島田商業高等学校ホームページ
a
a
ホーム>特色ある授業実践>フューチャーセンター

  • 特色ある授業実践
  • オープンデータの取り組み
  • オープンデータの取り組み②
  • オープンデータの取り組み③
  • 総合ビジネス科アプリ・その他
  • 5374.jp
  • フューチャーセンター
  • FCレポート
  • FCHP
  • 平成26年度
島田フューチャーセンター
 

フューチャーセンターとは


「フューチャーセンター」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

Futureは“未来”、Centerは“機関”。そのままつなげると、“未来の機関”と訳すことができそうです。
フューチャーセンターとは、ひとことで言ってしまえば、未来思考で対話し、変化を起こして行くための“場”のこと。そのために、多様性豊かな参加者を招き、社会的課題解決のためのビジネスモデルを考えたり、参加者同士のつながりを促進させたりする“場”なのです。


オープンイノベーションとしての効果


新規事業開発やマーケティングのプロセスにフューチャーセンターでの対話の取り組みを有効に組み込めば、社会起点のオープンイノベーションを達成でき、企業のイノベーションにつなげることができる。 また、業種を超えたフューチャーセッションを行うことで新しい発想や気づきを得ることができる。


ソーシャルイノベーションとしての効果


フューチャーセンターでは、自己変革の起点になる。そして社会善のテーマを掲げることで、未来のステースホルダーとのつながりが生まれる。最終的には組織全体への影響を与えるためことができる。 また、社会起業家をフューチャーセッションに交えることで、ソーシャルイノベーションにつなげることができる


フューチャーセンターのイメージ



フューチャーセンターの様子


下記をクリックすることで実際の様子を見ることができます。(動画)
クリックで試聴できます