。歓声をあげながら肉や野菜などを焼いて、頬張っていた姿がとても印象的でした。
 この「学年活動」によって、クラスの団結力がより一層高まったかと思います。

早朝、バスで学校を出発


バーベキュー光景①


バーベキュー光景②


バーベキュー光景③


「 第2学期中間テスト 」 が始まりました
 10月10日(火)、本年度第2学期の「中間テスト」が始まりました。
 テストは、本日